ワイモバイルとUQモバイルを徹底比較!乗換えならどっちを選ぶべきか

ワイモバイルVSUQモバイルの選び方
ねこ
節約ねこ

格安SIM・格安スマホの中でも屈指の人気と知名度を誇るワイモバイルとUQモバイルですが、どっちがいいんですか?

かいり
かいり

ワイモバイルはソフトバンクのグループ会社、UQモバイルはauのグループ会社なので、事実上ソフトバンクとauと争いなんですよ。
 
両社プランもほとんど同じですし、資金も潤沢なので広告もバンバン出せるのでどちらも知名度も高いんです。

ねこ
節約ねこ

たしかに格安SIMなのに街中にショップがあったりと両社目立ってますよね。

かいり
かいり

そういう事です。
今回は格安SIMの中でも特に目立っているワイモバイルとUQモバイルを細かく比較していきますよ♪

格安SIMの中でも特に知名度と人気が高いのが『ワイモバイル』と『UQモバイル』の2社ですが、ワイモバイルはソフトバンクのグループ会社で、UQモバイルはauのグループ会社なんです。

なので事実上「格安SIM版ソフトバンク」と「格安SIM版au」の構図ということです。

なので両社ともソフトバンクとauグループという事で資金が潤沢なので、

  • テレビCMや電車のつり革等の広告費を多く投下できるので、知名度が高い
  • 格安SIMの中でも街中のショップ数も多く、サポートも充実
  • ソフトバンク、auから多く回線を提供してもらえるので通信速度が抜群に速い
  • ソフトバンク、auの旧モデルのiPhoneの在庫を格安スマホとして流せる

という他の大きな特長が「ワイモバイル」と「UQモバイル」にはあります。

通信速度が速く、人気のiPhoneを安く購入でき、更に街中のショップでサポートが受けられるという非常に強力なメリットを持っているので、格安SIM選びで「ワイモバイル」や「UQモバイル」へ乗り換えるのは無難な選択だと思います。(ただし2年縛りがある点には注意です)

ねこ
節約ねこ

そういえば海里さんもワイモバイル使ってるんですよね?

かいり
かいり

自分もソフトバンク⇒ワイモバイルに乗り換えて約2年使っていますね
正直ワイモバイルの使い心地はソフトバンクと同じなので、乗り換えた感じはしません

ワイモバイルとUQモバイルは料金もプランもほとんど同じ

ということでワイモバイルとUQモバイルの2社が特殊で優遇されている格安SIMだという事は分かったと思いますが、この2社はどっちがいいんでしょう?

現在キャリアから格安SIMへ乗り換えを検討している人の中でも、この2社で迷っている人は多いと思いますので比較していきます↓

まずは料金プランから見ていきましょう↓

プラン ワイモバイル UQモバイル
ライトユーザー向け スマホプランS
月3GB
月額1,480円
プランS
月3GB
月額1,980円
ミドルユーザー向け スマホプランM
月9GB
月額2,980円
プランM
月9GB
月額2,980円
ヘビーユーザー向け スマホプランL
月21GB
月額4,980円
プランL
月21GB
月額4,980円
無料通話オプション 全プラン10分までかけ放題付き 全プラン5分までかけ放題付き

両社ともプランS/M/Lの3種類のプランがありますが、料金もプラン内容もほとんど同じなのが分かりますね。

両社ともデータ容量増加でかなりのコストパフォーマンスに!

ちなみに2018年9月より、ワイモバイルもUQモバイルも料金据え置きで各プランのデータ容量が増量されたため、かなりのコストパフォーマンスとなっています。

データ増量無料キャンペーン
参考:データ増量無料キャンペーン | ワイモバイル

通信速度は両者とも格安SIM中でもぶっちぎりで速い!爆速!

続いてスマホで必須と言えるのが「通信速度」ですよね。

格安SIMは大手キャリアと比べても通信速度はかなり劣る事が多いですが、ワイモバイルとUQモバイルは大手キャリア並みの通信速度が出るので、全格安SIM中でもぶっちぎりの2トップです。

例えば他の格安SIMで特に通信回線が混雑して遅くなる「魔の12時台」では、他の格安SIMが1Mbps出るかどうかというところをその10倍以上の通信速度が出ます。

ワイモバイルとUQモバイルでどちらが速いかという疑問もありますが、場所や条件によって異なり一概には言えません。ただ、2社とも「通信速度」でほぼ困る事はないくらい速いというのは確かです。

自分も2年近くワイモバイルを使っていますが、通信速度で遅いと思ったことは一度もありません。そもそもソフトバンクから乗り換えても、乗り換えた事を忘れるくらい通信速度は大手キャリアと同じ水準があります。

なんでワイモバイルとUQモバイルは通信速度がぶっちぎりで速いのか

どうしてワイモバイルやUQモバイルが他の格安SIMに比べてぶっちぎりで通信速度が速いのでしょう。

上でちょこっと解説しましたが、その理由は「この2社は大手キャリアのグループ会社だから」なんですね。

通常の格安SIMよりも優遇された条件で回線を多く回してもらっているため、他の格安SIMの10倍近い通信速度が出るという訳です。

ワイモバイルとUQモバイルの選び方はズバリこれ!

とここまででほとんどワイモバイルとUQモバイルで差が無い事が分かりました。

「結局どっちを選べばいいの?」

という声が聞こえてきそうですが、ズバリ「今使っているスマホが使える格安SIMはどっちなのか」で選んでください。

ワイモバイルとUQモバイルで使える(動作確認されている)スマホが異なる

ワイモバイルかUQモバイルで迷っている人の多くが、「今使っている大手キャリアからの乗り換え」だと思います。

乗り換えの場合には、今使っているスマホが使えるかどうかで選ぶ方が良いでしょう。(スマホも買い替えたり、新規契約の場合は別ですが)

以下はドコモauソフトバンクそれぞれで購入した各iPhoneモデルがワイモバイルとUQモバイルで動作確認されているか(使えるか)と、テザリング機能が使えるかを一覧にまとめたものです↓

ドコモのiPhoneは両社で使えるか

iPhoneモデル UQモバイルでの動作確認 ←テザリング可否 ワイモバイルでの動作確認 ←テザリング可否
iPhoneX SIMロック解除で利用可 × SIMロック解除で利用可
iPhone8 SIMロック解除で利用可 × SIMロック解除で利用可
iPhone7 SIMロック解除で利用可 × SIMロック解除で利用可
iPhoneSE SIMロック解除で利用可 SIMロック解除で利用可
iPhone6s SIMロック解除で利用可 SIMロック解除で利用可
iPhone6 ×(記載なし) ×(記載なし)
iPhone5s ×(記載なし) ×(記載なし)

auのiPhoneは両社で使えるか

iPhoneモデル UQモバイルでの動作確認 ←テザリング可否 ワイモバイルでの動作確認 ←テザリング可否
iPhoneX SIMロック解除不要 SIMロック解除で利用可
iPhone8 SIMロック解除不要 SIMロック解除で利用可
iPhone7 SIMロック解除不要 SIMロック解除で利用可
iPhoneSE SIMロック解除で利用可 SIMロック解除で利用可
iPhone6s SIMロック解除で利用可 SIMロック解除で利用可
iPhone6 SIMロック解除不要 ×(記載なし)
iPhone5s SIMロック解除不要 ×(記載なし)

ソフトバンクのiPhoneは両社で使えるか

iPhoneモデル UQモバイルでの動作確認 ←テザリング可否 ワイモバイルでの動作確認 ←テザリング可否
iPhoneX SIMロック解除で利用可 × SIMロック解除で利用可
iPhone8 SIMロック解除で利用可 × SIMロック解除で利用可
iPhone7 SIMロック解除で利用可 × SIMロック解除で利用可
iPhoneSE SIMロック解除で利用可 SIMロック解除で利用可
iPhone6s SIMロック解除で利用可 SIMロック解除で利用可
iPhone6 ×(記載なし) ×(記載なし)
iPhone5s ×(記載なし) ×(記載なし)

購入したキャリアとiPhoneのモデルによって、ワイモバイルとUQモバイルでの動作チェック状況やテザリングの可否、そしてSIMロックの解除が必要かどうかが異なるのでしっかりと確認した上で乗り換えましょう。

ちなみにUQモバイルとワイモバイルで動作チェック済みのスマホの機種は以下のページで全て確認できます↓

またワイモバイルへiPhoneを持ち込む際のテザリングの可否は公式ページには記載されておらず、問い合わせて確認しています(以下のページでまとめています)

ワイモバイルへiPhoneを持ち込んだらテザリング機能は使える?

2018.01.30

その他のワイモバイルとUQモバイルの違い

上記で今使っているスマホがワイモバイルでもUQモバイルでも使える場合や、新規契約の場合には両社で以下の違いで選ぶのがお勧めです↓

データ繰り越しはUQモバイルはあるがワイモバイルはない

データ容量が余った場合、多くの格安SIMでは翌月に余ったデータ分を繰り越しできるところも多いです。UQモバイルはデータ繰り越しが可能ですが、ワイモバイルはデータ繰り越しはできないという差があります。

通信制限時の速度はUQモバイルの方が若干早い

どの携帯電話会社でも通信制限時には通信速度が遅くなって、ほとんど使い物にならなくなりますよね。

その時の通信制限時の速度は大手キャリアやワイモバイルでは128kbpsですが、UQモバイルは通信制限時でも300kbpsの通信速度があるので、遅くてもウェブ閲覧くらいなら可能です。

ワイモバイルはLINEの年齢制限ができる

格安SIMでは年齢認証ができない為LINEのID検索機能などが使えないというデメリットがあります。
一部LINEモバイルは格安SIMでもLINEのID検索機能などが利用可能ですが、実はワイモバイルでもLINEのID検索が可能だったりします。(そもそもLINEのID検索機能が使えなくてもそこまで困りませんが)

090や080の発信が多い人はワイモバイルがお勧め

無料通話は全プランについていますが、UQモバイルが「5分までかけ放題」なのに対して、ワイモバイルは「10分までかけ放題」と無料通話はワイモバイルの方が優勢です。

またワイモバイルは「スーパー誰とでも定額」という+1,000円のオプションもあるので、090や080などの携帯電話番号での発信が多い人はUQモバイルよりもワイモバイルがお勧めです↓


詳細はワイモバイル公式⇒オンラインストアへ↓↓

ワイモバイルとUQモバイルを比較!どっちを選べばいいのかの結論

という事でここまでで料金プランや通信速度などをワイモバイルとUQモバイルで比較していきましたが、まとめると以下のようになります↓

比較項目 ワイモバイル UQモバイル
料金プラン ほとんど同じ
無料通話 10分までかけ放題 5分までかけ放題
通信速度 どっちも爆速
最低契約期間 どっちも2年縛り
残データ量の繰り越し ×
通信制限時の速度 128kbps 300kbps
LINEのID検索等 ×
完全かけ放題 +1,000円オプションで可

キャリアからの乗り換えの人の場合はまずは今使っているスマホがどちらで利用可能なのかを確認しましょう。

どちらでも使える場合や、そもそも新規契約の場合には上記の一覧で自分が重視する項目を優先して選ぶのがお勧めですよ。


詳細はワイモバイル公式⇒オンラインストアへ↓↓

詳細はUQモバイルの公式ページをチェック↓↓

Sponsored Link

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです