【格安SIM制限対策】YOUTUBEのデータ通信容量節約の画質設定方法

格安SIMだと料金が格安になる反面、プランによっては月2GBなどの低データ容量のケースもありますよね。
データ通信量で特に消費するのがズバリ「動画」です。
特にYOUTUBEなどは関連動画でサーフィンしていると、あっという間にデータ容量を使い切ってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

YOUTUBEのデータ通信量ってどんなもの?目安一覧

YUOTUBEには画質の設定があるのをご存じでしょうか。
自宅のWi-Fiなど高画質動画を無制限で見れる条件下なら、最高画質でガンガン見ても問題ないのですが
データ通信容量の月制限があるスマホの場合はそうはいきません。

YOUTUBEの画質とデータ通信量の関係

YOUTUBEの画質は以下の6種類あり、何も設定していない場合には「自動」で画質が切り替わります。

144p
240p
360p
480p
720p

数字が大きいほど画質が良くなりますが、その分データ通信量が多くなります。
具体的にどれくらい多くなるかというと

各画質のでの1分間のデータ通信量

144p = 2BM/分
240p = 3MB/分
360p = 4MB/分
480p = 7MB/分
720p = 12MB/分

と720pと144pでは実に6倍の差があることが分かります。

画質とYOUTUBEが視聴可能な時間

例えばライト層向けの格安SIM”TONEモバイル”の通信制限が
3日で300MB以上使うと制限になりますが
各画質で3日間でYOUTUBEを閲覧可能な時間は

144p = 2BM/分 = 150分で300MB到達
240p = 3MB/分 = 100分で300MB到達
360p = 4MB/分 = 75分で300MB到達
480p = 7MB/分 = 43分で300MB到達
720p = 12MB/分 = 25分で300MB到達

と視聴可能な時間が大きく違う事が分かります。

単純に低画質の240p以下に設定しておくことでこれだけ節約可能なので
動画などの使い過ぎでの毎月の通信制限に困っている人は
YOUTUBEの低画質設定をオススメします。

YOUTUBEの画質の設定方法

YOUTUBEではユーザーごとに画質を設定することができます。
低画質(360p以下)の設定にすることで動画の質が下がるものの
読み込みが速くなり、動画1再生当たりのデータ通信量を大幅に減らすことができます。

設定方法:
1.動画の右上の3つの●が並んでいるボタンをタップ
2.歯車マークの「設定」をタップ
3.以下の画質が並んでいるので数字が低いものを選択
※数字が少ないほど画質が低く、データ量が少なくなります。

◆144p
◆240p
◆360p
◆480p
◆720p
◆自動設定

初期設定では「自動設定」になっており
Wi-Fi環境下以外では標準の画質が多いので低画質設定しておくと
データ通信量の節約になります。

youtubeの画質設定画面は6種類から選択

ブラウザアプリでYOUTUBEのデータ容量を軽減

YOUTUBEの動画アプリからYOUTUBEを作成する以外にも方法があります。
iPhoneならSafariなどのブラウザアプリからYOUTUBEを視聴することによって
データ通信量を4割近く軽減可能です。
詳しくは以下のページにまとめましたのでご参照下さいませ♪
参考:「データ通信量節約ブラウザアプリ | YOUTUBEがOpera miniでここまで軽く!

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_

今月人気の格安SIM特集!

IIJmio_ロゴ

利用者満足度の高い老舗格安SIM

  • 4.67/5.00
使える回線
ドコモ/au
月額料金
1,600円/月~
10分かけ放題
有り
【現在のキャンペーン】~2017年12月5日
1年間500円割引のWキャンペーン実施中!