【UQモバイル】auからでも月額1980円で使う方法

UQモバイルのプランの中でも無料通話ありの「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」は人気です。

UQモバイルはぴったりプランとたっぷりプランの2種類がある

プラン 月額料金 通信速度 通話 契約縛り(最低契約期間)
1.ぴったりプラン 1980円/月(※1) 受信最大150Mbps 90分無料 1年
2.たっぷりプラン 2980円/月(※1) 受信最大150Mbps 180分無料 1年

上記のようにこの2プランは1980円、2980円で使えると表記されていますが、
実はau以外のキャリアからの乗り換え時の料金です。

つまりauからの乗り換えの場合は、+1000円の月額料金になってしまいます。
詳細は<ドコモ&ソフトバンクユーザー必見!UQモバイルキャンペーン【スマトク割】乗換えで激安化>をご参照下さい。

auからでも月額1980円でQUモバイルを使う方法

どうしても月額1980円(たっぷりプランなら月額2980円)で使いたい人は、
以下の方法でauからUQモバイルの上記プランで他のキャリアと同じ料金で使用可能になります。

他のauから一度他のMVNOへ乗り換え、その後UQモバイルへ乗り換える方法です。
そうすれば契約上「auからの乗り換え扱い」にはならないので
ぴったりプランを月額1980円、たっぷりプランなら月額2980円
で使用可能になります。

ちょっとずるい方法かもしれませんが、
一応契約上は問題なしです。

注意点としては多くの格安SIMでは解約時に違約金の発生する期間というのが決まっています。
なのでこの方法で1ヵ月だけクッションする格安SIM会社は、この期間が無いところを選択しないといけない点です。

契約期間の縛りの無い格安SIMとしては「イオンモバイル」なんかが有名ですね。

そもそもUQモバイルが1980円で使えるのは1年間で2年目から月額2980円(たっぷりプランなら3980円)になるので
12ヵ月×1000円で12,000円の節約にはなりますが
そこまでするかという疑問もありますが。

UQモバイル公式バナー

『UQモバイル』支払い方法でクレジットカードは必須?【デビットカードは可能か】

今最も人気があるといっても過言ではないUQモバイルですが、
Y!モバイルやOCNモバイルONEなどの一部の格安SIM以外ほとんどの格安SIMでは
契約時にクレジットカードと身分証が必須です。
参考:<【口座振替・デビットカード】格安SIMをクレジット以外で支払契約できる?>

身分証はともかく、
様々な事情でクレジットカードを使わない・使えない・持っていない人は契約できないのでしょうか。
自分はあまりバンバンクレジットカードを使いたくない人間ということもあり、
クレジットカード無しでUQモバイルで契約できないか調べてみました。

UQモバイル公式ページで支払い方法を確認

UQモバイルの公式ページには、支払い方法に関して以下のように記載がありました↓

支払い方法について

クレジットカードでのお支払いです。VISA、MasterCard、JCB、American Express、DINERSがご利用いただけます。

という事でクレジットカード以外は支払い方法は選択できないようです。

ちなみにUQモバイルのショップの店員さんに聞いてみたところ、
やはりクレジットカード以外は無理だとはっきり言われました。

し・か・し

UQモバイルはデビットカードで契約できるみたい

UQモバイルの支払い方法公式ページをしっかり見てみると以下のような注意書きが!

一部の発行元を除きデビットカードはご利用いただけません。ご利用のデビットカードで毎月の通信料金のお支払いができるかは、デビットカード発行元会社にお問い合わせください。

"一部の発行元を除き"ということは、一部のデビットカードなら使えるとUQモバイル公式で表記されているのです。

ネットで調べてみると、確かにUQモバイルをデビットカードで契約できたというケースもちらほら見受けられました。

UQモバイル公式の記載から察するに、「毎月支払いができるデビットカード」であれば行けそうです。
カードの種類によって審査があるようなので、
一応審査を通ったと報告のあったデビットカードは

◆VISAデビットカード
◆JCBデビットカード

です。

初期費用が契約完了後に請求されるので、オンラインからデビットで申し込んだ方がリスクが無いです。
また契約できても突如拒否されるケースもあり、審査基準も時間変化は十分にあり得ます。

このページの情報は再現性・完全性はありませんのであくまで参考程度にお願いします。

UQモバイル公式バナー

『UQモバイル』データ容量無制限プランの通信速度はどう?【格安SIM】

CMでお馴染みにUQモバイルですが、
データと通話のオールインワン的な「ぴったりプラン」と
その上位容量の「たっぷりプラン」を大きく推しています。

UQモバイルはぴったりプランとたっぷりプランの2種類がある

しかし
「たっぷりプランの6GBでも毎月のデータ通信容量が足りないよ!」
って人も居ると思います。
常時SNSを起動し続けていたり、ゲームし続けたりで6GBなんてすぐオーバーしてしまう。
そんな人向けにUQモバイルのデータ通信量無制限プランもあります。

「『UQモバイル』データ容量無制限プランの通信速度はどう?【格安SIM】」の続きを読む...

UQモバイルへの乗換えでスマホ代いくら安くなった?【利用者の平均節約額は?】

話題のUQモバイルですが、格安SIM扱いでかなり月額料金は安くなります。
特に現在3大キャリアを利用している人なら品質を維持しつつ大きく月額スマホ代を安くすることができます。

UQモバイルユーザーの平均スマホ代ってどんなもん?

2016年8月のUQモバイルユーザー6796人のインターネット調査によると、

UQモバイルに乗り換え後に月額平均3,600円安くなってます!

データの範囲がアバウトですが内訳は以下のようになっています↓
◆月額2,000円前後安くなった :約30%
◆月額4,000円前後安くなった :約40%
◆月額4,000円以上安くなった :約30%

特にソフトバンクとドコモからUQモバイルに乗り換えると
月額料金が-1,000円されるのでかなり大きいです。

参考:<ドコモ&ソフトバンクユーザー必見!UQモバイルキャンペーン【スマトク割】乗換えで激安化>

UQモバイルはKDDIグループ=auのサブブランドのため、
3大キャリアのユーザー争奪キャンペーンの格安SIM版ということです。
ユーザーからすればありがたいキャンペーンですね♪

ケースごとの月額料金(現在ソフトバンク&ドコモから乗り換える場合)

ケースごとの月額料金をプランごとに概算してみました。

概算時の設定として、
1.自前の端末を使う(=格安スマホ無し)
2.MNPで電話番号そのままで通話付き
という一番一般的なパターンの場合です。

まずは現在ソフトバンクかドコモユーザーがUQモバイルに乗り換える場合の2プランの料金です。

◆ぴったりプランの場合(データ通信容量2GB & 90分無料通話サービス)
→1年目月額:約1,980円/月 (2年目月額:約2,980円/月)

◆たっぷりプランの場合(データ通信容量6GB & 180分無料通話サービス)
→1年目月額:約2,980円/月 (2年目月額:約3,980円/月)

先程の-1,000円の割引が適応されて、ぴったりプランで1,980円/月で使用可能とかなりお得です。

ケースごとの月額料金(現在auから乗り換える場合)

auからUQモバイルに乗り換える場合、上記のキャンペーンが適応されないので通常のプラン料金になります。

◆ぴったりプランの場合(データ通信容量2GB & 90分無料通話サービス)
→1年目月額:約2,980円/月 (2年目月額:約3,980円/月)

◆たっぷりプランの場合(データ通信容量6GB & 180分無料通話サービス)
→1年目月額:約3,980円/月 (2年目月額:約4,980円/月)

ケースごとの月額料金(現在Y!mobikeから乗り換える場合)

現在Y!mobileを使っている人もau系のキャリアではないのでドコモやソフトバンクと同じ扱いで
-1,000円キャンペーンが適応されて以下の価格でUQモバイルを利用可能です↓

◆ぴったりプランの場合(データ通信容量2GB & 90分無料通話サービス)
→1年目月額:約1,980円/月 (2年目月額:約2,980円/月)

◆たっぷりプランの場合(データ通信容量6GB & 180分無料通話サービス)
→1年目月額:約2,980円/月 (2年目月額:約3,980円/月)

まーあキャリアと比べるとどのキャリアからUQモバイルに乗り換えてもかなりの節約になると思います。
参考:格安SIMと比較【キャリア料金表】docomo Softbank au高くない?

UQモバイルの料金設定と費用対効果の総評

UQモバイル自体が格安SIMの中では料金設定は高めですが
圧倒的に品質がいい(特に通信回線の品質は全格安SIMでもトップレベル)ので
費用対効果としてはかなりのものだと思います。

「ぶっとんで安くないと嫌だ!」
という人でない限りは、個人的にも一番オススメできる格安SIMと言えます。

詳しくは<UQモバイルの評判・口コミと評価【格安SIM徹底調査】>

【UQモバイル】節約モードでSNS使い放題・無制限が格安SIMで実現!

CMでもお馴染みのUQモバイルですが、やはり格安で使えるのに品質が高くていいですね♪

総務省の介入もあり、確実にキャリアから格安SIMに乗り換える人は増えています。
特にキャリアからUQモバイルを含む格安SIM乗り換えた場合、毎月のスマホ代料金が大幅に安くできますからね。

UQモバイルを選択するメリット

格安SIMの中でもUQモバイルを選ぶメリットは以下です。

UQモバイルのメリット1:回線速度が超安定

格安SIMはキャリアと比べて通信回線の速度と安定性が若干劣る事が多いですが、
UQモバイルは格安SIMの中でもトップレベル&キャリアと同等の通信回線と安定性があります。
UQモバイルはau回線を利用していますが、正直キャリアから乗り換えても回線で違和感は全くありませんでした。

UQモバイルのメリット2:ターボ機能を使えばデータ通信が無制限に!

多くの格安SIMでは毎月のデータ通信量の上限がキャリアに比べて制限することで料金を安くしています。
UQモバイルでも

◆1GB(キャンペーン中は2GB)が上限の「ぴったりプラン」:月額1,980円
◆2GB(キャンペーン中は6GB)が上限の「たっぷりプラン」:月額2.980円

UQモバイルはぴったりプランとたっぷりプランの2種類がある

の2種類がありますが、最大でも6GBです。
格安SIMはチャージ料金が高いので、月にこれ以上のデータ通信をする人は
使い切って超低速になってしまいます。

しかしUQモバイルでは「節約モード」というシステムがあり
データ通信容量を消費する通常のモードと
データ通信容量を消費しない「節約モード」を
手動で切り替えて使うことができます。

 UQモバイルの節約モードでSNSやメールが実質無制限で使用可能に!

「節約モード」は送受信最大300Kbpsと、動画を見るのは厳しいですが、
SNSやメール程度なら十分に使えるので、実質無制限でデータ消費を気にすることなくSNSやメールができるという訳です。
動画を見たいときだけ通常の高速モードに切り替える事で、データ通信量の節約ができます。

UQモバイルのメリット3:無料通話サービス込みのプラン

キャリアではプランに通話無制限が込みでしたが、格安SIMでは一般的に
20円/30秒の通常の通話料金での通話になります。

なので正直を毎月何時間もする人は格安SIMはオススメできません。

しかしUQモバイルでは無料通話分込みの料金設定になっており、

◆通話1時間まで無料の「ぴったりプラン」:月額1,980円
◆通話3時間まで無料の「たっぷりプラン」:月額2.980円

とプランに1時間以上の無料通話が付いています。

UQモバイルのメリット4:疑似キャリアメールが使える

格安SIMの弱点として良くあげられるのが、キャリアメールが使えない事です。
キャリアメールとはau ドコモ ソフトバンクのメールアドレスです。
キャリアから格安SIMに乗り換える=キャリアを解約する時点で使えなくなります。

UQモバイルではキャリアメールと同じ扱いのQUモバイル独自のメールアドレスがオプションで使える為、
迷惑メール扱いにならずにキャリアメールと同様に使うことができます。

参考:【格安SIM】UQモバイルで疑似キャリアメールを使う裏技

また、UQモバイルの評価や口コミはUQモバイルの評判・口コミと評価【格安SIM徹底調査】にまとめてあります。

UQモバイルで使える無料wi-fiスポット(Wi2 300)でデータ通信容量を節約

UQモバイルでは驚愕のキャリアと同レベルの通信速度を持ちながら、
データ容量を節約する高速と低速の手動切り替えでデータ通信量の節約が可能です。

しかしその他にも全国6万か所に設置されているWifiスポットを無料で使えることをご存じでしょうか。

UQモバイルだと実は全国6万か所のWifiスポットが無料で使い放題に!

意外と知られていませんが、UQモバイルで格安SIMを使っている人は
全国約6万か所に設置されているWi-Fiスポット「Wi2 300」が無料で使える特典があります。
Wi-fiスポット「Wi2 300」は以下のステッカーのある場所で使用可能です。

 UQモバイル加入で無料で使えるwifiスポット「Wi2 300」のステッカー

UQモバイルの公式ページでもしっかりと記載されています。
Wi2 300 for UQ mobile

UQモバイル加入者がwifiスポット「Wi2 300」を使う方法

UQモバイル加入者がwifiスポットの「Wi2 300」を無料で利用するためには
簡単ですが申請が必要になります。

STEP1.
「my UQ mobile」へログインし、「Wi2 300 for UQ mobile」のバナーをクリック

STEP2.
「お申込み内容」「約款・利用規約」に同意する

STEP3.
必要事項を記入して申請完了です。

※ICCIDとは:
ICCID(IC Card Identifier)は、SIMカードの裏面に記載されている19桁の番号

安かろう悪かろう? 格安SIMのみんなの不安・疑問

最近ではCMや広告・外に出てもショップなどあらゆる場所で目にするようになって知名度も上がってきた格安SIMですが、
まだまだ初心者には

見知らぬ会社(MVNO)の名前と、安すぎることもあって漠然と不安

という意見は多いです。
「安いものはそれなりの理由があって品質に問題があるのではないか」
と考えるのは普通の考えでもありますが、

今回はより具体的に格安SIMに乗り換えたいけど不安な初心者の不安をより具体的にまとめてみました。

格安SIM初心者の不安・疑問点まとめ

格安SIMに対する不安点をより詳細に集計したところ、以下の順番に不安だという結果に!

不安度No1:「契約が分かりにくそう」
★★★★★(26.4%)

不安度No2:「サポートが良くなさそう」
★★★★(21.4%)

不安度No3:「設定方法が分かりにくそう」
★★★(15.4%)

不安度No4:「実際に料金が安くなるか分からない」
★★★(12.6%)

不安度No5:「3大キャリアに比べて通信速度が悪い」
★★(9.9%)

不安度No6:「3大キャリアに比べて繋がりにくそう」
★★(9.9%)

不安度No7:「実店舗がない」
★★(9.3%)

不安度No8:「3大キャリアに比べて通話品質が悪そう」
★(6.0%)

不安度No9:「サービス提供会社が不安」
★(5.5%)

不安度-:「不安はなし」
★★★★(22.0%)

格安SIMの不安「本当に安くなるの?」

格安SIMの一番の売りでもある「安さ」ですが、
そもそも本当に安くなるかも不安という声も…

「オプションを多く付けられて、結局キャリアと同じ料金にされそう」

流石にこれはないです。
実際に格安SIMを使っているユーザーの平均のスマホ代は、調査によると2,067円となっています。
参考:<格安SIMと比較【キャリア料金表】docomo Softbank au高くない?>

ただキャリアと違い通話し放題が無いので知らずに通話を続けると高くなる点には注意です。

格安SIMの不安「通信速度が不安」

ほとんどの格安SIMではドコモやauなどのキャリアの回線を使わせて貰っているので
キャリアと比べると回線速度や安定感には劣ります。

詳しくは<なぜ格安SIMは回線速度に差が出るの?>を参考にしてもらえれば分かりますが、
最近では品質も上がりキャリアと同レベルの格安SIMも登場しています。

自分が使っていてオススメしている、UQモバイルやY!モバイルといったキャリアのサブブランドの格安SIMならば
キャリアと同レベルの回線品質で遜色ありません。

格安SIMの不安「サポートの品質」

端末に関しては基本的にはキャリアと違って「自己責任」となります。
格安スマホ(SIMカードとセット購入したスマホ)の場合は当然サポートがありますが、
多くの人が望む「自前の端末 + 格安SIM」のコンボの場合は
当たり前ですが自前の端末の不具合や故障に対してのサポートはありません。

回線関連のトラブルであれば、ほとんどの格安SIMでは電話などで対応してくれます。
特に大手の格安SIM会社であれば、家電量販店やショップなどもあり
単純に乗り換えの相談からでも対応してくれるので初心者でも安心です。

上記の通り、不安の原因はほとんどが「知らないだけ」だったりします。
自分も格安SIMに変えて半年以上経ちますが、乗り換え自体はスムーズに進み今も問題なく使えています。
調べることは多いかもしれませんが、乗り換えの手順自体も実は難しくないです。

自分の場合はソフトバンクから乗り換えで、
毎月のスマホ代が3分の1になり乗り換えて良かったです。

以前では格安SIMにのりかえるハードルは高かったので不安なイメージがまだありますが、

現在は格安SIM会社は各社しのぎを削って新規顧客の獲得に力を入れているので
初心者でも迷わず格安SIMが使えるように・不安を払拭できるようになってきています。

総務省の計らいもあって、このまま行けば来年には多くの人が格安SIMに乗り換える流れになると思います。
毎月5千円前後の節約にはなるので、現在キャリアを使っている方は是非この機に格安SIMへの乗り換えを検討してみることをオススメします。