auからmineo(マイネオ)への乗り換えの流れ 方法・手順【絶対迷わない】

mineoは2017年のユーザー満足度でNo1

格安SIMの中でも最大手と言えばmineoでしょう。
格安SIMが登場した当初から最前線を走り続けている格安SIM会社で、ユーザー目線での幅広いサポートに定評があり2017年には「全格安SIM中ユーザー満足度No1」に選ばれています。

今回は現在auを利用しているユーザーが格安SIMに乗り換えるのに必要な流れ・手順を徹底的にまとめました。

もくじ

auからmineoに乗り換える事のメリット(au回線とSIMロック解除不要)

auで購入したスマホにはSIMロックというau回線以外では使えない縛り設定がされています。
なのでSIMロック解除しない限りauで購入したスマホではドコモ回線やソフトバンク回線を使用している格安SIMを利用することはできません。

mineoはマルチキャリアMVNOとよばれ、au回線を利用したAプランとドコモ回線を利用したDプランの2種類の回線から選択可能です。

現在auを利用しているユーザーであれば、mineoのAプラン(au回線のプラン)に乗り換えればSIMロックを解除する事無くauで購入したスマホを格安SIMで使用することができます。

mineoならドコモauSImフリーのスマホがSIMロック解除無しで利用可能

またAプランはau回線なので、今までauで利用していたのと同じエリアでmineoが利用できるのもメリットです。

au回線を使っている格安SIMは少なく、UQモバイルとmineo(Aプラン)、IIJmio(Aプラン)の3種類しかありません。
特にUQモバイルはauの子会社で若干料金が高めなので、auユーザーにとってmineoは良い選択と言えます。

またauで2015年5月以降に発売されたスマホであれば「SIMロック解除機能対応端末」なのでauショップやMy auからSIMロック解除が可能です。SIMロック解除自体は簡単でMy auから自分で解除できます(auショップの場合には解除手数料が3,000円かかるのでMy auからがお勧め)

事前に格安SIMのデメリットやキャリアとの違いを要確認

当然ですが格安SIMは料金が安い分サービス内容もキャリアとは異なります。

乗り換えてから「こんなはずじゃなかった」とならないように、まずは乗り換えの前にmineoを含む格安SIMのデメリットを知っておく必要があるでしょう。

迷わない格安SIM『mineo』乗り換え方法・手順と注意点【事前準備・確認編】」で詳しく解説していますが、まとめると以下です↓

◆キャリアメールが使えなくなる

⇒フリーメールの取得しキャリアメールを登録してあるサービスはアドレス変更、友人にはアドレスが変わる旨を連絡。
契約後はmineoメールがもらえる

◆基本的にはクレジットカードでの支払い

一部のデビットカードと条件付きで口座振替が可能

◆090や080発信通話は割高

「音声通話付きSIM」の場合の通話、料金は20円/30秒の通常通話料金になるので、通話が多いのであれば無料通話オプションに加入を。

◆キャリア購入の端末代残ローンに乗り換え後は端末割が適応されない

auでスマホを購入し、分割払いを終える前に乗り換え=解約した場合、残りの端末ローン分にキャリアの端末割は適応されなくなる(解約後も一括か分割で支払う)

◆キャリア決済ができない

GooglePlayなどで買い物をした際にスマホ代と請求書を合算できるキャリア決済機能は格安SIMでは使えない

◆事前に持ち込みスマホの動作確認チェックとテザリングチェック

端末を持ち込んで格安SIMに乗り換える場合には、自分の持ち込むスマホ端末がmineoで動作確認されているかと、テザリングが使用できるかをチェック(mineo公式サイトの動作確認端末一覧ページ参照)

◆年齢認証できない=LINEのID検索ができない

LINEや一部のSNSではキャリアの年齢認証機能をクリアしないと使えない機能がある
LINEのID検索機能などはキャリアかLINEモバイル以外の格安SIMでは使用できない

◆キャリアの家族間無料通話が無くなる

auなどキャリア契約時のサービスなので格安SIMでは使えません

格安SIMの全デメリットは「【格安SIM・格安スマホのデメリットをランキング】要事前確認の弱み・短所

auからmineoへの乗り換えの流れ・手順を解説

上記のmineo(役安SIM)のデメリットを確認した上で、問題ない場合にはmineoへ乗り換えへ進みます。
解説は長くなるものの乗り換え手続き自体は合計13分で完了するので意外とあっさりしています。

大まかな手順としてはこんな流れになります↓

【手順1】旧携帯電話会社から電話番号の引継ぎが必要な場合は電話で「MNP予約番号」を取得

【手順2】ウェブサイトから申込する(必要書類など):目安10分

【手順3】約1週間で自宅にSIMカードが届くので初期設定する:目安3分
mineoで格安スマホをセット購入した場合にはSIMカードと一緒に届きます。

手順3の初期設定から約30分後にmineo回線が使えるようになります。
(同時に電話番号引継ぎの場合は旧携帯電話電話会社が自動解約されます)

詳細を解説していきます。

【auからmineoへの乗り換え手順1】電話番号を引き継ぐ場合(MNP)

現在auで使っている電話番号を引き継いでmineoへ乗り換える場合には、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)と呼ばれる電話番号を引き継ぐために手続きが必要になります。

データ通信専用SIMのみの契約や、新規で電話番号を取得する場合にはこの手続きは不要なので【手順2】のウェブ申込へ進みましょう。

電話番号引継ぎ(MNP)の手続きの流れ

現在auで使用している電話番号を引き継いで使う場合の手続き手順です。
手続きと言っても電話を掛けて番号をメモするだけです。

【NMP手順⓵】:MNP番号を取得

auの場合は以下の電話番号へダイヤルし、オペレーターに「MNP予約番号を取得したい」と言えばその場で取得してくれます。
番号を教えてくれるのでその場でメモしてもいいですし、SMSで控えのメッセージにもMNP予約番号と有効期限が記載されています。

◆MNP予約番号申し込み用ダイヤル(auの場合)

【au】(受付時間9:00~20:00)
共通:0077-75470 ※通話料無料

【NMP手順⓶】:申込時にMNP番号を入力(10分程度)

ウェブ申込の場合、申し込み入力時に以下の画面で⓵で取得したMNP予約番号を入力します。
mineo申込中_3MNP予約番号があれば入力
この時点ではまだ仮契約状態なので今まで通りauで使えます。

【NMP手順⓷】:mineoからSIMが届くので回線切替手続きをする(3分程度)

mineoから新しいSIMが自宅に届くので、回線切替手続きをします(3分程度)
その後30分くらいすると乗り換え前の回線は解約され、mineo回線が使えるようになります。
(この時点でmineoと契約になる)

トータルで自分が何かをするのは「申込み10分」と「回線切り替え手続き3分」の13分程度です。

【補足】mineoの場合は電話番号の不通期間は30分程度

昔の情報だと格安SIMの開通手続き中は電話番号が一時的に使えなくなる「不通期間」がデメリットで挙げられましたが、mineoの場合は【手順3】で回線切り替え手続きを自分で行ってから切り替わるまでの30分間だけです。
また【手順3】の回線切り替え手続きのタイミングも自分で好きな時で大丈夫です。

【補足】MNP予約番号の有効期限は15日間

【手順1】の段階では番号を発行しただけなので何も起こりません。
このまま乗り換えずに放置していても何も起こらないので安心して下さい。
モチロン発行手数料などもありません。

ただ、この番号には15日間しか有効期限がありません。
15日を過ぎるとMNP予約番号番号が無効になり、再度発行してもらう必要があります。

出来ればmineoに申し込みの1週間以上前には取得しない方が良いでしょう。
当日でも問題なしですが、電話が混み合う可能性があるので注意です。
(自分は乗り換え当日に電話しました)

【auからmineoへの乗り換え手順2】ウェブサイト申込を解説

店頭でも申し込めますが、ウェブからも申し込みができます。
申し込みの際に以下の必要書類が必要になるので事前に準備しましょう。

契約プラン毎の必要書類等の確認と準備

必要書類は「A.データ通信専用SIM契約(シングル)」「B.新規で090(080)電話番号を取得しての契約(デュアル(MNP無))」「C.090電話番号を引き継ぐ契約(デュアルMNP有)」で以下のように異なります↓

必要なもの A.シングル B.デュアルMNP無 C.デュアルMNP有
クレジットカード 必要 必要 必要
本人確認書類 必要 必要
MNP予約番号 必要

例外としてmineoの格安スマホをセット購入する場合は本人確認書類が必要になります。

ウェブ申込時の本人確認書類の提出方法

本人確認書類は以下のうち1点の画像のアップロードが必要です。
ウェブ申込の場合には、本人確認書類はスキャナーやスマホのカメラで画像にしてウェブ申込時にアップロードします。

