遂に高性能iPhoneSEが格安スマホに登場!Yモバイルで月額料金3000円台!

格安SIMとか格安スマホって基本的にはAndroid端末のイメージがあります。
最近では中国メーカーHUAWEIのAndroidなんかiPhone並みの高級感で気に入っていますが

やっぱりiPhoneを使いたい! それもできるだけ安く!

結構な割合の人がそう思っているのではないでしょうか。

大手キャリアでiPhoneを契約すると割高に!

実際にiPhoneを使おうと思うと大手キャリアだと最新のiPhone7も購入できますが
基本料金と端末代で8000円以上は掛かってしまいます。

ドコモで新規契約でiPhone7(32GB)契約時の料金シミュレート結果

上記はドコモでiPhone7(32GB)を新規契約したときの月額料金の
シミュレート結果です。

3大キャリアはどのスマホでも基本料金が高いので
トータルの料金が割高に。

iPhoneを格安スマホに持つ格安SIMでセット契約する場合

一部のY!モバイルとUQモバイルは格安スマホとして
iPhoneをセット購入が可能です。

個人的にも「iPhoneを安く使える方法」としてかなりお勧めでしたが
格安スマホにはいわゆる型落ちのiPhone5sしか選択できない為
正直最新のiPhone7などと比較すると見劣りは否めません。

iPhone5sは性能面では日常生活で使う最低基準は問題なくクリアしており、
十分に使えるiPhoneモデルではありますが、
結構前のモデルなので人によっては気にしてしまいます。

しかし2017年の3月25日より
Y!モバイルとUQモバイルの2社で
ハイスペックモデルのiPhoneSEが格安スマホとして登場しました!

iPhoneSEは意外と馴染みが無いかもしれませんが、
iPhone6sと同等のスペックで端末サイズがiPhone5sと同じ大きさのバージョンです。

iPhone6からスマホのサイズが大きくなり
「持ちにくい」という声が多かったため
大きさ違いのハイスペックモデルとしてiPHoneSEが登場したという経緯があります。

iPhoneSEのハイスペックさに関しては以下の記事で紹介しています↓
参考:「【格安スマホiPhoneSEの性能比較】iPhone6sや前モデルの5sどれがいい?

ワイモバイルのiPhoneSEの最終月額料金はいくら?

今回遂に格安スマホでハイスペックなiPhoneSEが登場したという事で
かなりの人気が出ていますが、気になるのは料金ですよね。
「1980円から」と言っても知りたいのは実際支払う料金です。

いくらハイスペックでも支払いが高かったら意味ないですからね。

という事でワイモバイルのiPhoneSE契約時の月額料金を調べました。

条件とプランによって最終料金が変わりますので
基本的な説明からいきます。
(読むのが面倒な人は最後のまとめだけ見てもらえれば大丈夫です)

1.iPhoneSEの端末代金と端末割引

まずはiPhoneSEの端末代金から見ていきましょう。
iPhoneSEは32GBと128GBの2種類のモデルがあり、端末代金はそれぞれ

◆iPhone SE【32GB】現金販売価格/支払総額 65,340円

◆iPhone SE【128GB】現金販売価格/支払総額 78,300円

と良いお値段です。

支払い方法は一括でも24回分割でも選択可能ですが
上記の端末代金から端末割引で安くなります。

端末割引は

◆他のキャリアから乗り換え + 格安スマホでiPhoneSEを契約

◆新規契約+格安スマホでiPhoneSEを契約

で割引率が異なるのでそれぞれまとめると以下になります↓
(他社からの乗り換えの方が端末割引率が大きいです)

【料金一覧】他のキャリアから乗り換え + 格安スマホでiPhoneSEを契約

乗り換えの場合は端末割引が月1,620円割引です↓

モデル iPhoneSE(32GB) iPhoneSE(128GB)
24回分割代金 2,700円 3,240円
月額割引
24ヵ月間継続
– 1,620円 – 1,620円
月の実質端末代 1,080円/月 1,620円/月

【料金一覧】新規契約+格安スマホでiPhoneSEを契約

新規の場合は端末割引が月-1,080円です。

モデル iPhoneSE(32GB) iPhoneSE(128GB)
24回分割代金 2,700円 3,240円
月額割引
24ヵ月間継続
– 1,080円 – 1,080円
月の実質端末代 1,620円/月 2,160円/月

上記の月の実施端末代に
基本プランの基本料金を加算すると最終月額料金となります。

2.ワイモバイルの基本プランはS,M,Lの3種類から選択

◆プランS:月額1,980円 (2年目は2,980円)
「通話10分まで何度でも無料」+月のデータ通信容量2GB
ワイモバイルのスマホプランS

◆プランS:月額2,980円 (2年目は3,980円)
「通話10分まで何度でも無料」+月のデータ通信容量6GB
ワイモバイルのスマホプランM

◆プランS:月額4,980円 (2年目は5,980円)
「通話10分まで何度でも無料」+月のデータ通信容量14GB
ワイモバイルのスマホプランL

基本プランのS,M,Lはデータ容量をどれくらい使うかで選べば大丈夫です。
参考までのスマホユーザーの月平均のデータ通信使用量は3GB程度なので、
プランMで多くの人は十分です。

ワイモバイルのiPhoneSE最終月額料金まとめ

上記の1.の最終端末代と、2.の基本プランの合計が最終月額料金になります。

iPhoneSEの32GBの場合は以下の表のようになります↓

新規契約の場合

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本料金 1,980円 2,980円 4,980円
端末代(新規)
※割引後
1,080円
最終月額料金 3,600円 4,600円 6,600円

他キャリアからの乗り換えの場合

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本料金 1,980円 2,980円 4,980円
端末代(乗り換え)
※割引後
1,620円
最終月額料金 3,060円 4,060円 6,060円

新規契約でプランSの2GBなら
月額3,600円でiPhoneSEが持てる時代に!

2017年の5月末までは「ヤング割」で12,000円分の割引もあるので
この機会にiPhoneSEを使ってみてはどうでしょうか。

詳しくはワイモバイルの公式サイト「オンラインストア」よりご確認下さい↓

ちなみにiPhone5sだと実質端末0円なので更に安く使えます。

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り