SoftBankの3ブランド化💡LINE使い放題「SoftBank on LINE」やワイモバ新プラン

SoftBankの3ブランド化💡LINE使い放題「SoftBank-on-LINE」やワイモバ新プラン
ねこ
節約ねこ

ドコモの「アハモ」が話題になりましたが、ソフトバンクも2020年12月22日に新プランを発表しましたね。

かいり
かいり

ソフトバンクは以下の3つのブランドで回答していますね↓
➀LINEモバイルを100%子会社化した「SoftBank on LINE」
➁ソフトバンクで無制限新プラン「メリハリ無制限」
➂ワイモバイルでのプランリニューアル「シンプルS/M/L」

かいり
かいり

特に1つ目の「SoftBank on LINE」はLINEからのオンライン受付のみで、プラン内容としてはアハモとほぼ同水準の20GBで月額2980円と一番の目玉でしょう。

ねこ
節約ねこ

ソフトバンクは3つのブランドで攻めるのですね

かいり
かいり

棲み分けも含めて、今回はソフトバンクの3つの回答をまとめてみましたよ🎵

2021年2月追記:
「SoftBank on LINE」は正式に『LINEMO(ラインモ)』として発表されました。サービス内容などの変更も含めて以下のページでまとめ直しています↓

SoftBank新ブランド『LINEMO』 3月開始で値下げ変更🎵良い点&要注意な点

2021.02.20

2020年の菅政権の通信費削減の要請で、大手キャリアは通信量を値下げプランを急遽求められた形ですが、2020年12月に話題になったのが「アハモ」です。

ドコモの「アハモ(ahamobile)」は月額2980円で20GB使えるプランで、大手キャリアでここまで低価格&高品質なプランは初で、国の要請に先陣を切った形に。(アハモについては以下のページでまとめました↓)

ドコモ激安20GBプラン『アハモ(ahamobile)』楽天,SoftBank,au,Y!,UQと比較

2020.12.21

そして2020年12月22日に、ソフトバンクがドコモの対抗プランとして以下の3つのブランドを打ち出して回答を出した形となっています↓

【SoftBankの3つのブランド】

➀LINEモバイルを100%子会社化して新たに「SoftBank on LINE」というブランドを作り、ドコモと同水準の20GBで月額2980円のプランをリリース
 
➁ソフトバンクの既存の「メリハリプラン」の上位互換の無制限プラン『メリハリ無制限』の登場
 
➂サブブランドのワイモバイルの既存プランをリニューアルして『シンプルS/M/L』

アハモで一気にハードルが上がる中、対抗プランとして目玉なのが間違いなく➀の「SoftBank on LINE」でしょうし、ドコモとの差別化として、大半のスマホ利用者が使っている「LINE」を申込窓口として前面に押し出している点です。

ソフトバンク×LINE

参考:20GB+「LINEがギガノーカウント」を月額2,980円で提供

という事で、上記の「ソフトバンクの3つの柱」について順番にみていきましょう↓

➀:LINEモバイルを完全子会社化して「SoftBank on LINE」というブランドに!オンライン専用&LINEのカウントフリーが売り

LINEモバイルを100%子会社化して新ブランド「SoftBank on LINE」を2021年3月スタート

今回最も注目なのが、2018年に子会社化となった「LINEモバイル」を今回100%完全子会社化し、新たに『SoftBank on LINE』というブランドとして発表した点です。

「SoftBank on LINE」のプラン内容は以下の通りで、完全にドコモのアハモに対抗した形となっています↓

「SoftBank on LINE」
申込開始 2021年3月予定
月額料金 2,980円(税抜)
データ容量 20GB/月
カウントフリー LINEのサービス使い放題
データ容量超過時の制限 制限時でも最大1Mps(YouTubeがギリギリ見れるくらい)
無料通話 5分以内の国内通話が何度でも無料(5分までかけ放題)
通信回線 ソフトバンク回線
5G対応 ◎ (対応)
eSIM ◎ (対応)
申込方法 オンラインからのみ手続き可能(LINEから)
「SoftBank on LINE」のプラン内容 「SoftBank on LINE」のプラン内容_2

通信料金もこの水準まで下がったと考えるとかなり財布に優しい時代になりましたね。

今までのキャリア利用者の通信費の平均が8000円/月くらいと言われていたので、大半が半額以下になった訳です。

LINEアプリを前面に押し出す!LINEカウントフリー&LINEからのオンライン申込が可能

容量も月額料金もアハモと全く同じで、細かい差別化として青文字の部分の「LINEがカウントフリーで使い放題(いくら使っても通信量をカウントしない)」という部分です。

この「LINEのカウントフリー」は元々のLINEモバイルの全プランについているサービスですが、「SoftBank on LINE」でもLINEのカウントフリーを残したという形になりました。

またアハモと同じく若年層をターゲットとした「オンライン申込のみ」でコストカットを図っているのですが、こちらはLINEアプリと連動した申込ができるのがウリです。

今やスマホ利用者でLINEを使っていない人の方が少ないくらいなので、申込への手軽さ・心理的ハードルはかなり下がるのではないでしょうか。

➁:ソフトバンクのメリハリプランの上位互換「メリハリ無制限」が2021年3月からスタートに

ロゴ_ソフトバンク_softbank

そして元々のソフトバンクも新プランを発表しています。

2020年のソフトバンクの看板プランである「メリハリプラン」は大容量50GB+SNS使い放題というプランでしたが、更に上位の「メリハリ無制限」というプランを2020年3月より提供開始するようです。

メリハリ無制限

「SoftBank on LINE」や後述する「ワイモバイル」の新プランにも無制限プランは存在しないため、大容量&店舗サポートが可能という点が”ソフトバンク本体”の棲み分けとなったようです。

➂:ワイモバイルでも5Gサービスが2021年2月開始に!プランもシンプルS/M/Lにリニューアル

「ワイモバイル」はソフトバンクのグループ会社で、最近ではソフトバンクショップに併設したりと利用者も知名度も上がっています。

自分も4年ほど使っていますが、まさに「安いソフトバンク」で品質では格安SIM中でもトップレベルに良いです。

そのワイモバイルも今回の発表で既存のプラン『スマホベーシックプランS/M/L』から、新プラン『シンプルS/M/L』に2021年2月よりリニューアルするとの事です↓

ワイモバイルの新プラン『シンプルS M L』は2021年2月リリース

この「シンプルプラン」から遂にワイモバイルでも5G回線に対応する他、月14GBの真ん中のスマホベーシックプランRがなくなり、3GB、10GB、20GBのシンプルな松竹梅プランとなりました。

ちなみにシンプルLが20GBプランなので、容量的に「SoftBank on LINE」と被っていますが、ワイモバイルは元々安かったので料金的にはそこまでの変化はない印象です。

3ブランドの間での乗り換えは無料に!家族割は各ブランドで別々のカウント

3ブランド「ソフトバンク」「ワイモバイル」「SoftBank on LINE」間の行き来をスムーズにするために、「契約解除料」「番号移行手数料」「契約事務手数料」などを全て無料にするようです。

自分の今のステージや使い方に合わせて、適したブランドに気軽に移る事ができるのはありがたいですね。

ちなみに”家族割”などはブランドごとでのカウントになるので、家族で3ブランドバラバラだと家族割が効かない点には若干の注意が必要かもしれませんね。

「ソフトバンク」「ワイモバイル」「SoftBank on LINE」の3ブランドの棲み分けはどうなる?

今回の発表で、元々子会社としてあったLINEモバイルが「ソフトバンク」「ワイモバイル」に並ぶ形で3本の柱となったわけですが、3ブランドの棲み分けは以下のように発表されています↓

ソフトバンクの3ブランドの棲み分け(ソフトバンク公式ページより) ソフトバンクの3ブランドの棲み分け一覧表

オンライン専用の「SoftBank on LINE」
小・中容量の「Y! mobile」
大容量・無制限の「ソフトバンク」

という3つのブランドで棲み分けになるようです。

参考:新しい料金サービスに関する発表会 | SoftBank公式(pdf)

Sponsored Link


ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです