家族だといくら安い!? シェアパック有の格安SIMで激安に!【Y!モバイル編】

ドコモauソフトバンクで家族契約でお馴染みのシェアプランですが、
家族で分け合えるシェアパックが格安SIMでも利用可能なのをご存じでしょうか?

大手の格安SIMなら大体取り扱っているところも多いですが
格安SIMは元々の料金が安いですよね。
家族でデータ容量をシェアすることでどこまで家族の合計月額料金を安くすることができるのでしょうか。

今回はY!モバイルのシェアプランを見ていきましょう。
Y!モバイルは厳密にはソフトバンクのサブブランドなので格安SIMではないですが、
ここでは料金的に格安SIMとして扱っています。

シェアプランの仕組み【Y!モバイル編】

まずはY!モバイルのシェアプランの仕組みから見ていきましょう。

ワイモバイルでスマホプランのS,M,Lのどれかに加入していれば、
他のスマホを子回線をしてデータ通信容量を分け合える(シェアできる)システムです。

Y!モバイルのシェアプラン説明1

親回線に対して子回線は最大3台まで契約可能です。

例えば家族4人の場合、
お父さんが親回線としてスマホプランLを契約すれば、
お母さんと長男と次男の3人は子回線で契約できます。

するとお父さんの契約した7GBをみんなで分け合う事ができ
料金は4人バラバラで契約した場合より安くなります。

もちろん家族4人の合計月額料金はバラバラで契約したときよりも安くなります。

Y!モバイルのシェアプランでいくら安くなる?

例えばお父さんと息子の2人でシェアプランを使う場合の料金を考えましょう。
それぞれが「スマホプランM (3GB / 月額3980円)」を利用すると
2人の合計は月額7,960円になりますよね。

しかしここでお父さんが「シェアプランL (7GB/月額5,980円)」を契約し
息子が子回線で契約すると息子の料金は基本使用料だけ掛かります。

基本使用料はお父さんのプランによって以下のように変わります。
Y!モバイルのシェアプラン説明2

お父さんが「シェアプランL (7GB/月額5,980円)」を契約しているので
息子は子回線を無料で使えるという訳です。

2人の合計は月額5980円と2000円ほど安くなり、
2人の合計のデータ容量も1GB分増えています。

比較をまとめると

◆家族2人で別々の場合:合計は月額7,960円(データ容量は各3GB)

◆家族2人でシェアパックの場合:合計は月額5,980円(データ容量は2人で7GB)

と結構な差が出ます。
そもそも格安SIMは安いですが、
家族でシェアするのが一番安くなるんですね。

お父さんが使わずに無駄になるデータ容量も
息子が使えば無駄がありませんね。

Y!モバイルのシェアプラン説明3

もちろんデータ容量は2人で7GBをシェアするので
どちらかが使い過ぎないように注意です。

ちなみにデータを使い切ると2人とも低速になるので注意です。
足りない場合は追加でデータ容量を購入できますが
チャージ料金は500円 / 500MB と高額な点だけ注意しましょう。

Y!モバイルのシェアプランはどんな家族に向いている?

最高で「シェアプランL (7GB/月額5,980円)」までしかないので
家族4人で7GBをシェアは正直足りないです。

スマホユーザーの月平均のデータ使用量は3GB程度なので、
2人で分け合うくらいのデータ容量です。

家族4人で格安SIM + データ容量はシェアパック
という最安コンボ
がY!モバイルで使いたい場合は
親回線子回線を2ペア作るのがいいでしょう。

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り