楽天モバイルにバースト転送機能はある? 無制限ベーシックプランに有効

バースト機能説明図
kain

格安SIMでは大手キャリアと違ってデータ容量を使い切ったり3日間の低速制限時の200kbpsの低速時でもバースト機能という一瞬だけ高速で通信を行う機能があります。

節約豚

バースト機能?
なんかカッコいい名前だけど聞いたことないなー

kain

意外と注目されにくい機能ですが、低速制限中に有ると無いで雲泥の差があるのが”バースト機能”です。
今回は楽天モバイルのバースト機能について見ていきましょう。

バースト機能は低速制限時(殆どの格安SIMで200kbps)でもデータ通信の最初の数秒だけ高速通信(3Mbpsが一般的)を行う機能です。
バースト機能説明図

月のデータ容量を使い切ったり、3日間制限有りの格安SIMで3日制限に掛かって低速制限中でも、バースト機能によってウェブページの最初の読み込みが速かったりなど出来る事が広がります。
あくまで低速時の補助機能なので、当たり前ですが動画の閲覧などはできません。

格安SIMによってバースト機能を採用しているところと採用していないところがあり、採用している格安SIMであればオプションに加入する必要は無く自動でバースト機能がはたらきます。

バースト機能があると何に使える?

上記のように月のデータ容量を使い切っての低速制限モードの他に、3日間の制限がある格安SIMで3日間で既定のデータ量を消費した場合にも低速制限モードになった場合にも有効です。

低速無制限プランの速度ではゲームや動画は使えないですが、LINEやメール、ウェブ閲覧であれば十分可能です。
特にウェブページの読み込みはバースト機能によって画像の多いページでなければ低速でも十分読み込んでくれます。

また無制限の低速プランでバースト機能は真価を発揮します。

楽天モバイルは? バースト機能有の格安SIM一覧

楽天モバイルにもバースト転送機能が採用されています。
その他にも以下の格安SIMでバースト機能が採用されています↓

格安SIM 低速時の回線速度
楽天モバイル 200kbps
mineo 200kbps
IIJmio 200kbps
DMMモバイル 200kbps
OCNモバイルONE 200kbps
Nifmo 200kbps
エキサイトモバイル 200kbps
UQモバイル 200kbps

格安SIMの低速時の回線速度は大手キャリアと同じで全て200kbpsとなっています。
多くの格安SIMでバースト機能が採用されている事が分かります。

楽天モバイルも有り!バースト + 無制限低速プランのある格安SIM一覧

格安SIMの中でも低速だけど無制限で使える格安プランがあるところも有ります。
バースト機能は低速時にはたらくため低速無制限プランの場合には常時バースト機能で読み込みの開始数秒が速くなります。
最もバースト機能の恩恵の大きいプランと言えます。

楽天モバイルにもベーシックプランという月額525円で200kbpsの低速プランでデータ使い放題のプランがあります。

バースト機能があり、低速無制限プランのある格安SIMは以下です↓

格安SIM会社 月額 回線速度 バースト機能の有無
楽天モバイル 525円/月 200kbps
DMMモバイル 440円/月 200kbps
エキサイトモバイル 500円/月 200kbps
UQモバイル 1,980円/月 500kbps

UQモバイルの低速無制限だけは500kbpsと低速というよりは中速くらいの回線速度で無制限なので、低画質での動画閲覧ならば可能です。(その分低速無制限の中でも高額です)
他の上記の格安SIMの場合には200kbpsなので動画は閲覧できませんので留意を。

ウェブ閲覧やLINEやメール・SNSがメインで動画やゲームはしないという人であれば、バースト機能のある格安SIMで低速無制限プランを使用することで最安のスマホ代にすることが可能になります。

楽天モバイルはバースト機能があり、無制限プランもある数少ない格安SIMでも有ります。

【楽天モバイルの公式ページをチェック】

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り