mineo(マイネオ)MNP転出の予約番号取得から引継ぎ完了までの全流れ網羅

mineoは2017年のユーザー満足度でNo1

大手キャリアを利用している人にとってスマホ代が大幅に安くなる”格安SIM”は魅力的だと思いますが、反面面倒そうな手続きに躊躇している人も少なくないと思います。

特に電話番号は1人に1つ所有するのが当たり前の時代です。
現在利用している電話番号を引継ぐ”MNP(モバイルナンバーポータビリティ)制度”というものがありますが、これを利用してキャリアから格安SIMに乗り換え移行するのが一般的です。

今回は格安SIMの中でも最もメジャーなmineo(マイネオ)でのMNP方法・流れを詳しく解説していきます。
MNP予約番号の取得から、申し込み時の入力方法、SIMカード到着時の電話番号引継ぎ設定までの流れをみていきましょう。

まずはmineoでNMP制度を利用して電話番号を引き継ぐ流れの全体像を把握しましょう。

【手順1】旧携帯電話会社から電話番号の引継ぎに必要な「MNP予約番号」を電話で取得する

【手順2】ウェブサイトから申込時にMNP予約番号を入力する

【手順3】数日で自宅にSIMカードが届くのでガイドブックに沿って電話番号引き継ぎ設定をする

はっきり言って自分で何かするのに掛かる時間は短いです。(最初に電話で取得するのが繋がりにくくて時間が掛かるくらい)
ざっくり言うと電話でMNP予約番号(10桁)をメモして、申し込み時に入力し、届いたらウェブサイトへ入力するだけです。

【手順1】まずはMNP予約番号を取得する方法

まずはMNP予約番号を電話で取得するステップです。
MNP予約番号の基礎知識についても追って解説します。

MNP予約番号申し込み用ダイヤルへ電話して予約番号を取ってもらう

キャリア毎の以下の「MNP予約番号申し込み用の電話番号」へ電話してオペレーターに「MNP予約番号を取得したい」と言えばその場で番号を教えてくれますのでメモしましょう。
※SMS(ショートメール)でもMNP予約番号と有効期限の控えが送られてくるのでメモしなくても大丈夫です。

【ドコモ】(受付時間9:00~20:00)
携帯電話から:151 ※通話料無料
一般電話から:0120-800-000

【au】(受付時間9:00~20:00)
共通:0077-75470 ※通話料無料

【ソフトバンク】(受付時間9:00~20:00)
携帯電話から:*5533 ※通話料無料
一般電話からは0800-100-5533

MNP予約番号を発行すると何が起こる?

MNP予約番号を発行しただけなので発行することによるデメリットはありません。
この予約番号を使わなければ解約になりませんし、発行手数料なども一切ありません。

このまま乗り換えずに放置していても何も起こらないので安心して下さい。

MNP転出手数料(3,000円)はMNPでの乗換えが完了した段階で旧携帯電話会社に支払います。
mineoの場合はSIMカードが届き、自分で電話番号切り替え設定が完了した段階で発生します。

MNP予約番号には有効期限がある

発行しただけでは何も起こりませんが、MNP予約番号には15日間という有効期限があります。

この期限内に電話番号の引き継を行わないとMNP予約番号が無効になり、その予約番号ではMNP乗り換えが出来なくなります。
再度「MNP予約番号申し込み用ダイヤル」へ電話して予約番号を発行してもらう必要があります。

出来ればmineoに申し込みをするギリギリ数日前に予約番号を取得しましょう。

mineoではMNP予約番号の有効期限が10日以上ある場合にしか入力できません。

MNP予約番号申し込み用ダイヤル

当日でもモチロン問題なしですが、「MNP予約番号申し込み用ダイヤル」が混み合う可能性があるので注意です。
(自分は乗り換え当日に電話しました)

特に大手キャリアの電話窓口なので休日は混み合いますので注意を。

引継ぎ時の電話番号の不通期間は30分程度

電話番号を引き継ぐMNPの際には電話が使えない期間(不通期間)が問題視されることがあります。
格安SIM会社によって大きく以下の2種類に分かれます。

自動で電話番号切り替えをする格安SIM=数日使えない

楽天モバイルなどでは申し込むと自動で電話番号の切り替え手続きが行われ、SIMが届くまでの数日間は電話番号が使えない「不通期間」となります。
楽天モバイルのような「自動切り替え」形式では、自分で電話番号切り替えを行わなくて良いのがメリットですが、不通期間が数日間続くのがデメリットです。

手動で電話番号切り替えをする格安SIM(即日MNP)=不通期間は30分程度

mineoの場合は申し込んだ住所にSIMカードが到着して、自分で切り替え設定を行うまで旧携帯電話会社で通話が可能です。
自分の任意のタイミングで切り替えが行えるため、切り替え設定後の30分以外には不通期間はありません。
mineoのような「手動切り替え」形式では、自分で設定をする手間がある(約3分で終わりますが)のがデメリットですが、不通期間が30分程度なのがメリットです。

MNPで申し込みをした状態では「仮契約」状態となっており、SIMカードが届き自分で手動で電話番号切り替え設定を行った時点で契約となり、旧携帯電話会社は自動で解約されるシステムになっています。

参考:「mineoでネット申込でも電話の空白・不通期間は30分のMNP即時切替可能

mineoで申し込み後~届くまでにMNP予約番号の有効期限が切れたらどうなるか

上記で「mineoは電話番号の切り替えが手動」と説明しましたが、例外があります。

例えばmineo申し込みの5日前に予約番号を取得して申し込んだ場合(申し込み時には期限が残り10日)SIMカードが届くまでには十分な時間があります。
しかし届いてから電話番号切り替え手続きを忘れ、有効期限が切れてしまった場合はどうなるのでしょうか。

この場合は有効期限が切れるタイミングでmineo側で自動切り替えが行われ契約となります。

つまり申し込み後から手動で切り替え設定が行われるまでの間に予約番号の期限が切れる場合には、切れる時点でmineo側で自動切り替えを行うというシステムになっています。

なので不通期間が問題であれば、申し込みギリギリに予約番号を取得するのが無難です。

【手順2】ウェブサイトから申込み時にMNP予約番号を入力

【手順1】でMNP予約番号を取得したら、申し込みを行う段階で取得した番号を入力します。

申込み時に必要な書類などを準備

まずはmineoでMNP乗り換えを行う場合には以下の確認書類などが必要になるので準備しましょう↓
■クレジットカード:
一部のデビットカードやeo光利用者であれば口座振替も選択可能です。
参考:「mineoはデビットや口座振替で支払い可能?クレジット以外支払方法や変更

■本人確認書類:ウェブ申込の場合は以下の書類1点の画像をアップロードします↓

運転免許証、パスポート、被保険者証(健康保険証、
国家公務員・地方公務員共済組合員証、私立学校教職員共済加入者証)
顔写真付き住民基本台帳カード、共済組合員証、在留カード、
外国人登録証明書、特別永住者証明書、身体障害者手帳、
個人番号カード(表面のデータのみ)

実際のmineo申し込み時のMNP予約番号入力の流れ

以下のページからmineoの申し込みページへ進みます。

マイネオ申し込みページ

進んだ先のmineo公式ページ右上の赤い「お申し込みはコチラ!」⇒「新規お申込み手続きへ」⇒エントリーコードの有無をチェックして以下の順番に入力していきます。

1.サービス&プラン選択

  • mineoのどちらの回線を契約するのか(au回線 or ドコモ回線)
  • 音声通話(090や080の電話番号)を使いたいか
  • 月のデータ容量はどのプランか
  • 音声通話有のプランの場合、無料通話サービスをオプションで付けるかどうか
  • 格安スマホをセット購入するかどうか

2.SIMカードのサイズ選択(持ち込みのスマホを利用する場合に選択)

3.格安スマホの端末選択(格安スマホ購入者のみ)

とここまで入力すると以下のようにMNP予約番号を入力する画面になります↓
mineo申込中_3MNP予約番号があれば入力

入力する項目は以下の3点になります。
■MNP予約番号(ハイフン無しで半角の10桁の数字を入力)
■MNP転出を行う電話番号
■MNP予約番号の有効期限

詳細はMNP予約番号を取得時の控えのSMS(ショートメッセージ)に記載されています。

その後は「mineoのオプションプランを選択」⇒「契約者情報を入力」⇒「料金の確認画面とクレジット情報の入力」⇒「本人確認書類のアップロード」⇒「契約情報の確認」と進んで仮申し込みが完了します。

mineo申し込み後

入力したメールアドレスに仮申し込み完了通知が届くのでURL先へ進んで仮申し込みを完了させます。

申し込み完了から1週間以内にSIMカードが入力した住所に届きます。
(格安スマホをセット購入した場合にはスマホも届きます)

申し込みから2,3日すると審査が完了し、入力したメールに「配信完了メール」が送られてきます。
SIMカードは佐川急便で配送され、申し込みから到着までトータルで10日が目安となります。

この時点では仮契約状態なので料金も発生せず契約されていません。
現在の携帯電話会社の回線はそのままですし、通話もそのまま使えます。

【手順3】約1週間で自宅にSIMカードが届くのでMNP切り替え設定をする

申し込み時に入力した住所にSIMカードが届くので電話番号の切り替え設定を行います。
(格安スマホをセット購入時には端末も一緒に届く)

SIMの包装に同封されているガイドに沿って開通手続きを進めます。(目安3分)
「MNP転入切り替え/回線切り替え手続き」というページの通りに、mineoのサイトにアクセスして、開通手続きを完了させた時点で本契約されます。

手動での切り替え方法は以下となります↓

1.ネットにアクセスできる端末でmineoのマイページにアクセスし、申し込み時に自分で決めて入力した「eoID」と「woIDパスワード」を入力してログインします。

※電話番号切り替えの受付時間が9:00~21:00の間になり、19:00以降の分は翌日午前中に切り替え処理されるので注意です。

2.「登録者情報の変更 / サポート」から「MNP転入切替 / 回線切替手続き」を選択します。

3.SIMカードの台紙に記載されている「ICCID(製造番号)」の下4桁を確認します。下4桁を入力に「回線切り替え」を選択すると回線切り替えの申し込みが完了します。

電話番号切り替えの申し込み後に「回線切り替え受付メールが」登録時のメールアドレスに送られてきます。
メール受信後約30分でmineo側で回線切り替えが行われます。
その間は30切り替え完了までが電話の不通期間となります。

完了後は旧携帯電話会社は自動解約され、mineoと正式に契約された状態になります。
(それまでは仮契約状態です)

MNP転出の予約番号取得から引継ぎ完了までの全流れまとめ

長くなりましたが手順としては「MNP予約番号を電話で取得」⇒「申し込み時にMNP予約番号を入力」⇒「届いたらmineoマイページで製造番号を入力」の3ステップなので所要時間は合計10分程度しか掛かりません。
(キャリアの予約番号取得ダイヤルで混み合う可能性はあります)

やってみると意外とあっさり終わります。

手順が難しそうで躊躇している人は安心してMNP乗り換えに臨んでください。
mineoへ乗り換える全手順を以下ページで徹底解説しているので見てみて下さい↓

参考:「絶対迷わない『mineo(マイネオ)』乗り換えの流れ 方法・手順

また格安SIM乗り換え後の環境に不安がある場合には、事前にmineoの使用感を確認する方法も検討してみてください↓
お勧めの方法:「【これは画期的!】mineoに後からMNP(電話番号引継ぎ)でお試し乗換え可能

詳細はmineoの公式ページをチェック↓↓
mineo
mineoの最新キャンペーンmineoの評判
mineo申し込みの流れ

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_

今月人気の格安SIM特集!

IIJmio_ロゴ

利用者満足度の高い老舗格安SIM

  • 4.67/5.00
使える回線
ドコモ/au
月額料金
1,600円/月~
10分かけ放題
有り
【現在のキャンペーン】~2017年12月5日
1年間500円割引のWキャンペーン実施中!