Y!モバイル

ワイモバイルの学割『ヤング割』で高校生がiPhoneを持つといくら安い?

スマホの世は格安時代!
大手キャリアの割高料金では歯が立たず、
徐々に格安スマホ・格安SIMに乗り換えが進んでいます。

もちろん3大キャリアのソフトバンクが指をくわえて黙っているはずがありません。
ソフトバンクはサブブランドのワイモバイルで格安スマホ時代にも切り込んできました!

ワイモバイルの学割「ヤング割」で12000円割引がアツい!

特に学生さんは環境が変わって、新たにスマホを持ち始める時期でもあります。
ワイモバイルも含む多くのスマホ会社は5月末まで学割を展開し、
大幅に安くスマホを持つチャンスでもあります。

今回はソフトバンクのサブブランドの”ワイモバイルの学割「ヤング割」”について見ていきましょう。

ソフトバンクとワイモバイルは何が違う?

まずは学割の前に格安SIMが実際にどんなものか、ご存じない方もいらっしゃると思うので簡単に。

自分もそfとバンクから乗り換え、現在ワイモバイルを使っていますが、
ワイモバイルとソフトバンクを比較するとこんな感じです↓

ソフトバンクとワイモバイルの大まかな違い

◆月額料金が大幅に違う
基本料金だけで考えてもソフトバンクでは

・かけ放題の「スマ放題」月額2700円

・ウェブ使用料月額300円

・データ定額 5GBの場合月額5,000円

と端末代抜きでも8000円代が見えています。

ワイモバイルならその半分以下でiPhoneも持てます(後述)

◆回線はそのまま
ソフトバンク回線なのでエリアもそのまま
格安SIMは回線が3大キャリアに比べて遅いと言われていますが
ワイモバイルに限ってはソフトバンクと同等です。
1年近く使っていますが遅いと感じたことはありません。

◆090の音声通話は人による
ここは唯一大手キャリアのメリットかもしれません。
ワイモバイルは「10分までの通話は何度でも無料」ですが、
それ以上の通話をすると通話料が加算されてしまいます。

LINE無料通話やSKYPEなら通話ではなくパケット通信なのでいくらでも問題ないのですが、
いわゆるカケホーダイが無いので090や080から始まる電話番号で長時間通話する場合は注意です。

追記
ワイモバイルだと月額1,000円のオプション「スーパーだれとでも定額」を契約すれば
3大キャリアと同じく「完全かけ放題」が可能です。
オプションを付けても3大キャリアの半額程度に収まるので
もう勝負になりませんね…

◆ワイモバイルのショップは街中や大手家電量販店にある
大手キャリアではショップがあってどこでもサポートしてもらえますが
ワイモバイルもそこら中にお店があるので同じようにサポートしてもらえます。

自分の場合は家の側にワイモバイルのショップがあるので
契約前に色々聞いているうちに店員さんと顔なじみに(笑)

トータルで考えると
新規で高校生に大手キャリアで契約するなら
料金がもったいないからワイモバイルやUQモバイルにしておいた方がいいです!
はっきり言って内容はほぼ同じなので。

ワイモバイルの学割「ヤング割」はどれくらいおトク?結局いくらで使える?

やっと本題になります。
ワイモバイルの学割「ヤング割」の内容から見ていきましょう。

ヤング割の詳細

◆ヤング割の受付期間:2017年1月20日(金)~2017年5月31日(水)

◆ヤング割の特典:月額基本料1年間(12ヵ月間)最大1,000円/月割引
※ご契約月を1ヵ月目として14ヵ月目から12ヵ月

◆ヤング割の適応条件:
・個人契約のお客さま
・お申し込み時に年齢が18歳以下である事
・対象料金プランに対象契約の条件でお申込みいただくこと
※対象プラン:スマホプランS、スマホプランM、スマホプランL

◆ヤング割の対象となる契約:
・新規契約または他社からののりかえ(MNP)
・対象料金プランからの契約変更または機種変更

詳細:ヤング割 | ワイモバイル

という事で18歳以下の学生が新規契約や、
3大キャリアからの乗り換えも対象になります。

特典は分かりにくいですが
ワイモバイルは3大キャリアと同じく2年契約なので
「2年目のスマホ代を12ヵ月連続で1,000円引きするよ」
という事です。

トータル12,000円分と割引額が大きく、
期間中の方が確実にお得なのは言うまでも有りません。

ワイモバイルのヤング割でiPhoneを購入した場合の料金シミュレート

割引額が大きくても結局最終的な料金が安くなかったら無意味です。
そんなことはキャリアユーザーなら身を持って体感している事でしょう。

今回は新高校生がiPhoneを購入してワイモバイルで契約した場合の月額料金をシミュレートしてみました↓

条件:
・19歳以下で「ヤング割」適応で新規契約
・ワイモバイルで格安スマホのiPhone5s(32GB)もセット購入
・プランM(月6GB、10分までの通話無制限で無料)

ちなみにワイモバイルのプランMの詳細です↓
ワイモバイルのプランMの詳細

高校生なので6GBくらいはあった方がいいかもしれません。
2GBで十分なら更に1,000円安い「プランS」という手もあります。

上記の条件でのワイモバイルの月額料金は以下になります↓
ワイモバイルでiPhone5sの32GBをプランMで契約時の月額料金シミュレート結果

月額料金3,218円でiPhone5sの端末代も込みです!

ヤング割は?

「ヤング割はどこ?」と思うかもしれませんが、
ワイモバイルでは新規契約や乗り換えすると「ワンキュッパ割」で1年目が1,000円安く使えます。
なので通常は2年目は1,000円高くなるのですが、2年目を「ヤング割」が1,000円割引しているという訳です。

以上を含めての月額3,218円という事になります。

他の格安SIMだともっと安いが

他の格安SIMならもっと料金が安いところもあるでしょうが、
格安スマホでiPhoneがあるのはワイモバイルとQUモバイルの2社のみです。

中古やSIMフリースマホで購入して自前で準備するという方法もありますが、
初期設定や補償対象など煩雑なので初心者には格安スマホでiPhoneをセット購入が無難でしょう。

回線速度・安定性や全国のショップのサポートも含めると、
他の格安SIMよりも1,000円程度高くても初心者にはワイモバイル化UQモバイルをオススメします。

以下の画像からワイモバイルに飛んで
ページ内の右上「オンラインストア」→「iPhoneを購入」から料金シミュレートできるので
自分の条件を入れて料金をチェックして見てみて下さい↓