mineo(マイネオ) の格安スマホiPhone7は安い?料金と注意点まとめ

mineoの格安スマホiPhone7が2月15日より台数限定で販売
ねこ
節約ねこ

mineoで格安SIM初のiPhone7が販売しているってホントですか?

かいり
かいり

そうなんです。
2018年2月15日より独自ルートで仕入れた国産のSIMフリー版iPhone7が販売開始したんです。

ねこ
節約ねこ

格安スマホでiPhone7が購入できる時代ですか。

かいり
かいり

特に今回のiPhone7は格安SIMで買えるiPhoneの中でも最新モデルなんですよね。

ねこ
節約ねこ

iPhoneで安くスマホデビューしたいけど、型落ちのiPhoneは嫌な人には最高ですね。

かいり
かいり

今回はmineoでセット販売している格安スマホの『SIMフリー版iPhone7』について料金面と特長をまとめてみました。

2018年2月15日より格安SIM最大手のmineo(マイネオ)がiPhone7の販売を開始しました。

料金が大手3キャリアの半額以下で使えることで話題の格安SIMですが、セットで購入できるスマホはほとんどがAndroid端末なのがネックですよね。

  • 「格安SIMでもiPhoneでスマホデビューしたい!」
  • 「今大手キャリアから格安SIMに乗り換えたいけど、スマホも新iPhoneに新調したい」

という人にとって、iPhoneをセット販売している格安SIMは以下のように古いiPhoneモデル(いわゆる型落ちiPhone)ばかりです。

格安SIM名 セット販売しているiPhoneモデル
mineo(マイネオ) iPhone7 / iPhone7 Plus
UQモバイル iPhoneSE / iPhone6s
ワイモバイル iPhoneSE / iPhone6s
楽天モバイル iPhoneSE
BIGLOBEモバイル iPhoneSE / iPhone6s

なので今回mineoが取り扱いを開始したiPhone7は格安SIMでセット購入できるiPhoneモデルの中でも一番新しいモデルという事になります。

ねこ
節約ねこ

格安SIMで買えるiPhoneモデルの中でもiPhone7は最新って事ですね!

mineoで取り扱っているiPhone7とiPhone7のスペック&カラー

今回mineoで販売しているiPhone7とiPhone7は、mineoがメーカーの代理店から独自で調達したSIMフリー版のiPhoneモデルという事です。

国産なのでiPhone版おサイフケータイの「Felica」などにも対応しているのと、現在Appleストアでも販売を終了した限定カラーの”RED”も取り扱っているのが最大の特徴でしょう。

『mineoで購入可能なiPhone7とiPhone7Plusの種類』

現在mineoで販売しているiPhone7は以下の種類のものがあります↓

iPhone端末 ストレージ容量 カラー 端末価格(税抜) SIM種類
iPhone7 128GB レッド(限定色) 78,000円
3,250円×24回
(Dプランで使う場合)
nano SIM
(Aプランで使う場合)
au VoLTE
iPhone7 256GB
(限定)
シルバー / ローズゴールド 87,600円
3,650円×24回
iPhone7 Plus 128GB レッド(限定色) 89,400円
3,725円×24回
iPhone7 Plus 256GB
(限定)
ブラック 99,0600円
4,150円×24回

参考:「Web限定販売iPhone | mineo公式

iPhone7やiPhone7 Plusの端末代金はApple公式とほとんど同じですね。

また赤のカラーバリエーションのiPhone7は現在Apple公式では販売を終了しており、現在はmineoでしか購入できないのでmineo限定カラーと言ったところでしょうか。

今回のmineoも台数限定という事で、今後入手できなくなる可能性もあると考えると赤のiPhone7はかなりレアかもしれません。

またストレージ容量が265GBのiPhone7も同じく現在はAppleでは販売を終了しているので限定です。

IPhone7の限定カラーRED

mineoでiPhone7(iPhone7 Plus)を購入して使った場合の月額料金シミュレーション

という事でiPhone7(iPhone7 Plus)をmineoで購入して使った場合の月額料金はいくらになるのでしょうか。

最も一般的なパターンで以下の条件でシミュレーションしました↓

  • iPhone7(128GB)の端末代は24回分割購入
  • 月のパケットは5GB

今回はドコモで同条件でiPhone7を契約した場合の料金と比較してみました↓

iPhone料金 mineoでiPhone7購入 ドコモでiPhone7購入
iPhone7端末代金 3,510円/月 3,915円/月(×24ヶ月)
機種変更時
端末割引 -2,997円/月(×24ヶ月)
月月サポート
パケットプラン 2,462円/月
6GB音声通話(D)
5.400円/月
データM標準5GB
通話プラン 1,836円/月
カケホーダイライト
その他 324円/月
spモード
合計月額料金
(1~2年目)
月額5,972円 月額8,478円
合計月額料金
(3年目以降)
月額2,462円 月額7,236円

流石に最新に近いiPhone7なので、端末代金がかかる2年間はmineoでも月額6千円近く掛かりドコモとそこまでの金額差はありません。

しかしiPhoneの端末代を支払い切った3年目以降は、ドコモの3分の1くらいの月額料金で使えるのが分かります。

支払ったトータル金額を経過時間(月)でグラフにしてmineoとドコモを料金比較すると以下のようになります↓
iPhone7を購入した時のmineoとドコモの支払総額の推移

特に2年間でiPhone7の端末代を支払い終わった後から、ドコモとmineoの月額料金差が大きいので、mineoでの大幅な節約が分かりますね。

  • 1年間で30,072円
  • 2年間で60,114円
  • 3年間で121,320円
  • 4年間で182,496円

も支払総額に差が出てきます。同じものをほとんど同じプランで使っているのにここまで違うんです。

mineoの最新キャンペーンmineoへiPhoneを持ち込んで使う
mineo申し込みの流れmineoの評判

mineoのSIMフリー版国産iPhoneとは?使える機能と特長

UQモバイルやワイモバイル、楽天モバイルでiPhoneが販売されていることから、mineoでも以前からiPhoneの販売の要望が多かったのですが、ついに今回最新のiPhone7で実現しました。

特に今回のiPhone7は前記の通りmineoが独自ルートで仕入れた『国内版SIMフリー』のモデルです。

国産SIMフリー版のiPhone7って何?

iPhoneには海外と日本国内で販売されていものを区別するために、国内版には「モデルナンバー」「パートナンバー」と「総務省指定の刻印」がされています。

他の格安SIMで販売されているiPhoneの中には「海外版SIMフリー」のモデルもありますが、mineoで販売されているiPhone7はしっかりと国内版の「モデルナンバー」「パートナンバー」と「総務省指定の刻印」がある『国産版SIMフリー』という訳です。

勿論SIMフリーなので大手キャリアのようなSIMロックは掛かっていません。

参考:「国内版SIMフリーiPhone 7/7 Plus取り扱いの開始について | mineoスタッフブログ

mineoで販売されているiPhone7は、前記の通り日本向けなので「Felica」機能が利用でき、以下の特徴があります↓

  • 購入から30日以内であれば、Appleストアのwebまたは店頭から延長保証「AppleCare+ for iPhone」に加入が可能
  • mineoの「端末安心保証サービス」オプション(月額370円)には加入できない
  • 防水・Felica対応

という事でmineoの端末保障オプションには加入できませんが、Appleストアの延長保証オプションには購入~30日以内であれば加入可能という事です。

Sponsored Link

今使っているiPhoneが使える格安SIMを探す

【iPhone7が使える格安SIMを探す】
ドコモ版iPhone7 au版
iPhone7
ソフトバンク版
iPhone7
【iPhone6sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6s
au版
iPhone6s
ソフトバンク版
iPhone6s
【iPhone6が使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6
au版
iPhone6
ソフトバンク版
iPhone6
【iPhone5sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone5s
au版
iPhone5s
ソフトバンク版
iPhone5s
ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです