格安SIMでLINE無料通話の使い過ぎ注意? 通話時データ通信量(パケット)まとめ

スマホを持っている人ならほぼ確実にインストールしているであろう「LINE」アプリ。
ジュニアスマホにLINEを入れる

「若者ならスマホのホーム画面に置いて毎日使っている人がほとんど」
という位に普及した連絡手段で、トーク機能もLINE通話も無料で使えます。

が!

LINE無料通話でどれくらいのデータ量を消費しているかご存じですか?

LINE無料通話は通話扱いではない!

よく使う割に意外と知らない人が多いみたいですので
まずはLINE無料通話についてです。

“通話”という文字が含まれているので
通話料金扱いになっていると思っていませんか?

ドコモでかけ放題だし、無料通話って名前だからいくらかけても無料でしょ!?

残念ながら違います。
LINE通話は「通話」ではなく「データ通信(パケット)」として消費されています。
つまり月●GBを超えると速度制限で低速になるアレです。

LINE無料通話をし過ぎるとどうなる?

LINEの無料通話をするとドンドンパケットが消費されて月データ上限の「●GB」に近づいていきます。
なので「いくらかけても無料」ではなく、月のデータ容量の上限に達してしまい制限速度になってしまいます。

YOUTUBEどころか、SNSや通常のウェブサイトの閲覧も遅くなってしまうので
大手キャリアで「通話し放題」でも関係ありません。

LINE無料通話はどれくらいデータを消費するのか

とかなり驚かしてしまいましたが、実際のところLINEのデータ通信量(パケット消費)は少ないです。
具体的には1時間LINE通話をすると18MGの通信量が掛かります。

大手キャリアであれば月3GBや5GBのプランが一般的なので
毎月どれくらいのLINE無料通話が使えるか計算すると

◆月3GBあれば… 
月に167時間までLINE無料通話が可能(1日平均6時間LINE通話可能)

◆月5Gあれば…
月に278時間までLINE無料通話が可能(1日平均9時間LINE通話可能)

と十分過ぎますね。

とはいえパケットは消費しています。
格安SIMで低データ容量で使うなら「今月使ったデータ使用量」をしっかり把握して
計画的にLINE無料通話を使いましょう。

2017年満足度No1の格安SIM『マイネオ』


CMでも放送中の格安SIMの最大手"mineo(マイネオ)"は全600以上の格安SIMの中で
2017年総合満足度No1を獲得!

mineo

数少ないau回線とドコモ回線を併せ持ち、初心者向けのプランやサポートが充実していて
当サイトでも自信をもってオススメできる人気No1格安スマホです。

↓当サイト一押しおトクなmineoの申し込み先はこちら↓

mineo

またmineoの評判や他の格安SIMとの徹底比較もしています↓
mineoの評判