UQモバイルでiPhone5sセットはお得?白ロムSIMフリーと比較

格安SIMでiPhoneを使う為には色々方法があります。
大きく分けて
1.キャリアで購入した自分のiPhoneを使う
2.自分で用意したSIMフリーのiPhoneを使う
3.自分で用意した白ロム(キャリア産の中古)iPhoneを使う
4.UQモバイルのセットプランでiPhone5sとセットで購入する

今回は価格の比較になりますので、
そもそも使えるのかに関しては以下の記事をご参照下さい。

1.キャリアで購入したiPhoneを使う

この場合はもう購入しているので、当たり前ですが費用は掛かりません。
なので一番安いのがこのパターンです。
しかし動作確認やSIMロック解除の条件もあるので、必ずキャリア購入したiPhoneを使えるとは限りません。

ちなみにキャリアのプラン割引無しで計算すると、最新機種でトータル8~10万円くらいだったりします…
実質端末代0で購入していても、そもそも本体代が高額な基本料金に上乗せされていますので、
これくらい払っているんですね。

キャリアで端末代を分割ローンで購入した人は、格安SIMに乗り換えてもキャリアからのローン請求は当然残りますので忘れないように留意を。

2.自分で用意したSIMフリーのiPhone5sを使う

AppleなどではSIMフリーのiPhoneを販売していますので
キャリアの関係でSIMロック解除できなくて1の方法は無理だった場合は
SIMフリー端末を購入して格安SIMで使うパターンもあります。

SIMフリー端末のiPhone5sであればSIMロックに悩まされることなく格安SIMを使えます。
価格ドットコムさんで調べてみたところ、iPhone5sの16GBで30,000~35,000円位の価格帯で購入可能です。

3.自分で用意した白ロム(キャリア産の中古)iPhoneを使う

コチラはキャリアで購入したけど、様々な理由で売り払ったiPhone5sを購入して使うパターンです。
(SIMカードの入っていない端末は通称白ロムと呼ばれ、ヤフオクやブックオフなど様々な場所で売られています)

値段では最安値になりますが、元の持ち主が何らかの理由で手放した端末ですので値段相応のリスクはあります。
(ここでは白ロムの注意点や詳細は割愛します)

白ロムのiPhone5sであれば2万円弱くらいで購入できると思います。
この辺は正直格安SIMやスマホ初級者にはオススメできません。

4.UQモバイルのiPhone5sセットのプランはどうか

実はこのユーザーのニーズをいち早く察知してか
UQモバイルにはiPhone5sとSIMカードのセットのプランがあります。
2016年7月よりセットプランが開始されました。

参考:UQモバイル公式のiPhone5sページ

シミュレートしてみたところ、
iPhone5sとSIMカードのセットの場合、一括購入だとiPhone5s単体の価格は43,300円となります。

SIMフリー端末などと比べると高いですが、UQモバイルで準備しているだけあって他のiPhone5sと比べて以下のメリットがあります。

UQモバイルのiPhone5sのメリット

◆UQモバイルのキャリアメールが使える
◆テザリングも可能
◆iOSのアップデートにも対応

専用のSIMカードの挿入されたiPhone5sなので、自前より値が張る分iPhone5sの機能が全開放されて弊害無く使えます。

個人的にはUQモバイル公式で動作保証等が完璧なiPhone5sセットが無難だと思います。
iPhone5sの値段も、SIMフリー端末を購入するのと比較しても良心的な範囲なので、
自前のiPhoneがUQモバイルで使えない場合はiPhone5sセットのプランを選んでおくとスムーズに格安SIMライフが送れるはずです。

【UQモバイル】CMのガチャピンとムック驚きの裏設定とは

最近CMでも話題になっているUQモバイルですが、

「CMのピンクのガチャピンと青色のムックは何?」

父役と母役の色違いのガチャピンとムック、とても気になりませんか?

※UQモバイルのCMの女優やCM動画一覧に関しては<【UQモバイル】CMの美女3姉妹の女優は誰? 【CM全部一覧】>にまとめましたので良ければご参照下さいませ♪

実はUQモバイル公式にピンク色のガチャピンと青色のムックの正体や裏設定が載っていたのでまとめました。

ピンクガチャ・ブルームクはガチャピン・ムックではない!

