キッズ・ジュニアスマホ最安TONEモバイルの”m15″ 1台で高校卒業までOK

小学生中学年~高学年くらいから徐々に所有率が上がってくるキッズスマホ・ジュニアスマホですが
最近ではドコモなどの大手キャリアのスマホよりも安く使える「格安SIM×格安スマホ」を
子どもに持たせる家庭が増えて
います。
子どもの学年と主流な携帯端末の遷移図_キッズ・ジュニアスマホに注目

キッズ・ジュニアスマホの現状

数年前までは、小学生=子どもケータイで十分 という感じでしたが
最近では小学生中~高学年になるとキッズ・ジュニアスマホを子どもに持たせる保護者が多いです。

キッズ・ジュニアスマホは大手キャリアがメジャーですが、
最近では「フィルタリングオプションの充実した格安SIM」が登場し
一部価格破壊が起きています。

現状1強! 子供向け格安SIMならTONEモバイルが優秀

フィルタリングの充実した「キッズ・ジュニア向け格安SIM」の代名詞といえばTSUTAYAの「TONEモバイル」です。

全国子ども会連合会に推奨された唯一の格安SIMでもありますが、
端末代込みで月3000円以下という低価格
キャリアを遥かに超えるフィルタリング&防犯機能の充実が凄いです。
TONEのペアレンタルコントロール機能一覧

格安SIMであれば他にもっと安くすることができますが、
ここまでフィルタリングが充実している格安SIMは無いです。

また基本料金1,000円/月で中速(500~600kbps)データ容量無制限で使用可能な点もポイントです。

TONEモバイルの格安スマホ「m15」とセット購入した場合の料金シミュレート

TONEモバイルは格安スマホの「m15」とセット販売しています。
TSUTAYAのTONEモバイルの格安スマホm15の画像

自前のスマホにSIMカードだけ挿して子どもに持たせる事ができない点には注意ですが
TONEモバイルの格安スマホなので故障やトラブルなどのサポートが付くので格安SIM初心者向けと言えます。

m15の端末代を月分割した場合
毎月のスマホ代は

◆m15の端末代:29,800÷24=1242円/月

◆基本料金:1,000円/月

◆安心オプション代(フィルタリング機能):500円/月

2,742円/月

と月3,000円以下で格安スマホをフィルタリング込みで使うことができます。

ちなみに通話は別途で通常通話料金が掛かるので
連絡は基本LINE通話や通話割引アプリなどを使いましょう。

高校入学まで使えるからトータルで考えると最安に!

高校入学以降もフィルタリングオプションを変更することで同じ端末で十分使えます。
ジュニア・キッズスマホを高校卒業まで使う事で端末1台分の費用で済むので安い事を説明している図

なので小学校中~高学年くらいから持たせ始めても高校まで端末代がこれ1台で済みます。
もし高校になって子どもが「iPhone欲しい」と言い出したら、
自分でバイトして買うなりしてもらいましょう。

iPhone等の高額な端末をわざわざ高校生に持たせるのもあまり意味はないですので。

子供に特化した格安スマホ”TONE”が凄い!

【学年別スマホナビ】

小学生向けスマホ
【低学年向け】
キッズ携帯
【ドコモ】:キッズケータイ,ドコッチ
【au】:マモリーノ,マモリーノウォッチ
【ソフトバンク】:みまもりケータイ
【中~高学年向け】
キッズスマホ
ジュニアスマホ
【ドコモ】:SH-03F
【au】:ミライエf
【ソフトバンク】:シンプルスマホ
中学生向けスマホ
高校生向けスマホ
高校生向けiPhone
子供向けスマホ(全般)
子供向け格安スマホ(小~高校生):TONEモバイル

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_