ワイモバイルは口座振替(引き落とし)できる!クレカ以外の支払方法

ワイモバイルは口座振替で支払可!クレカ無しでも契約可能

CMでも人気の携帯会社『ワイモバイル』は料金イチキュッパとかなり安いです。

Ymobile_ワイモバイル_ロゴ

自分もソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた身ですが、ホントにこんな感じで不自由なく使えてます↓

ソフトバンク時代のスマホ代請求額とワイモバイル乗り換え後のスマホ代請求額にここまでの差

しかし格安SIMって「支払い方法:クレジットカードのみ」の会社がほとんどなんですよね。いざワイモバイルに乗り換えや新規契約しようと思ったところで、

「もしかしてワイモバイルってクレジットカードなしだと支払いできない?」
 
「ワイモバイルで口座振替の引き落としとかできない?」

と、思った人もいるでしょう、

しかし安心してください♪ 
ワイモバイルはクレカが無くても口座振替で申込可能ですよ♪

何を隠そう自分もワイモバイルは口座振替で支払っておりますので 笑

今回はクレカ無しでも、ワイモバイルで支払う方法を解説していきます♪


当サイト限定5,000円キャッシュバック中♪
ワイモバイル公式⇒オンラインストアへ↓↓

格安SIMはほとんどの会社が原則クレジット支払いのみとなっていますが、ワイモバイルはクレジットカードが無くても口座振替(銀行口座引き落とし)で支払可能な数少ない格安SIMです。

口座振替

ワイモバイル公式にも口座振替専用ページがあり、公に口座振替ができる事が分かります↓

参考:口座振替でお支払い | Y!mobile公式

ワイモバイルで口座振替で支払うためにはショップ(店舗)で申込みが必須

ただし注意して欲しいのが、ワイモバイルへのウェブからの通常申し込みではクレジットカード支払いしか選択ができないという点です。

公式ページにも記載されている通り、ワイモバイルで口座振替の支払方法を選択するには、街中や量販店にあるワイモバイルショップで申込みのみ口座振替が可能となっています↓

お支払い方法を口座振替にする際のワイモバイルショップまたは郵送でのお手続き方法と、ご利用可能な金融機関

つまりワイモバイルはウェブからの申込時には口座振替は選択できず、

  • 街中のワイモバイルショップ
  • ヨドバシカメラなどの量販店の一角のワイモバイルコーナー(量販店では別途量販店のポイントが付く場合も多いので、店員にポイントを聞いてみるのもいい作戦ですね♪)

などの、店頭契約の場合にのみ口座振替で契約する事が可能になります。

『裏技』ウェブからワイモバイルに口座振替で申し込むならヤングモバイル一択!

「口座振替でワイモバイルに契約したいけど、店頭にいくのは面倒・時間がない」という人向けに、ワイモバイルをウェブから口座振替で申し込める裏技もあるので紹介しましょう!

2019年8月からワイモバイルの正規代理店に『ヤングモバイル』が登場したのはご存じでしょうか。

ヤングモバイルのロゴ_ワイモバイルの代理店であることが分かる

ヤングモバイルはYahooモバイルと同じように「ワイモバイルのお得な窓口的な存在」で、ヤングモバイルを経由してワイモバイルに乗り換える事でお得な現金キャッシュバック特典が貰えるというメリットがあります。

要は経由する事でキャッシュバックを貰いながらワイモバイルにのりかえられるのですが、実はヤングモバイルから申し込む場合は、ウェブ申込でも口座振替で契約する事が可能になります↓

現金15,000円振込キャッシュバック有♪
ヤングモバイルのバナー
ワイモバイルのお得な窓口"ヤングモバイル"♪

上記のヤングモバイル公式ページから、申込時に「口座振替で支払いたいです」と伝えれば、スタッフが対応して案内してくれますよ♪(以下はヤングモバイルへの問い合わせ例です↓)

ヤングモバイルで申し込む事でウェブから口座振替でワイモバイルに契約可能(問い合わせ例)

ワイモバイルのショップで口座振替で契約する際の必要書類

ショップで口座振替で契約する場合に以下の3点セットが必要になるので持参しましょう↓

  1. 契約者名義のキャッシュカードと通帳
  2. 本人確認書類
  3. 銀行届印
ワイモバイルの口座振替でのショップ申込時に必要な3点セット

本人確認書類として認められるのは以下が利用可能です↓

運転免許証、日本国パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、住民基本台帳カード、健康保険証+補助書類、身体(精神)障がい者手帳、療育手帳

補助書類は以下のページから確認可能ですが、発行から3ヶ月以内のもののみ有効な点には注意しましょう。

参考:本人確認書類 | Y!mobile

ちなみに口座振替の手続きには1~2ヶ月掛かるので、その間のワイモバイルの料金は送られてくる振込用紙で銀行やコンビニで支払う事になります。

ショップ契約は待ち時間がかかる…ワイモバイル以外で口座振替可な格安SIM

つまり「ワイモバイル公式にこだわるなら、口座振替で契約するには実店舗契約のみ」とも言えます。

お察しの方もいるかもしれませんが、店舗での契約は往復の労力の他にも待ち時間がかかり、時期によっては何時間も待つ場合もあります。

混み具合はワイモバイル公式ページで「混雑予想カレンダー」で事前に確認してみて下さい。

ワイモバイル以外で口座振替が可能な格安SIMにメジャーな『楽天モバイル』もあり、楽天モバイルはウェブ申込でも口座振替が可能なので検討してみてもいいかもしれません。

ワイモバイルで口座振替時の引落日や締め日・手数料について

という事で「ワイモバイルで口座振替する方法=ショップでの実店舗契約」となりますが、口座振替した場合の細かい部分も解説していきます。

ワイモバイルで口座振替可能な金融機関(銀行)

まずは口座振替に利用できる金融機関です↓

ゆうちょ銀行、都市銀行、地方銀行、信託銀行、新生銀行、あおぞら銀行、シティバンク(在日支店のみ)、ジャパンネット銀行、セブン銀行、イオン銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、信用金庫、労働金庫、商工組合中央金庫、信用組合(一部除く)、農業協同組合、漁業協同組合 (一部除く)

上記のように大体の金融機関の口座が対応していますね。

ワイモバイルで口座振替時の締め日&支払日(引落日)

口座振替時の料金の締め日と確定日、支払日(引き落とし日)は以下です↓

締め日 月末締め
料金確定日 翌月10日前後
料金引落し日 翌月26日 or 27日

例えば1月のスマホ料金は2月10日前後に確定してマイページから確認でき、2月26日か27日に銀行口座から引き落とされます。シンプルですね。

毎月の料金や利用状況などの詳細はマイページ(My Y!)のアプリで確認できます。

引き落とし時の印字はワイモバイルではないので注意

ちなみに通帳への印字は「ソフトバンクモバイル」「ソフトバンクMB(セディナ)」「セディナ(ソフトバンクMB)」「セディナ」などになります。

ワイモバイルはソフトバンクグループの会社なので、引き落とし時に記載される会社名にはワイモバイルではなく「ソフトバンク」だったり、金融機関によっては代行会社の「セディナ」と記載されています。

記帳時に混乱しないように 笑

ワイモバイルの口座振替には引き落とし手数料はかかる?

「引落時の手数料がかかるか」は毎月の支払なので気になる人も多いかもしれません。

ワイモバイルの口座振替では引き落とし時に手数料はかかりません

なので、クレカ支払と比べて口座振替の方がコストが余計にかかるなどのデメリットはありませんので安心です。(ちなみに前記の楽天モバイルは引き落とし1回につき100円かかります)

スマホ代を引き落とせなかった場合はどうなる?

指定した銀行口座の残高不足などで引き落とせなかった場合には、ワイモバイルから「お支払いのお願い」と共に振込用紙が送られてきます。

そこに記載されている支払期限日までに支払いが確認できない場合には自動的に通信の停止となります。(確認でき次第通信が再開されます)

それでも未払いが続くとワイモバイルから「契約解除予告(振込用紙)」が届き、そこに記載の支払期限日まで支払わない場合には自動的に契約解除となるので注意です。

参考:お支払期日までに料金を支払えなかった場合、どうなるかを教えてください。

ちなみにここまでくると金融信用情報に履歴が残り、以降5年間ローンやカード審査に大幅に不利になる可能性が高いので絶対に支払う事をお勧めします。

ワイモバイルの口座振替にも審査はある?厳しい?

ワイモバイルでは支払方法(クレカ/口座振替)に関わらず、申し込み時に審査があります。

もちろんワイモバイル側は審査基準は公表していませんが、以下の点が審査基準となっていると思われます↓

ワイモバイルの審査基準

クレカの過去5年間の滞納履歴
他の携帯会社での滞納履歴
消費者金融などからの現在の借り入れ

口座振替の場合ショップ店頭での審査になりますが、その場でスタッフが「個人信用情報機関」にアクセスして調べて審査しているようです。

ワイモバイルで口座振替をしたい人の中には「過去に金融事故でクレカが作れない」という理由の方も一定数いると思いますが、上記の審査基準でNGな場合には断られる可能性もあります。

「自分の信用情報がどうなっているのか分からない」という場合には、今後の為にもTCAやCICなどで情報を開示してもらって確認してもらうと良いと思います。

信用情報確認➀:TCA(電気通信事業者協会)
信用情報確認➁:CIC(自分の信用情報の開示)

ちなみにワイモバイルの公式ページにも以下の記載があります↓

他社含むすべての通信会社にて料金の未納がある場合は、開通時の本審査が通りませんのでお申込みできません。

通信会社の支払い情報はシェアされているので、過去に未納がある場合には審査は厳しいようです。

ワイモバイルのクレカ以外の支払い方法:デビットカードは?

ワイモバイルは前記の通りクレカが無くても店頭で口座振替は可能です。

他にもクレカ無しの場合の支払方法としてよく挙げられる1つに「デビットカード」がありますが、ワイモバイルではデビットカードでの支払いは可能なのでしょうか。

結論から述べると、2018年10月時点でワイモバイルではデビットカードでの支払いは不可となっています。

以前はデビットカードでも支払いが可能だったのですが、ここ数年で多くの携帯会社で「デビットカード不可」に変わっていっており、ワイモバイルも遂にデビットカード不可となってしまったようです。

そんな理由から「デビットカードで支払える」みたいな古い情報も見ますが、残念ながら現時点では使えません。

【既存ワイモバイル会員向け】支払方法を口座振替に変更する方法

ここまでは新たにワイモバイルに口座振替で申し込む場合の説明をしてきましたが、ここからは

「既にワイモバイルを使っている&支払い方法を口座振替に変更したい」

という人向けの内容になります。

既にワイモバイル会員で現在クレジットカードで支払っている人が口座振替に変更すのはマイページから簡単にできます!(方法は以下です↓)

【手順1】
My Y!mobileにログインし、[契約確認変更]、もしくは[支払方法変更(口座振替)]をタップ
【手順2】
お手続き表示下の[支払方法(口座振替)]をタップ
【手順3】
支払状況変更申込書の送付先を入力します。ページ下部の「ご注意」内の内容をよくご確認のうえ、[同意する]と[次へ]をタップ
【手順4】
内容をよくご確認のうえ、[申込]をタップ

ちなみに口座振替への変更手続きが完了するまでは1~2ヶ月ほど掛かり、完了までは今までの方法で支払う事になります。

他にも以下のワイモバイルのカスタマーセンターに電話して変更する事も可能です↓

【ワイモバイル カスタマーセンター】

ワイモバイルの電話から 116
他社の携帯電話・固定電話などから 0120-921-156
海外から(通話料有料) +81-44-382-0414

上記にダイヤル後、メニュー短縮番号「13」で繋がります↓

メニュー番号 短縮番号
1. ご請求・お支払いに関するお問い合わせ 1. ご利用料金・内訳照会 11
2. 機種代金支払い残額・契約解除料照会 12
3. 支払方法変更 13
4. 未払い料金照会 14

が、マイページからの変更で充分簡単なので、ログインしてササっと変更してしまいましょう。

Sponsored Link





ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです