2017年 1月 の投稿一覧

自前端末でも保証制度有り!安心の格安SIMデビューを!【UQモバイル編】

「今の自分のスマホに格安SIMを挿して安くスマホ代を抑えたい」

そう考える人は多いと思います。

しかし格安SIMではキャリアと違って端末の保証は、
その格安SIMが販売している端末(通称格安スマホ)のみが基本です。

自前のスマホの場合は保証を付けることはできないの?

割れたスマホ画面に昇竜拳

普通に考えてユーザーがどこで入手したかも分からないスマホ端末を保証することはできないですもんね。

しかしそんな中幾つかの格安SIMでは「つながる端末保証」という保証サービスをオプションで付けることができます。

続きを読む

格安SIMの音声通話は激高注意!【通話多い人専用格安SIM選び】

多くのキャリアユーザーは格安SIMに変更することで大幅に料金を節約できますが、
格安SIMも一長一短で全員に効果的で万能な訳ではありません。

特に通話を多く使う人にとっては毎月どれくらい使っているかで
結果的に『かけ放題』プランが適応されるキャリアの方が安くなったりします。

※LINE通話はデータ通信量にカウントされるので通話時間とは無関係です。
参考:「LINE通話いくらかかってる? 意外と知らないデータ通信量&格安SIMはLINE通話で!

続きを読む

【保護者必見】高校生でスマホは必須 | 最安でiPhoneを子どもに持たせる方法

最近では中学生でも半数近くはスマホを持っている時代ですが、
高校生になるとスマホ所有率は脅威の95%オーバーです。

スマホを持っていないのはクラスで1~2人といった状態で
スマホを持っていない子どがデメリットに成りかねない所有率なので
検討している保護者も多いでしょう。

続きを読む

子どものスマホに料金・スマホ代はいくらかかる?【子供のスマホを安く持つ方法】

子どもが中学校や高校に進学すると色々と変化がありますよね。
特に生活環境が変わり、スマホを持たせるか迷う家庭も少なくないと思います。

中学生の子どもがスマホを持ち始めた時期は以下のように中学校入学のタイミングが最も多く、次いでその前後となっています。

中学生が携帯端末を持った時期↓
円グラフ_スマホを持っている中学生がスマホを持ち始めた時期

やはり部活や習い事で帰りが遅くなった時の連絡手段や
事故や犯罪に巻き込まれたりいざというときの防犯上の理由からも
中学校入学時に子どもにスマホを持たせる家庭が多いんですね。

次に中学生が所有しているスマホを含む携帯端末の種類はどうでしょうか。

円グラフ_中学生の携帯端末の種類の内訳

中学生のほとんどがキャリアのスマホかガラケーを所有しているのが分かります。

続きを読む

【中学入学の子ども向け】どんなスマホが一般的? スマホデビュー時の選び方

ジュニアスマホにLINEを入れる

子どもが中学進学になると周りの環境も変わり
子どもにスマホを持たせることを検討する家庭も多いと思います。

最近ではスマホ所有率の低年齢化が進んでおり
中学進学時に持たせる家庭は増加傾向です。

今回はこんな人に向いています↓

子どもが中学進学するけどスマホ持たせた方がいいの?

どんなスマホがいいの? 周りの家庭は何を持たせているの?

子どものスマホに必要な機能は? 安く使えないの?

続きを読む

子どものスマホにフィルタリングは法律上の義務!【総務省の規定と保護者の責任】

最近では子どものスマホ所有率がぐんと高くなってきていますが
それに比例して子どものスマホ関連のトラブルも増加しています。

学生のスマホ普及率&トラブル率は深刻

2016年の調査では、高校生の90%以上がスマホを所有しており
ガラケーなどの携帯端末も含めると脅威の所有率97%です!

対してスマホで何かしらのトラブルがあったと答えたのは85%強もおり、
大半の学生は何かしらのトラブルを経験しているようです。

最も多かったのが「迷惑メール関連」のトラブルですが、
他にも
・ワンクリック詐欺
・顔も知らない人とネットで繋がった
・有料登録からの高額請求

など深刻なトラブルが多発しています。

続きを読む

迷惑メールはなぜ届くのか【無料の仕組み | 個人情報入力への抵抗が薄い世代】

子どものスマホトラブルで最も多い「迷惑メールが送られてくる」という問題についてです。

タイトルにもある「迷惑メールはなぜ届くのか」ですが、
メールアドレスを入力してしまったがために迷惑メールが届きます(当たり前ですが)

考えたいのが、
「なぜメールアドレスなどの個人情報を入力してしまったのか」
という事です。

当たり前にある無料への抵抗

最近では多くの機能やサービス・情報を無料で手に入れることができます。
例えば子供の大好きなゲームの最新情報であれば、
ゲーム名をYahooやGoogleで検索すれば一瞬で出てくるでしょう。

子どもは「なぜこれらの情報やサービスが無料で使う・知る事ができるのか」を知りません。
そこに迷惑メールのトラブルが頻発する理由があると考えています。

続きを読む