ワイモバイル⇒他社へMNP転出やってみた!予約番号発行の注意点など

ワイモバイル⇒他社へMNP転出やってみた!予約番号発行の注意点など
かいり
かいり

2年前からワイモバイルを使っているのですが、ワイモバイル⇒BIGLOBEモバイルへ乗り換え(MNP転出)する事にしました。

ねこ
節約ねこ

ほほう。ワイモバイルからのりかえですか

かいり
かいり

今回はワイモバイルから他社へMNP転出する時の、MNP予約番号などの手順や注意点をまとめてみましたよ。
 
また「MNP予約番号が発行できないって言われた」というケースの対処法も解説していきます。

という事でまずは、現在ワイモバイルを利用している人がMNP転出(電話番号を引き継いで他社へ乗り換える)する場合、大まかに以下の手順となります↓

【手順1】
更新月と違約金を確認する(旧プランのみ)
【手順2】
乗換え先の携帯電話会社を決める
【手順3】
ワイモバイルへ電話してMNP予約番号を取得する
【手順4】
乗換え先の携帯電話会社へMNP予約番号をもって申し込む(契約するとワイモバイルは自動で解約)

上記の4ステップですが、手順➁と手順➃はここでは割愛し、今回は➀と➂を解説していきます↓

現在ワイモバイルは”2年縛り”撤廃!旧プランはMNP転出前に更新月と違約金を確認

過去にワイモバイルは、大手キャリアと同じ2年縛りのある格安SIMだったのですが、2019年10月より「電気事業法の改正」によってワイモバイルの2年縛りは完全撤廃されました。

なので、2019年10月1日にワイモバイルで契約できる「スマホベーシックプランS/M/L」には「最低利用期間」も「自動更新」も存在しないので、違約金などはかからずいつでも他社にのりかえや解約が可能になりました。

ワイモバイルの料金プラン 2年縛り 違約金(契約解除料)
スマホベーシックプランS/M/L
(2019.10.1登場)
なし♪
スマホプランS/M/L
(2019.9までのプラン)
2年契約&自動更新 9,500円+消費税

ただし、上記のようにそれ以前までの旧プラン「スマホプランS/M/L」には2年縛り(2年契約+自動更新で違約金9,500円+消費税)が存在するため、今自分が契約しているプランがどちらなのかで違約金の有無が変わってきます。(ワイモバイルのマイページで確認しましょう)

参考:My Y!mobile | ワイモバイル

ちなみに自分の場合、マイページを確認してみても2年縛りのない「スマホベーシックプランM」に変更したので、特に2年縛りや違約金を気にせず好きなタイミングで乗り換えや解約が可能という訳です↓

ワイモバイルのマイページで確認したところ、自分の契約しているプランは2年縛りのない「スマホベーシックプランM」だった

今旧プランの場合、縛り無しの新プランに「プラン変更」してからのりかえや解約を!(3年目~の場合)

もし現在2年縛りのある「スマホプランS/M/L」を使っている場合、そのまま乗り換えや解約をすると更新出ない限り9,500円+消費税の違約金が発生してしまいます。

そんな場合には、一度縛りのない「スマホベーシックプランS/M/L」にプラン変更して、違約金が掛からない状態で乗り換えや解約するのがいいでしょう。

ワイモバイルを2年以上使っていて「スマホプランS/M/L」を利用しているなら、無料でプラン変更が可能なので縛り無しの新プラン『スマホベーシックプランS/M/L』への変更が可能となっています↓

【ベーシックプランへの移行について】
2019年10月1日以降、契約更新月(契約期間の満了月~翌々請求月)以外の期間に「スマホベーシックプラン」または「ケータイベーシックプランSS」へ料金プランの変更申込をした場合、次のいずれかの条件を満たしているお客さまについては、契約解除料を免除します。
 
【対象契約】
“ワイモバイル”を継続して2年以上ご契約していること
機種変更※と同時に変更後対象プランにプラン変更すること
※ 機種購入が伴わない場合は対象外
 
【特典】
契約解除料を免除
 
【対象プラン】
(変更前)スマホプラン、ケータイプランSS、4G-Sプラン
(変更後)スマホベーシックプラン、ケータイベーシックプランSS

※ ただし、変更後のプランの適用開始前に解約をした場合は契約解除料が発生します。

ちなみにプラン変更してからすぐに反映されるわけではないので、変更手続きした翌月のプランがしっかり変更されている事を確認してからの解約/乗り換えを。

ワイモバイルの契約期間や更新、違約金が掛かるかの簡単な調べ方

「ワイモバイルの契約期間や更新月、今解約すると違約金が発生するか」などは、ワイモバイルへ電話で問い合わせ、ガイダンスに沿って回答すると簡単に調べることが可能です。

「116」から発信すると音声ガイドに繋がるので

ワイモバイルの問合手順

各種手続きに関する問合せ:
「2:契約内容の確認/解約/MNP」を選択
 
⇒解約/MNPに関する問合せ:
「#:お客様情報の確認」を選択
 
⇒現在ワイモバイルを使っているか:
「#」を選択
 
⇒MNP予約番号の発行に関する問合せ:
「1:割賦残金/契約満了日/解除料」を選択

で今月MNP乗り換えや解約した場合に、

「違約金がかかるのか」
「更新月がいつからいつまでなのか」

を音声で教えてもらえます。

モチロンワイモバイルのマイページ(MY Y!mobile)にログインして確認する事も可能です、

ワイモバイルでMNP予約番号を発行してもらう

という事で更新月や違約金についての情報が分かり、「今月MNP転出して他社へ乗り換えるんだ」となったら次はMNP予約番号をワイモバイルに発行してもらいます。

MNP予約番号は有効期限が10日以上残っている必要有り

ワイモバイルではMNP予約番号は以下から電話して音声ガイドに沿って操作すると教えてもらえます。

ケース 電話番号 通話料金 受付時間
ワイモバイルの電話から 151 20円/30秒 9:00~20:00
それ以外の電話/固定電話から 0570-039-151
ワイモバイルの電話から 116 無料 24時間
それ以外の電話/固定電話から 0120-921-156

という事で基本的にはワイモバイルの携帯電話(スマホ)から発信する事になると思うので、無料で発信できる「116」でかけるのが良いです。

「116」からワイモバイルに電話をかけると、音声ガイドに繋がるので以下の順に番号を押していきます↓

ワイモバイルへの問合手順

 
各種手続きに関する問合せ:
「2:契約内容の確認/解約/MNP」を選択
 
⇒解約/MNPに関する問合せ:
「#:お客様情報の確認」を選択
 
⇒現在ワイモバイルを使っているか:
「#」を選択
 
⇒MNP予約番号の発行に関する問合せ:
「3:MNP」を選択
 
⇒MNP予約番号に関する問合せ:
「1:予約番号の発行」
 
⇒MNP転出先の問合せ:
「(乗り換え先の番号)」
 
⇒4桁の暗証番号の入力

ワイモバイルのMNP予約番号が発行できない場合の注意点

しかしワイモバイルでセット購入した機種以外のスマホから、「116」から電話をかけて音声ガイドに従って発行手続きに進んでも

お客様の機種ではMNP予約番号の発行が可能ではありません

とアナウンスが流れます(; ・`д・´)

つまりSIMカードだけ契約して自分で別に準備したスマホに差して使っている場合ですね。

その場合には「151」の番号(通常通話料金が掛かる番号)に電話をかけ、ガイドに沿って

ワイモバイルへの問合手順

各種手続きに関する問合せ:
「2:契約内容の確認/解約/MNP」を選択
 
⇒解約/MNPに関する問合せ:
「#:お客様情報の確認」を選択
 
⇒現在ワイモバイルを使っているか:
「#」を選択
 
⇒MNP予約番号の発行に関する問合せ:
「3:MNP」を選択
 
⇒MNP予約番号に関する問合せ:
「4:サービスの確認」
 
⇒4桁の暗証番号の入力
 
⇒オペレーターに繋がるので直接発行してもらう

と進んでオペレーターから直接MNP予約番号を発行してもらうしかありません。

オペレーターに繋がったら「音声ガイドだと発行できないって言われました」とその旨を伝えれば、MNP予約番号をSMS(ショートメッセージ)で送ってくれます。

その際にオペレーターから

「どこの格安SIMに乗り換えるのか」
「どうしてそこに乗り換えるのか」

を簡単に聞かれました。(自分の場合直近でLINEモバイルがソフトバンク回線をスタートしたのもあってか、LINEモバイルもオススメされました)

乗換え先が決まっていれば、そのまま伝えれば大丈夫です。

またオペレーターから「MNP予約番号の有効期限」や「最終月の日割りなし」などの説明もしてくれるので親切な対応だと感じました。

その数分後にSMSに10桁のMNP予約番号と有効期限が記載された通知が無事届きました↓

ワイモバイルからMNP転出時の10桁の予約番号と有効期限がSMSで送られてきた!

MNP予約番号の有効期限は15日間

ワイモバイルのMNP予約番号は最終的にSMSで通知されてきますが、この発行され番号には有効期限があり、「発行日を含めて15日間で無効になる有効期限付きの番号」となってしまいます。

格安SIMの多くが申込時に入力するMNP予約番号の有効期限が10日以上必要だったりするので、上記の方法でワイモバイルから予約番号を発行してもらってから5日以内にはMNP転出先の携帯電話会社へ申し込み手続きを完了させましょう。

MNP予約番号の再発行方法と費用 | 有効期限が足りない時の対処法

2017.08.15

ちなみにMNP予約番号の有効期限が足りなくて申込が出来ない場合には、

ワイモバイルへの問合手順

各種手続きに関する問合せ:
「2:契約内容の確認/解約/MNP」を選択
 
⇒解約/MNPに関する問合せ:
「#:お客様情報の確認」を選択
 
⇒現在ワイモバイルを使っているか:
「#」を選択
 
⇒MNP予約番号の発行に関する問合せ:
「3:MNP」を選択
 
⇒MNP予約番号に関する問合せ:
「2:予約キャンセル」

からキャンセルし、再度同じ方法でMNP予約番号を取得すれば大丈夫です。(何度取得しても、期限が切れて無効になってもお金などは特に掛かりません)

MNP転出手数料3千円は解約月のスマホ代に合算

細かい話ですが、MNP転出をすると「MNP転出手数料」という事務手数料がワイモバイル側で3,000円+消費税だけ発生します。

このMNP転出手数料はワイモバイルの解約月のスマホ代に合算されて請求されてきます。

ワイモバイルの解約月(最終月)の料金は日割りにならない

ちなみにワイモバイルは解約月のスマホ代は日割りになりません。

なので1日にワイモバイルからMNP転出しても、ギリギリ25日などにMNP転出しても、ワイモバイルの最終月のスマホ代は変わりません。

2年間ワイモバイルを使い続けた感想

あまり関係ないかもしれませんが、MNP転出でワイモバイルにサヨナラするにあたって2年間毎日使い続けた感想を。

正直ここまで安く使えるのに、回線速度が激速で、10分かけ放題が付き、街中に無数にあるSoftBankのWiFiスポットも無料で使えるなど”2年縛り”以外の文句は一切ありませんでした。

自分がソフトバンクから乗り換えた最初の格安SIMがワイモバイルでここまで高品質だったから、驚きと感動でこのサイトを立ち上げたと言っても過言ではないでしょう。

自分が動画ヘビーユーザー&BIGLOBEモバイルのエンタメフリーがなかったらワイモバイルから乗り換える事もなかった…

それくらい満足な格安SIMでした。2年間ありがとう

Sponsored Link


ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです