2018年春商戦でドコモauソフトバンク共iPhone8一括0円の注意点

iPhone8一括0円の広告を発見!
ねこ
節約ねこ

2017年9月に発売されたiPhone8がもう一括0円になっているんですか!?
街中のキャリアショップで「iPhone8 一括0円」の広告を見たんですけど…

かいり
かいり

2018年に入って春の商戦でドコモauソフトバンク共一括0円での販売をよく見ますね。

かいり
かいり

しかし端末は0円で販売していても「iPhone8は0円だったけどオプション必須加入で結局スマホ代は高い」とか「途中で解約すると違約金が高い」とか結構注意点は多いです。

ねこ
節約ねこ

そんな罠が?

かいり
かいり

じゃないと商売あがったりでしょう。
iPhone8は型落ちモデルではないので最低限の条件があるので注意ですよ。

iPhone8一括0円でも条件や最終料金に気を付けて

特に2018年の春以降、大手キャリアの代理店では2017年9月に発売したばかりの「iPhone8」の一括0円販売が目立ちます。

iPhone8はAppleストアで64GBが定価78,800円、大手3キャリアでの販売価格は64GBで9万円前後と非常に高額です。
iPhone8のApple公式の一括価格は78,800円

しかし本来規制されている「MNPで一括0円」も、商戦シーズンだからなのか大手3キャリアのユーザー争奪戦が過激化しており、結構目にするのは自分だけではないはず。

しかし大手3キャリアはボランティアではないので、当然一括0円で販売している裏があり、

  1. 他社からのMNP(乗り換え)が前提
  2. 有料オプションの加入が必須
  3. 決まったプランへの加入が必須
  4. 一定期間内の解約の場合に高額な違約金がかかる
  5. その分端末割引が適用されない(特別割引など)

と言った罠が仕掛けられており、最終的な月額のスマホ代は全然安くならないケースが多いみたいです。

特にオプション加入や高額な大容量プランに加入する事が条件になっている場合もあるので、どのプランが最短でいつ変更や外したらいいのかをしっかりと把握しておく必要があります。

ドコモauソフトバンクの一括0円時は端末購入サポートに注意

iPhone8の一括0円の内訳を見てみると、本体の割引額のほとんどが「端末購入サポート」という名目で割り引かれていると思います。3社で呼び名が以下のように異なり、

ドコモ 端末購入サポート
au 購入サポート
ソフトバンク 一括購入割引

という割引になっており、これが一括0円の最重要割引項目となっています。

これらは「対象機種&対象プランへの加入であれば1年以上の利用を前提として大幅値引きします」という割引なので最低1年は使い続ける必要があります。

1年以内の解約や乗り換えで3万円近い解除料が掛かる

つまり「iPhone8を大幅割引して買って即解約や乗り換え」を防止する条件付きの割引という訳なのですが、もしその期間内に解約や乗り換えをした場合には通常の違約金とは別に高額な解除料がかかるので注意しましょう。

「端末購入サポート」の解除料の目安は割引額の半分となっており、ドコモのiPhone8の場合には28,836円という高額な解除料がかかります。

格安SIMなどへの乗り換え対策にSIMロック解除は購入から101日目以降

また上記の「端末購入サポート」を利用して購入したiPhone8などの端末は、一括0円になっていても無関係にSIMロック解除が可能になるのが購入から101日目以降になっています。

通常3キャリアで一括購入したスマホはすぐにSIMロックを解除する事が出来るルールなのですが、「端末購入サポート」の場合は101日目以降が条件になります。

これは購入後すぐにSIMロック解除でSIMフリー化して、格安SIMへ持ち込まれたり、売却されたりするのを防止するための条件という事でしょう。

一括0円でも実は端末割引が無いので思ったほど割引額は大きくない

大手キャリア3社のiPhone8のMNP乗り換え時の本体価格は以下となっています↓

ドコモ(MNP時)のiPhone8(64GB) 88,776円
au(MNP時)のiPhone8(64GB) 91,440円
ソフトバンク(MNP時)のiPhone8(64GB) 94,320円

確かにこれらが一括0円になったら約9万円分の割引を受けたように感じるかもしれません。

しかし大手3キャリアには毎月の端末割引があるので、普通にiPhone8を購入しても以下の割引が適用され、最終的にiPhone8の本体価格は以下の金額で購入できます↓

キャリア 本体価格 端末割引 実質本体価格
ドコモ(MNP時)のiPhone8(64GB) 88,776円 -2,376円×24ヶ月 31,752円
au(MNP時)のiPhone8(64GB) 91,440円 -3,065円×24ヶ月 27,360円
ソフトバンク(MNP時)のiPhone8(64GB) 94,320円 -2,810円×24ヶ月 26,880円

つまり一括0円ではない時に普通にiPhone8(64GB)を購入しても、本体価格は3万円くらいで購入できます。

なので一見「iPhone8の一括0円」は9万円くらいの超高額割引に見えるかもしれませんが、実際には普通に買う場合と比べて3万円くらいの割引だったりします。

更に前記のように「端末購入サポート」を割引として適用しているので、高めのプラン加入や不要な有料オプションへの加入も多く、実は思ったほどお得ではないというのが実際のところだと思います。

2018年春時点ではドコモ、au、ソフトバンク各社とも「iPhone8の一括0円」という文字で乗り換えを考える人は多いと思いますが、実はそんなに大きな割引ではないし面倒な条件を負っているという事を理解した上で選択しましょう。

Sponsored Link

今使っているiPhoneが使える格安SIMを探す

【iPhone7が使える格安SIMを探す】
ドコモ版iPhone7 au版
iPhone7
ソフトバンク版
iPhone7
【iPhone6sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6s
au版
iPhone6s
ソフトバンク版
iPhone6s
【iPhone6が使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6
au版
iPhone6
ソフトバンク版
iPhone6
【iPhone5sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone5s
au版
iPhone5s
ソフトバンク版
iPhone5s
ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです