ドコモauソフトバンクで過去の通話時間を確認する方法

LINE無料通話

最近ではLINE通話での通話が一般的になりましたが、ビジネスなどではまだまだ090や080の携帯電話番号での通話は必要な場合も多いですよね。

今回は「ドコモauソフトバンクのプラン見直し」や「格安SIMのプラン決め」の際など、自分が毎月どれくらい通話をしているかを確認する方法を解説していきます。

意外に面倒!ドコモauソフトバンクで過去の通話時間を確認する方法

まずはドコモauソフトバンクの過去の通話時間の確認方法を解説します。

ドコモauソフトバンク契約時の過去数か月の自分の通話時間を確認するくらいマイページから履歴で簡単に確認できそうなものですが、そうはいかず意外にも確認方法が面倒です。

ドコモauソフトバンクそれぞれの確認方法は以下です↓

ドコモの場合:『料金明細発行サービス』で通話時間を確認
ドコモには過去4ヶ月分の料金明細履歴を郵送やPDF形式で発行してくれる『料金明細発行サービス』というものがあります。

料金明細発行サービス

当月ご利用分を含め過去4か月の通話・通信の料金明細内訳書をMy docomoまたは書面にて確認いただくことができるサービスです。いつ、どこへ、どれだけ使ったかご確認できます。

マイドコモからログイン後に申し込む事で、5日ほどするとSMSで連絡が届き過去4ヶ月分の料金明細が確認可能になります。その料金詳細から過去4ヶ月分の「累計通話時間」や「1回あたりの通話時間」「日時や相手」まで確認できます。

また100円かかりますが書面の郵送も可能です。

似た名前で『料金明細サービス』というものもありますが、そちらは毎月の料金明細なので過去の分は発行できませんので混同しないように注意です。

ドコモの『料金明細発行サービス』詳細

確認できる期間 過去4ヶ月分の料金明細
料金 DPF:無料
書面の郵送:100円
掛かる時間 マイドコモから申込後5日前後

料金明細発行サービス利用の流れ

【手順1】
My docomoへログイン後、「ドコモオンライン手続き」>「料金関連サービス」>「料金明細サービス」より申込
【手順2】
申込から5日前後でSMSにて連絡がくるので、My docomoからログインして確認可能

ちなみにPCからマイドコモにログインする事でPDFが保存可能です。(料金明細は翌月末までしか閲覧やダウンロードが出来ないので注意)

auの場合:『WEB de 請求書』で通話時間を確認
auの場合には事前にオンライン通話時間明細『WEB de 請求書』へ申し込みをする事で過去3ヶ月分の通話時間や料金、通話先が確認可能ですが、タイムラグがあり申込の翌月8日前後まで確認できません。

月末であればラッキーですが、月初であれば1ヶ月近く待つことになるので、格安SIMのプラン検討者は最悪の場合更新月後にしか確認できない事も…

通話明細の確認・申し込み

通話明細サービスは、通話(1通話ごと)および通信(1日ごと)の明細をご確認いただけるサービスです。
ご利用にはご契約電話番号ごとのお申し込みが必要です。

auの『WEB de 請求書』詳細

確認できる期間 過去3ヶ月分の料金明細
料金 DPF:無料
書面の郵送:100円
掛かる時間 申込の翌月8日前後

料金明細発行サービス利用の流れ

【手順1】
My auへログイン後、「WEB de 請求書」>「通話明細サービス」より申込
【手順2】
申込の翌月8日前後に、My docomoからログインして確認可能
ソフトバンクの場合:書面でのみ通話時間を確認可能
ソフトバンクの場合にはドコモやauと異なり、書面の郵送でのみ利用明細を確認する事ができます。

ソフトバンクの通話利用詳細の情報

確認できる期間 過去3ヶ月分の料金明細
料金 書面の郵送のみ:1ヶ月分につき200円+郵送料82円
掛かる時間 申込後7日前後を目安に書類が郵送

料金明細発行サービスの申し込みはショップか電話

ソフトバンクの場合には通話明細はマイページからは申し込みが出来ず、

  • ソフトバンクショップで申込
  • 電話で申込(受付 9:00~20:00):0800-919-0157(無料) or ソフトバンク携帯電話から:157(無料)

のどちらかで申込する必要があります。

格安SIM乗り換え時には必ず自分の通話時間の確認を!

特に格安SIMへ乗り換える際には、「完全かけ放題(無制限かけ放題)が必要かどうか」はしっかりと確認しましょう。

最近ではほとんどの格安SIMで「3/5/10分までかけ放題」オプションが用意されていますが、完全かけ放題(ドコモの「カケホーダイ」auの「カケホ」SoftBankの「スマ放題」)がある格安SIMは2018年5月現在はワイモバイルの「スーパーだれとでも定額オプション」のみです。

『無制限かけ放題オプションのある格安SIM一覧』

格安SIM 完全かけ放題 月額オプション料金
ワイモバイル スーパーだれとでも定額 +1,000円/月
(ケータイプランは+1,500円/月)
楽天モバイル 楽天でんわ かけ放題 2018年3月末でサービス終了

2018年3月までは楽天モバイルにも無制限かけ放題オプションがあったのですが、現在は終了しており、ワイモバイル一択となっています。


当サイト限定!5,000円キャッシュバック中♪
詳細はワイモバイル公式⇒オンラインストアへ↓↓

ワイモバイルの「スーパーだれとでも定額」公式ページ
楽天モバイル「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」公式ページ

キャリアの通話プラン見直しでスマホ代を節約!

上記で毎月の通話時間が確認できたら、しっかりと自分にあった通話プランへ変更することをお勧めします。

ドコモauソフトバンクとも名前こそ違うものの料金は同じ3種類の通話プランが用意されています↓

ドコモauソフトバンクの通話プラン一覧

携帯電話会社 完全かけ放題 5分まではかけ放題
5分超過分は40円/分
かけ放題無し
通話は40円/分
docomo_透過_150_ロゴ カケホーダイ
2,700円/月
カケホーダイライト
1,700円/月
シンプルプラン
980円/月
au_透過_150_ロゴ カケホ
2,700円/月
スーパーカケホ
1,700円/月
LTEプラン
934円/月
ソフトバンク_透過_150_ロゴ スマ放題
2,700円/月
スマ放題ライト
1,700円/月
ホワイトプラン
934円/月
※2018.6.27受付終了

もし通話時間がほとんどなければ通話プランを下げたり、逆に通話料金が結構な額になっていたら完全かけ放題にするなどプラン変更で自分に合ったプランへ変更しましょう。

通話時間を制限することはできる?

通常通話料金は20円/30秒と非常に高額なので、ドコモには通話料金が一定額になった時に通知してくれる『一定額到達通知サービス』というサービスもあります。

事前に申し込みをする必要がありますが特に利用料金は掛からないので通話料金で困っている場合には申し込んでおくと良いと思いますよ↓

一定額到達通知サービス

Sponsored Link

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです