実はソフトバンク「半額サポート+」は高い?注意点とiPhone11時の料金例

実はソフトバンク「半額サポート+」は高い?注意点とiPhone11時の料金例

2019年9月13日より予約開始となり翌週9/20(金)には発売の『iPhone11』『iPhone11 Pro』『iPhone11 Pro Max』

今年はちょうど10月からの法改正で端末割引が無くなるので、それに合わせてソフトバンクは『半額サポート+』というプログラムを打ち出しているので、ソフトバンクでiPhone11シリーズを購入・機種変更するなら利用する人も多いと思います。

一見「半額でiPhone11買えるなんてナイス!」と思うような名前ですが、実はかなり条件がきつく評判も個人的にも糞な微妙なプログラムだと思います。

今回は一見半額で使えてハッピーそうなソフトバンクの「半額サポート+」の注意点を解説していきたいと思います。

また、実際にソフトバンクでiPhone11を購入する場合に「半額サポート+」で購入すると料金面がどうなるのかもシミュレーションしてみました。

【iPhone11在庫速報(常時更新)】
追記:現時点でiPhone11/11Proの在庫有り!
更に驚異の30,000円最高額キャッシュバックも実施中!!早い者勝ちなので以下から「おとくケータイ」サイトで問合せて確認を↓

おとくケータイ
「特別キャンペーン希望」と伝えれば詳細教えてもらえます!

ここまでiPhone11の端末価格が高いと、購入するユーザーが従来の24回分割だと月額料金も上がってしまって躊躇する人も増えてしまいます。

そんな懸念を払しょくするためにもiPhone11発売直前にソフトバンクは『半額サポート+』というプログラムを打ち出しました。

ソフトバンクの「半額サポート+」

この『半額サポート+』はiPhone11や11Pro/11ProMaxを含む対象機種を購入時に、48回の分割払いで購入し、25カ月目に買い替えると、残りの分割ローン分が免除になるというプログラムです。(以下ソフトバンクの公式ページの記載になります↓)

48回払いで購入し、25ヵ月目以降の買い替え時に旧機種回収で最大24回分の旧機種の分割支払金・賦払金のお支払いが不要になるプログラムです。月々の機種代金の合計(頭金は対象外)の最大半額が支払い不要となります。

つまり「最大で端末代を半額しか支払わなくていい」という見方をするのが普通だと思いますが、罠と言ってもいいレベルの注意点があります。

10月からの法改正や、個人の月スマホ代を上げすぎないなど様々な狙いがあって登場した「半額サポート+」ですが、正直なところかなりややこしく縛りが厳しすぎて全くお勧めできません。

ちなみに対象機種を購入時に48回分割で購入する場合のみ、購入時に申し込む事で適用されるプログラムなので、強制加入ではありません。

(しかし「半額」という名前によって多くの人が加入してしまうでしょう)

簡単にこの「半額サポート+」の注意点を説明していきます↓

「半額サポート+」の注意点➀:購入したiPhoneは返却!「購入」ではなく「レンタル」

まずこのプログラムを利用すると「端末を返却する必要がある」という点です。

つまり48回分割で購入し、最短24ヶ月(2年)後に返却した場合、確かに残り24ヶ月分の分割ローン分は免除となるので、半額分支払わなくて済みます。

しかしそれは支払金額だけを考えた場合です。

一括でも分割でも全額を支払った場合には、最終的には購入したiPhone11は手元に残りますが、この「半額サポート+」を使った場合には返却するのでiPhone11は手元に残りません。

iPhone11自体も10万円前後の資産価値があるため、時間と共に価値が減少するとしても手元に残るか残らないかは雲泥の差がありますよね。(売却すればお金になりますし、おさがりにも使えますし)

これはもう2年間レンタルしているのと同じなんですよね。

「半額サポート+」の注意点➁:返却時に査定基準を満たさないと2万円が請求される

以下はソフトバンクの半額サポート+のページに小さく注釈で記載されている内容です↓

旧機種は、当社指定の回収・査定条件を満たす必要があります。旧機種が査定条件を満たさなかった場合、20,000円(不課税)のお支払いが必要です。一部対象外機種があります。プログラム利用料390円/月(不課税)がかかります。

上記の記載のように「返却時に壊れている・不良があるなど査定基準を満たさない場合、ペナルティで2万円が請求される」というのです。

例えばiPhoneを機種変更する動機として多いのが「iPhoneが壊れたから機種変更する」というパターンがあると思いますが、そもそもレンタル扱いのようなものなのでこれも使えません。

半額にするためには返却時にはソフトバンクの査定基準を見たす状態でないといけない訳ですからね。

ダメなら2万円払わないといけないという、なんかもう自分のiPhoneとは思えないので、慎重に使わないといけないという謎のプレッシャーがかかります。

「半額サポート+」の注意点➃:なぜか毎月プログラム料という謎の費用が掛かる

最後に「半額サポート+」に加入すると毎月プログラム料がかかる点にも注意が必要です。

プログラム利用料390円/月(不課税)がかかります。

返却までなので最短24ヶ月~最長で48ヶ月間毎月かかります。
月額390円(不課税)×最短24カ月なので、最小で9,360円がプログラムを利用するだけでかかります

最大半額にするために毎月料金を支払う」というところに違和感を感じてしまうのは自分だけでしょうか。(ちなみに去年から登場した悪名高い「半額サポート」と内容はほぼ同じですね。)

ソフトバンク「半額サポート+」に申し込んでiPhone11を購入した場合の月額料金例

と言う事で、半額サポート+の対象機種となっている高額iPhone11を購入し「半額サポート+」を適用した場合の月額料金はどのくらいなのか計算してみました↓

【iPhone11(64GB)を48分割で購入時の月額料金の内訳】

基本プラン料 980円/月
ウルトラギガモンスター+(50GB) 6,500円/月
無料通話オプション無し
1年おトク割 -1,000円/月×12ヶ月
iPhone11(64GB/48分割時) 1,443円/月×48ヶ月
(月額料金) (1年目)8,313円/月
(2年目以降)9,313円/月
【iPhone11Pro(64GB)を48分割で購入時の月額料金の内訳】

基本プラン料 980円/月
ウルトラギガモンスター+(50GB) 6,500円/月
無料通話オプション無し
1年おトク割 -1,000円/月×12ヶ月
iPhone11 Pro(64GB/48分割時) 2,454円/月×48ヶ月
(月額料金) (1年目)9,324円/月
(2年目以降)10,324円/月
【iPhone11ProMax(64GB)を48分割で購入時の月額料金の内訳】

基本プラン料 980円/月
ウルトラギガモンスター+(50GB) 6,500円/月
無料通話オプション無し
1年おトク割 -1,000円/月×12ヶ月
iPhone11ProMax(64GB/48分割時) 2,750円/月×48ヶ月
(月額料金) (1年目)9,620円/月
(2年目以降)10,620円/月

上記のようにiPhone11を48回分割して購入しても、月額料金は1万円弱くらいは掛かってしまう事が分かりますね。

【まとめ】ソフトバンクの「半額サポート+」48回分割より普通に24回分割か一括の方が…いいよね

と言う事で法改正を潜り抜け、より縛りがパワーアップしたソフトバンクの「半額サポート+」に加入する際の注意点を解説しましたが、個人的には加入しない方がいいと思います。

  • 「半額サポート+」加入なしで一括か分割で購入する
  • AppleのSIMフリー版を買ってランニングコストの安い格安SIMでSIMカードだけ契約して使う
  • そもそも身の丈にあった機種を買う

この辺の選択が無難かなーと思います。

「年収1000万オーバーで別に10万円くらいいいよ」
「最新iPhone命!常に最新を持ち歩かなきゃ気が済まない」

という人だけでいいじゃないかなぁ。

Sponsored Link


今使っているiPhoneが使える格安SIMを探す

【iPhone7が使える格安SIMを探す】
ドコモ版iPhone7 au版
iPhone7
ソフトバンク版
iPhone7
【iPhone6sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6s
au版
iPhone6s
ソフトバンク版
iPhone6s
【iPhone6が使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6
au版
iPhone6
ソフトバンク版
iPhone6
【iPhone5sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone5s
au版
iPhone5s
ソフトバンク版
iPhone5s
ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです