mineoの音声通話の通話料は高い?無料通話サービスやLaLaCall・楽天でんわ

通話・電話

格安SIMに乗り換える際の基準として「無料通話サービスの有無」は重要な要素ではないでしょうか。
特に社会人になるとビジネス面で090や080の番号を使用する機会は多いです。

月にコンスタントに30分、1時間と通話するだけで格安SIMの場合には通話料が割高になります。
今回は大手格安SIMのmineo(マイネオ)で無料通話サービスや通話料について解説し、mineoを利用する場合の通話料対策を考えていきます。

mineoの通話料金は他の格安SIMと同じく20円/30秒と割高です。
着信時はもちろん料金は掛からないものの、発信を月合計で1時間するだけで2,400円もの通話料がかかります。

通常通話料金 通話料
発信時 20円/30秒
着信時 無料

mineoでは以下の3種類の無料通話オプションがあり、基本料金にオプションとして付ける事で利用可能です。
通常通話料金は割高なので月30分以上は通話する場合にはオプションを利用することをお勧めします。

mineoの無料通話サービス「通話定額30」と「通話定額60」

mineoの通話定額オプションの「通話定額30」は30分間までの通話料を無料にする代わりに月額+840円掛かるオプションです。
「通話定額60」は60分までの通話料を無料にする代わりに月額+1,680円掛かります。

それぞれのコストパフォーマンスを一覧にすると以下です↓

通話無料オプション 月額料金 超過時の通話料 無料通話分 通常通話との差
通話定額30 840円 20円/30秒 30分(1,200円分) 最大360円
通話定額60 1,680円 20円/30秒 60分(2,400円分) 最大720円

通話定額30の場合は30分ピッタリの通話であれば通常通話より360円分特になりますが月の通話が0分でも840円かかります。
また超過分の通話料は通常通話料金の20円/30秒となるので「通話定額30 / 通話定額60」はあまりお得度がありません。

mineoの無料通話サービス「5分かけ放題サービス」

2017年3月に登場した「5分までの通話が何度でも無料になる」通話無料オプションです。
月額850円のオプションであり、大手キャリアでいうとことの

ドコモ「カケホーダイライトプラン/月額1,700円」
au「スーパーカケホ/月額1,700円」
ソフトバンク「スマ放題ライト/月額1,700円」

と同じタイプの一般的な通話無料オプションです。

5分を超過分は10円/30秒の通常通話料金の半額になるのでかなり優秀なオプションです。

事務的な短い通話が多い人向けの通話無料オプションと言えます。

ちなみにmineoの「5分かけ放題」オプションを利用する場合には、mineo電話アプリをダウンロードして利用する他に、発信先の電話番号の先頭に「0063」を付与して通話する必要があります。

mineoスイッチ_アイコン

参考:「mineoでんわ」アプリを利用しなくても5分かけ放題サービスは利用できますか? | mineoユーザーサポート

mineoユーザーなら月額100円オプションのIP電話LaLaCallが便利

mineoの運営元のケイオプティコムのLaLaCallというIP電話サービスがあり、通常通話料の半分以下の通話料で使えます。

LaLa Call

LaLaCallはIP電話なので音声品質は高くはないですが、月額料金はmineoユーザーは月額100円+以下の通話料となかなかのコストパフォーマンスです。

発信種類 通話料金 割引率
通常の携帯宛の発信 8円/30秒 60%OFF
一般電話宛の発信 8円/3分 93%OFF
LaLaCall同士の発信 無料 100%FF
LALACALLの通話料金

mineoと楽天でんわなどの通話アプリの組み合わせが定番

個人的には格安SIMの定番の無料通話である”楽天でんわ”と併用するのが一番オススメできます。

楽天でんわ_ロゴ

大手キャリアでも完全かけ放題に加入していないユーザーで「楽天でんわ」の利用者は多いですが、楽天でんわアプリからかける事で通話料が半額になります。

楽天でんわなら通話料が半額&基本利用料金無料

IP電話ではないので音声品質も通常の通話と同じで、通話料は格安SIM側ではなく楽天側に支払います。
基本使用料0円で通話料は通常通話料の半額10円/30秒で利用できるためデメリットがありません。

基本使用料は無料

楽天でんわ

【mineoの音声通話・通話料まとめ】通話料を最も安くする方法

mineoで通話を使用するに当たっていくつかの通話料を安くする選択肢を見ていきました。
月の通話時間ごとの料金をまとめると以下です↓

無料通話オプション 月0分 月30分 月60分 月90分 月120分
無し 0円 1,200円 2,400円 3,600円 4,800円
通話定額30 840円 840円 2,040円 3,240円 4,440円
通話定額60 1,680円 1,680円 1,680円 2,880円 4,080円
5分かけ放題 850+α円 850+α円 850+α円 850+α円 850+α円
LaLaCall
(IP電話)
100円 580円 1,060円 1,540円 2,020円
楽天でんわ 0円 600円 1,200円 1,800円 2,400円

とIP電話で問題ない場合には僅差でLaLaCallがコストパフォーマンスが良いですが、通常の090や080の番号での通話の場合には楽天でんわが優秀です。

5分かけ放題は5分以内の通話が多い場合には最もコストパフォーマンスが良いですが、超過分も楽天電話と同じく通常通話料金の半額10円/30秒で使えるので一番オススメです。

2016年の調査では全格安SIMユーザーの通話一回の平均時間は3分前後という事も有り、1月に1時間以上通話するのであれば「5分かけ放題」はmineoの中でも一番オススメできます。

月に2時間以上通話しているなら無料通話の優れたワイモバイルへの乗り換えをお勧めします。

参考:「格安スマホで通話し放題が可能! 【キャリアvs格安SIM】かけ放題料金比較

【まずはmineoの公式ページをチェック】
mineo
mineoの最新キャンペーンmineoの評判
mineo申し込みの流れ

2017年満足度No1の格安SIM『マイネオ』

CMでも放送中の格安SIMの最大手”mineo(マイネオ)”は全600以上の格安SIMの中で
2017年総合満足度No1を獲得!

mineo

初心者向けのプランやサポートが充実していて
当サイトでも自信をもってオススメできる人気No1格安スマホです。

当サイト一押しお得なmineo申込先はこちら↓

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_