MNP予約番号の再取得・再発行方法と費用 | 有効期限が足りない時の対処法

mineo申込中_3MNP予約番号があれば入力

最近では格安SIM・格安スマホの知名度も上がって来ており、2台持ちやサブ端末ではなくメイン端末として格安SIMを契約するユーザーが激増しています。(自分もその1人です)

メイン端末で格安SIMへ乗り換える場合に必須になるのが電話番号引継ぎ(MNP)でしょう。
しかしMNP乗り換えに必要になるMNP予約番号の有効期限が予想以上に短いです。

ネット上では「MNP予約番号は早めに取得した方が良い」といった根拠のない情報もあり、意外とつまづきがちがち。

今回はMNP予約番号の有効期限と再取得方法や背景などを徹底解説していきます。

大手キャリアのドコモ,au,ソフトバンクから格安SIM・格安スマホへ乗り換えの場合には、電話番号を引き継ぐMNP制度を利用した乗り換えをする人は多いです。

MNPとはモバイルナンバーポーポータビリティの略で、別の携帯電話会社に移行する場合に電話番号を引き継ぐ事の出来る制度です。

このMNPをする際に事前に必要になるのが「MNP予約番号」という10桁の番号です。

格安SIMに乗り換え手続きをする前にキャリア側でMNP予約番号を取得しておくことで、申込時に入力すれば電話番号を引き継ぐ事が可能になります。逆の言い方をするとMNP予約番号を取得せずに大手キャリアを解約した場合にはその電話番号は消失して使えなくなります。

参考:「mineo(マイネオ)MNP転出の予約番号取得から引継ぎ完了までの全流れ網羅

MNP予約番号には有効期限がある

MNP予約番号には15日間という有効期限があります。

この期限内に電話番号の引き継を行わないとMNP予約番号が無効になり、その予約番号ではMNP乗り換えが出来なくなります。
再度「MNP予約番号申し込み用ダイヤル」へ電話して予約番号を発行してもらう必要があります。

多くの格安SIMで申し込み時にMNP予約番号の有効期限が一定以上残っている必要があるため、出来ればmineoに申し込みをするギリギリ数日前に予約番号を取得しましょう。

例えばmineoの場合にはMNP予約番号の有効期限が10日以上ある場合にしか入力できません。

MNP予約番号の有効期限が足りない場合の再取得方法は?

MNP予約番号を取得した「MNP予約番号申し込み用ダイヤル」へ再度電話を掛け再発行してもらいましょう。

再発行されたMNP予約番号の有効期限はリセットされ、再取得した時点から15日間になります。

また一部料金が掛かるような情報もありますが、再発行に料金は掛かりません。
無料で何度でも再発行可能です。

【有効期限内(予約日含め15日間)】
前回発行したものと同一番号、または、新たな予約番号を取得することが可能です。
※新たな予約番号を取得した場合、以前の予約番号はご利用いただけなくなります。

【有効期限外】
新たな予約番号を取得することが可能です。

MNP予約番号を再取得することは可能ですか?
| Y!mobile-よくある質問

どうしてMNP予約番号の有効期限が必要なのか

どうしてMNP予約番号の有効期限が残っている必要があるのかは、「申し込み後~届くまでにMNP予約番号の有効期限が切れたらどうなるか」というリスクを考えれば納得出来るのではないでしょうか。

申込から審査中が終わる段階でMNP予約番号の有効期限が切れた場合には、再度ユーザー側で再度取得し直してもらう必要があるためかなり面倒なことになります。

これらのリスクを回避するために多くの格安SIM会社では有効期限が一定日以上ある条件でしか申し込めないようになっており、有効期限が切れてしまう前に格安SIM会社側で電話番号の切り替え(MNP処理)を行っています。

2パターンのMNP切り替え方法と有効期限対策

また、格安SIM会社のMNP切り替え方法には大きく分けて2種類あります。

1つ目は楽天モバイルなどの「自動電話番号切り替えパターン」です。
このパターンではMNP予約番号を取得後申し込み時に入力するのですが、申し込み後に自宅に届くまでに格安SIM会社側で電話番号の乗り換え手続きをしてしまいます。
有効期限が切れる前に格安SIM側でMNP処理を完了させる方法です。

切り替えた段階で自動で旧携帯電話会社は解約され、新携帯電話会社と契約になります。

この方法のメリットは自分で電話番号の切り替え設定をする必要が無い点ですが、デメリットとして自宅に届くまで通話が使えない不通期間が存在する点です。

2つ目はmineoなどが採用しているSIMカードが届いてからユーザー側で切り替え設定をする方法です。
自宅に届きユーザー側で電話番号切り替え処理を完了するまでは、乗り換え前の携帯電話会社の電話が利用できるので「不通期間」が無いのがメリットです。
デメリットはユーザー側で電話番号を切り替える手間がある事です。(3分程度で終わりますが)

2つ目の方法の場合には、不通期間が無いのでユーザー側に大きなメリットがあります。
しかしユーザー側に届くまでの配送のタイムラグやユーザーの切り替え忘れによってMNP予約番号の有効期限切れの心配が懸念されます。
mineoに詳しい人に聞いたところ有効期限ギリギリになると格安SIM会社側で自動で切り替えるとの事でした。

MNP予約番号の再発行方法 有効期限が足りない場合の対処法【まとめ】

格安SIM会社によって差はあるものの、MNPの場合はMNP予約番号の有効期限が15日しかない上に申し込み時点である程度の日数が残っている必要があります。

MNP予約番号はできる限り申し込みギリギリの数日前に取得することをお勧めします。
(自分の場合は当日に取得しました)

2017年満足度No1の格安SIM『マイネオ』


CMでも放送中の格安SIMの最大手"mineo(マイネオ)"は全600以上の格安SIMの中で
2017年総合満足度No1を獲得!

mineo

数少ないau回線とドコモ回線を併せ持ち、初心者向けのプランやサポートが充実していて
当サイトでも自信をもってオススメできる人気No1格安スマホです。

↓当サイト一押しおトクなmineoの申し込み先はこちら↓

mineo

またmineoの評判や他の格安SIMとの徹底比較もしています↓
mineoの評判