ドコモからmineoにMNP乗り換えの方法・手順と注意点

ロゴ_ドコモ_docomo
ねこ

格安SIMの乗り換えって難しいイメージがあります。

kain

確かに毎月の固定費なので、下調べには時間が掛かるかもしれません。
しかし実際に乗り換える手順案外簡単なんですよ。
自分も乗り換え手続きをした時に、思っていたよりも簡単に終わって拍子抜けした覚えがあります。

ねこ

そうなんですか?ドコモからMNPで電話番号を引き継いで乗り換えたいのです。

kain

MNPの場合にはMNP予約番号を取得する手間が1つ増えますが、難しくはないですよ。
今回は現在ドコモを使っている人がmineoに乗り換える具体的な方法と手順を解説していきます。

格安SIMでもキャリアでも一番お金が掛かるのがスマホ端末代金です。
ドコモからmineoに乗換えを考えている人も多くがドコモで購入したスマホを持ち込んで乗り換えを考えているのではないでしょうか。

ドコモで買ったスマホはSIMロックを気にせずmineoのDプランで利用可能

ドコモで購入したスマホにはSIMロックという縛り設定が掛かっています。
これはドコモがライバルであるau,ソフトバンク回線で使えないようにするために、ドコモで販売している全てのスマホにSIMロックを掛けています。
なのでドコモで購入したスマホはドコモ回線を利用している格安SIMでしか使えません。

mineoの場合にはドコモ回線のDプランとau回線のAプランの2種類の回線を持ちます。(マルチキャリア対応)
つまりドコモで購入したスマホは、mineoのDプランに乗り換える事でSIMロックを気にせずに今のスマホを持ち込み利用出来ます。わざわざ面倒なSIMロック解除をすることもないので楽ですね。

ドコモのiPhoneなら5s~7までmineoで持ち込み利用可能

大人気のiPhoneですが、ドコモで購入したiPhone5s以降の全てのモデルでSIMロックを気にせずmineo(Dプラン)で利用可能です。

iPhoneモデル データSIMでの利用 音声SIMでの利用 テザリング SMS利用
iPhone7 Plus
iPhone7
iPhoneSE
iPhone6s Plus
iPhone6s
iPhone6 Plus
iPhone6
iPhone5s
iPhone5c

Dプランの場合にはiPhoneモデルでテザリングも可能なので、mineoの大容量プランを契約してPCをテザリング利用するという方法も十分可能なのが嬉しいですね。

ドコモで買ったAndroidは動作確認端末のチェックを

ドコモで購入したAndroidも多くの機種がSIMロックを解除する事無くmineoのDプランで利用可能ですが、全てが操作するとは限りません。

以下のmineo公式の動作確認端末ページで、自分でmineoに持ち込み利用したいAndroid機種が動作確認されているかを各自チェックしましょう。
動作確認端末一覧 ドコモプラン(Dプラン) | mineo

ドコモからmineoにMNP乗り換えする具体的な手順

端末の準備が整ったらmineoへの乗り換えの準備に入ります。

ドコモから090や080で始まる携帯電話番号を引き継いでmineoに乗り換える”MNP(モバイルナンバーポータビリティ)制度”を利用する場合には、事前にドコモに電話して”MNP予約番号”という10桁の番号を発行してもらってからmineoに申し込みます。

具体的な手順の概要は以下です。

  • 1.ドコモの受付窓口に電話してMNP予約番号を発行してもらう(5分くらい)
  • 2.MNP予約番号を入力して、mineoの申し込みを完了させる(15分くらい)
  • 3.後日mineoからSIMカードが発送されるので自分のスマホに挿して初期設定を完了させる(5分くらい)

の3ステップで完了します。

ねこ

意外にも3ステップで完了するんですね。
目安の合計時間も30分もかからないくらいなのですか。

kain

実際には2で申し込み時にプランを選び直したり、本人確認書類をアップロードする方法などで時間がかかるかもしれませんが上記の時間が目安になります。
それぞれの手順を解説していきます。

1.ドコモの受付窓口に電話してMNP予約番号を発行してもらう

以下のドコモの窓口に電話する事で、スタッフがMNP予約番号を発行してくれます。

  • ドコモのMNP予約番号の受付窓口:0120-800-000
  • 携帯からの場合:151
  • (受付時間:9:00〜20:00)

    MNP予約番号は発行しても特にデメリットは無く、料金も掛からず何度発行しても問題有りません。

    ※ドコモから格安SIMに乗り換える人が最近は増えてきているので、掛ける時間によっては混雑する可能性があります。

    MNP予約番号の注意点

    MNP予約番号には有効期限があります。
    上記の電話でドコモにMNP予約番号を発行してもらってから15日間しか有効期限が無く、mineoには有効期限の残りが10日以上ある状態でないと申し込めません。

    ※携帯電話番号ポータビリティ(MNP)でのお申し込みについては、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている状態でのお申し込みをお願いいたします。

    有効期限ギリギリで申し込んで審査中に期限が切れてしまった場合に面倒な事になるのを避けるため、10日以上有効期限が残っている状態でしか申し込めない仕様になっています。

    ちなみに有効期限が10日を切ってしまった場合には、再びドコモの窓口に電話して「現在のMNP予約番号を取り消し、再発行してもらう」ことで有効期限が15日にリセットされます。(もちろん手数料は掛かりません)

    上記のMNP予約番号の有効期限一覧に、お客さまの有効期限がない場合は、現在ご契約中の携帯電話会社さまにおいてMNP予約を取り消し、 再度MNP予約番号の発番を行った上で、お申し込みください。

    2.MNP予約番号を入力して、mineoの申し込みを完了させる

    MNP予約番号を発行してもらったら有効期限が残っているうちにmineoの申し込みを完了させましょう。

    以下からmineo公式ページに移動後、右上の赤い「お申込みはこちら」ボタン ⇒ 「mineoを新規お申し込みされる方」の赤いボタンで入力ページに進みます。

    マイネオ公式ページ

    その後MNP予約番号を入力する項目があるのでドコモで発行されたMNP予約番号を入力します。
    mineo申込中_3MNP予約番号があれば入力

    そのまま申込を完了すると登録したメールアドレス宛にSIMカードの発送状況が送られてきます。
    この時点ではmineoと契約になっておらず”仮契約”状態なので、携帯電話番号はドコモ契約状態で利用可能です。

    3.後日mineoからSIMカードが発送されるので自分のスマホに挿して初期設定を完了させる

    数日するとmineoからSIMカードが(セット購入している場合には格安スマホも)届くので、ガイドに沿って初期設定を完了させます。
    ここでMNPの開通手続きをした段階でmineoと正式契約となり、同時にドコモが自動解約されます。
    以降携帯電話番号はmineoに引き継がれているので、mineoの規定の通話料金で利用されます。

    詳しいmineoへのMNP乗り換え手順は以下のページで徹底解説しているのでご参照下さい↓
    参考:絶対迷わない『mineo(マイネオ)』乗り換えの流れ 方法・手順

    ドコモからmineoにMNP乗り換えの方法・手順と注意点【まとめ】

    手順の説明は長くなってしまいましたが、実際のMNP乗り換え時の手順は1通りなので迷う事は少ないと思います。
    一番時間が掛かるのが2のmineoに申し込み時のプラン選択で迷うところでしょう。

    mineoの場合にはいつでもプラン変更が可能&翌月から反映なので、パケット容量に困ったらとりあえず多めのプランを選択してあとで余ったらプラン変更という方法で問題ないでしょう。

    詳細はmineoの公式ページをチェック↓↓
    mineo
    mineoの最新キャンペーンmineoの評判
    mineo申し込みの流れ

    オススメ 格安SIM人気ランキング♪

    ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
    種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

    ドコモ系格安SIMランキング_

    今月人気の格安SIM特集!

    IIJmio_ロゴ

    利用者満足度の高い老舗格安SIM

    • 4.67/5.00
    使える回線
    ドコモ/au
    月額料金
    1,600円/月~
    10分かけ放題
    有り
    【現在のキャンペーン】~2017年12月5日
    1年間500円割引のWキャンペーン実施中!