ワイモバイルで今機種変更ならどっち?iPhoneSE2 VS iPhone7の料金&機能比較

ワイモバイルで今機種変更ならどっち?iPhoneSE2-VS-iPhone7の料金&機能比較
ねこ
節約ねこ

ワイモバイルってiPhone売ってるんですね🎵

かいり
かいり

ワイモバイルは数少ないiPhoneを取り扱っている通信会社ですね。
 
最近では2020年春発売のiPhoneSE2(第二世代)までラインナップに加わり、端末割引も付いて「格安料金で最新iPhoneを使う」事が可能になりました。

ねこ
節約ねこ

そうなんですか💡
ワイモバイルでiPhoneへ機種変更しようかな…
iPhoneSE2とiPhone7が売ってるけどどっちがいいんですか?

かいり
かいり

2016年モデルのiPhone7も取り扱ってますが、旧モデルな分iPhoneSE2以上に安いです。
では今回はワイモバイルで現在販売中のiPhoneSE2(第二世代)やiPhone7の料金を比較してみました!


オンライン申込なら初期費用無料♪
+【ウェブ限定】新規のりかえ共に今なら14,000PayPayもらえる♪

Ymobile_ワイモバイル_ロゴ

ワイモバイルと言えばソフトバンクグループの格安SIMという位置づけですが、格安SIM級に料金が安いのにiPhoneも販売できる数少ない通信会社です。

ソフトバンクのグループ会社だからこそのiPhone供給ルートで、型落ちのiPhoneを格安で取り扱えるのも魅力の1つです。

ところが2020年8月にiPhoneSE2(第二世代/2020年春発売)が発売され、現在は『iPhoneSE2(第二世代)』と『iPhone7』の2モデルを購入する事が可能になっています↓

ワイモバイルで2020年現在発売しているモデルはiPhoneSE2とiPhone7
参考:取扱いiPhoneモデル | ワイモバイル

特にiPhoneSE2(第二世代)はAppleや大手3キャリアで2020年4月に発売されたばかりのモデルで、「ワイモバイル=型落ちiPhoneを取り扱っている」というイメージを大きく変えました💡

参考:驚異的コスパ!ワイモバイルで2020年格安iPhoneSE2が発売に!しかも安い!


オンライン申込なら初期費用無料♪
+【ウェブ限定】新規のりかえ共に今なら14,000PayPayもらえる♪

ワイモバイルで現在購入するならiPhoneSE2とiPhone7のどっちがいいのか

「ワイモバイルでiPhoneを買って安くスマホデビューしたい!」
「スマホ代節約でワイモバイルに乗り換えたいから、ついでに安くiPhoneを機種変更もしたい」

という人であれば、上記のように2020年現在ワイモバイルで取り扱っているiPhoneSE2かiPhone7をセット購入する事ができますが、どちらのiPhoneモデルがいいのでしょうか?

【各iPhoneの端末価格(定価)と端末割引の比較】

iPhoneモデル 契約プラン 端末定価 端末割引
新規/MNP MNP
(SoftBankから)
機種変更
(Y!利用者)
iPhoneSE2(64GB) M/R 57,600円 -18,000円 0円 -7,200円
-14,400円 0円 -7,200円
iPhoneSE2(128GB) M/R 9月上旬発売 ???円 0円 ???円
???円 0円 ???円
iPhone7(32GB) M/R 39,600円 -15,840円 0円 -7,200円
-12,240円 0円 -7,200円
iPhone7(128GB) M/R 50,400円 -15,840円 0円 -7,200円
-12,240円 0円 -7,200円

※全部税込

ワイモバイルのiPhone7とiPhoneSE2の端末価格(定価)は上記のようにそんなに安くないのですが、「新規契約」や「他社からワイモバイルへののりかえ(MNP)」の場合はiPhoneに端末割引が適用されるためかなり安くなります。

