ソフトバンクのワンキュッパ割は月額料金1980円では使えない理由と注意点

ソフトバンク_ワンキュッパ割
かいり
かいり

iPhone8の発売と共にソフトバンクでは『ワンキュッパ割』というキャンペーンが実施されていますね。

ねこ
節約ねこ

ワンキュッパという事は月額1,980円で使えるんですか?
だとしたらソフトバンクも格安SIM並の安さですね!!

かいり
かいり

残念ですが、ソフトバンクの『ワンキュッパ割』は1,980円では使えないです。

ねこ
節約ねこ

え?じゃあ”ワンキュッパ”って一体?

かいり
かいり

そうなんですよね。実際1980円ではないですがそこそこ安く使えるプランなのですが条件の厳しいプランで、iPhoneを購入した超ライトユーザー向けのプランと言えます。
 
今回は一見月額料金1980円で使えそうなソフトバンクのワンキュッパ割について詳しく見ていきましょう。

そもそもワンキュッパ割とは以下のように月パケット1GB&5分かけ放題の条件で、データと通話が月1,980円で使えるようになる割引キャンペーンです↓

カケ放題ライト
5分かけ放題
月額1,700円
ウェブ使用料 月額300円
データ定額ミニ(1GB) 月額2,900円
ワンキュッパ割 月額-2,457円
(2年目以降-1,457円)
おうち割 光セット 月額-463円
合計月額料金 月額1,980円

※全て税抜

上記のように光加入などの条件下で極限まで少なく利用した場合に、基本料金が1980円で使える(端末代は除く)ようですが、実際には対象のスマホを購入しないと適用されないのでここに端末料金が乗っかってきて1,980円では使えません。

ワンキュッパ割自体は対象機種を購入した人を対象とした月額2,457円(2年目以降は1457円)の割引となります。

ねこ
節約ねこ

もう何がワンキュッパなんだか分からない分からなくなってきました…

ワンキュッパ割の適用条件

ワンキュッパ割の適用条件は以下の3つです↓

  • 新スーパーボーナスで対象機種(iPhone5以降の全てのモデルのiPhone)を購入(24回か48回分割で購入)
  • スマ放題かスマ放題ライトに加入 + データ定額ミニ(1GB)に加入
  • 契約者の年齢が12歳以上

◇ワンキュッパ割のキャンペーン期間:2017年9/22(金)~終了未定

つまり5以降のiPhoneを分割購入し、5分かけ放題+月データ容量1GBで使わなければ適用されません。

データ容量月1GBはかなりの少量プランであり、スマホユーザーの平均が月3GB前後は使う事から考えても自宅にwi-fiがあり、動画やゲームをしないかなりのライトユーザーでないとデータ容量が足りないでしょう。

ちなみにワンキュッパ割適用後に1GB以外のデータプランに変更したり、機種変更した場合にはワンキュッパ割が終了して以降割り引かれなくなってしまうので注意です。

ソフトバンクのワンキュッパ割の注意点

ソフトバンクなどの大手キャリアでは定番の「小さく但し書きが書いてある」パターンです。ソフトバンクのワンキュッパ割の公式ページにも小さく以下の注意書きが記載されていました↓

  • ※1 対象機種をご契約されるお客様を対象に毎月の通信料から1年間2,457円を割引くキャンペーンです(2年目以降は1,457円の割引になります)。
  • ※2 別途機種代金が必要です。
  • ※3 ワンキュッパ割適用の場合、月月割は適用されません。
  • ※4 3年目以降の割引の有無は対象固定通信サービスにより異なります。

引用:ワンキュッパ割 | ソフトバンク

という事でワンキュッパ割の正体が段々と見えてきましたね。

まずワンキュッパ割の割引額は1年目は2457円ですが、2年目以降は1,000円少なくなり1,457円の割引になります。

そして致命的なのがここからです。
ワンキュッパ割の適用条件が前記の通りiPhoneを分割購入する事なのですが、ワンキュッパ割を受けると端末割引の「月月割」が適用されなくなります。

え!?
ソフトバンク最大級の割引である端末割が適用されなくなるならむしろワンキュッパ割適用されない方が安いんじゃ…

計算してみました↓

「ワンキュッパ割」と「月月割」どちらが安い?

ソフトバンク公式のワンキュッパ割のページに記載されている通り「ワンキュッパ割」を適用すると「月月割」が適用できなくなるならば、どちらの割引が大きいのかでワンキュッパ割の良し悪しが変わってきます。

この時期に機種変更するならiPhone8やiPhone7でしょうから、以下それぞれに機種変更した際の「月月割」と「ワンキュッパ割」の割引額を比較してみました。

iPhone8機種変更時
割引額比較
iPhone8 iPhone8 Plus
月月割
機種変更時
67,440円割引 67,440円割引
ワンキュッパ割
2年間合計
46,968円割引 46,968円割引
iPhone7機種変更時
割引額比較
iPhone7 iPhone7 Plus
月月割
機種変更時
67,320円割引 67,320円割引
32GBは65,640円割引
ワンキュッパ割
2年間合計
46,968円割引 46,968円割引

どう考えても「ワンキュッパ割」より「月月割」の方が割引額が大きい!

一応ワンキュッパ割は3年目以降も適用されるのですが、3年目は2年目よりも割引額がダウンするので3年間で比較しても「月月割」の方が割引額が大きいです。

実際にワンキュッパ割と月月割での2年間のトータル出費を計算してみた

今までの月月割より高くなるのが腑に落ちなかったので、実際にiPhone8(64GB)を機種変更で24回払いで購入し、月1GB+5分かけ放題で2年間使った場合の総金額を「ワンキュッパ割適用時」と「月月割適用時」でそれぞれ計算してみました↓

2年間の
総出費比較
ワンキュッパ割で2年
合計金額
月月割で2年
合計金額
iPhone8(64GB)
端末価格
94,320円
月月割 -67,440円
ワンキュッパ割 -50,725円
ウェブ使用料 7,776円
324円×24ヵ月
データ容量月1GB 75,168円
3,132円×24ヵ月
カケ放題ライト
5分かけ放題
44,064円
1,836円×24ヵ月
2年総出費 153,888円 179,603円

やっぱり2年間だと「ワンキュッパ割」を使わずに「月々割」を使った方が安いですね。うーん…

つまりワンキュッパ割はどんな人に向いているの?

ソフトバンクのワンキュッパ割公式ページでは、ワンキュッパ割が向いている人は以下のようなユーザーとの事↓
ワンキュッパ割は「メールや通話がメインの人」や「自宅でwifiを使っているなどデータ通信量が気にならない人」向けの割引

ワンキュッパ割は

  • メールや通話がメインの人
  • 自宅でwifiを使っているなどデータ通信量が気にならない人

つまりパケットを使わない人向けだとの事です。

しかし例え月1GBでも「月月割」を適用した方が安くなる事が前記の計算から分かっています。

【結論】つまりワンキュッパ割は4年目以降まで1GBで同じiPhoneを使い続ける人向け

実際にはワンキュッパ割が月月割に勝る条件は「割引が3年目以降も続く(※減額有)」という唯一のメリットがあります。

なのでワンキュッパ割を使った方が良い人は「ソフトバンクでiPhoneを購入し、1GB+5分かけ放題のプランのまま機種変更する事無く4年目以降もずっと使い続けられる人」という事になります。

ねこ
節約ねこ

4年以上使ったらそもそもiPhone壊れそうですし、そもそもソフトバンクじゃなくて格安SIMでいいような…

更に途中でプランを月データ容量1GBから変更してしまうと、「月月割」も「ワンキュッパ割」も適用されないという最悪の事態になるのでご注意を。

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_

今月人気の格安SIM特集!

IIJmio_ロゴ

利用者満足度の高い老舗格安SIM

  • 4.67/5.00
使える回線
ドコモ/au
月額料金
1,600円/月~
10分かけ放題
有り
【現在のキャンペーン】~2017年12月5日
1年間500円割引のWキャンペーン実施中!