WiMAXホームルーターとモバイルルーターどっちがいい?性能比較

WiMAXのホームルーター「L01s」
ねこ
節約ねこ

WiMAXって持ち運びできる四角い端末のイメージがあるんですけど、自宅に据え置きできるタイプもあるんですね。

かいり
かいり

そうですね。
WiMAXには一般的な持ち運び可能な『モバイルルーター』の他に、自宅のコンセントに差す『ホームルーター』タイプも存在します。

ねこ
節約ねこ

これって持ち運びできるモバイルルーターの方が良くないですか?何が違うんですか?

かいり
かいり

現在WiMAXのホームルーターの機種が『L01』と2018年1月に『L01s』が存在しますが、実は性能はモバイルルーターとほとんど同じなんですよね。

ねこ
節約ねこ

えー、じゃあホームルーターを選ぶメリットって何なんですか?

かいり
かいり

という事で今回は性能的にほとんど差がないWiMAXホームルーターとモバイルルーターについて比較してみました。

無制限で高速通信が利用可能なWiMAXですが、多くの人が外出先でのインターネット利用のため、持ち運びできる『モバイルルーター型』のWiMAXを契約します↓

Speed Wi-Fi NEXT W05

上記は2018年に発売の人気機種『W05』という持ち運びできるタイプで、一般的にイメージするWiMAXのルーターではないでしょうか。

WiMAXホームルーターは自宅回線代わりに人気上昇中!

しかしWiMAX利用者の中には自宅用の固定回線の代わりに使うという需要も増えてきており、以下のような自宅に据え置きする『ホームルーター型』のWiMAXルーターも2017年より登場しました↓

WiMAXのホームルーター「L01s」

WiMAXモバイルルーターに比べてホームルーターは高さ18cmもある筒状なので、持ち運びにはかなり邪魔です。完全に自宅に据え置きを前提としたデザインになっています。

モバイルルーターとホームルーターの性能比較

「ホームルーターは自宅用で大きく持ち運べない分、色々とハイスペックになっているんだろう」

と思うかもしれませんが以下のようにWiMAXホームルーターとモバイルルーターは実はあまりスペックが変わりません

性能比較 ホームルーターL01 モバイルルーターW05
メーカー HUAWEI(ファーウェイ)
対応ネットワーク WiMAX2+ / au 4G LTE
最大同時接続数 42台 10台
下り最大通信速度 440Mbps 440Mbps
LTE利用時708Mbps
サイズ H180×W93×D93mm 約W130×H55×D12.6mm
重さ 約493g 約131g
バッテリー使用時間 電源はACアダプタのみ
ッテリー動作非対応
ノーマルモードで約540分

参考:Speed Wi-Fi HOME L01 | UQ WiMAX

最大通信速度はホームルーターもモバイルルーターも同じで、どちらも現在メインに使われているWiMAX2+回線における4x4MIMO CA通信という高速通信に対応しています。

モバイルルーターはバッテリーで持ち運びできるのに対して、ホームルーターはバッテリーは使えず常に電源に接続していないと使えません。

ねこ
節約ねこ

ここまでで異なるのは大きさだけ?
まさか中身はモバイルルーターと同じなんですか?

ここまでではホームルーターはモバイルルーターの劣化かと思ってしまいますよね。だったら持ち運びできる『モバイルルーター型』の方が良くないか?と。

自宅用にはホームルーター型WiMAXがお勧め!理由は「受信範囲」と「同時接続台数」!

ズバリWiMAXのホームルーターを使うメリットは「電波の届きやすさ」と「同時接続台数」の2点です。それぞれ見ていきましょう。

WiMAXホームルーター最大のメリット:ホームルーターの電波が強く届きやすい!

つまりホームルーターを使う最大のメリットが「モバイルルーターよりも電波が強いのでより遠くまで届きやすい」という事です。

WiMAXの電波はLTE(スマホの電波)に比べてまっすぐ進むので障害物に遮断されやすい性質があり、ルーターとの距離が離れるほど通信速度は遅くなります。なので家によっては壁や階層でモバイルルーターだと自宅全域に届かない可能性もあります。(特に鉄筋コンクリートは透過しにくいです)

対してホームルーターはモバイルルーターよりもかなり電波が強く、障害物があってもより遠くまで届く点が一番の違いです。

以下は障害物がない状態でWiMAXルーターとの距離がどこまで離れていれば届くかを比較したものです↓

  • モバイルルーター:15m~20m
  • クレードルにセット状態のモバイルルーター:20~25m
  • ホームルーター:60~70m

ホームルーターは外に持ち出せないので測定が難しかったですが、ホームルーターに比べて電波の範囲がかなり広いのが分かると思います。

自宅の間取りや階層、壁の素材などにもよりますが、自宅のほとんどの範囲をカバーできる電波の出力になっている点が、ホームルーターとモバイルルーターの最大の違いです。

ホームルーターのメリット:同時接続台数が多い

WiMAXのルーターには1ルーターで同時につなげられる台数が決まっています。

モバイルルーターの場合は最大10台までですが、ホームルーターの場合には最大42台とかなり多くなっており、例えば大家族でスマホやらPCやらを1台のWiMAXルーターで同時に繋ぐことも出来ます。(そんなに同時接続するかどうかは置いておいて)

『結論』こんな人にWiMAX『ホームルーター』がお勧め

という事で、最大通信速度などはモバイルルーターと同じで電源がないと使えませんが、建物内での電波の届く範囲がかなり広いのがホームルーター型のWiMAXの最大のメリットとなります。

つまり建物内で家族全員を1台のWiMAXルーターでカバーするような固定回線の代わりにという場合には、ホームルーターが便利です。

1人で1部屋で使う分には自宅でもモバイルルーターで充分という事でもあります。

ちなみにホームルーターのマイナーチェンジモデル『L01s』が2018年1月に発売されたので性能を解説しています。

WiMAX最新機種『L01s』はどう?ホームルーターL01と性能比較

2018.01.22

Sponsored Link

オススメ WiMAX比較ランキング♪

WiMAXプロバイダをキャッシュバックや月額料金で徹底比較!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

WIMAX料金比較ランキング2018

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです