【小学4年生以上】キッズ・ジュニアスマホ料金比較 3000円以下で安く使う

小学校に入学すると同時に防犯対策に大手キャリアの子ども用ケータイ(※1)を持たせますが、
最近では中~高学年でキッズ・ジュニアスマホに変える家庭が一般的です。
子どものスマホ依存症のイメージ画像

※1.子ども用ケータイはキャリアによって名前が異なり、
ドコモは「キッズケータイ」、auは「ジュニアケータイ」、ソフトバンクは「みまもりケータイ」です。
混乱を避けるためここでは「子ども用ケータイ」で統一します。

子ども用ケータイからキッズ・ジュニアスマホへの移行時期

以下は子どもの学年別(ざっくり)の一般的な所持端末です↓
子どもの学年と主流な携帯端末の図

最近のトレンドでは、中学入学で一般向けスマホ+フィルタリングサービスで持たせる家庭が多いですが、
その前に小学生の高学年でキッズ・ジュニアスマホに切り替えている家庭が多いです。

最近の小学生のスマホ所有率は非常に高く、
子ども向けのケータイではどうしても子どもっぽく気になってしまうのかもしれません。
しかし保護者目線では、料金が高いんだから我慢してほしいところ。

キッズ・ジュニアスマホの料金相場はどんなもの?

キッズ用やジュニア用のスマホで一番メジャーなのが
大手キャリア
(ドコモやau、ソフトバンク)の子ども用スマホです。

周りは大体キャリアの子ども用スマホを持っているけど…同じでいいのかな?
と考えている人も多いのではないでしょうか。

大手キャリアだとキッズ・ジュニアと言えど
大体どこでも5000円強/月が一般的なスマホ代ではないでしょうか。

格安SIMでキッズ・ジュニアスマホは使えないの?

最近ではイオンモバイルやY!モバイルなどの格安SIMも人気があります。

格安SIMは一般用だと格安SIMは大手キャリアよりも安いですが、
ほとんどの格安SIMは子どもに必須の「フィルタリング」機能がありません。

大手キャリアではショップでやってくれるケースがほとんどですが
格安SIMの場合は保護者が子どものスマホにフィルタリングアプリや制限設定をする必要があります。

最安値はフィルタリング有りの格安SIM+格安スマホのコンボで使う事!

一部の格安SIMでは子ども向けのフィルタリング機能や防犯機能有りで
格安料金
で使う事ができます。

「子ども向けスマホ」で最も有名な格安SIMがTSUTAYAのTONEモバイルでしょう。
子どものスマホで検索すれば結構な確率でTONEモバイルが見つかると思いますが、
子ども向けの格安SIM・格安スマホではそれほど有力です。
TSUTAYAのTONE

詳しくは「【安さ】と【安全性】を両立! 子ども用キッズスマホ&ジュニアスマホ最強はこれ!【完全版】」で取り上げていますので是非ご参照を。

ベストは「TONEモバイル」で格安SIM + 格安スマホ + フィルタリングで持たせ、
そのまま高校まで使ってもらいます。
TONEだと端末代+基本料金+フィルタリングオプションを合わせても月3000円程度で使えます。。

高校生になるとiPhoneがメジャーですが、
高校入学時までの数年の間にスマホ環境が変わる可能性もあるので
高校入学まで月3000円前後で使ってもらうのが良いと思いますよ。

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り