実はこのピンク色のガチャピンと青色のムックはガチャピンとムックとは無関係なのです。

設定では、この2人(2匹?)は別次元にあるパラレルワールド内の「惑星ブループラネット」から来たとの事。
惑星ブループラネットは地球とそっくりな惑星で、生息する生物もすべて体が青色 & 地球によく似た生物だそうです。

なのでこのピンクガチャとブルームクは、ガチャピンやムックに似たパラレルワールドの生物という事になります。

ブルーガチャが変色してピンクガチャになった

故郷の惑星ブループラネットに生息する生物は全て青色なので
ピンクガチャは元々はブルーガチャだったようです。

しかし地球に来てUQ mobileに助けられ、体がピンク色に変色したようです。

ピンクガチャ誕生動画↓

UQモバイルについての評価や口コミは
UQモバイルの評判・口コミと評価【格安SIM徹底比較】
で詳しく紹介しています。
安全確実に格安SIMに乗り換えたい人はぜひご参照下さいませ♪

【UQモバイル】CMの美女3姉妹の女優は誰? 【CM全部一覧】

格安SIMをオススメしているこのサイトでも何かと注目している"UQモバイル"!
格安SIMとしての品質も相当高いですが、ここ最近ではのコマーシャルで知名度も高いです。

UQモバイル乗り換えでスマホ代節約を検討している人は<UQモバイルの評判・口コミと評価【格安SIM徹底調査】>をどうぞ♪

UFOに掛けたUQのイメージと、「だぞっ」は意味不明ですが謎の刷り込み効果?で頭から離れません
そんなUQモバイルのCMと家族構成(女優)をまとめてみましょう↓

UQモバイルのCM一覧

2016年現在放送されているCMは2種類です。

「家族設定、誕生」編

「のりかえる長女」篇

CMのメイキング画像もありました↓

UQモバイルCMの女優はだれ?

美脚タイツな美女3姉妹は左から順に深田恭子さん、多部未華子さん、多部未華子さん

美脚タイツな美女3姉妹で男性は釘付け必至ですが、美女3姉妹の女優は左から順に

◆長女=深田恭子さん
長女、だぞっ公式設定

幼少期からすでに親衛隊が存在していたという、ナチュラルボーン系の美女。性格はマイペース。

◆次女=多部未華子さん
次女、だぞっ公式設定

持ち前の洞察力でオトコゴコロを見抜く、インテリジェンス系の美女。実はママっ子。

◆三女=永野芽郁さん
三女、だぞっ公式設定

大人っぽい見た目とは裏腹に心はピュアな、イノセント系の美女。ちょっと甘えん坊。

UQモバイルCMのガチャピンとムック?

UQモバイルの家族構成_ピンクガチャとブルームクはガチャピンとムックではない模様

父親と母親はガチャピンとムックの色違いっぽいですが、
名前はそれぞれピンクガチャとブルームクという公式設定のようです。

◆母=ピンクガチャ

個性的過ぎる一家の中心的存在。家族思いで、みんなから慕われている。

◆父=ブルームク

女だらけの一家の中で肩身のせまいパパ。でも、そんな立場が意外と嫌いじゃない。

ピンクガチャピンとブルームックの裏設定などは以下をどうぞ♪
<【UQモバイル】CMのガチャピンとムック驚きの裏設定とは>

【格安SIMの選び方】回線速度はどれくらいあれば実用的?

「格安SIMは通信速度がキャリアに比べて遅い」

そんな理由で格安SIMを選ぶ際には通信速度を重視して選ぶ人が多いです。
勿論通信速度は速いに越したことはないのですが、具体的にどの程度の速度が必要なのでしょうか。

格安SIMではの公式サイトなどで回線速度を公表しており、キャリアと同等の速度と謳っているところもあります。
ただ、別のページでも書きましたが、回線速度の実測値は異なっており
回線速度最大値で謳っているケースは多いです。

最大の回線速度が速くても正直実用的な数字とは言えません。

参考までに回線速度の平均値を挙げます↓
キャリアの回線速度の平均値:30~40Mbps
格安SIMの回線速度の平均値:10~15Mbps
(※1Mbpsは1秒間に30~40MB通信できる速度)

上記はキャリアと格安SIMの回線速度の平均値ですが、
キャリアは倍以上格安SIMより速いことが分かります。

しかしむしろ重要なのが最低通信速度です!

