ドコモauソフバンで機種変ならどっち?iPhoneXRとiPhone11性能や料金の違いを比較!2020年版

ドコモauソフバンで機種変ならどっち?iPhoneXRとiPhone11性能や料金の違いを比較!

「そろそろiPhone機種変更しようかな」

現在ドコモauソフトバンクを使っているならば、機種変更先のiPhoneは結構選択肢がありますが、気になるのはやはりiPhoneの端末代金…

iPhoneモデルが多くて機種変更で迷ってしまう?

いくら分割購入にしても10万円近い端末代はちょっと高いですよね。

そんなAppleの高級ブランドスマホ「iPhone」ですが、ここ数年は毎年「高級モデル」と「廉価版モデル」を同時に発売しています↓

発売年 ハイスペックモデル 廉価版モデル
2019年発売 iPhone11 pro iPhone11
2018年発売 iPhoneXS iPhoneXR
2018年発売 iPhoneX iPhone8

そう、上の表の右側は「廉価版のiPhoneモデル」なので結構安くなってます!

特に2020年現在であれば、「iPhone11」か「iPhoneXR」かで悩んでいる人は結構多いと思います。

という事で今回は、2020年現在、大手キャリアで機種変更するなら「iPhone11」と「iPhoneXR」どっちが買いなのかを徹底比較してみましたよ🔥

価格はそんなに変わらない💡スペック差を考えればiPhone11へ機種変更が”買い得”

結論から述べると、今iPhone11とiPhoneXRでどちらを買うかだったら、圧倒的にiPhone11がお勧めです!

以下の表にざっくりまとめてみましたが、性能面ではiPhone11が圧勝ですが、価格面ではそこまでの差はありません。

【iPhone11 VS iPhoneXR価格と性能の比較表】

比較表 iPhone11(2019年発売) iPhoneXR(2018年発売)
性能面 CPUやカメラ、バッテリーなどでiPhone11が1世代先を行っている
価格面 ドコモ 58,080円 50160円
au 53,935円 50,140円
SoftBank 44,640円 46,800円

本体性能でもCPU(処理能力部分)でもiPhone11の方が高性能なチップを使っていますし、カメラも「ナイトモード」や超広角レンズを搭載、バッテリー容量もiPhone11が勝っています。

しかし料金面ではiPhone11へ機種変更しても、iPhoneXRへ機種変更しても、そこまで差がありません。

多少の料金差とスペックの差を天秤にかけて決めたらいいと思いますが、個人的にはiPhone11が”買い得”かと思います↓

以下でiPhone11とiPhoneXRの「➀料金面」と「➁性能面」を詳しく比較解説していきます↓

➀【iPhone11 VS iPhoneXRの料金比較】本体価格、月額料金、3年総額での比較

まずは私たちに最も重要と言ってもいいでしょう。iPhone11とiPhoneXRの料金面の違いをドコモ、au、ソフトバンクそれぞれで順番に見ていきましょう。

ドコモのiPhone11とiPhoneXRの端末価格&端末割後の価格

以下はドコモでの2020年時点での各iPhoneモデルの本体価格になります↓

【ドコモで機種変更時のiPhoneモデルの端末価格&割引キャンペーン利用時の価格】

iPhoneモデル 32GB 64GB 128GB 256GB 512GB 使える端末割引
iPhone11 58,080
(定価87,120)
63,360
(定価95,040)
71,280
(定価106,920)
スマホお返し対象
iPhone11pro 84,480
(定価126,720)
95,040
(定価142,560)
110,880
(定価166,320)
スマホお返し対象
iPhoneXR 50160
(定価75,240)
71,280
(定価106,920)
スマホお返し対象
iPhoneXS 57,200
(定価79,200)
61,160
(定価83,160)
スマホお返し対象
iPhone8 58,520
(定価58,520)
無し
iPhone7 43,560
(定価43,560)
無し

ドコモで機種変更の場合には、iPhone11もiPhoneXRも端末割引「スマホお返しプログラム」の対象機種となっており、36回分割購入⇒24ヶ月後に購入したiPhoneを返却する事で、残債が免除されます(つまり24ヶ月で返せば3分の2の価格で買える、というかレンタルできる)

参考:スマホおかえしプログラム | ドコモ公式

割引適用時の端末価格を比較すると、64GBで

ドコモの端末代比較

iPhone11(64GB):58,080円
iPhoneXR(64GB):50,160円

と約8千円ほどの差です。

ドコモでiPhone11とiPhoneXRへ機種変更時の月額料金をシミュレーション比較

両モデルの月額料金で比較すると以下になります↓

月額比較 iPhone11へ機種変時 iPhoneXRへ機種変時
iPhone本体代(64GB) 2,420円/月×24ヶ月 2,090円/月×24ヶ月
ギガホ(月容量30GB) 7,865円/月
dカードお支払割 -187円/月
ギガホ割 -1、100円/月×6ヶ月
(月額料金) 1~6ヶ月目 8,609円/月 8,279円/月
7~24か月目 9,709円/月 9,379円/月
25か月目~ 7,678円/月 7,678円/月

月額料金で考えると300~400円くらいの差ですね。返却後の25か月目以降は同じ月額になります。

もう家でdocomoへ申込できる時代ですよ♪

待ち時間なし♪頭金なし♪24時間申込可♪

※詳しくはドコモの料金シミュレーションページでやってみて下さい↓

参考:料金シミュレーション | ドコモ公式

auのiPhone11とiPhoneXRの端末価格&端末割後の価格
ロゴ_au

続いてはauでの2020年時点での各iPhoneモデルの本体価格になります↓

【auで機種変更時のiPhoneモデルの端末価格&割引キャンペーン利用時の価格】

iPhoneモデル 64GB 128GB 256GB 512GB 使える端末割引
iPhone11 53,935
(定価90,720)
56,810
(定価96,480)
63,250
(定価109,440)
かえトク対象
iPhone11pro 72,910
(定価127,440)
82,225
(定価144,720)
95,450
(定価170,640)
かえトク対象
iPhoneXR 50,140
(定価77,040)
59,455
(定価100,080)
65,435
(定価112,320)
かえトク対象
iPhoneXS 49,680
(定価124,560)
80,845
(定価143,280)
93,495
(定価168,480)
かえトク対象
iPhone8 40,940
(定価58,320)
46,460
(定価105,408)
かえトク対象

auは2020年に端末割引「かえトクプログラム」を実施しており、iPhone11、iPhoneXR共に対象機種となっており、条件は厳しいですが大幅な端末割引が可能になっています。(次の指定機種への機種変更と、端末の返却が条件)

参考:かえトクプログラム | au公式

割引適用時の端末価格を比較すると、64GBで

auの端末代比較

iPhone11(64GB):53,935円
iPhoneXR(64GB):50,140円

とauも端末代金は3,000~4,000円程の差となっているのが分かります。

auでiPhone11とiPhoneXRへ機種変更時の月額料金をシミュレーション比較

両モデルの月額料金で比較すると以下になります↓

月額比較 iPhone11へ機種変時 iPhoneXRへ機種変時
iPhone本体代(64GB) 2,345円/月×24ヶ月 2,180円/月×24ヶ月
auフラットプラン7プラス(月容量7GB) 6,028円/月
2年契約N -187円/月
スマホ応援割 -1、100円/月×6ヶ月
(月額料金) 1~6ヶ月目 7,103円/月 6,921円/月
7~23か月目 8,203円/月 8,021円/月

auの場合は月額料金で考えると100~200円くらいと差がほとんどありませんね。なので、迷ったら新しくてスペックの高いiPhone11でいいと思います。

もう家でauへ申込できる時代ですよ♪

待ち時間なし♪頭金なし♪24時間申込可♪
ソフトバンクのiPhone11とiPhoneXRの端末価格&端末割後の価格
ロゴ_ソフトバンク_softbank

最後にソフトバンクでの2020年時点での各iPhoneモデルの本体価格になります↓

【SoftBankで機種変更時のiPhoneモデルの端末価格&割引キャンペーン利用時の価格】

iPhoneモデル 32GB 64GB 128GB 256GB 512GB 使える端末割引
iPhone11 44,640
(定価89,280)
47520
(定価95,040)
54,000
(定価108,000)
トクするサポート対象
iPhone11pro 63,600
(定価127,200)
72,960
(定価145,920)
86,160
(定価172,320)
トクするサポート対象
iPhoneXR 46,800
(定価93,600)
50,160
(定価100,320)
56,160
(定価112,320)
トクするサポート対象
iPhoneXS 62,160
(定価124,320)
80,845
(定価143,040)
84,240
(定価168,480)
トクするサポート対象
iPhone8 31,680
(定価63,360)
46,800
(定価93,600)
トクするサポート対象
iPhone7 22,320
(定価44,640)
トクするサポート対象

ソフトバンクもau同様にに端末割引「トクするサポート」を実施しており、iPhone11、iPhoneXR共に対象機種となっており、条件は厳しいですが大幅な端末割引が可能になっています。(次の指定機種への機種変更と、端末の返却が条件)

参考:トクするサポートプログラム | SoftBank公式

割引適用時の端末価格を比較すると、64GBで

auの端末代比較

iPhone11(64GB):44,640円
iPhoneXR(64GB):46,800円

と、ソフトバンクの場合は最新機種のiPhone11の方が端末代金が安いので、わざわざiPhoneXRへ機種変更する事もないと思います。

ソフトバンクでiPhone11とiPhoneXRへ機種変更時の月額料金をシミュレーション比較

両モデルの月額料金で比較すると以下になります↓

月額比較 iPhone11へ機種変時 iPhoneXRへ機種変時
iPhone本体代(64GB) 1,860円/月×24ヶ月 1,950円/月×24ヶ月
「トクするサポート」
プログラム利用料/td>

390円/月×24ヶ月
メリハリプラン(月容量50GB) 8,228円/月
通話オプション無し 0
半年おトク割 -1、100円/月×6ヶ月
(月額料金) 1~6ヶ月目 9,378円/月 9,468円/月
7~24か月目 10,478円/月 10,568円/月

ソフトバンクは端末価格も月額料金も若干ではありますが、iPhone11の方が安いという結果になりました。スペックも高く料金も安いので、iPhone11への機種変更でいいでしょう↓

もう家でauへ申込できる時代ですよ♪

待ち時間なし♪頭金なし♪24時間申込可♪

➁iPhone11とiPhoneXRのスペックの違い

料金面は3社ともほとんど差がない事が分かったので、お次はiPhone11とiPhoneXRのスペックの差についても見ていきましょう。

iPhone8も含めたiPhoneの廉価版3兄弟の見た目やスペックの一覧を以下に作ってみました↓

iPhone比較 iPhone11 iPhoneXR iPhone8
発売日 2019年10月 2018年10月 2017年9月
デザイン&色 iPhone11とiPhoneXRとiPhone11の見た目とカラーバリエーションの違い
ディスプレイ 6.1インチ
Liquid Retina HD
4.7インチ
Retina HD
ボディ ガラスとアルミ
カメラ ナイトモード搭載
デュアル12メガピクセル
(超広角&広角)
シングル12メガピクセル
(広角)
ビデオ TrueDepth
(最大60fpsの4Kビデオが撮れる12MPカメラ)
TrueDepth
(最大60fpsの1080p HDビデオが撮れる7MPカメラ)
FaceTime HD
(30fpsの1080p HDビデオが撮れる7MPカメラ)
生体認証 Face ID Touch ID
CPU A13 Bionicチップ
(第3世代Neural Engine搭載)
A12 Bionicチップ
(第2世代Neural Engine搭載)
A11 Bionicチップ
(Neural Engine搭載)
バッテリー iPhoneXRより最大1時間長い駆動時間 iPhone8+より最大1.5時間長い駆動時間 iPhone7とほぼ同じ駆動時間
防水機能 水深2メートルで最大30分間の耐水 水深1メートルで最大30分間の耐水
本体サイズ 高150.9×幅75.7×厚8.3mm 高138.4×幅67.3×厚7.3mm
重さ 194g 148g

「iPhone11」と「iPhoneXR」は発売時期が1年の差なので、そこまでの差があるわけではありませんが、大まかにカメラ性能の違いが大きいと思います。

画素数こそどちらも12メガピクセルですが、iPhone11の方は広角レンズの他に「超広角レンズ」を備えていたり、夜間でもかなりキレイに撮れる「ナイトモード」を搭載しているのが大きいと思います。

iPhone11Proで雷神様風神様

自分も2019年のiPhone11発売時にProモデルのカメラ性能を旧モデルと比較していますが、ナイトモードによる夜間の写真や、ズーム時の鮮明さ、動画撮影時にも大きな差を感じました↓

iPhone11Pro VS iPhone6s カメラ性能超比較♪4世代差でどこまで変わった?

2019.10.05

またそもそものCPUの部分も1世代差がありますし、バッテリーの駆動時間も差があるので、前記の料金差であれば、iPhone11へ機種変更した方が”買い得“かなと思います。

細かいスペック差はApple公式ページで機種を指定して比較できるので、参考にしてみて下さい↓

参考:iPhoneのモデルを比較する | Apple公式

Sponsored Link


今使っているiPhoneが使える格安SIMを探す

【iPhone7が使える格安SIMを探す】
ドコモ版iPhone7 au版
iPhone7
ソフトバンク版
iPhone7
【iPhone6sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6s
au版
iPhone6s
ソフトバンク版
iPhone6s
【iPhone6が使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6
au版
iPhone6
ソフトバンク版
iPhone6
【iPhone5sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone5s
au版
iPhone5s
ソフトバンク版
iPhone5s
ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです