格安SIMで学割スマホデビューが流行中!UQモバイルの学割を徹底解剖!

新学期で子どものスマホデビューで迷っている保護者に朗報です!

格安SIMでも学割が登場し、ただでさえ安いスマホ代が更に安くなります。
テレビCMでもお馴染みの格安SIM「UQモバイル」が学生のスマホデビューをサポートする『UQ学割』キャンペーンを開始しました。
UQ学割公式素材

高額なスマホ代の大手キャリアの学割なら分かりますが、
最初から安い格安SIMが学割を開始するという事で

これ以上安くなるの!?

と同時に

やっと子どものスマホを格安SIMで使うことが認知されてきた

というのが自分の感想です。

モチロンU18学割なので18歳以下であれば小学生でも園児でも可能です。
スマホ関連の料金体系は結構複雑なので、
分かりやすく徹底解剖してみたいと思います。

UQモバイルの学割「UQ学割」は何がお得なのか

学割の前にまずはUQモバイルの料金体系から見ていきましょう↓

UQモバイルの新プランは無料通話が2種類から毎月選択可能!

プランは2017年2月22日より一新され、
シンプルに「プランS」「プランM」「プランL」の3種類になりました。

それぞれ「データ通信容量」と「無料通話可能な時間」が違います。
多いほど月額料金が高くなります。

また、どのプラン通話無料サービスを
「月●分までの無料通話」か「5分以内の通話が何度でも無料」
から選択できます(月単位で変更できるので自分に合う方を選択可能)

※上記の価格は割引込みの料金なので、割引適応前の基本料金はそれぞれ
◆プランS:月額3,980円
◆プランM:月額4,980円
◆プランL:月額6,980円

この時点で大手キャリアと比べて多少安い程度ですが、
ここに複数の割引キャンペーンが適応されます。

UQモバイルの割引キャンペーン一覧

割引キャンペーンの種類が多いのでそれぞれ解説します↓

◆1.スマトク割(スマホ特割)
スマトク割は課金開始月から25ケ月間、月額基本料金から1,000円割引

◆2.長期利用割引
26ヵ月目以降はスマトク割がなくなる代わりに「長期利用割引」が適応されます
月額基本料金から1,000円割引

◆3.イチキュッパ割
イチキュッパ割は課金開始月から13ケ月間、1,000円/月割引

条件:KDDI株式会社及び沖縄セルラー電話株式会社のauサービス並びに
auネットワークを利用したMVNOサービスからのMNP転入時にはスマトク割を適用しない

まとめると以下のようになります↓
UQ基本料金体系図の説明図

UQモバイルは大手キャリアと同じく2年契約です。
スマトク割と長期利用割引でどの期間も基本料金から-1,000円/月されています。
イチキュッパ割はauやau回線の格安SIM(mineoのAプランなど)からの乗り換え時は適応されませんが、
新規やドコモ(ドコモ回線の格安SIMも)から乗り換え時には1年目は更に基本料金から-1,000円/月されます。

更にここにUQ学割が適応された場合のスマホの月額料金

上記では本題のUQ学割無しでの説明なので、
ここでUQ学割もいれて説明します。

UQモバイルの学割「UQ学園」説明1

UQ学割の内容は
「課金開始月から起算して14ヶ月目~25ヶ月目の月額基本料より1,000円/月(日割り適用)を割引」
というもの。

最初の1年目は料金は変わりませんが、2年目になると1年間月額料金から-1,000円/月だけ割引されます。
1000円×12ヵ月でトータル12,000円割引となります。

※先程のグラフに「UQ学割」も足すとこんな感じの割引になります↓

UQ学割を考慮したUQ基本

つまり
UQ学割の登場で常時基本料金-2,000円で使用可能になったという事です。

人気のプランSで学割込で毎月1,980円で通話無料サービス込みでスマホを持てる時代です!

子どものスマホデビューにはフィルタリング機能を!

他の記事でも書いていますが、
子どもに持たせるスマホにはフィルタリング機能等の「ペアレンタルコントロール」は必須です。(義務化)

今回のUQ学割では並行して「スマホデビュー応援キャンペーン」もあり、
スマホデビュー応援キャンペーン

子ども向けセキュリティ機能の「filii」が3ヵ月分無料で使える新設設計です。
完全に子どもスマホデビューのオールインワンパッケージで打ち出しています。

更にスマホ初心者・格安SIM初心者に安心の「UQ安心サポート」も無料なので
分からない部分は電話サポートを受けながら乗り換え可能と至れり尽くせりです。

大きな声では言えませんが、サポートは最初しか使わない事が多いので契約後に外してしまえばゴニョゴニョ

まさに料金と安心を両立した子どものスマホデビューにピッタリのキャンペーンのようなので
今まさに子どものスマホデビュー検討中の保護者の方はキャンペーン中にどうぞ!

tone_link_button2
TONE公式サイト

【UQモバイル「おしゃべりプラン」の注意点】自動移行する・しないユーザーの違い

前回の記事で2017年2月22日よりUQモバイルの新プラン「おしゃべりプラン」の内容について紹介しました。
UQモバイルの公式ページを確認してもかなーり分かりにくいので自分なりにまとめてみました。

プラン名が変更になり今までの「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」は無くなり
中身は全く同じ
「ぴったりプランS」「ぴったりプランM」「ぴったりプランL」と
「おしゃべりプランS」「おしゃべりプランM」「おしゃべりプランL」
が登場しました。

UQモバイルの新プランは無料通話が2種類から毎月選択可能!

それぞれのプラン詳細です↓

ぴったりプランSの詳細

月額 1,980円
※契約から13ヵ月目以降2,980円
月間データ容量 2GB(通常1GBだけどデータ増量キャンペーンで2倍)
無料通話 2,400円分(60分)※通常30分だけど25ヵ月目まで倍キャンペーン

おしゃべりプランSの詳細

月額 1,980円
※契約から13ヵ月目以降2,980円
月間データ容量 2GB(通常1GBだけどデータ増量キャンペーンで2倍)
無料通話 5分以内の国内通話が何度でも無料

ぴったりプランMの詳細

月額 2,980円
※契約から13ヵ月目以降3,980円
月間データ容量 6GB(通常3GBだけどデータ増量キャンペーンで2倍)
無料通話 4,800円分(120分)※通常60分だけど25ヵ月目まで倍キャンペーン

おしゃべりプランMの詳細

月額 2,980円
※契約から13ヵ月目以降3,980円
月間データ容量 6GB(通常3GBだけどデータ増量キャンペーンで2倍)
無料通話 5分以内の国内通話が何度でも無料

ぴったりプランLの詳細

月額 4,980円
※契約から13ヵ月目以降5,980円
月間データ容量 14GB(通常7GBだけどデータ増量キャンペーンで2倍)
無料通話 7,200円分(180分)※通常90分だけど25ヵ月目まで倍キャンペーン

おしゃべりプランLの詳細

月額 4,980円
※契約から13ヵ月目以降5,980円
月間データ容量 14GB(通常7GBだけどデータ増量キャンペーンで2倍)
無料通話 5分以内の国内通話が何度でも無料

おしゃべりプランについて

ぴったりプランの「●分までの通話が無料」が「5分以内の国内通話が何度でも無料」に変わっただけで
他は同じです。
また月単位で同じサイズであれば「おしゃべりプラン」←→「ぴったりプランS」のように月単位で変更可能なので
実質「●分までの通話が無料」か「5分以内の国内通話が何度でも無料」が選択できるように変わりました。

またデータ容量と通話無料が大きいLサイズも登場しました。

今までのUQユーザーのプランはどうなるの?

今回の問題点はここです。
既にUQモバイルで契約して使っているユーザーはどうなるのかというと
契約タイミングによって
「プランがおしゃべりプランへ自動以降するユーザー」

「プランが新ぴったりプランに移行するユーザー(サービス内容はそのまま)」
に分かれます。

プラン名も紛らわしくサービス内容も変わるユーザーと変わらないユーザーがいて
UQモバイル公式ページを見ていても混乱するレベルです。
場合分けしてまとめました↓

2016年10/25~2017年2/21期間にUQモバイル契約ユーザーの場合

この期間内に契約したユーザーは以下のようにプランが自動変更されます↓

・旧「ぴったりプラン」→「おしゃべりプランS」
・旧「たっぷりプラン」→「おしゃべりプランM」

3月分より勝手に「おしゃべりプラン」に切り替わるので
無料通話サービスも「5分まで何度でも無料」に変わっているので要注意です。
5分を超えた分に関しては通常通話料金(20円/30秒)が適応されるので
今まで通りの無料通話と勘違いしていると通話料金が膨れ上がる可能性があります。

嫌な場合は2017年2/22以降に
「my UQ mobile」か電話(0120-929-818)で(新)ぴったりプランS(旧たっぷりプランなら(新)ぴったりプランM)に変更することができます。
先程も説明した通り「(新)ぴったりプランS」なら「5分まで何度でも無料」ではなく「2,400円分(60分)の無料通話」になるので
(新)ぴったりプランSなら60分、(新)ぴったりプランMなら120分の無料通話に代わります。

またこの期間にUQモバイルに契約したユーザーは以下の特典を受けていることも留意しておくべきです↓
おしゃべりプラン新登場キャンペーンで2月分まで無料通話時間が3倍

そうなんです!
今まで普通にぴったりプランで90分(たっぷりプランで180分)の無料通話があったのは
実は「おしゃべりプラン新登場キャンペーン」で3倍になっていただけなんです。

新プランだと無料通話時間は3倍ではなく2倍になるので
旧ぴったりプランだと

(旧)ぴったりプラン(3倍キャンペーンで90分無料通話分)
↓ (自動移行)
(新)おしゃべりプランS(5分まで何度でも通話無料)
↓ (自分で移行)
(新)ぴったりプランS(2倍キャンペーンに戻り60分無料通話分)

となります。
旧たっぷりプランだと

(旧)たっぷりプラン(3倍キャンペーンで180分無料通話分)
↓ (自動移行)
(新)おしゃべりプランM(5分まで何度でも通話無料)
↓ (自分で移行)
(新)ぴったりプランM(2倍キャンペーンに戻り120分無料通話分)

とても紛らわしい。
モチロン再び「(新)ぴったりプラン」から「(新)おしゃべりプランM」に戻すこともできます。

UQモバイル新プランに自動移行する・しないは契約時期によって変わる図

2016年10/25以前にUQモバイル契約ユーザーの場合

2016年10月25日以前に契約していた場合は以下のように変更になります↓

旧ぴったりプランだと

(旧)ぴったりプラン(2倍キャンペーンで60分無料通話分)
↓ (自動移行)
(新)ぴったりプランS(2倍キャンペーンに戻り60分無料通話分)

となります。
旧たっぷりプランだと

(旧)たっぷりプラン(2倍キャンペーンで120分無料通話分)
↓ (自動移行)
(新)ぴったりプランM(2倍キャンペーンに戻り120分無料通話分)

なので実質何も変更がなく、プラン名が変わるだけです。
モチロン手動で「おしゃべりプラン」に切り替えることも可能です。

2017年2/22以降に
「my UQ mobile」か電話(0120-929-818)で(新)ぴったりプランS(旧たっぷりプランなら(新)ぴったりプランM)に変更することができます。

なんて分かりにくいんだ。
結局全員「(新)ぴったりプラン」と「(新)おしゃべりプラン」は選択できますが
2016年10/25~2017年2/21までに契約した人は自動で「(新)おしゃべりプラン」に移行されてしまうので
知らないと通話料で色々トラブルが起こりそうです。

UQモバイル「おしゃべりプラン」は何が変わった?無料通話が選択可能に【2/22開始】

CMでお馴染みのUQモバイルのプランが2/22より新しくなるみたいですね。
おしゃべりプランは2017年2月22日よりスタート

UQモバイルは「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」の2種類と少プランでしたが
結論から言うと、今回のプラン変更で「通話無料サービスが追加&選択可能」になりました。

~2/22の今までのUQモバイルのプラン

そもそも元のプランを知らないと読んでても変化が分かりにくいと思うので
今まで(~2/22まで)のプランを見てみましょう↓

UQモバイルはぴったりプランとたっぷりプランの2種類がある

QUモバイルは2/22までは2種類の「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」がありました。

UQモバイルのぴったりプラン詳細

ぴったりプランは月額1980円(14ヵ月目以降は月額2980円)で
90分まで通話料金無料 + データ通信容量2GBです。

月額 1,980円
※契約から13ヵ月目以降2,980円
無料通話 3600円分(最大90分)
月間データ容量 2GB(通常1GBだけどデータ増量キャンペーンで2倍)

UQモバイルのたっぷりプラン詳細

たっぷりプランは月額2980円(14ヵ月目以降は月額3980円)で
180分まで通話料金無料 + データ通信量6GBです。

月額 2,980円
※契約から13ヵ月目以降3,980円
無料通話 7200円分(最大180分)
月間データ容量 6GB(通常3GBだけどデータ増量キャンペーンで2倍)
auからのMNPの場合の料金
ただしauからのMNP乗り換え(MNP=モバイルナンバーポータビリティ制度)の場合は
UQモバイルがauのサブブランドなので以下の割引がなくなります。

au・au系MVNOからMNPでご加入のお客様は、「スマトク割」および「データ増量キャンペーン」対象外です。

参考:UQ mobileから5分かけ放題の「おしゃべりプラン」が新登場!

・スマトク割:
開始月から25ケ月間、基本使用料から1,000円を割り引き

データ増量キャンペーン:
開始月から25ヶ月間、契約プランの最大2倍のデータ容量毎月のデータ通信容量が2倍になるキャンペーン

結果auからMNPの場合は以下のような料金とサービス内容になります↓

UQモバイルのぴったりプラン詳細(auからのMNPの場合)

月額 2,980円
※契約から13ヵ月目以降3,980円
無料通話 3600円分(最大90分)
月間データ容量 1GB

UQモバイルのたっぷりプラン詳細(auからのMNPの場合)

月額 3,980円
※契約から13ヵ月目以降4,980円
無料通話 7200円分(最大180分)
月間データ容量 3GB

auからのMNPでは全体的に料金が+1,000円とデータ通信量が半分になります。

2/22以降のUQモバイルの新プラン「おしゃべりプラン」

話が逸れてきていますが、ここから変更後のプラン内容を見てみましょう↓

変更前
プラン名:ぴったりプラン
料金:月額1980円(※契約から13ヵ月目以降2980円)
データ容量:データ容量2GB
無料通話サービス内容:90分の通話無料

変更後:以下の「おしゃべりプランS」と「ぴったりプランS」から選択可能(※毎月変更可能)
プラン名:おしゃべりプランS
料金:月額1980円(※契約から13ヵ月目以降2980円)
データ容量:データ容量2GB
無料通話サービス内容:1通話5分以内なら無料(※5分超過分は20円/30秒の通常通話料金が適応)
or
プラン名:ぴったりプランS
料金:月額1980円(※契約から13ヵ月目以降2980円)
データ容量:データ容量2GB
無料通話サービス内容:60分の通話無料

変更前:
プラン名:たっぷりプラン
料金:月額1980円(※契約から13ヵ月目以降2980円)
データ容量:データ容量6GB
無料通話サービス内容:180分の通話無料が付与

変更後:以下の「おしゃべりプランM」と「ぴったりプランM」から選択可能(※毎月変更可能)
プラン名:ぴったりプランM
料金:月額1980円(※契約から13ヵ月目以降2980円)
データ容量:データ容量6GB
無料通話サービス内容:120分の通話無料
or
プラン名:おしゃべりプランM
料金:月額1980円(※契約から13ヵ月目以降2980円)
データ容量:データ容量6GB
無料通話サービス内容:1通話5分以内なら無料(※5分超過分は20円/30秒の通常通話料金が適応)

その他のデータ通信容量などは変更前後で変化はないです。
※auからのMNPの場合は、旧プランと同じく月額料金+1,000円&データ容量増量キャンペーン無し=上記の半分になります。

変更点としては、無料通話サービスが
BEFORE:90分(180分)の通話無料 

AFTER:5分以内なら何度でも無料 or 60分(120分)の通話無料から毎月選択可能
になった点です。

UQモバイルの新プランは無料通話が2種類から毎月選択可能!

「5分まで何度でも通話無料」サービスは楽天モバイルなどでも展開している通話サービスですが、
毎月選択可能ということで、ユーザーの通話スタイルに合った使い方を選べるようになりました!

新プランの5分までの無料通話し放題とどっちが良いの?

変更後の「5分以内なら何度でも無料」は他の格安SIMでも見かける無料通話サービスです。
細かく電話する&回数が多いユーザーにとってはお得ですが、
まとまって通話をするユーザーにとっては5分以降の通常料金が高いので
5分を超えたかどうか意識しなければなりません。

対策としては
・5分で一度切って掛けなおす
・通話5分アラームで通知する(★で紹介しています)
などが挙げられます。

ぴったりプランを選択すれば90分(180分)まで無料サービスでも運用できるので
そっちの方がが無難な気がしますが
長電話の場合は可能ならLINE通話やSKYPEなどの
データ通信量に含まれる方法で行いたいですね。

iPhoneも!? 実質0円で格安スマホを入手する唯一の方法【UQモバイル割引】

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアでは総務省のお達しによって
「スマホ代実質0円」などの売り文句が規制されています。

現在大手キャリアでは実質0円は無く、
最安でドコモの一括648円スマホ「MONO」といった感じです。

ではもう実質0円でスマホ端末を入手することはできないのでしょうか。

実は格安SIMで実質0円でスマホ端末を入手できます!

詳しく説明しましょう。

UQモバイルのマンスリー割を利用すれば実質スマホ代0円で入手可能!

格安SIM「UQモバイル」のマンスリー割を利用することによって
一部のAndroid端末が実質0円で入手可能だと知っている人は意外と少ないです。

マンスリー割について(UQモバイル公式ページより抜粋)

ぴったりプランへのご加入と同時に、当社指定機種をご購入いただいたお客様に対し、対象機種に応じて当社指定の金額を、課金開始月の翌月から24ヶ月間、月額基本料金を上限として割引きます。

つまり「マンスリー割」は
UQモバイルで普通に「ぴったりプラン」か「たっぷりプラン」で契約
&
格安スマホをセット購入

した場合に端末代分に割引が適応されるという仕組みです。
(以下図で説明しています↓)

UQマンスリー割の説明図

マンスリー割は、UQモバイルで準備している格安スマホの機種によって割引額が変わります。

つまり格安スマホの端末代とマンスリー割の割引率が同じなら実質0円となります。

そこでUQモバイルの「格安スマホの機種代金」と「マンスリー割の割引額」を一覧にしました↓
※2のマンスリー割は一部の機種では「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」で割引率が違います。

格安スマホ機種 1.月額の端末代 2.月額マンスリー割 3.実質端末負担額(2年分)
iPhone5s 1,800円 -1,800円 0円
ZenFone 3Ultra 1,500円 0円 36,000円
AQUOS L(ぴったり)
(たっぷり)
1,450円 -650円
-1,150円
19,200円
7,200円
ZenFone 3Laser 500円 0円 12,000円
P9lite PREMIUM 1,200円 -1,200円 0円
Alcatel IDOL4 800円 0円 19,200円
ZenFone 3Deluxe(ぴったり)
(たっぷり)
1,900円 -400円
-900円
36,000円
24,000円
ZenFone3(ぴったり)
(たっぷり)
1,400円 -400円
-900円
24,000円
12,000円
ZenFone 2Laser 750円 -750円 0円
LG Xscreen 1,450円 -1,450円 0円
ZenFone Go 700円 -700円 0円
DINGO L 1,800円 -1,800円 0円
arrows M03(ぴったり)
(たっぷり)
1,200円 -500円
-1,000円
16,800円
4,800円

4万円以上する京セラの防水スマホ「DINGO L」や
高性能で人気の「ZenFoneシリーズ」も実質0円で入手可能です。

UQモバイルでの契約が必要

当たり前ですが、実質0円の格安スマホを使うにはUQモバイルの
「ぴったりプラン」か「たっぷりプラン」で契約する必要があります。
UQモバイルはCMなどでも有名なので聞いたことがあるかもしれません。

UQモバイルは当サイトでも一押しの最高品質の格安SIMなのでオススメです。
他の格安SIM平均より料金は1000円ほど高くつきますが、
通話無料サービスや最高レベルの回線速度と安定性を兼ね備えており
格安ISMや格安スマホ初心者に適した格安SIM会社だと言えます。

※ちなみにUQモバイルは厳密には格安SIMではなく
auのサブブランドにあたりますが、
価格的にも格安SIMと括っています。

UQモバイルを使うとどんな感じ?

UQモバイルは容量を細かく選ぶのではなく
「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」の2プランからの選択となります。
UQモバイルの料金プラン説明図

"全部コミコミ"と言ってるだけあって無料通話や十分なデータ通信容量も備えており
キャリアを使っている人が違和感なく乗り換えできると思います。

プラン名 ぴったりプラン
月額料金 1,980円
データ通信容量 2GB
無料通話サービス 90分まで無料
プラン名 たっぷりプラン
月額料金 2,980円
データ通信容量 6GB
無料通話サービス 180分まで無料

※無料通話サービスは2017年2月中旬より「5分までの通話が何度でも無料」に変更になります。

UQモバイルの評価は「UQモバイルの評判・口コミと評価【格安SIM徹底調査】」をご参照下さいませ♪

キャリアと違って基本料金も安く、
端末代も実質0円で入手できるので相当家計に優しいです。
(我が家では子どもに持たせています)

自前端末でも保証制度有り!安心の格安SIMデビューを!【UQモバイル編】

「今の自分のスマホに格安SIMを挿して安くスマホ代を抑えたい」

そう考える人は多いと思います。

しかし格安SIMではキャリアと違って端末の保証は、
その格安SIMが販売している端末(通称格安スマホ)のみが基本です。

自前のスマホの場合は保証を付けることはできないの?

割れたスマホ画面に昇竜拳

普通に考えてユーザーがどこで入手したかも分からないスマホ端末を保証することはできないですもんね。

しかしそんな中幾つかの格安SIMでは「つながる端末保証」という保証サービスをオプションで付けることができます。

つながる端末保証とは

「つながる端末保証」とはキャリア購入・SIMフリー端末を問わず、
Android端末が自然故障、破損、全損、水没した場合
無償修理or交換端末の提供を受けることができる保証サービスです。

条件さえクリアすれば、格安SIM側で販売していない端末
つまり白ロムだろうがキャリアで購入したスマホだろうが、
タブレットだろうが保証オプションを格安SIM契約時につけることができます。

つながる端末保証サービスの加入条件と方法

勿論本当にどんな端末でも保証オプションを付けることができる訳ではありません。
UQモバイルのつながる端末保証だと、保証対象の端末の条件

・Android端末のみ(iPhoneは保証対象外なので注意)
・端末が格安SIMのSIMカードを挿入して通話・通信を行っている(行う)端末であること
・つながる端末保証加入の前でも後でも、非正規修理を行ったことのない端末であること
・日本国内で正規発売されたモデルであること

詳細はUQモバイル つながる端末保証をご参照下さい。

上記の条件をクリアした端末であれば
各種格安SIMのSIMカードを挿入して登録できます。

保証内容は十分なのか

いくら保証されていても保証の条件範囲が厳しかったり、
保証内容が薄ければ意味がありません。

UQモバイルのつながる端末保証の場合は

・期間中であれば1契約につき年2回まで & 1回上限5万円までの修理費で収まる場合は修理費が全額無償
・万が一修理出来ない場合はUQモバイル指定の交換機を提供有

またメーカー補償の場合は「水濡れ」や「自損」は対象外となるケースがほとんどですが

・トイレに落とした などの「水没」
・画面がフリーズ、電源が入らない などの「故障」
・ぶつかって落としてしまった などの「破損」

まで保証の対象だと明記されているので、

保証サービスとしてはかなり好条件だと思います。

その保証は得なのか? 月額オプション代と保証額の期待値を天秤にかける

2016年の12月よりUQモバイルで開始された「つながる端末保証」ですが
保証サービスがオプションなので、月額スマホ代に+500円が必要となります。

年間6千円と考えると高い気がしますが、
例えばスマホ端末の画面割れを普通に修理に出すと2万円以上はかかります。

使い方に個人差があるので絶対はありませんが
外出時にスマホを持ち歩いて出先で使うような人であれば
「つながる端末保証」に加入した方が結果的に得をする可能性は高いです。

月額3000円以下の格安SIMでiPhone5sが使えるってホント!?

最近では結構格安SIMもUQモバイルやFREETELなどがテレビCMなどで認知度も上がって来ています。
機械音痴の自分の両親が格安SIMを知っていたので驚きました(笑)

格安SIMでいくら安くても最新の端末やiPhoneを使いたいですよね。

他の記事で説明していますが格安SIMを使うときにスマホ端末は

1.格安SIMカードだけ契約して、自前のスマホに挿して使うパターン
2.格安SIMカードと格安スマホをセット購入するプラン

の2パターンがあります。
それぞれの詳細やメリットデメリットは「格安SIMで自前のiPhoneなど自前の端末は使える?格安スマホの長所短所」を見てもらえれば分かると思います。

今回は2の「格安SIMカードと格安スマホをセット購入するプラン」の話です。

格安SIMで用意しているSIMカードと格安スマホのセットの場合、
SIMカードだけに比べてスマホの端末代分高くなりますよね。

そんな中UQモバイルが打ち出したプランが
格安SIM + iPhone5s端末を月額2894円

iPhoneを格安SIMで使いたい初心者のためにあるような素晴らしいプランです!

iPhone5sって古いのでは?

iPhone7など最新機種が登場している中、iPhone5sは性能面でもメイン端末としても十分なスペック&iPhoneブランドでカッコいい!
iPhone5sは世界中でも最も販売された端末ですからね。

むしろUQモバイルの格安スマホセットが、一番安く格安SIMでiPhone5sを使う方法だったりします。

iPhone機種なので高校生くらいの子どもがいたらiPhone5sを持たせておけばコストパフォーマンスとしても良いのではないでしょうか。
も子どもが良く使うゲームやYoutube閲覧では十分すぎる性能です。

格安SIMの端末保証+Appleの端末保証も有り!

またパターン2なので格安SIM側が準備したスマホです。
自前端末を使うパターン1と違って、端末保証やSIMカードの動作など保証されているので
専門知識の無い人でも使えるのが安心ですよね。
端末の保証はUQモバイル側でもしてくれますが、オプションで3大キャリアと同じくAppleストア保証を付けることも可能です。

UQモバイルってどんな人向きの格安SIMなの?

UQモバイルとY!モバイルは2年縛りのあるキャリアっぽい格安SIMですが、

・通話無料のサービスが付いている、
・回線の通信速度や安定性は3大キャリアと同じレベル

など3大キャリアと格安SIMの中間的なポジションの格安SIMです。

現在3大キャリアを使っている人で格安SIMに乗り換えを検討している人であれば、
最も違和感なく乗り換えられるのでオススメですよ。

「難しいことは分からないけど安くiPhone使いたいよ」という人向きのプランです。

UQモバイル公式バナー

UQモバイルの評判や口コミの詳細を「UQモバイルの評判・口コミと評価【格安SIM徹底調査】」で詳しく紹介しています。

【UQモバイル】auからでも月額1980円で使う方法

UQモバイルのプランの中でも無料通話ありの「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」は人気です。

UQモバイルはぴったりプランとたっぷりプランの2種類がある

プラン 月額料金 通信速度 通話 契約縛り(最低契約期間)
1.ぴったりプラン 1980円/月(※1) 受信最大150Mbps 90分無料 1年
2.たっぷりプラン 2980円/月(※1) 受信最大150Mbps 180分無料 1年

上記のようにこの2プランは1980円、2980円で使えると表記されていますが、
実はau以外のキャリアからの乗り換え時の料金です。

つまりauからの乗り換えの場合は、+1000円の月額料金になってしまいます。
詳細は<ドコモ&ソフトバンクユーザー必見!UQモバイルキャンペーン【スマトク割】乗換えで激安化>をご参照下さい。

auからでも月額1980円でQUモバイルを使う方法

どうしても月額1980円(たっぷりプランなら月額2980円)で使いたい人は、
以下の方法でauからUQモバイルの上記プランで他のキャリアと同じ料金で使用可能になります。

他のauから一度他のMVNOへ乗り換え、その後UQモバイルへ乗り換える方法です。
そうすれば契約上「auからの乗り換え扱い」にはならないので
ぴったりプランを月額1980円、たっぷりプランなら月額2980円
で使用可能になります。

ちょっとずるい方法かもしれませんが、
一応契約上は問題なしです。

注意点としては多くの格安SIMでは解約時に違約金の発生する期間というのが決まっています。
なのでこの方法で1ヵ月だけクッションする格安SIM会社は、この期間が無いところを選択しないといけない点です。

契約期間の縛りの無い格安SIMとしては「イオンモバイル」なんかが有名ですね。

そもそもUQモバイルが1980円で使えるのは1年間で2年目から月額2980円(たっぷりプランなら3980円)になるので
12ヵ月×1000円で12,000円の節約にはなりますが
そこまでするかという疑問もありますが。

UQモバイル公式バナー

『UQモバイル』支払い方法でクレジットカードは必須?【デビットカードは可能か】

今最も人気があるといっても過言ではないUQモバイルですが、
Y!モバイルやOCNモバイルONEなどの一部の格安SIM以外ほとんどの格安SIMでは
契約時にクレジットカードと身分証が必須です。
参考:<【口座振替・デビットカード】格安SIMをクレジット以外で支払契約できる?>

身分証はともかく、
様々な事情でクレジットカードを使わない・使えない・持っていない人は契約できないのでしょうか。
自分はあまりバンバンクレジットカードを使いたくない人間ということもあり、
クレジットカード無しでUQモバイルで契約できないか調べてみました。

UQモバイル公式ページで支払い方法を確認

UQモバイルの公式ページには、支払い方法に関して以下のように記載がありました↓

支払い方法について

クレジットカードでのお支払いです。VISA、MasterCard、JCB、American Express、DINERSがご利用いただけます。

という事でクレジットカード以外は支払い方法は選択できないようです。

ちなみにUQモバイルのショップの店員さんに聞いてみたところ、
やはりクレジットカード以外は無理だとはっきり言われました。

し・か・し

UQモバイルはデビットカードで契約できるみたい

UQモバイルの支払い方法公式ページをしっかり見てみると以下のような注意書きが!

一部の発行元を除きデビットカードはご利用いただけません。ご利用のデビットカードで毎月の通信料金のお支払いができるかは、デビットカード発行元会社にお問い合わせください。

"一部の発行元を除き"ということは、一部のデビットカードなら使えるとUQモバイル公式で表記されているのです。

ネットで調べてみると、確かにUQモバイルをデビットカードで契約できたというケースもちらほら見受けられました。

UQモバイル公式の記載から察するに、「毎月支払いができるデビットカード」であれば行けそうです。
カードの種類によって審査があるようなので、
一応審査を通ったと報告のあったデビットカードは

◆VISAデビットカード
◆JCBデビットカード

です。

初期費用が契約完了後に請求されるので、オンラインからデビットで申し込んだ方がリスクが無いです。
また契約できても突如拒否されるケースもあり、審査基準も時間変化は十分にあり得ます。

このページの情報は再現性・完全性はありませんのであくまで参考程度にお願いします。

UQモバイル公式バナー

UQモバイルへの乗換えでスマホ代いくら安くなった?【利用者の平均節約額は?】

話題のUQモバイルですが、格安SIM扱いでかなり月額料金は安くなります。
特に現在3大キャリアを利用している人なら品質を維持しつつ大きく月額スマホ代を安くすることができます。

UQモバイルユーザーの平均スマホ代ってどんなもん?

2016年8月のUQモバイルユーザー6796人のインターネット調査によると、

UQモバイルに乗り換え後に月額平均3,600円安くなってます!

データの範囲がアバウトですが内訳は以下のようになっています↓
◆月額2,000円前後安くなった :約30%
◆月額4,000円前後安くなった :約40%
◆月額4,000円以上安くなった :約30%

特にソフトバンクとドコモからUQモバイルに乗り換えると
月額料金が-1,000円されるのでかなり大きいです。

参考:<ドコモ&ソフトバンクユーザー必見!UQモバイルキャンペーン【スマトク割】乗換えで激安化>

UQモバイルはKDDIグループ=auのサブブランドのため、
3大キャリアのユーザー争奪キャンペーンの格安SIM版ということです。
ユーザーからすればありがたいキャンペーンですね♪

ケースごとの月額料金(現在ソフトバンク&ドコモから乗り換える場合)

ケースごとの月額料金をプランごとに概算してみました。

概算時の設定として、
1.自前の端末を使う(=格安スマホ無し)
2.MNPで電話番号そのままで通話付き
という一番一般的なパターンの場合です。

まずは現在ソフトバンクかドコモユーザーがUQモバイルに乗り換える場合の2プランの料金です。

◆ぴったりプランの場合(データ通信容量2GB & 90分無料通話サービス)
→1年目月額:約1,980円/月 (2年目月額:約2,980円/月)

◆たっぷりプランの場合(データ通信容量6GB & 180分無料通話サービス)
→1年目月額:約2,980円/月 (2年目月額:約3,980円/月)

先程の-1,000円の割引が適応されて、ぴったりプランで1,980円/月で使用可能とかなりお得です。

ケースごとの月額料金(現在auから乗り換える場合)

auからUQモバイルに乗り換える場合、上記のキャンペーンが適応されないので通常のプラン料金になります。

◆ぴったりプランの場合(データ通信容量2GB & 90分無料通話サービス)
→1年目月額:約2,980円/月 (2年目月額:約3,980円/月)

