大手キャリアがスマホの2年縛りを廃止!格安スマホ乗り換えが加速する

大手キャリア3社の独占状態が長期間続きましたが、
「実質0円廃止」「SIMロック解除の義務化」など総務省のお達しにより様々な面で(特に料金面で)選択の自由ができました。

特に2016年の2年縛りの廃止の影響は今後
格安SIM・格安スマホへ乗り換える流れを更に加速していきそうです。

有って無いような選択肢。半強制2年縛りにNO!

もちろんドコモauソフトバンクの大手キャリアは元から2年縛り以外の契約方法を設けていました。

しかし2年縛りでの契約との料金差が大きく、
2年縛りでさえ8000円前後の月額スマホ代が掛かりますからね。
縛り無しでの契約をする人は正直少ないです。

以前の2年縛り無しの料金ってどんなもの?

例えば最大手のドコモで2年縛り無しで契約する場合、
通常2年縛りで月額2,700円の基本料金(カケホーダイプラン)は
2年縛り無しで契約すると4,200円にもなり、1500円ほど高くなります。

以前のドコモの2年縛り無しの基本料金比較

2年縛り無しでPhone7を購入したときの料金シミュレート結果を比較

例えば新規でドコモに契約しiPhone7(32GB)を購入する場合を考えてみましょう。

◆通常のカケホーダイプラン:
2年縛り有りで月額2,700円、2年縛り無しで月額4,200円

◆標準のデータMパック:
5GB/月で月額料金5,000円

◆SPモード:
月額300円

◆iPhone7(32GB)端末代:
24回分割で月額3,429円

◆端末代割引:
24回分割引で月額-2,781円

結果は2年縛りありで月額9288円、縛り無しで月額10,908円となりました。

2年縛り有りでiPhone732GBをドコモで契約したときの料金縛り無しでiPhone732GBをドコモで契約したときの料金

スマホ代に毎月1万円以上はさすがに厳しい…

2年目の更新月から違約金がかからない「フリーコース」が登場【ドコモ】

ドコモの場合は総務省からのお達しによって、

◆違約金がかからない「フリープラン」
or
◆長期利用者に様々な特典の付く「ずっとドコモコース」

から選択できるようになりました。

しかし更新月に「フリーコース」を申請しないと自動で「ずっとドコモコース」が適応されてしまうので注意です。

新設された2つのコースでどっちがお得かは以下のページでまとめました。
参考:「ドコモの長期割「ずっとドコモ割」と「フリーコース」どっちがお得?

現在格安SIM・格安スマホへの乗り換えが頭にちらつく人は、
無難に「フリーコース」を選択すべきでしょう。

「ずっとドコモ割」は長期割がメインなので、
ドコモを10年以上継続利用してい無い限りメリットが弱いです。

2017年満足度No1の格安SIM『マイネオ』


CMでも放送中の格安SIMの最大手"mineo(マイネオ)"は全600以上の格安SIMの中で
2017年総合満足度No1を獲得!

mineo

数少ないau回線とドコモ回線を併せ持ち、初心者向けのプランやサポートが充実していて
当サイトでも自信をもってオススメできる人気No1格安スマホです。

↓当サイト一押しおトクなmineoの申し込み先はこちら↓

mineo

またmineoの評判や他の格安SIMとの徹底比較もしています↓
mineoの評判