iPhoneでもGoogle Chromeでデータ通信量を節約する方法【格安SIM節約術】

いつの間にかネットサーフィンしてしまって、気が付いたらデータ通信量が結構増えてた経験は誰でもあると思います。
前回はAndroidでGoogleChoromeブラウザに搭載されている「データセーバー機能」を使うことでデータ通信量を節約する方法を紹介しました。
<AndroidでGoogle Chromeでデータ通信量を節約する方法【格安SIM節約術】>

今回はそのiOS版も見つけたので紹介します。

GoogleChromeで閲覧するとなぜデータ転送量が節約できるの? デメリットは?

iOS版のChormeはAndroid版と違って「データセーバー」という名前ではありません。
GoogleChrome公式によると、iOSではデータセーバー機能は今のところ無いようです。

しかし原理はデータセーバーと同じで、ページ内の画像などのデータを一度Googleサーバを経由して圧縮することで
データ通信量を節約しています。

GoogleChromeアプリアイコン

なので肉眼で判別できないレベルですが画像が圧縮されて劣化するというデメリット?はあります。

こちらは圧縮量が期間ごとに見れるので具体的にどれくらいのデータ量が節約できているかが分かって便利です。

iPhoneのGoogleChrome入手方法と初期設定

とても簡単でAppleストアで入手可能です。
以下のように検索窓に「クローム」と入力すれば見つかると思うので「入手」→「インストール」しましょう↓
Appleストアからクロームを入手

iPhoneのGoogleChromeの初期設定

ホーム画面にインストールされたGoogle Chromeをタップして起動しますが
初回はGoogleアカウントの連携設定や同意などがあります。

その後はそのまま使うと圧縮は機能しないので、以下の方法で圧縮機能をONに設定しましょう↓
「設定」→「帯域幅」→「データ使用量を節約」を選択し
「データ使用量を節約」の右のつまみをONにすれば設定完了!

同ページには圧縮されたデータ量のグラフなどが表示されるため、
定期的にチェックして節約機能がどの程度節約に貢献しているのか確認してみるのもオススメです。

節約

AndroidでGoogle Chromeでデータ通信量を節約する方法【格安SIM節約術】

格安SIMでウェブサイトを閲覧していると、いつの間にかデータ通信量を結構使っていたりしませんか?

今回はAndroidでGoogle Chrome搭載のデータセーバー機能を使ってウェブ閲覧をすることでデータ通信量を節約する方法をご紹介します。

GoogleChromeで閲覧するとなぜデータ転送量が節約できるの?

Googleが開発した高性能ブラウザ「Google Chrome」にはデータ転送量を圧縮し節約してくれる「データセーバー機能」があることを知らない人は多いです。
GoogleChromeアプリアイコン

Google Chromeといえば、PCのアカウント連携によってブックマークなどの連携などの便利機能や高速動作と、
今や知らない人の方が少ないレベルに有名なブラウザです。
iPhoneユーザーにはChromeはあまり馴染みがないかもしれません
(現状iOSのChromeにデータセーバー機能は無いですが、別の設定で節約可能です)

参考:iOSでもGoogle Chromeでデータ通信量を節約する方法【格安SIM節約術】

GoogleChromeでデータ転送量が節約できる理由とデメリット

ウェブ閲覧時にデータ通信量の大部分を占めるのが画像データですが、Chromeブラウザのデータセーバー機能を
ONにしておくことで閲覧時にGoogleサーバを経由してデータを圧縮してくれるのでデータ通信量を削減できます。
特に画像の多いサイトを良く閲覧している人だと、
際立って効果が実感できるかもしれません。

デメリットとしては、ありません!

画像を圧縮するので若干画像が劣化して表示されますが、
肉眼で判別できるレベルではないですし、スマホ画面がそもそもPCに比べて小さいので
閲覧時にデメリットとして感じること自体無いです。

GoogleChromeの初期設定

GoogleChromeは初期設定では圧縮機能のある「データセーバー」はOFFなので
以下のようにONに設定しましょう↓

Chromeの「設定」→「データセーバー」を選択して「ON」に設定するだけ

とても簡単ですね。

節約

iPhone・iPadでパケット使用量確認方法【格安SIM通信量節約術】

毎月のスマホ代を格安に抑えられる反面、高速データ通信の制限が厳しいのが格安SIMの宿命とも言えます。
高速通信可能な容量が少ない格安SIMでヘビーな使い方をすると、すぐにデータ容量の上限に達してしまいます。

しかし設定や使い方を変更・工夫することで通信容量を抑え、節約する事が可能です。
格安SIMに変えたけど、データ容量がすぐに上限に達してしまう人は要チェックです!

現在のデータ通信量を確認する(iPhone・iOS編)

みなさんは自分がどのくらいデータ通信量を使っているのかを把握できていますか?

「今月は残り何日で、何GB残っているのか」
「動画をガッツリ見るとどれくらいの通信量がかかっているのか」
「上限に達しない為にはどのくらい節約が必要なのか」
「場合によってはプラン変更もするべきなのか」

など、知ることが格安SIMを運用していく上で必須になります。

格安SIMのデータ容量のチャージ料金は高い

格安SIMは高速を使い切った後の低速モードになると、
データ追加購入するレートが高いです。

※平均で200円/100MB前後なので、1GB分を追加すると2000円近く掛かってしまう為
全く格安ではなくなります。

もし格安SIMに変えたけど全然データ容量が足りないという場合は
ほとんどの格安SIMはプラン変更すると翌月から適応されるので
データ容量の多いプランに変更した方が良いです。

なのでできれば最初から自分の毎月のデータ使用量の平均を知っておくべきです。

格安SIMを検討している人はパケット使用量を把握するべき

特に格安SIMに変えようか現在のキャリアのままの方がいいのか迷っている人は
現在の自分の毎月のパケット使用量を把握しておくべきです。

毎月平均で何GB使っているのか分かっていれば、具体的な格安SIMのプランが決められるので
変更すると月いくら節約できるのかが分かります。

iOSでのパケット量確認方法

具体的なチェック方法は以下です↓

1.ホーム画面の「設定」をタップ

2・「モバイルデータ通信」をタップ

3.「モバイルデータ通信の使用状況」欄を確認
「モバイルデータ通信の使用状況」に積算されたパケット転送量が表示されます。

定期的に統計情報をリセットする必要がある

上記の方法でチェックすると、スマホ端末を買ってから今までのパケット量が積算されて表示されています。

これは手動でリセットしないと月単位などの一定期間の使用量は確認できないです。
「モバイルデータ通信」ページの一番下の「統計情報のリセット」をタップすることでリセット可能です。

毎月決まった日に手動でリセット&先月のパケット使用量を確認する癖をつけましょう。

節約