◆たっぷりプランの場合(データ通信容量6GB & 180分無料通話サービス)
→1年目月額:約3,980円/月 (2年目月額:約4,980円/月)

ケースごとの月額料金(現在Y!mobikeから乗り換える場合)

現在Y!mobileを使っている人もau系のキャリアではないのでドコモやソフトバンクと同じ扱いで
-1,000円キャンペーンが適応されて以下の価格でUQモバイルを利用可能です↓

◆ぴったりプランの場合(データ通信容量2GB & 90分無料通話サービス)
→1年目月額:約1,980円/月 (2年目月額:約2,980円/月)

◆たっぷりプランの場合(データ通信容量6GB & 180分無料通話サービス)
→1年目月額:約2,980円/月 (2年目月額:約3,980円/月)

まーあキャリアと比べるとどのキャリアからUQモバイルに乗り換えてもかなりの節約になると思います。
参考:格安SIMと比較【キャリア料金表】docomo Softbank au高くない?

UQモバイルの料金設定と費用対効果の総評

UQモバイル自体が格安SIMの中では料金設定は高めですが
圧倒的に品質がいい(特に通信回線の品質は全格安SIMでもトップレベル)ので
費用対効果としてはかなりのものだと思います。

「ぶっとんで安くないと嫌だ!」
という人でない限りは、個人的にも一番オススメできる格安SIMと言えます。

詳しくは<UQモバイルの評判・口コミと評価【格安SIM徹底調査】>

【UQモバイル】節約モードでSNS使い放題・無制限が格安SIMで実現!

CMでもお馴染みのUQモバイルですが、やはり格安で使えるのに品質が高くていいですね♪

総務省の介入もあり、確実にキャリアから格安SIMに乗り換える人は増えています。
特にキャリアからUQモバイルを含む格安SIM乗り換えた場合、毎月のスマホ代料金が大幅に安くできますからね。

UQモバイルを選択するメリット

格安SIMの中でもUQモバイルを選ぶメリットは以下です。

UQモバイルのメリット1:回線速度が超安定

格安SIMはキャリアと比べて通信回線の速度と安定性が若干劣る事が多いですが、
UQモバイルは格安SIMの中でもトップレベル&キャリアと同等の通信回線と安定性があります。
UQモバイルはau回線を利用していますが、正直キャリアから乗り換えても回線で違和感は全くありませんでした。

UQモバイルのメリット2:ターボ機能を使えばデータ通信が無制限に!

多くの格安SIMでは毎月のデータ通信量の上限がキャリアに比べて制限することで料金を安くしています。
UQモバイルでも

◆1GB(キャンペーン中は2GB)が上限の「ぴったりプラン」:月額1,980円
◆2GB(キャンペーン中は6GB)が上限の「たっぷりプラン」:月額2.980円

UQモバイルはぴったりプランとたっぷりプランの2種類がある

の2種類がありますが、最大でも6GBです。
格安SIMはチャージ料金が高いので、月にこれ以上のデータ通信をする人は
使い切って超低速になってしまいます。

しかしUQモバイルでは「節約モード」というシステムがあり
データ通信容量を消費する通常のモードと
データ通信容量を消費しない「節約モード」を
手動で切り替えて使うことができます。

 UQモバイルの節約モードでSNSやメールが実質無制限で使用可能に!

「節約モード」は送受信最大300Kbpsと、動画を見るのは厳しいですが、
SNSやメール程度なら十分に使えるので、実質無制限でデータ消費を気にすることなくSNSやメールができるという訳です。
動画を見たいときだけ通常の高速モードに切り替える事で、データ通信量の節約ができます。

UQモバイルのメリット3:無料通話サービス込みのプラン

キャリアではプランに通話無制限が込みでしたが、格安SIMでは一般的に
20円/30秒の通常の通話料金での通話になります。

なので正直を毎月何時間もする人は格安SIMはオススメできません。

しかしUQモバイルでは無料通話分込みの料金設定になっており、

◆通話1時間まで無料の「ぴったりプラン」:月額1,980円
◆通話3時間まで無料の「たっぷりプラン」:月額2.980円

とプランに1時間以上の無料通話が付いています。

UQモバイルのメリット4:疑似キャリアメールが使える

格安SIMの弱点として良くあげられるのが、キャリアメールが使えない事です。
キャリアメールとはau ドコモ ソフトバンクのメールアドレスです。
キャリアから格安SIMに乗り換える=キャリアを解約する時点で使えなくなります。

UQモバイルではキャリアメールと同じ扱いのQUモバイル独自のメールアドレスがオプションで使える為、
迷惑メール扱いにならずにキャリアメールと同様に使うことができます。

参考:【格安SIM】UQモバイルで疑似キャリアメールを使う裏技

また、UQモバイルの評価や口コミはUQモバイルの評判・口コミと評価【格安SIM徹底調査】にまとめてあります。