つまり新規契約や乗り換え(SoftBank以外から)の場合にはプランM以上を契約する事で、以下の実質端末価格で購入する事が可能という事です↓

【端末割込でのワイモバのiPhone端末の実質価格】

iPhoneSE2(64GB):実質39,600円
iPhone7(32GB):実質23,760円
iPhone7(128GB):実質34,560円

ワイモバイルでiPhoneSE(第二世代)とiPhone7購入時の月額料金シミュレーション

という事で、ワイモバイルで発売しているiPhoneモデルの端末価格の定価と割引額が分かりましたが、一番重要なのが最終的に請求されるスマホ代でしょう。

iPhoneSE2とiPhone7をセット購入時のワイモバイルのスマホ代をそれぞれシミュレーションした結果は以下のようになりました↓

【iPhoneSE2(第二世代)購入時のワイモバイルのスマホ代の内訳】
iPhoneSE2

iPhoneSE2(64GB)機種代金
(定価57,600円)
2,400円/月×24カ月
端末割引
(-18,000円)
-750円/月×24カ月
スマホベーシックプランM(月容量13GB) 4,048円/月
新規割 -770円/月×6カ月
(合計月額) (1~6カ月目):月額4,928円
(7~24カ月目):月額5,698円
(25か月目~):月額4,048円

※全部税込計算

【iPhone7(2016年モデル)購入時のワイモバイルのスマホ代の内訳】
iPhone7_2016年9月発売

iPhone7(32GB)機種代金
(定価39,600円)
1,650円/月×24カ月
端末割引
(-15,840円)
-660円/月×24カ月
スマホベーシックプランM(月容量13GB) 4,048円/月
新規割 -770円/月×6カ月
(合計月額) (1~6カ月目):月額4,268円
(7~24カ月目):月額5,038円
(25か月目~):月額4,048円

※全部税込計算

両方とも「スマホベーシックプランM」&「端末を24回分割購入」で料金計算しましたが、毎月のスマホ代としては660円×2年ほどの差です。(実質端末価格差で15,840円の価格差)

iPhoneSE2はiPhone8の外見にiPhone11と同じA13チップを搭載しているのに対して、iPhone7は2016年のモデルなので、3年分の性能差にもなります。

iPhone7のサポート終了期限も考慮すると、2020年から3年間は現役で使えるiPhoneSE2を購入する方が賢明でしょう。

【結論】

ワイモバイルで購入するならiPhone7よりもiPhoneSE2(第二世代)

iPhoneSE2とiPhone7の性能の比較もしてみた

処理能力部分のチップに3年の性能差がありますが、その他のiPhone7とiPhoneSE2のスペックを比較してみました↓

iPhone比較 iPhoneSE2
(第二世代)
iPhone7
見た目
カラバリ
iPhoneSE2とiPhone7の見た比較
カラバリ iPhoneSE2とiPhone7のカラバリ比較 - コピー
発売日 2020年4月 2016年9月
ボディ ガラスとアルミニウムのボディ
サイズ 高さ138.4 mm
幅67.3
厚さ7.3
高さ138.3 mm
幅67.1
厚さ7.1
重量 148g 138g
ホームボタン
画面サイズ
(対角距離)
4.7インチ 4.7インチ
ディスプレイ Retina HDディスプレイ Retina HDディスプレイ
解像度 1,334 x 750ピクセル解像度
密度:326ppi
1,334 x 750ピクセル解像度
密度:326ppi
チップ 第3世代
Neural Engine搭載
A13 Bionicチップ
A10 Fusionチップ
カメラ シングル12MPカメラ(広角) シングル12MPカメラ(広角)
ポートレートモード
ズーム 最大5倍のデジタルズーム 最大5倍のデジタルズーム
True Tone True Toneフラッシュとスローシンクロ True Toneフラッシュ
HDR 次世代のスマートHDR(写真) 写真のHDR
ビデオ FaceTime HD
(30fpsの1080p HDビデオが撮れる7MPカメラ)
FaceTime HD
(30fpsの1080p HDビデオが撮れる7MPカメラ)
セキュリティ Touch ID Touch ID
バッテリー容量 1,821mAh 1,960mAh
防水 水深1メートルで最大30分間の耐水性能 水深1メートルで最大30分間の耐水性能

参考:iPhoneの性能比較 | Apple公式

唯一「バッテリー容量」は同じ程度となっており、Appleが公表している連続ビデオ再生時間では、iPhone7とiPhoneSE2はほぼ同水準の連続再生時間という結果が出ています。

バッテリーの持ちだけはiPhoneSE2とiPhone7で同水準ですが、それ以外の性能としてはあらゆる面でiPhoneSE2の方が優れています。(流石に3年分も違うため当然ですが…)


オンライン申込なら初期費用無料♪
+【ウェブ限定】新規のりかえ共に今なら14,000PayPayもらえる♪

Sponsored Link


ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです