ドコモauソフトバンク解約後の端末でSIMロック解除は可能? 3社の条件一覧

ドコモauソフトバンクは解約後もSIMロック解除はできるか

以前ドコモauソフトバンクで契約していたけど現在解約しており、「買ったスマホのSIMロックを解約後でも解除したい」という状況もあるかもしれません。

今回はキャリア解約後のSIMロック解除について解説していきます。

3キャリアの解約後のSIMロック解除条件

SIMロックを解除せずにキャリアを解約し、後からSIMロックをキャリアで解除してもらえる事を知った(思い出した)場合には手遅れなのでしょうか。

大手3キャリアでは以下の条件を満たして入れさえすれば、解約後でも購入したスマホのSIMロックを解除することが可能です。

ドコモauソフトバンクの3社の解約後のSIMロック解除の条件に付いてそれぞれ見ていきましょう。

ドコモ解約後のSIMロック解除条件

2015年5月以降に発売された機種がSIMロック解除対象機種ですが、ドコモの場合にはそれ以前に発売された「SIMロック解除機能搭載機種」であればSIMロックの解除が可能です。
発売日によって条件が異なるのでそれぞれ見ていきます。

【ドコモ】2015年5月以降に発売の機種の場合
以下の条件を全て満たしている場合には解約後でもSIMロック解除が可能です↓

  • 解約日から3か月以内であること
  • 契約者本人の購入履歴がある機種であること
  • 端末購入日から6か月以上経過していること(上記の例外有り)

※ドコモショップの窓口のみで受付 & 手数料3,000円

ドコモの解約後のSIMロック解除の可否

【ドコモ】2011年4月~2015年4月発売のSIMロック解除機能搭載機種の場合
2011年4月~2015年4月に発売されたSIMロック解除機能搭載機種の場合は、本人確認ができればSIMロックの解除が可能です。

詳細は以下のドコモのページで各自確認下さい↓
SIMロック解除対応機種
iPhone,iPadは除く機種でSIMロックの解除が可能

※ドコモショップの窓口でのみ受付 & 手数料3,000円

au解約後のSIMロック解除条件

ドコモの解約後のSIMロック解除の対応は3キャリアの中で一番良心的です。

【au】2015年5月以降に発売の機種の場合
解約後なら何日経過していてもSIMロック解除が可能な上に、契約者本人じゃなくてもSIMロック解除が可能です。

  • 端末購入日から6か月以上経過していること

を満たしてさえいれば、中古で購入した白ロムでもSIMロック解除が可能です。

※auショップの窓口のみで受付 & 手数料3,000円

【au】2015年4月以前に発売の機種の場合
auでは2015年4月以前に発売されたスマホへのSIMロック解除を行っていません。

ドコモ解約後のSIMロック解除条件

ソフトバンクはドコモとほとんど同じシステムです。

【ソフトバンク】2015年5月以降に発売の機種の場合
以下の条件を全て満たしている場合には解約後でもSIMロック解除が可能です↓

  • 解約日から3か月(90日)以内であること
  • 契約されていた本人に限り可能
  • 端末購入日から6か月以上経過していること(上記の例外有り)

解約済み製品のSIMロック解除のお手続き可能期間は、解約後90日以内となります。
また、解約済み製品のSIMロック解除のお手続きは、契約されていたご本人さま限り可能です。

※ソフトバンクショップの窓口のみで受付 & 手数料3,000円

【ソフトバンク】2015年4月以前に発売の機種の場合
ソフトバンクは以下の機種のみは2015年4月以前に発売されていてもSIMロック解除が可能です。

  • BLADE Q+
  • 301F
  • 201HW
  • 009Z
  • 008Z

※ソフトバンクショップの窓口でのみ受付 & 手数料3,000円

3キャリアの解約後のSIMロック解除まとめ

大手キャリアはドコモとソフトバンクは端末契約者本人であれば、解約から3か月以内ならSIMロックの解除が可能です。

キャリア名 解約後●日まで可能 本人以外の解除(中古想定)
ドコモ 90日以内なら可 ×
ソフトバンク 90日以内なら可 ×
au 規定なし 〇(2017/12より×)

また3社とも解約・契約中に関わらず購入から半年が経過しないとSIMロックを解除できません。

auだけは解約後はいつまででもSIMロック解除可能 & 端末契約者本人以外でもSIMロック解除可能という神対応です。(2017年12月よりauでも本人以外解除不可に変更されます)

なので中古でもau端末なら手数料3,000円と引き換えにSIMフリー化できます。

参考:中古購入したスマホのSIMロック解除の条件は? auだけ契約者以外も可能!

他のドコモとソフトバンクの2社は「解約後3ヵ月」と「契約者本人のみ」なので、中古端末のSIMロック解除は不可能なうえに、契約者でも解約後3ヵ月目以降はSIMロックの解除は不可能になりますのでご注意を。

解約後のSIMロック解除は結構面倒

また当然解約後はマイページを利用する事が出来ないので、SIMロック解除はキャリアショップでしかできません。
解約後にわざわざショップに訪れてSIMロック解除だけやってもらうのは正直面倒ですし、ショップで解除なのでなんだかんだで手数料が3,000円掛かってしまいます。

古い端末であれば格安SIMでセット販売している格安スマホを新たにセット購入してしまうという選択肢もありでしょう。

特に楽天モバイルの端末ディスカウント時は狙い目ですし、UQモバイルでは2年契約と引き換えに最新の高級端末が実質無料という大盤振る舞いなので端末買い替えのチャンスにはうってつけです。


【まずは楽天モバイルの公式ページをチェック】

解約後のSIMロック解除の注意点【ドコモとソフトバンクの解除できないパターン】

お気付きの人は気になっている点だと思いますが、以下のSIMロック解除の2つの条件を満たさないと解約後のSIMロック解除ができない点には注意です。

  • 条件1:端末の購入日から180日以上が経過していること
  • 条件2:解約日から3か月(90日)以内であること

つまり購入して3ヵ月以内に解約した場合には、条件2の「SIMロック解除可能な3ヵ月以内」では条件1の「購入から180日以上」を満たさないのです。

ドコモとソフトバンクの解約後のSIMロックできなくなるパターン解説

まとめると、スマホをキャリアで購入してから3ヵ月以内に解約するとSIMロック解除できなくなるのでau以外は購入から3ヵ月は解約しないようにしましょう。

2017年満足度No1の格安SIM『マイネオ』

CMでも放送中の格安SIMの最大手”mineo(マイネオ)”は全600以上の格安SIMの中で
2017年総合満足度No1を獲得!

mineo

初心者向けのプランやサポートが充実していて
当サイトでも自信をもってオススメできる人気No1格安スマホです。

当サイト一押しお得なmineo申込先はこちら↓

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_