格安スマホ・格安SIMでかけ放題が使いたい人専用【各社プラン&料金比較表】

ドコモなどの大手キャリアと比較して、大幅に安くスマホを利用可能な「格安スマホ・格安SIM」
最近ではCMや広告、街中でもショップや家電量販店で取り扱っていたりと
誰でも1度は目にしたことがあるのでは無いかと思います。

しかし格安SIMは大手キャリアと違って以下の弱点もあります↓

【弱点1】090や080で通話し放題が標準ではついていない

【弱点2】キャリアメールが使えない

弱点2のキャリアメールは別のページでも紹介していますが、
ドコモなら「××××@docomo.ne.jp」、ソフトバンクなら「××××@softbank.ne.jp」といったメールアドレスです。
これは大手キャリアが独自に持っているアドレスで、
契約者に貸し出されるアドレスです。

なので大手キャリアを解約すると同時に使えなくなってしまいます。
参考:「【格安SIM】UQモバイルで疑似キャリアメールを使う裏技
なので基本的にはGmailなどのウェブメールを利用する事になります。

今回は【弱点1】の通話し放題が使いたい人向けの内容です。

格安SIMの音声通話SIMでの通常通話は高額!よく通話するなら無料通話付プランを!

格安SIMで契約するSIMは、
大きく分けて「データ専用SIM」と「音声通話SIM」の2種類があります。

データ専用SIMとは? 通話できません!

「データ専用SIM」は文字通りデータ通信(パケット通信)だけが可能なSIMで
スマホに挿して使うとウェブ閲覧やゲームなどパケットを使う通信のみ可能です。

データ専用SIMとは? 通話も可能だけど高額注意

対して「音声通話SIM」は文字通り音声通話が使え、
データ通信SIMと同じようにパケット通信することも可能です。

しかし「通話が使える」だけで料金が20円/30秒と高額!
1時間通話するだけで2400円も掛かってしまいます。

これは格安SIMの通話料金が高いのではなく、
通常の通話料金がこの料金なのです。
つまり回線を貸している大手キャリアの通話料金が20円/30秒だからです。

大手キャリアもかけ放題以外の通話料金は20円/30秒になっていますよね↓
ドコモの通常通話も20円30秒

なので月に30分以上通話をする人は
「音声通話SIM + 無料通話オプション」
で契約するのが基本です。

無料通話オプションに関しては各格安SIM会社のプランで様々で
「5分までの通話が無料(5分以上は通常料金)」
などがメジャーです。

以下はそんな無料通話オプションでかけ放題のある格安SIM会社とプラン一覧になります↓

かけ放題オプションのある格安SIM&プラン一覧

大手キャリアのような完全かけ放題(24時間どこに何回かけても無料)のサービスを提供しているのは
ソフトバンクのサブブランドであるY!モバイルのオプションだけです。
※今回はIp電話はカウント外とした通常通話の一覧です。

格安SIM唯一の完全通話し放題!【Y!モバイル】

通常のプラン全てに「10分までの通話が何度でも無料(超過分は20円/30秒)かかる」が標準搭載されていますが、
+1,000円/月のオプションで「完全通話し放題」にできます。

Y!モバイルはソフトバンクのサブブランドで、
ほとんどの面で大手キャリアと同等の品質があるので
格安SIMの品質が不安な人はY!モバイルが鉄板だと言えます。

【BIGLOBE SIM】の音声通話無料サービスは?

「BIGLOBEでんわ通話パック60」という月額650円のオプションで
トータル60分までの通話料金(2,400円分)を無料にできます。

また60分以上の超過分は通常通話料(20円/30秒)掛かりますが、
「BIGLOBEでんわ」アプリ経由で行えば半額の10円/30秒で通話可能です。
「BIGLOBEでんわ」は楽天でんわと違って会員登録なしのインストールで使用可能なのが嬉しいです。

【DMMモバイル】の音声通話無料サービスは?

「5分までの通話が何回でも無料」のオプションが月額料金+850円の追加料金で使えます。
通常5分かけ放題は超過分は通常通話料金(20円/30秒)が多いですが、
DMMモバイルの場合は超過分が半額の10円/30秒になります。

【IIJmio(みおふぉん)】の音声通話無料サービスは?

みおふぉんの通話定額は2種類の通話定額プランがあります↓

みおふぉんの通話定額

家族での通話を前提していない場合は

月額600円で3分までかけ放題
月額830円で5分までかけ放題

と2種類から選べるのが特長です。

特に「3分までかけ放題」は他の格安SIMには無い特徴なので
事務的な短い通話が多い人には節約になりますね。
みおふぉんダイアルを使う事が前提になる点だけ留意です。

【mineo(まいねお)】の音声通話無料サービスは?

mineoの通話定額プランは3種類あります↓

mineoの通話定額プラン
◆通話定額30:30分までの通話料金(1200円分)を無料(月額+840円)

◆通話定額60:60分までの通話料金(2400円分)を無料(月額+1680円)

◆5分までかけ放題:月額850円

どのプランも超過すると通常通話料金(20円/30秒)です。
通話定額系は通常料金で通話するより多少安い程度なので
使い切らないことも考えるとそんなに得にならないケースが多いです。

【OCNモバイルONE】の音声通話無料サービスは?

「OCNでんわ 10分かけ放題」のオプションが月額+850円で使えます。
また10分を超過した分も通常通話料金の半額の10円/30秒で使用可能です。

5分かけ放題オプションがある格安SIMは多いですが、
10分かけ放題はY!モバイルと並んで実用的な通話無料オプションと言えそうです。

【イオンモバイル】の音声通話無料サービスは?

「イオンでんわ 5分かけ放題」で月額+850円を足すとオプションで追加できます。
超過分は20円/30秒の通常通話料金です。

【楽天モバイル】の音声通話無料サービスは?

楽天モバイルも「5分かけ放題オプション」が月額+850円で追加できます。
た10分を超過した分も通常通話料金の半額の10円/30秒で使用可能です。

かけ放題オプションのある格安SIMまとめ

最近ではメイン端末から格安SIMに乗り換えて使うユーザーがほとんどなので
格安SIM各社とも通話無料オプションが当たり前になっています。

標準的なのが「5分までの通話無料」で月額の相場が850円といったところ。

「5分までの通話無料」の場合は超過分の料金が通常通話料金(20円/30秒)なのか
半額(10円/30秒)で使えるかもチェック項目になります。

やはり「10分までの通話無料」はほしいところ。
通話に関しては「10分までの通話無料」のあるOCNモバイルONEや、
標準搭載しているY!モバイルが強いですね。

特にY!モバイルは+1000円でキャリアと同じ「完全通話無料」が実現できる点も含めて
無料通話もトップレベルです。

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り