bモバイルSのジャストフィットSIM登場!ソフトバンクからMNPで月990円!

bモバイルの990ジャストフィットSIM

ワイモバイルなどに比べると知名度はまだまだですが、ソフトバンクユーザーの乗り換え先としてかなりの人気があるのが「bモバイル」です。

他のページでも解説していますが、bモバイルにはドコモ回線以外にソフトバンク回線のプラン「bモバイルS」があり、ソフトバンクのiPhoneをそのまま持ち込んで使える数少ない格安SIMです。

今回はソフトバンクユーザー必見の格安SIM「bモバイルS」についてと2017年11月に新たに登場した新プラン「990ジャストフィットSIM」について解説していきます。

まずはbモバイルってどんな格安SIMなのかを軽く見ていきます。

bモバイルは日本通信が提供している格安SIMでドコモ回線がメインのプランですが、その他にソフトバンク回線の「bモバイルS」というプランが存在します。

ドコモ回線は楽天モバイルやmineo、LINEモバイルなど選択肢が多いですが、ソフトバンク回線の格安SIMというとほとんどありません。

【ソフトバンク回線の主要格安SIM】
ワイモバイル、Uモバイル、bモバイルなど

特にbモバイルSはSIMロック解除が不可能なソフトバンクのiPhone6やiPhone5sを音声SIMで使える唯一の格安SIMなので、ソフトバンクでiPhone6以下のモデルを使っている人には唯一の選択肢です。

bモバイルSではiPhone8とiPhone8Plusが動作確認されている

以下のページで詳しく解説しているので、現在ソフトバンクでiPhone6以下のモデルを使っていて格安SIMでスマホ代を見直したい人は必見です↓

ソフトバンク購入のiPhone6は格安SIMで使える?【持込みで乗換える方法】

2017.03.28

bモバイルSの990ジャストフィットSIMは使った分の従量制プラン

続いて2017年11月に登場したbモバイルSの新プラン『990ジャストフィットSIM』を見ていきましょう。

【ジャストフィットSIMの特長】データ通信も通話も使えて月額990円~の従量制プラン

通常ソフトバンクなどのキャリアや格安SIMの料金プランは「月●GBで月額●円」といったような定額制がほとんどです。

例えばソフトバンクで月5GBのデータ定額を契約している場合、それだけで月額5,400円(税込)が毎月請求されます。

bモバイルSの990ジャストフィットSIM_5GB定額の場合

しかし毎月データ容量を使い切って月末に低速になる人ってそんなに多くないんです。

例えば月5GBのデータ定額で契約していても、実際に5GBを使い切らない月もあると思います。仕事や家庭が忙しくてあまりスマホを使わず2GBしか使わなかったりしても、データ定額だと掛かる料金は同じです。

そんな”無駄”をbモバイルSの「990ジャストフィットSIM」では解決できるのが最大の長所です。

bモバイルSの990ジャストフィットSIM

990ジャストフィットSIMは1GB単位で使った分だけ以下のように料金が掛かるシステム(上限10GBでストップ)なので、使わなかった月はその分スマホ代の請求が安くなります↓

データ使用量 990ジャストSIM料金 +5分かけ放題付時の料金
~1GB 月額990円 月額1,490円
1GB~2GB 月額1,490円 月額1,990円
2GB~3GB 月額1,990円 月額2,490円
3GB~4GB 月額2,490円 月額2,990円
4GB~5GB 月額2,990円 月額3,490円
5GB~6GB 月額3,490円 月額3,990円
6GB~7GB 月額3,990円 月額4,490円
7GB~8GB 月額4,490円 月額4,990円
8GB~9GB 月額4,990円 月額5,490円
9GB~10GB 月額5,490円 月額5,990円
10GB~ 月額5,490円
低速制限が掛かる
月額5,990円
低速制限が掛かる

上記のようにデータ使用量1GBにつき550円ずつ増額していくシステムになっており、5分かけ放題オプションを月額+500円で付けることも可能です。

さすがに10GBも使うと高額になりますが、スマホユーザーのデータ使用量の月平均は3GB前後なので平均すると2,000円前後くらいが目安です。

bモバイルSの990ジャストフィットSIM_使った分だけ請求の従量制の場合

こんな感じにあまり使わなかった月は安くなるので、使わなかった無駄なデータ分を支払う必要がなくなるというわけです。

最大10GBまで使える(今までの通話プランは5GB)が上限は変更不可

今までのbモバイルSの音声通話プランには「スマホ電話SIM」というプランがあり、同じく使った分だけの従量制プランでした。

しかし今までのプランは上限で5GBまでしかなく月5GB以上のデータ量を使うヘビーユーザーには対応できないという欠点がありましたが、今回の990ジャストフィットSIMでは上限が10GBまでの従量制プランとなっています。

逆に動画を見過ぎて10GBまで使い切ってしまうのが怖いという心配はありますよね。
上限の10GBを5GBに変更できたら良いと感じる人も多いと思いますが、2017年11月時点では上限の変更はできません↓

Q:10GBの上限を変更できますか?

A:変更できません。

引用:よくある質問(ご契約について) | bモバイルS

要望は多いと思うので、もしかしたら今後データ上限を変更できるようになるかもしれませんね。

bモバイルSの990ジャストフィットSIMの料金は高い?安い?

bモバイルの990ジャストフィットSIMですが、確かにデータを使わなかった月は料金が安いものの、10GB使うとソフトバンクに近いスマホ代になります。

平均的なケースを考えると、「月データ容量3GB」で「5分かけ放題」のオプションに加入するとジャストフィットSIMでは月額2,490円になります。

これは格安SIMでも標準的な料金と言えそうです。

bモバイルSの990ジャストフィットSIMの料金例

従来のbモバイルSの「スマホ電話SIM」と「ジャストフィットSIM」の料金比較

まずは990ジャストフィットSIMの料金を今までのプラン「スマホ電話SIM」と比較していきます↓

今までのスマホ電話SIMは「5分かけ放題」が自動で付いてくるため、同じ条件にするために「ジャストフィットSIM」+「5分かけ放題オプション(月額500円)」で料金を比較しました↓

データ使用量 ジャストフィットSIM
+5分かけ放題オプション
スマホ電話SIM
~1GB 月額1,440円 月額2,450円
1GB~2GB 月額1,990円 月額2,800円
2GB~3GB 月額2,490円 月額3,150円
3GB~4GB 月額2,990円 月額3,500円
4GB~5GB 月額3,490円 月額3,850円
5GB~6GB 月額3,990円
6GB~7GB 月額4,490円
7GB~8GB 月額4,990円
8GB~9GB 月額5,490円
9GB~10GB 月額5,990円

参考:bモバイルS
前記した通り「スマホ電話SIM」は上限5GBまでの従量制プランなので、5GBまでの月額料金を比較してもジャストフィットSIMの方が今までのスマホ電話SIMより安い事が分かります。

ねこ
節約ねこ

どのデータ使用量でも今までよりスマホ代が安くなってる!

既に契約しているbモバイルSユーザーはジャストフィットSIMにプラン変更できる?

既にbモバイルSを利用しているユーザーは2017年11月より開始のジャストフィットSIMにプラン変更する事は、この記事を書いている2017年11月時点ではできませんが、bモバイル側では開始翌月の12月にはプラン変更が可能になる予定のようです↓

b-mobile Sスマホ電話SIM間からb-Q:mobile S 990ジャストフィットSIMへ変更はできますか?

A:2017年12月中に提供の予定でございます。
My b-mobileからの変更申込となります。

引用:よくあるご質問 | bモバイルS

【他社比較】bモバイルSの「ジャストフィットSIM」とワイモバイルの料金比較

bモバイルS内ではジャストフィットSIMの方が安くなっているものの、他の格安SIMと比べて月額料金は高いのか安いのかを見ていきましょう。

今回は同じソフトバンク回線のワイモバイルと料金を比較してみました。
ワイモバイルは知名度も高いので現ソフトバンクユーザーの中にも検討している人は多いと思いますが、bモバイルのジャストフィットSIMとどちらが安いのでしょうか。

ワイモバイルには従量制プランは無いので、データ定額の「スマホプランS」1GB(2年間は2GB)、「スマホプランM」3GB(2年間は6GB)と比較します↓

月データ容量 bモバイルS
ジャストフィットSIM
+5分かけ放題オプション
ワイモバイル
2GB 月額2,980円
1年目は1,980円
3年目以降は1GBにダウン
月額1,990円
6GB 月額3,980円>
1年目は2,980円
3年目以降は3GBにダウン
月額3,990円

ワイモバイルは料金が1年目だけ1,000円安く、3年目以降は使えるデータ容量が半分になってしまうという変則的なプランなので比較しにくいですが、2GBではbモバイルSのジャストフィットSIMの方が安く、6GBでは同等の料金となっています。

更にジャストフィットSIMは従量制なので、使わなかった分だけ安くなることも考えると総合的にbモバイルSのジャストフィットSIMの方が安く済みます。

bモバイルSには制限がほとんどない

またワイモバイルには2年縛りがありますが、bモバイルSには契約期間の縛りがありません。
MNPでジャストフィットSIMに契約した場合にも、再MNPする開通日から5ヵ月間は違約金8,000円がかかるものの他には制限がないという面も評価できるポイントですね。

そもそもソフトバンク回線は、ドコモ回線に比べて接続料(卸値)が高いので、どこのソフトバンク系格安SIMでも割高になりがちですが、この料金は評価できます。

総合的にみて「現在ソフトバンクで契約している人でスマホ代見直しで格安SIMを考えている人」には、bモバイルSのジャストフィットSIMはかなり好条件の格安SIMだと言えます。

【詳細はbモバイルS公式をチェック↓↓】

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_

今月人気の格安SIM特集!

IIJmio_ロゴ

利用者満足度の高い老舗格安SIM

  • 4.67/5.00
使える回線
ドコモ/au
月額料金
1,600円/月~
10分かけ放題
有り
【現在のキャンペーン】~2017年12月5日
1年間500円割引のWキャンペーン実施中!