運転免許証、パスポート、被保険者証(健康保険証、
国家公務員・地方公務員共済組合員証、私立学校教職員共済加入者証)
顔写真付き住民基本台帳カード、共済組合員証、在留カード、
外国人登録証明書、特別永住者証明書、身体障害者手帳、
個人番号カード(表面のデータのみ)

実際のmineoのウェブ申込時の流れ(仮申し込み):手続目安10分

ここで事前に申し込みに何が必要かをシミュレーションしておきましょう。

以下のページからmineoの申し込みページへ進みます。

マイネオ申込ページ

進んだ先のmineo公式ページはこんな画面になります。
mineo申込方法「お申込みはこちら」

右上の赤い「お申し込みはコチラ!」から次の画面に進みます。

また分からなくなっても右下に「チャット受付中」とあり、押すと文章が入力できるのでその場でオペレーターに分からない事が聞けます。(この機能がかなり便利です!)

次の画面で赤いボタンが2つあるので左の「新規お申込み手続きへ」を選択します↓
mineo申込方法_左の「新規お申込み手続きへ」
右はeo光というサービス利用者が口座振替で申し込む場合に使います。
参考:「mineoはデビットや口座振替で支払い可能?クレジット以外支払方法や変更

次に実際の入力画面になります↓

◆申込手順:エントリーコードの有無

以下のようにエントリーコードを持っているか聞かれます。
エントリーコードとは雑誌などについてくる割引券のようなもので
持っていれば初回手数料を割引などの特典があります。

通常は一番左の「エントリーコードをお持ちでないお客様」をチェックして「次へ進む」を押します。

mineo申込中_1エントリーコードの有無

◆申込手順:サービス&プラン選択

続いて実際に契約するプランを入力していきます。
具体的な選択項目は以下になります↓

1.mineoのどちらの回線を契約するのか(au回線 or ドコモ回線)※au回線を選択
2.音声通話(090や080の電話番号)を使いたいか
3.月のデータ容量はどのプランか
4.音声通話有のプランの場合、無料通話サービスをオプションで付けるかどうか
5.格安スマホをセット購入するかどうか

選択後は一番下の「次へ進む」をタップします。

mineo申込中_2サービスの種類を選択_auから編

◆申込手順:SIMカードのサイズ選択(格安スマホ申込以外の場合)

ひとつ前の選択で「5.格安スマホをセット購入する」を選択しているしている場合にはこの項目は不要です。
それ以外の自分の端末にSIMカードを挿して使う場合には、SIMカードのサイズを以下の中から選択します。

・microSIM
・nanoSIM
・auVoLTE対応SIM

自分の端末のSIMカードのサイズを確認して、同じサイズのSIMカードを選びましょう。
mineo申込中_2_2SIMカードのサイズを選択

自分の端末が動作確認するか&SIMカードのサイズは以下の「mineo動作確認端末一覧」より確認下さい↓
動作確認端末一覧ドコモプラン(Dプラン)
動作確認端末一覧:auプラン(Aプラン)

◆申込手順:端末選択(格安スマホセット購入時のみ)

上記の5で格安スマホをセット購入する場合には以下の画面になります↓

mineo申込中_3端末を選択

端末の利用条件に同意して格安スマホを選択します。

【補足】端末の利用条件に関しては以下のPDFで確認可能です
mineo通信サービスの端末利用条件について(PDF)

一番下で端末代金の支払い回数を一括か24回分割で選択して「次に進む」を押します。

◆申込手順:MNP予約番号の入力(電話番号引継ぎ時のみ)

次の画面では電話番号を以前の携帯電話会社から引き継いで使う場合(デュアルタイプMNP有)だけ、取得したMNP予約番号などを入力します。

mineo申込中_3MNP予約番号があれば入力

引き継がない場合には「MNPしない(新しい番号を利用する)」を選択して「次へ進む」を押しましょう。
(前画面でシングルタイプ=データ通信専用SIMを選択していた場合には表示されません)

入力項目は以下です↓

1.MNP予約番号
2.現在の電話番号
3.MNP予約番号の有効期限

MNP予約番号の有効期限は取得時にSMSで控えが送信されているはずなので、メッセージの一番下に記載されています。
有効期限は発行時から15日なので有効期限が切れている場合にはその場で電話して発行しても問題ないです。

