WiMAXはクーリングオフ不可!代わりの初期契約解除制度の方法

WiMAX機種
かいり
かいり

モバイルルーターの中でも無制限+高速通信が可能なWiMAXはかなり人気があります。

ねこ
節約ねこ

動画をガンガンみたり、外出先でのPCデータの送受信、スマホ代の節約など「無制限+持ち運び自由」というのは予想以上に便利ですね。

かいり
かいり

自分も実は今WiMAXを探しているんですが、WiMAXで結構不評が多いのが「エリアの問題」です。WiMAX回線はスマホ回線よりも通信可能エリアが狭いので、地方や屋内などで使えない事も多いみたいです。

かいり
かいり

「契約直後にWIMAXが届いて使ってみたら繋がらない」というトラブルも意外とあるので契約前にWiMAXの初期契約解除制度(クーリングオフ)について知っておいた方が良いです。

そもそもWiMAXのような通信サービスってクーリングオフ可能なのでしょうか。

クーリングオフと言えば、購入から一定期間内なら解約できる制度ですが、実はクーリングオフの条件には

訪問販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引、特別継続的役務提供、業務提供引販売取引、訪問購入

と売る側が訪問したり電話をかけて来たりする場合にしかクーリングオフを適用できないので、自分でウェブサイトや店舗で申し込みをするWiMAXではクーリングオフは出来ません。

しかし通信エリアのトラブル多数で代わりの「初期契約解除制度」が出来た!

しかしWiMAXの通信エリアは拡大してきているとはいえ、まだまだ地方や屋内など届かないエリアもあります。

参考:WiMAXが自分のエリアで通信可能かピンポイントで確認する方法

事前に自分がWiMAXを使いたいエリアで通信可能かを調べたりWiMAXをお試しすることでリスクは減りますが、そこまでしない人は多いです。

そんな理由からWiMAXを含む携帯やスマホの契約、光インターネット契約時でのトラブルが多い事から、2016年5月21日に電気通信事業法の一部が改正され格安SIMでもクーリングオフ(のような制度)が利用可能になりました。

改定された電気通信事業法の一部は以下です↓

  1. 高齢者などへ丁寧な説明の義務化
  2. 2年縛りなどの自動更新時期を事前通知
  3. 通信サービスの料金内訳や支払時期等の書面記載の義務化
  4. 複雑な料金制度を図で示すことの義務化
  5. 有料オプションの名称や料金・解約条件の義務化
  6. 初期契約解除制度の導入(クーリングオフ)

改定された電気通信事業法の6番目の「初期契約解除制度」が、WiMAXなどの通信回線系サービスのためのクーリングオフ制度という訳です。

そんな理由でWiMAXでも2016年より「初期契約解除制度」でクーリングオフのような事が可能になりました↓

WiMAX版クーリングオフ「初期契約解除制度」でどこまでできる?

という事で「初期契約解除制度」によって、WiMAXの契約から8日以内であれば、クーリングオフのように返却して料金免除ということが出来るようになっています。

いわゆるクーリング・オフに似た制度ですが、電話勧誘販売や訪問販売だけでなく、制度が適用される契約であれば、店舗販売や通信販売を含めどのような方法で販売されても、はがき等の書面を事業者に対して送付することによって契約解除ができます。

引用:電気通信サービスの消費者保護ルールの見直し

しかし「初期契約解除制度」には以下の注意点があります↓

  1. 解約できるのは契約より8日間まで
  2. 利用状況が十分でない場合に解約可能(電波状況等)
  3. 契約書類が無い・説明が不十分・説明が不十分・説明に虚偽があるなどの場合に解約可能
  4. 解約までに発生した利用料金や手数料はユーザー側で支払う

つまり自己都合により8日間以内であれば解約可能という事になります。

実際にWiMAXで「初期契約解除制度」でクーリングオフすると掛かるお金

WiMAXを契約してから掛かる費用のうち、8日以内であれば「初期契約解除制度」で違約金と初月の月額料金は支払わずに済みます。

費用 初期契約解除制度で無料に…
初月の月額料金 3,000円~4,300円(不要に!)
違約金 19,000円(不要に!)
WiMAXルーター端末代金 20,000円前後(掛かる)
初期事務手数料 3,000円(掛かる)

契約から8日に初期契約解除制度を利用しても、WiMAXルーターの端末代と初期事務手数料3,000円は支払う必要がある点には注意してください。

WiMAX契約は多くが2年契約や3年契約なので、契約直後に解約すると違約金が19,000円掛かりますが、この制度を使えば違約金+初月分の月額料金が免除になるのでかなり大きいです。

実際に掛かった費用を全額無料にできる訳ではありませんが、WiMAX契約前に覚えておいて損はないでしょう。

WiMAX契約から8日以内じゃないとクーリングオフ出来ない!具体的な流れ

違約金と事務手数料を免除にする「初期契約解除制度」ですが、注意点は契約から8日以内に手続きをする費用がある事です。

【WiMAX契約から解除までの具体的な流れ】

【STEP1】
契約からWiMAX到着後、キャンセルしたいと考える
【STEP2】
契約から8日以内に各プロバイダのサポートへ電話で問い合わせて申請する
【STEP3】
キャンセルの電話申請後7日以内に、必要なものを箱にまとめて購入したプロバイダに返送
【STEP4】
期限内に返送が確認されたら、キャンセルの受付が完了

という流れになります。

重要なのがSTEP2の契約から8日以内にサポートに電話で申請する部分でしょう。この8日を過ぎてしまうと違約金&初月の月額料金を支払う必要があるので、届いたらすぐに通信エリアを確認しましょう。

Sponsored Link

オススメ WiMAX比較ランキング♪

WiMAXプロバイダをキャッシュバックや月額料金で徹底比較!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

WIMAX料金比較ランキング2018

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです