2000円以下!? iPhone7結局いくらなの? 大手キャリア3社の端末代が安い理由

2016年の9月にAppleよりiPhone7が登場し
注目を集めましたね。
iPhone7

最新のCPUを搭載しiPhone6の2倍の処理スピード!
iPhone史上最高のバッテリーの持ち!
防水・防塵加工など、Appleは更に自己ベストを更新していますね。

月額648円!? 大手キャリアでiPhone7を買うとホントはいくら?

こんな最新の超ハイスペック端末なのでモチロンお高い事でしょう!

しかし大手キャリア3社で料金をシミュレートしてみると…

※iPhone7(32GB)を新規契約した場合↓
ドコモでiPhone7の端末代をシミュレートした結果

iPhone7の端末代金は一番安い32GBでも82,296円!

24回払いだと月に3,429円 / 月

しかし端末割引で-2,781円 / 月

なのでトータル648円 / 月 で買えてしまうんです!

iPhone7が月額648円!安い!
ドコモauソフトバンクの3社ともシミュレートしてみましたが、
端末割の割引率が高いので、3社とも月額1000円以下になりました。

でも大手キャリアはどうしてこんなに安いんでしょう?

トータルの月額料金が全然安くない

先程の料金シミュレーション結果は端末代の部分だけでした。
トータルの月額料金はこんな感じになっています↓

※条件:iPhone7(32GB)を新規契約
一般的な「カケホーダイプラン2年契約」+「データMパック(標準5GB)」
ドコモでiPhone7を購入した場合のトータル料金シミュレーション結果

あれ!?
iPhone7の端末代は1000円以下なのに
合計のスマホ代は月額9000円以上に…!?

全然安くない!一体どういうことなのか。

端末代は安く見せて、実際は高額な基本料金で回収されている

大手キャリアのこの料金のカラクリはつまりこうです。

実際は端末代を割引で安く見せているだけで、
他の基本料金を高額に設定してそっちで回収するという作戦です。

キャリアの端末代が安く見えるからくり

つまり端末代は、最新のiPhone7を買おうが
前モデルのiPhone6を買おうが高額になります。

試しに同条件で前モデルのiPhone6(16GB)で新規契約したときの
料金をシミュレートしたところ↓

ドコモでiPhone6を購入した場合のトータル料金シミュレーション結果

iPhone7を購入したときとまったく同じ月額9288円になりました。

どっちも高いですが、
同じ料金なら最新モデルの容量も多いiPhone7(32GB)を買いますよね。

前モデルiPhoneなら格安スマホで2~3千円で使える

格安スマホならiPhone5sが月額2000~3000円で使えますし、
人によりますが、わざわざ3倍の料金を払って使うほどなのか…
と思ってしまいます。

参考:「高校生にドコモでiPhone契約は学割でも高額! 格安スマホで半額ってご存知?

最新モデルでもSIMフリー購入+格安SIMでそこそこ安く使える

しかも最新モデルのiPhone7(32GB)はSIMフリーモデルで7~8万くらいで購入できます。
24分割した月換算だと3000円×24ヵ月くらいで買えます。

これを月額2000円くらいの格安SIMで契約すれば、
月額5000円あればiPhone7も使えます。

大手キャリアを使うメリットは、
高額だけど最新端末をサポートも回線も万全で通話し放題ができる点でしょうか。

今月人気の格安SIM特集!

mineo_ロゴ

全格安SIM中総合満足度No1!

  • 4.67/5.00
使える回線
ドコモ/au
月額料金
1,980円/月~
5分かけ放題
有り
【現在のキャンペーン】~2017年8月31日
対象端末セット購入で最大10,000円分のAmazonギフト券プレゼント中!


オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_