半年(180日)経過しなくてもSIMロック解除が可能な条件【ドコモ編】

現在ドコモなどの大手キャリアを使っている人の中には
格安SIMに乗り換えたいけど”SIMロック”がネックになっているという人もいるかもしれません。

SIMロックを解除するためには主に2つの条件があるのですが
その中の1つ「端末購入から半年(180日)が経過している事」について見ていきましょう。

キャリアの格安SIMのロックを解除するための2大条件と例外

ドコモauソフトバンクの大手3キャリアで購入したスマホは例外なく”SIMロック”という制限が掛かっています。

「SIMロックって何だっけ?」
「SIMロックはどうして掛かっているの?」

という話は以下のページで解説しているのでここでは割愛します。
参考:「スマホの”SIMロック”って何? 解除のメリット,デメリットと背景【初心者向け】

SIMロックを解除するためには以下の2つの条件をクリアする必要があります↓

SIMロック解除の2大条件

1.解除したいスマホ端末が2015年5月以降にキャリアで発売された端末である事

2.端末の購入から半年(180日)以上が経過している事

1つ目の条件は覆すことができず、
端末が2015年4月以前に発売された端末であれば
SIMロック解除はキャリアではできません。

しかし2つ目の条件は時間の経過で覆すことができます。
各キャリアの購入日や180日以上が経過しているかの確認方法は以下の記事を参照下さい↓
参考:「SIMロック解除条件と180日経過・端末購入日の確認方法 | ドコモ,au,Softbank

ドコモには180日経過しなくてもSIMロックを解除できる例外がある

上記の条件「2.端末の購入から半年(180日)以上が経過している事」だけは例外があります。

auやソフトバンクではできませんが、
ドコモだけは180日経過していなくても条件を持たせばSIMロックを解除可能です。

ドコモで購入から180日以内にSIMロック解除する条件とは

端末購入から180日以内にSIMロックを解除する条件は

◆対象回線で過去にSIMロックを解除した実績がある事

◆前回のSIMロック解除受付から6か月以上経過

の2条件とも満たしたときです。

つまり2回目は1回目から180日経っていればSIMロック解除OKという事です。

ドコモだけは端末購入から180日経過していなくてもSIMロック解除可能な場合がある説明図

端末購入日から6か月以上経過していること
ただし、対象回線におけるSIMロック解除実績 ※4があり、かつ前回のSIMロック解除受付から6か月以上経過している場合は、端末購入日から6か月経過していない場合でもSIMロック解除の手続きが可能です。
回線契約期間中に受付したSIMロック解除が対象です。

2015年5月以降に発売された機種の手続き | ドコモ

これを応用すると以下のような事がドコモだけで可能になります。

iPhone7を発売当日にSIMロック解除した例

iPhone7の発売日は2016年9月なので、
通常のSIMロック解除条件のauやソフトバンクでは
9月の発売日にiPhone7を購入しても最短でも6ヵ月後の2017年3月にSIMロック解除が可能になります。

ところがドコモの場合は
iPhone7を2016年9月に購入
+
以前にSIMロック解除実績がある
+
2016年3月以降にSIMロック解除をしていない

の条件が揃うと
iPhone7発売当日にSIMロック解除が可能という訳です!

なのでiPhone7発売の2016年9月から
ドコモ回線以外の格安SIMでiPhone7を使用することができました。

iPhone7

今後新たなモデルのiPhoneが登場しても
ドコモユーザーだけは半年早くSIMロック解除が可能なんですね。

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り