ソフトバンク購入のiPhone5は格安SIMで使える?【持込みで乗換える方法】

ソフトバンクで購入したiPhon
ねこ
節約ねこ

ソフトバンクでかなり前に購入したiPhone5を使っているんですが、格安SIMで使うことは出来ますか?

かいり
かいり

iPhone5は2012年に発売されたiPhoneモデルですね。
 
SIMロック解除が出来ず、古い機種ですが、「nuroモバイル」「bモバイルS」「UモバイルS」の3社で利用可能です。

ねこ
節約ねこ

使える格安SIMはあるんですね!

ソフトバンク購入のiPhone5は発売から5年以上が経過しているものの、2018年時点では「nuroモバイル」「bモバイルS」「UモバイルS」の3社でSIMロックが掛かった状態でもSIMカードの入れ替えで利用できます↓

格安SIM SoftBank版
iPhone5動作可否
動作確認ページ
bモバイルS ◎ (利用可) 動作端末
nuroモバイル
(SoftBank回線)
◎ (利用可) 動作端末
UモバイルS 〇 (データ専用SIMのみ可) 動作端末
ワイモバイル × (利用不可) 動作端末
YAMADA SIM × (利用不可) 動作端末
スマモバ × (利用不可) 動作端末

※◎=SIMロックを解除しなくても動作が確認されている
※×=動作確認されていない(使えない)

上記のようにソフトバンク版iPhone5が動作確認されているのは3社のみです。

その中でもUモバイルSはデータ専用SIMしか提供していないので通話機能が使えないので、メイン端末としてiPhone5を利用したい場合には「bモバイルS」と「nuroモバイル」の2択となります。

中でも「ソフトバンクのiPhoneで電話もデータも使える格安SIM」と謳っているbモバイルSが無難でしょう。

bモバイルSはソフトバンク版iPhoneで通話ができる格安SIM

ソフトバンク版iPhone5が持込利用できるbモバイルSはどんな格安SIM?

bモバイルS_ロゴ

いくらソフトバンクで昔購入したiPhone5が持ち込めても、料金が高かったりまったく使い物にならなかったら意味がないので、bモバイルSについても触れていきます。

bモバイルSはソフトバンク版iPhoneがほとんど使える格安SIM

bモバイルSは日本通信が提供している格安SIMで、ドコモ回線のbモバイルを提供している格安SIMです。
2017年よりドコモ回線に続いてソフトバンク回線のbモバイルS(SはSoftBank回線のS)をスタートさせており、数少ないソフトバンク回線の格安SIMです。

bモバイルSは「ソフトバンクのiPhoneがそのまま使える」の合言葉の通り、ソフトバンク購入のiPhone5~7までのモデルがSIMロック解除無しでそのまま持ち込み利用できる格安SIMです。

【bモバイルSで利用可能なソフトバンク版iPhoneモデル】

  • iPhone 7、iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus
  • iPhone 6、iPhone 6 Plus
  • iPhone 5c、iPhone 5s
  • iPhone 5

特にSIMロックが解除できず通常は格安SIMでは使えないソフトバンク版iPhone5、iPhone5s、iPhone6も、通話プランでそのまま使える格安SIMの為ソフトバンクユーザー歓喜の格安SIMと言えます。

bモバイルSの料金プラン

bモバイルSの料金プランは以下です↓

パケット容量 月額料金
1GBプラン 2,450円/月
2GBプラン 2,800円/月
3GBプラン 3,150円/月
4GBプラン 3,500円/月
5GBプラン 3,850円/月

通話プランが登場したのが2017年8月なのでまだまだサービス開始から日が浅い格安SIMですが、全プランに最初から「5分かけ放題」の通話オプションが付いており、必要なものは揃っている印象です。

10GBなどの大容量プランはまだありませんが、スマホユーザーのパケット使用量の月平均が3~4GBなので、トータルの月額料金は3,000~3,500円/月と、ソフトバンク利用時の半額くらいに収まります。

【注意】iPhone5は今後のiOSアップデートで使えなくなる可能性大!

iPhone5の発売は2012年という事で、iOSの今後のアップデートに対応しなくなる事が考えらえます。bモバイルSでもiPhone5を利用する事はできるものの、以下のように記載されていました。

注意事項

※動作確認端末であっても、OSのアップデートや端末の特別な設定等により、動作しなくなる場合があるのでご注意ください。

これは「nuroモバイル」でも「UモバイルS」でも同じで、iPhone5の寿命と言ってもいいかもしれません。

現在これらの格安SIMでiPhone5は利用できますが。いつiOSのアップデートで使えなくなるかというリスクもあります。

iPhone5から端末を買い替えるのも有りかも

なのでメインのスマホとして使うのであれば、新しくiPhoneを新調する事を検討してもいいかもしれません。

料金を意識するならAndroidという選択肢もある

「ブランドのiPhone、コスパのAndroid」と言われる事もありますが、Androidであれば高性能でもiPhoneの半額くらいの端末代で購入できます。

最近ではHUAWEIなどiPhoneのような見た目のAndroidも登場しており、スペックもかなりのものです。
“節約”を意識するのであれば、俄然Android端末でしょう。

また”格安スマホ”と呼ばれる格安SIMとセット購入できるAndroidであればかなり安く入手可能ですし、楽天モバイルを代表する大手格安SIMのキャンペーン大幅割引時を狙うのが特におすすめです。

とは言えやっぱりiPhoneがいい!

iPhoneユーザーにとって一度iPhoneを使ってAndroidを使うのは色々と抵抗がある人も多いと思います。
自分もそうですが、UIなどがiOSで慣れているのにAndroidを覚え直すのが面倒に感じるかもしれません。

iPhoneはAndroidに比べて高級品なので、より安く中古で購入したものを格安SIMに持ち込んで使うという方法もあります。
しかし中古だと端末保証ができない格安SIMも多く、Applecareも使えずでいざという時に大きな出費になりかねません。

格安SIMでiPhoneを使い場合にお勧めなのが、ワイモバイルかUQモバイルで販売されているiPhoneをセット購入する方法です。
ワイモバイルとUQモバイルはそれぞれソフトバンク、auの関連会社なので独自のルートでiPhoneを販売する事が出来ます。

公式サイトで購入時の料金シミュレーションができるので、以下からiPhoneをセット購入時の料金を試算してみるのもアリでしょう。


詳細はワイモバイル公式⇒オンラインストアへ↓↓


詳細はUQモバイルの公式ページをチェック↓↓

Sponsored Link

mineo(マイネオ)

mineo

当サイトイチオシ!

mineo(マイネオ)は2年連続で利用者満足度がNo1の格安SIMで、格安SIM初心者にベストな格安SIMです♪

mineo公式へ

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