子どものスマホにフィルタリングは法律上の義務!【総務省の規定と保護者の責任】

最近では子どものスマホ所有率がぐんと高くなってきていますが
それに比例して子どものスマホ関連のトラブルも増加しています。

学生のスマホ普及率&トラブル率は深刻

2016年の調査では、高校生の90%以上がスマホを所有しており
ガラケーなどの携帯端末も含めると脅威の所有率97%です!

対してスマホで何かしらのトラブルがあったと答えたのは85%強もおり、
大半の学生は何かしらのトラブルを経験しているようです。

最も多かったのが「迷惑メール関連」のトラブルですが、
他にも
・ワンクリック詐欺
・顔も知らない人とネットで繋がった
・有料登録からの高額請求

など深刻なトラブルが多発しています。

フィルタリングの義務化と保護者の責任

そんな状況を打破するべく2009年4月1日より「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」が制定されました。

総務省のホームページより引用「フィルタリングについてのQ&A

Q 携帯電話・スマートフォンにおけるフィルタリングの設定について、法律ではどのように規定されていますか?

A 携帯電話事業者は、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」により、青少年(18歳未満の者)が利用する携帯電話・スマートフォンの契約をする場合、保護者からフィルタリングサービスを不要とする申出がない限り、フィルタリングサービスを提供することを義務付けられています(第17条1項)。

○ 保護者についても、青少年に使用させる携帯電話の契約時に、使用者が青少年であることを携帯電話事業者に申告する義務があります(第17条2項)。保護者は店頭でフィルタリングの説明をよく聞き、フィルタリングを利用するかどうかについて、よく考えた上で責任を持って判断をすることが大切です。

キャリアは保護者がいらないと申告しない限りはフィルタリングする義務があり、
保護者もキャリアに子どもが使う事を申告する義務ができました。

同時に保護者は子どものスマホのフィルタリングを掛けるかを判断する責任ができました。

上記を受けて大手キャリアでは
店頭で子どものスマホのフィルタリングを行ってくれます。

しかし格安SIMでこれらのフィルタリングを行ってくれるところはほぼ無いです。
今後格安SIMでの子ども用スマホが普及してきたときに、
格安SIMでもフィルタリング規制が掛かる可能性もあるでしょう。

フィルタリングサービスのある子ども向け格安SIMはあるか

現状ではTSUTAYAの格安SIM「TONE」のフィルタリングオプションを利用するのが無難な選択です。
TONEに関しては「中学生に持たせるスマホはコレで決定! 【みんなが選ぶ子どもスマホ】」で紹介していますが、

防犯やフィルタリングサービスの種類と質が豊富(大手キャリアよりも優秀)
+
格安SIMなのでスマホ代が安く済む

子どものスマホデビューには持って来いの格安SIMでオススメしています。

2017年満足度No1の格安SIM『マイネオ』


CMでも放送中の格安SIMの最大手"mineo(マイネオ)"は全600以上の格安SIMの中で
2017年総合満足度No1を獲得!

mineo

数少ないau回線とドコモ回線を併せ持ち、初心者向けのプランやサポートが充実していて
当サイトでも自信をもってオススメできる人気No1格安スマホです。

↓当サイト一押しおトクなmineoの申し込み先はこちら↓

mineo

またmineoの評判や他の格安SIMとの徹底比較もしています↓
mineoの評判