ドコモのdocomo withは安くなる? どんな人向け? 楽天モバイルと料金比較

docomo-with
kain

格安SIMが流行し、大手キャリアから格安SIMへ移行するユーザーが増えてきている中ドコモが新しい割引プラン「Docomo with」を2017年6月よりスタートしましたね。

ねこ

ドコモも格安SIMに対抗しているのですか?

kain

au,SoftBankはそれぞれサブブランドのUQモバイル、Y!モバイルを展開していますがドコモは動きがありません。
これは多くの格安SIMがドコモ回線を使っており回線利用料がドコモに入るという背景もあります。

ねこ

確かに8割方の格安SIMはドコモ回線ですね。

kain

しかし今回のdocomo withは長期利用を前提とした割引プランなので現ドコモユーザーを格安SIMが流れないようにする意図があるのではないでしょうか。
今回はドコモの割引「docomo with」について格安SIMと比較して見ていきましょう。

ドコモは2017年6月より新割引プランの「docomo with」をスタートしました。

docomo withの料金システム
docomo with

docomo withは指定の端末(後述)を購入すると、従来の端末割引「月々サポート」の代わりにdocomo withの毎月1,500円の割引が適用されるという割引サービスです。

一見「月々サポート」の端末割引が無くなるのであまり変化が無いように思いますが、月々サポートと違って3年目以降も指定の端末を使い続ければ毎月1,500円の割引が受け続けられるというメリットがあります。

docomo withの対象端末一覧

  • arrows Be F-05J
  • Galaxy Feel SC-04J
docomowith対象機種

2017年6月現在は夏モデルの上記2機種しかありませんが、Docomo側で”第一弾”と銘打っているので今後機種が増えていくことが予想されます。

docomo withの割引条件

【適用開始時期】:

「docomo with」対象端末購入日から適用
(月途中に「docomo with」対象端末を購入の場合、割引額は日割り)

以下のいずれかに該当した場合、翌月から適用となります。
1.必須パケットパックを「翌月から適用」とした場合
2.月々サポート及び重畳適用不可のキャンペーン割引を適用中の場合

【適用終了】:

以下のいずれかに該当した場合、前月末までの適用となります。
「docomo with」対象外端末への機種変更
1.端末購入補助(月々サポート・端末購入サポート等)を適用せずに定価で購入した場合やSIMフリー端末等の既にお持ちの端末にSIMを差し替えて利用した場合は「docomo with」を継続適用
2.適用条件(対象料金プラン/必須パケットパック)を満たさなくなった場合
3.回線解約

月々サポート、はじめてスマホ割、シニア特割、ドコモにチェンジ割、ドコモの学割2017、シニアはじめてスマホ割など併用できないので、今以上に大幅に安くなる事は期待できません。

docomo withは微妙? どんな人向けの割引か

今までの2年間で終わる月々割が、Docomo withのずっと1,500円引きに代わる形になります。
Docomo withは対象外機種へ機種変更すると適用が終了してしまうので、同じ端末を3年目以降も使い続けるユーザーにメリットがあります。

逆を言うなら2年に1回以上機種変更するユーザーにはあまりメリットがありません。

docomo withで実際いくら安くなる?料金シミュレート

実際にdocomo with対象機種をセット購入して「docomo with」適用でドコモに新規契約した場合の料金をシミュレートしてみました。

【契約条件】
・arrows Be F-05J(docomo with対象機種)をセット購入
・ドコモに新規契約
・通話プランは「カケホーダイライトプラン(5分までかけ放題)」
・データプランは標準の5GBのデータMパック

  • カケホーダイライトプラン:月額1,700円
  • データMパック(標準5GB):月額5,000円
  • spモード:月額300円
  • 機種代金(24か月分割): 月額1,188円
  • docomo with:月割引-1,500円

合計すると
◆1~24ヵ月目まで:月額7,128 円
◆25ヵ月目~:月額5,940円

という結果になりました。
つまり同じ機種を3年目以降も使い続けられる人にはお得なプランという事です。
2年に1度は機種変更する人には通常の端末割引の方が良いかもしれません。

docomo withと楽天モバイルの料金比較

従来のドコモのプランと料金的には大差がないので、格安SIMと比較するまでも無さそうですが一応。
ドコモ回線でトップシェアの楽天モバイルの場合で考えます。
同条件の5分かけ放題+データ容量4GBプラン(コミコミプラン)で格安スマホとセット購入した時の料金をシミュレートしました↓

【契約条件】
・ドコモと同機種が存在しないので端末価格が同じくらいのarrows M03をセット購入
・ドコモと同じく2年契約のコミコミプランLを契約(4GB+5分かけ放題)

楽天モバイルのコミコミプランでarrowsをセット購入した場合の料金シミュレート結果

という事で楽天モバイルだと
◆1年目:月額2,980円
◆2年目:月額3,980円
◆3年目以降:月額2,613円

という結果に。
大手キャリアである以上格安SIMに料金面で勝つことは難しそうですね。

【詳細は楽天モバイルの公式ページをチェック↓↓】

今月人気の格安SIM特集!

mineo_ロゴ

全格安SIM中総合満足度No1!

  • 4.67/5.00
使える回線
ドコモ/au
月額料金
1,980円/月~
5分かけ放題
有り
【現在のキャンペーン】~2017年8月31日
対象端末セット購入で最大10,000円分のAmazonギフト券プレゼント中!


オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_