◆申込手順:オプションの選択

先程選択したプランにオプションを付ける事が出来ます。
mineo申込中_4オプション選択画面
mineo申込中_4オプション選択画面_2

月額料金にプラスではあるものの適宜オプションの有無を選択して下にスクロールすると…

◆申込手順:契約者情報の入力

ここでは氏名や住所、生年月日などを入力します。

mineo申込中_5お客様情報の入力

入力必須となっている「お客様情報」は以下です↓

1.氏名
2.性別
3.生年月日
4.郵便番号
5.住所
6.電話番号
7.連絡用メールアドレス(ここで入力したアドレスに申し込み後に「仮申し込みお知らせメール」が届く)
8.eoIDとパスワード(契約後にログインなどで使用するIDなので好きなものを入力)
9.秘密の質問(パスワードなどを忘れた時に再発行で確認される質問です)
10.職業(ドロップダウン選択)
11.メール配信設定

◆申込手順:金額の確認とクレジット情報の入力

最後に選択した内容によっての月額料金・初期費用の確認とクレジットカード情報の入力画面になります。

mineo申込中_6金額の確認画面とクレジット情報入力

ここでクレジット情報を入力後に本人確認書類をアップロードして仮申込が完了します。

◆mineo申し込み後

入力したメールアドレスに仮申し込み完了通知が届くので確認しましょう。
仮申し込み完了通知に記載されているURLから進み申し込みを完了させます。

申し込み完了から1週間程度でSIMカードが入力した住所に届きます。
(格安スマホをセット購入した場合にはスマホも届きます)

この時点では仮契約状態なので料金も発生せず契約されていません。
現在の携帯電話会社の回線はそのままですし、通話もそのまま使えます。

【auからmineoへの乗り換え手順3】約1週間で自宅にSIMカードが届くので初期設定する

上記の申し込みから1週間くらい経過すると、自宅にSIMカードと契約内容書類が届きます。

ガイドに沿って開通手続き⇒完了すると契約(MNPの場合)

SIMの包装に同封されているガイドに沿って開通手続きを進めます。(目安3分)
「MNP転入切り替え/回線切り替え手続き」というページの通りサイトにアクセスして、開通手続きを完了させた時点で契約されます。
(それまでは仮契約です)

MNPで電話番号を引き継いでいる場合には、この時点で旧携帯電話会社は自動解約されます。

デュアルタイプ(MNP有り)以外は契約タイミングが異なる

電話番号引継ぎ(MNP)の場合には届いてから開通手続きをするまでは仮登録状態ですが、
それ以外の「シングルタイプ(データ通信専用SIM)」と、新規で電話番号を取得する「デュアルタイプ(MNP無し)」の場合には契約タイミングが違います。

シングルタイプとデュアルタイプ(MNP無し)の場合は「申込から10日後」か「初めてデータ通信を利用した日」の早い方で契約(利用開始)となりますので留意を。

その後ネットワーク設定(APN設定)が必要

APNとはアクセスポイントの略でデータ通信を利用するための設定です。
この設定を行う事でネットが利用できるようになります。

端末とmineoの回線(AプランかDプランか)で方法が違いますが、以下のmineo公式ページに方法がまとめてあるので手順通りに行えば完了します。

ネットワーク設定 | mineo

mineoで購入した格安スマホは事前に設定されて届いているのでこの手順は不要です。

auからmineo乗り換え手順のまとめ

長くなってしまいましたが、申し込みの手順のイメージが伝わったかと思います。

冒頭でも述べましたが事前調査に時間が掛かるものの、実際の申し込みや設定自体はトータル13分しか掛かりません。

以下のmineoの注意点や事前準備・最終確認方法を読んでしっかりと事前調査を完了させておけば、乗り換え手続きはあっという間です。

参考:「迷わない格安SIM『mineo』乗り換え方法・手順と注意点【事前準備・確認編】

準備が整ったら以下のページから申し込み、ササッと固定費を削減してしまいましょう。

mineo(マイネオ)申込ページ

【まずはmineoの公式ページをチェック】
mineo
mineoの最新キャンペーンmineoの評判
mineo申し込みの流れ

2017年満足度No1の格安SIM『マイネオ』

CMでも放送中の格安SIMの最大手”mineo(マイネオ)”は全600以上の格安SIMの中で
2017年総合満足度No1を獲得!

mineo

初心者向けのプランやサポートが充実していて
当サイトでも自信をもってオススメできる人気No1格安スマホです。

当サイト一押しお得なmineo申込先はこちら↓

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_