使用していてストレスのないレベルの回線スピードは4.0Mbps(1秒間に4MB通信)と言われていますが、
回線の最大速度が高いよりも、最低速度が4Mbpsを切らない方が安定した回線速度と言えます。

逆に最大速度は早くても最低速度が4Mbpsを切っていると、ムラのある回線速度に感じるかもしれません。
キャリアに比べて格安SIMは回線速度が遅いと言われる最大の理由は
回線の最低速度が低いところが多い点にあります。

最近では最低回線速度が4Mbpsを超える格安SIMも多く登場しており、
「格安SIMは安いけど速度面で実用性がない」
という理由でキャリアから乗り換えないのはとてももったいないです。

特にY!mobileとUQモバイルはそれぞれソフトバンクとauのサブブランド的なキャリアなので、
回線速度がキャリアの回線速度なのに料金は格安SIMという「良いとこ取りの格安SIM」と言えます。
(ここではキャリアではなく格安SIMと分類して紹介しています)

自分もUQモバイル使っていますが、回線速度でキャリアより遅いと感じたことはありません。
回線速度がネックで乗り換えを躊躇しているなら、UQモバイルやY!mobileへの乗り換えがオススメです。
ウェブからも申し込みができ、ショップや量販店でもサポート体制があるのでほとんどキャリアと変わらず
毎月のスマホ代は半分以下くらいまで節約できています。

参考:「UQモバイルの評判・口コミと評価【格安SIM徹底調査】

【LINE】トークの背景画像を変更する方法

LINEを使うときに初期設定のままだとデフォルトの青空のトーク背景です。
しかしLINEをある程度使い込んでいるユーザーはトーク背景を自分の好きな画像に設定していたりしませんか?

実はこれトーク毎に背景画像設定する方法があるんです。
人によってトーク背景を変えることで、違う人に送信してしまうなどの事故を事前に防止することにも繋がりますし
何より新鮮な気分になります。

特にLINEはスマホユーザーの日常生活になくてはならない連絡手段と言っても過言ではないです。
なので日常にスパイスを加える意味でも、
この機にLINEのトーク背景を設定する方法を身に付けてみてはどうでしょうか。

今回は格安SIMとは直接関係ありませんが、
最近自分がはまっているので紹介します。

LINEのトーク背景を変更する方法

トークルームごとに背景画像を設定できますが、
画像はプレで用意してある背景の他にも
自分の写真ライブラリからも選択できますし
カメラを起動して撮った写真をトーク背景に設定することも可能です。

初対面の人とLINE交換する仲になったら、一緒に撮った写真をトーク背景に
設定してみるのも面白いです。

また全部のトークの背景を変えることもできるので
全トーク背景設定と個別にトーク背景を設定する方法を分けて説明します。

個別トークの背景画像を設定する方法

個別に特定の人(グループ)のトークルームの背景だけ変更したい場合の設定方法です。

背景画像を変えたいトークを表示

右上の「下矢印」をタップ

「トーク設定」

「背景デザイン」

背景にしたい画像を選択します
・「デザインの変更」でプレ背景を選択できます
・「写真を撮る」から写真を撮ってLINEトーク背景に設定できます
・「アルバム」でスマホの写真ライブラリからも選択可能です。

全トークの背景画像を一括設定する方法

LINE画面の右下「その他」

上段の「設定」

「トーク・通話」

「背景デザイン」

背景にしたい画像を選択します
・「デザインの変更」でプレ背景を選択できます
・「写真を撮る」から写真を撮ってLINEトーク背景に設定できます
・「アルバム」でスマホの写真ライブラリからも選択可能です。

全トークの背景画像を初期背景に戻す方法

色々理由はあると思いますが、LINE内の全てのトーク背景を一括で初期背景(青空と雲)に戻す方法です。

LINE画面の右下「その他」

上段の「設定」

「トーク・通話」

「背景デザイン」

「現在の着せ替え背景を設定」

で「はい」を選択すれば全LINEトーク背景画像を初期化できます。

LINE

乗換え前ユーザー必見! LINEを格安SIMで使用する為の条件・方法

ほとんどのスマホユーザーが利用している連絡ツールと言えばLINEでしょう。
勿論格安SIMに乗り換えを検討しているユーザーもほとんど全員がLINEを引き続き使いたいはずです。

格安SIMでLINEを使う事はもちろん可能ですが、
全てのケースで格安SIMでLINEを使用できる訳ではありません!

この部分を知らずに格安SIMを契約してしまうと、契約後にLINEが使えずに面倒な事になるのは必至です。
LINEを諦めるなんて論外でしょうし。

LINEを格安SIMで使用する為に必要な条件

格安SIMには大きく分けてデータ通信用SIMと、音声通話SIMの2種類があります。

格安SIMでLINEを使う為にはSMS対応SIMでないとできません。
なぜなら格安SIMに変更して最初にログインする際に登録した電話番号宛にSMSで認証番号を確認する必要があるからです。

音声通話可能なSIMを選択してもSMSに対応していない場合
SMS認証ができないのでLINEを使うことができないのです。

多くの格安SIMでは契約時に音声通話SIMを選択すると、
オプション(月額+120~150円程度)でSMS機能を付けることができます。

多くのスマホユーザーは格安SIMでLINEを使いたいと思います。
特にLINEに限らず最近のSNSは本人確認のためSMSを利用した本人確認が多いので
SMSのオプションはつけた方が無難な選択だと思います。

LINEを格安SIMで使用する引継ぎの事前準備と注意点

最低限ログイン情報(登録メールアドレスやパスワード)をメモしておきましょう。
ログイン情報が無いと格安SIMに変えた時にLINEアカウントでログインできませんので。

アカウントとメールアドレスを紐づけていなければ設定し、
端末が変わる場合は「LINE引き継ぎ設定」を済ませて24時間以内に行えるとスムーズにLINE引き継ぎができます。

詳しくは<格安SIMでLINEは使える? 乗り換え時のLINE引継ぎ方法と注意点まとめ>で手順を説明していますのでご参照下さい。

引継ぎ時の注意点としては、LINEのトーク履歴は基本的に引き継がれないという点です。
OSが同じ場合(iOS端末からiOS端末への引継ぎ or Android端末からAndroid端末)は、
以下の方法でトーク履歴を引き継ぐこともできます。
<格安SIMでLINEのトーク履歴引継ぎ!バックアップ&復元方法【iPhone&Android】>

【格安SIM】UQモバイルで疑似キャリアメールを使う裏技

格安SIMのデメリットの一つ「キャリアメール使えない問題」がありますが、
LINEを筆頭に様々なフリーメール・メールアプリで代用している人は多いです。

フリーメールの場合は、最大のデメリット
「相手がキャリアメールの場合、フィルタに弾かれて届かない」
という欠点もあり、

何とかキャリアメールが格安SIMで使える方法はないか

と考えてしまいます。
しかし一部の格安SIM会社では、キャリアではないですがキャリアメールと同じ扱いの
MVNO独自のメールサービスをオプションで付けることができます。

これによってフリーメール最大のデメリットも解消され
格安SIMで疑似キャリアメールが使用できます。

UQモバイルの@uqmobile.jpがキャリアメール扱い!

多くの格安SIM会社は独自のメールサービスをオプションで展開しています。
(以下が主な格安SIM会社の独自メールオプションです↓)

UQモバイルのメール:@uqmobile.jp
◆mineoのメール:@mineo.jp
◆楽天モバイルのメール:@gol.com
◆Biglobe SIMのメール:@★.biglobe.ne.jp
◆ocnモバイルのメール:@★.ocn.ne.jp

この中で唯一QUモバイルのメールだけキャリアメールと同様の扱い
「キャリアメール相手にもキャリアメールのように届く」のです!

これ意外と知らない人が多いのですが、格安SIMを選ぶ際には結構重要なところだと思います。

「キャリアメールなんてほとんど使ってないし、なくてもいいや」

って人には関係ありませんが、昔の知人や友人にはキャリアメールしか連絡手段が無い人も多いと思います。

格安SIMに乗り換える際に、

「格安SIMに乗り換えましたので以下のフリーメールに変わります
お手数ですがメールフィルタで弾かれないよう設定お願いします」

なんてお互い煩わしい事この上無いと思います。
(相手もメールフィルタの設定方法を調べる必要があるからです)

またUQモバイルの疑似キャリアメールの場合、
フェッチ式(問い合わせたら受信)ではなくプッシュ式(送られると共に届く)なのもポイントで
ライムラグなく連絡が取りあえる要素です。

UQモバイルの疑似キャリアメールの料金と注意点

UQモバイルでは上記の疑似キャリアメールを使用するには月額200円のオプション料が掛かります。
しかしキャリア以外でキャリアメールのように使用できるメールサービスは稀少なのでかなり良心的な価格設定と言えます。

別の記事でも紹介していますが、キャリアメール目的でキャリア契約をキープして使う方法と比較すれば
コストは5~10分の1程度で済みますし。

参考:<格安SIMでキャリアメールを使う唯一の方法【ソフトバンク編】>

またUQモバイルで購入した端末以外の自前の端末を使用する場合は、メールサービスが使えない場合があります。
以下のUQモバイルの端末動作確認一覧で確認しましょう↓

<【UQモバイル】格安SIM動作確認端末| テザリングやカードサイズ対応一覧>

UQモバイル公式バナー

UQモバイルについての評価や口コミは
UQモバイルの評判・口コミと評価【格安SIM徹底比較】
で詳しく紹介しています。
安全確実に格安SIMに乗り換えたい人はぜひご参照下さいませ♪

格安SIMでキャリアメールの代わりに使えるメールアプリまとめ

キャリアで格安SIMに乗り換えるデメリットの中でも「キャリアメールが使えなくなる」というデメリットは大きいと思います。
自分はLINEがほとんどだったので、ソフトバンク時代の@i.softbank.jpのキャリアメールが使えなくなるのは
そんなに気になりませんでしたが、
そのキャリアメールしか知らない昔の友人や知人には、
「別のメールアドレスに変わります」的な連絡が煩わしかったです。

他にもキャリアメールを登録メールアドレスとして使用しているサービスなんかも結構ありましたので
登録情報変更するのも手間でした。

キャリアメールが使えないと困る事

自分がキャリアメールが使えなくなり困ったのが以下の2点です↓

フリーメールはキャリアメール相手に届かない事も

キャリアメールの相手にこちらがフリーメールからメールを送信すると
送信したメールが相手のメールフィルタで弾かれて届かないなんて事も…

この場合送った自分側にはエラーメッセージが帰って来て切なくなります。

特にGmailは迷惑メールフォルダ送りになる確率がかなり高いようで、
相手に自分のフリーメールだけメールフィルタの対象から除外してもらう対策が必要で面倒です。

キャリアメールでしか登録できないサービスがある

LINEやFacebook等キャリアメールでしか登録できないサービス(フリーメールでは登録できない)も結構あります。

ちなみに他のところでも書いていますが、
LINEは初回登録時にキャリアメールで認証されれば、
そのキャリアメールが解約して使えなくなってもログインできます。
認証後はログイン時の文字列としてしか扱われていないようです。

格安SIMでキャリアメールの代わりに使えるメールアプリまとめ

もはやLINEがあればキャリアメールが必要ないという声も…

定番のLINEは格安SIMの連絡手段としては最もポピュラーです。
キャリアメールしか連絡手段の無かった人も、格安SIMに乗り換える機にLINEで交流してみるのも有りだと思います。

ちなみにLINEを格安SIMで使うにはログイン時に電話番号での承認が必須になるので
データ通信専用のSIMだとLINEは使えない点には注意です。
音声通話SIM・SMS機能付きのデータ通信専用SIMであれば、問題なくLINEを使用することができます。

Facebookの「Messenger」を使う

20代では定番のSNSであるFacebookと連携している「Messenger」というメッセージアプリも使えます。
Facebook内の友達とチャットワークのようにトークすることができます。
相手にプッシュ通知をONにしてもらえば、Facebookでしか繋がってない相手ともやり取りできます。

普通にGmailを使う

先程も説明しましたが、キャリアメールに送信する場合高確率でエラーが返ってきて届かないので
相手にメールフィルタの設定を変更してもらいましょう。

Gmailはフリーメールの中でも高性能なので1つもっておくと何かと便利だったりします。

UQモバイルや楽天モバイルのキャリアメールを利用する

格安SIM会社のUQモバイルや楽天モバイルの場合、独自のキャリアメール(正確にはキャリアではないのでMVNOメール)サービスを利用することができます。

楽天モバイルの場合:★@rakuten.jp
UQモバイルの場合:★@uqmobile.jp

これらの独自メールであれば、キャリアメール相手にメッセージを送っても問題なく送ることができます。
詳しくは<【格安SIM】UQモバイルでキャリアメールを使う方法>をご参照下さいませ♪

無理矢理キャリアメールを格安SIMで使う方法

<格安SIMでキャリアメールを使う唯一の方法>で書いているように、
キャリアをメールが使える最低料金で維持し続けながら、そのキャリアメールを格安SIMのスマホ端末で使うことで、
格安SIMでキャリアメールを使うこともできます。

しかし格安になるのが魅力で格安SIMに変えたのに
キャリアメールを使う為に毎月料金を支払うなら
キャリアの料金とあまり差がないような気もします。

格安SIMでキャリアメールを使う唯一の方法【ソフトバンク編】

ドコモauソフトバンクなどのキャリアから格安SIMに乗り換える際のデメリットとして挙げられるのが
「格安SIMだとキャリアメールが使えない事」
でしょう。

ソフトバンクであれば@softbank.jp
ドコモであれば@docomo.ne.jp
と見覚えのあるこれらのメールは、キャリアメールと呼ばれ「キャリア契約者がキャリアから借りて使用しているメールアドレス」だという事をご存じない人もちらほら。

なので格安SIMに乗り換える=キャリアを解約するタイミングでキャリアメールは使えなくなってしまいます。

格安SIMでキャリアメールが使えないデメリット

別ページでも書きましたが、キャリアメールがなくなりGmailのようなフリーメールで代用すると
「LINE」や「Facebook」に登録できなかったり、
キャリアメール相手にフリーメールから送信すると迷惑メールに分類されて見られなかったりと
様々な弊害が有ったりします。

ちなみにLINEは最初にキャリアメールで認証が済めば、
キャリアメールが使えなくなろうがそのまま登録情報としてLINEを使うことができます。
解約後に使えないキャリアメールでも、そのままLINEを引き継ぎ先の端末でログインできます。

でもどうしてもキャリアメールを使いたい…

格安SIMなのにキャリアメールも使えちゃう…
そんな方法が

あるんです!

キャリアメールを格安SIMで使う方法

"あるんです!"なんて言いましたが、はっきりいってこの方法は節約とは程遠い方法です。
どうしてもキャリアメールが使いたいという人以外はあまり良い方法とは言えないかもしれません。

なぜかというとキャリアメールだけ使える最低料金プランでキャリアと契約を持続し、
それを格安SIMで契約したスマホ端末で使うという方法だからです。

格安SIMを使う=毎月のスマホ代を安くしたいのに
キャリアメールが使えないというデメリット回避のためにキャリア維持費を払い続ける…
なんか本末転倒な気がしますが一応紹介を。

結局キャリアとの契約は必須

結局キャリアメールはキャリアと契約していないと使えません。
なのでキャリアの最低維持プランで契約して、毎月キャリアにも格安SIM会社にも料金を支払うことになります。
「月々+2000円弱でキャリアメールが使えるようになる」
といった認識です。

上記キャリアメールだけの契約の場合の
ドコモ,au,ソフトバンクのそれぞれの最低維持料金が以下になります。

ソフトバンクでキャリアメールだけ使い続けるための契約プランと最低費用

ソフトバンクの場合、「S!メール」が
@softbank.ne.jpや@XX.vodafone.ne.jpを使う為のプランですが、
「S!メール(MMS)どこでもアクセス」というプランを付けることでウェブブラウザ経由で
キャリアメールを使うことができるようになります。

これによって格安SIMで@softbank.ne.jpや@XX.vodafone.ne.jpのキャリアメールが格安SIMで使用できるようになります。

更に最安でいくならスマホの基本料金(月額1534円~)よりも、
ケータイを契約することによって「ホワイトプラン」で月額934円で使用可能です。
格安SIMでキャリアメールを使用するのに必須な「S!メール(MMS)どこでもアクセス」が月額300円なので
トータル月額1234円でソフトバンクのキャリアメールを格安SIMで使用できる計算になります。

注意点としては、上記のケータイの「ホワイトプラン」は通常の2年縛りが適応されます。
結構高いですが2年縛りの条件のない標準プラン(月額1867円)もあるので、
何らかのケースで短期のキャリアメール使用の場合には
標準プランで違約金0の方が安くなるケースもあります。

ちなみに格安SIMによっては独自のキャリアメールを持っている場合があります。
つまり格安SIM専用の独自メールです。
この中でもUQモバイルだけは、キャリアメールと同等の扱いで使用可能です。
詳しくは<【格安SIM】UQモバイルで疑似キャリアメールを使う裏技>をご参照下さいませ♪

ドコモ&ソフトバンクユーザー必見!UQモバイルキャンペーン【スマトク割】乗換えで激安化

格安SIMの会社は多く、比較して自分に合った会社を選ぶのも一苦労ですよね。
最近だとCMで知名度急上昇しているUQモバイルが人気ですが、
UQモバイル(UQコミュニケーションズ)はKDDIグループ(au)です。

UQモバイルキャンペーンと背景

キャリアが幅を利かせていた時代にはau ドコモ ソフトバンクとユーザー争奪戦が激化していましたが、
総務省の計らいで幕を閉じ、格安SIM時代に突入…

なのでQUモバイルはauの格安SIM版といった位置づけになるのでしょうか。
なので通信回線もキャリアと遜色ないレベルですし、
auで購入したスマホ端末も多くが問題なく使えます。

同じようにY!mobileという格安SIM版ソフトバンクもあり、
格安SIM時代にもキャリアによる争奪戦の激化はあるようです。

長くなりましたがそんな背景があり、UQモバイルの「スマトク割」というキャンペーンがあります。

そんなことよりUQモバイル「スマトク割」キャンペーンの条件と割引は?

つまりソフトバンク,ドコモの人はUQモバイル(au系)は安くするから乗り換えて~って事です。

UQモバイル「スマトク割」公式ページの適応条件は以下です↓

ぴったりプラン、たっぷりプラン、おしゃべりプランS、おしゃべりプランM(全てVoLTE用プラン含む)をご契約いただいたお客さまについては、課金開始月から起算して25ケ月間、基本使用料から1,000円を割り引きます。

ただし、KDDI株式会社及び沖縄セルラー電話株式会社のauサービス並びにauネットワークを利用したMVNOサービスからのMNP転入時にはスマトク割を適用しません

UQモバイル「スマトク割」割引は25ヵ月(約2年間)スマホ代が1,000円安くなるよ!
これは格安が更に加速しそうです。

UQモバイルは通信回線の品質が抜群に高い分(第三者機関MDDさんの統計では格安SIM会社でNo1)
スマホ料金も「ぴったりプラン」で2,980円/月、「たっぷりプラン」で3.980円/月と
格安SIMユーザーの平均スマホ料金が2000円であることを考えると安くはありません。
(それでもキャリア平均7500円よりは十分安いですが)

しかし2,980円/月から1,000円引きなので1,980円/月と平均より安く使えるようになります。
割合でいえば33%割引なので結構でかい!

2つのうちのもう片方の「たっぷりプラン」でも
3,980円/月から1,000円引きの2,980円/月で25%引きなので割引率はかなりのものです。

しかも25ヵ月なので、UQモバイルの更新月と同じタイミングってところもポイントです。
違約金が掛からない更新月まで2年間使用すると25000円安くなるのは正直かなりの割引だと思います。

条件はauとauネットワークを利用したMVNOサービス(現状mineoのAプラン)以外である事です。
なので現ソフトバンクユーザー、ドコモユーザーの方は
激安でUQモバイルに乗り換えることができるキャンペーンです。

UQモバイルの評判や通信速度・比較評価に関しては
<UQモバイルの評判・口コミと特徴【格安SIM徹底調査】>
を参考にどうぞ♪

ちなみにソフトバンク系のY!mobileでも同様のキャンペーンが行われており
ソフトバンク以外のau ドコモユーザーを大幅割引で格安SIMが使えます。