高校入学で子どもに持たせるスマホを調査【子どもスマホ事情】

2015年の調査によると高校生のスマホ所有率は95%以上との事!
中学生3年生のスマホ所有率が60~70%なので、
やっぱり高校に入学したらスマホを持たせるのが当たり前の時代です。

更に内訳を調べてみました。
スマホを持っている中学3年生のうち
56%がキャリアのスマホ、30%がキャリアのフィーチャーフォン(ガラケー)

対してスマホを持っている高校1年生のうち
87%がキャリアのスマホ、6%がキャリアのフィーチャーフォン(ガラケー)

つまり高校入学で、大人と同じキャリアのスマホを持たせている家庭が大半という事です。

今どきの高校生はキャリアのスマホ持ってる子が大半なんです。

キャリアのスマホということは大人と同じく格安SIMで大幅節約可能です!

一部の家庭ではすでに実践していましたが、
子どもに格安SIMのスマホを持たせて大幅に毎月のスマホ代を節約しています。

最近では格安SIMの認知度が上がって来ており、2017年以降
自分だけでなく子どもにも格安SIMのスマホを持たせる親がかなり増えてきています。

そもそも子どもが090や080で始まる電話を毎月何時間 + データ通信を毎月7GBも使う環境は過剰だと思いませんか。
そんなに遊べたらサイトや動画見放題で逆効果な気もします。

格安SIMであれば毎月2000円前後のスマホ代で使えるので、
子ども用のスマホに格安SIMを選ぶ親が増えてきているんですね。

キャリアのスマホで毎月5000円以上って時代でも無くなっているので、
今後は格安SIMスマホを子どもが持つのが主流になりそうです。

2017年満足度No1の格安SIM『マイネオ』


CMでも放送中の格安SIMの最大手"mineo(マイネオ)"は全600以上の格安SIMの中で
2017年総合満足度No1を獲得!

mineo

数少ないau回線とドコモ回線を併せ持ち、初心者向けのプランやサポートが充実していて
当サイトでも自信をもってオススメできる人気No1格安スマホです。

↓当サイト一押しおトクなmineoの申し込み先はこちら↓

mineo

またmineoの評判や他の格安SIMとの徹底比較もしています↓
mineoの評判