今機種変更するとiPhone10は高額?一番安くiPhone10を使う方法

iPhone10は超かっこいいけど歴代最も高額な端末代金に
かいり
かいり

2018年発売のiPhoneXRやXSではなく、いわゆる型落ちのiPhone10も人気がありますね

ねこ
節約ねこ

でもiPhone10の端末代金は変わらず高額…
かっこいいんだけどその分高いんですよね。

かいり
かいり

普通にドコモやau、ソフトバンクで機種変更したらiPhone10の最小64GBでも本体代だけで約12万円、そこにAppleCareやキャリアの割高基本料金を含めると2年間で約25万円ですか…

ねこ
節約ねこ

うう、高い…
フツーにいい感じのノートPC買えちゃいますね…

かいり
かいり

iPhone10を安く使いたいなら、「ソフトバンクにMNPしてキャッシュバックをもらう」とか、普通にiPhone10へ機種変更は勿体ないですね

かいり
かいり

今回はiPhone10を一番安く使う方法をまとめました。今からiPhone10を狙っている人は機種変更前に一読することをお勧めします。

歴代のiPhoneシリーズの中でもハイスペックな分、最も端末代が高いのがiPhone10です。

FaceIDで顔認証ロックやら最近機能が満載な分、端末代はAppleストアで64GB(一番安いストレージ容量)でも112,800円と軽くパソコンが買えてしまうほどの価格です↓
AppleストアでのiPhone10の端末価格は64GBでも112800円と高額
※2019年現在Apple公式ではiPhone10は販売していません。iPhone10⇒iPhone10S/10Rに切り替わったという事ですね。

2018年秋に最新のiPhoneXSやiPhoneXRが登場しましたが、これによって「最新ではなくなったiPhone10の方が狙い目なのでは?」と考え、ドコモやau、ソフトバンクでiPhone10機種変更しようとしているのではないでしょうか。

実はドコモauソフトバンクの大手3キャリアで機種変更するというのは最も高額になるので、経済的に余裕がある人以外には全くお勧めしません。

どうしても最新iPhoneを使いたいならば、以下のような代理店を経由してソフトバンクへ乗り換える事で、数万円規模のキャッシュバック特典で相殺するのが賢い方法です↓

ソフトバンクへ乗換えで最大キャッシュバックが貰える「おとくケータイ」↓
おとくケータイ
↑問合せから「特別キャンペーン希望」と聞けば、高額キャッシュバックの提案もらえます!(確認済)

ドコモauソフトバンクでiPhone10へ機種変更すると2年で24万円前後と高額

ドコモauソフトバンクで機種変更した場合の毎月のスマホ料金は以下です↓

ドコモでiPhone10(64GB)へ機種変更時の月額内訳

現在ドコモを使っている人が、iPhone10(64GB)へ機種変更した場合の月額料金は以下の内訳になります↓

iPhone10(64GB)
機種代金24回分割
5,211円/月×24ヶ月
月々サポート -3,105円/月×24ヶ月
シンプルプラン(無料通話無し) 1,058円/月
ベーシックパック(従量制3~5GB利用時) 5,400円/月
SPモード 324円/月
合計月額 8,888円/月

※条件:機種変更 / 下取り無し / 従量制プランで月3~5GB利用時 / 通話料は別途 / 本体代24回分割購入時 / 学割無し時の料金内訳

ドコモはiPhone10購入時に端末割引(月々サポート)があるので、実質39,528円(1,647円×24ヶ月)でiPhone10(64GB)が買えます。

auでiPhone10(64GB)へ機種変更時の月額内訳

お次は現在auを使っている人が、iPhone10(64GB)へ機種変更した場合の月額料金の内訳です↓

iPhone10(64GB)
機種代金24回分割
4,890円/月×24ヶ月
iPhoneおトク割 -450円/月×24ヶ月
auピタットプラン(2年/シンプル)
※3~5GB利用時の料金
6,458円/月
合計月額 10,898円/月

auの場合にはiPhone10や8は「iPhoneおトク割」で端末代が10,800円割引になりますが、今までの毎月の端末割引が無くなったので、トータルの月額料金は1万円を超えます。

ただ、端末代を24ヶ月分割ではなく48回分割にする「アップグレードプログラムEX」に加入すればと見かけ上安く見えます。

ソフトバンクでiPhone10(64GB)へ機種変更時の月額内訳

最後は現在ソフトバンクを使っている人が、iPhone10(64GB)へ機種変更した場合の月額料金の内訳です↓

iPhone10(64GB)
機種代金24回分割
4,560円/月×24ヶ月
(端末割引なし)
データ定額50GBプラス 6,458円/月
通話プラン(無料通話無し) 1,296円/月
SPモード 324円/月
1年おトク割(1年目のみ月額-1,080円) -1,080円/月×12ヶ月
合計月額 11,558円/月
2年目以降:12,638円

ソフトバンクの場合も2018年に端末割引が無くなり、iPhone10の本体代は割引なしのそのままの負担です。

またプランも従量制のミニモンスターと超大容量のウルトラギガモンスターの2択となったので、2GB以下か50GBかの不自由な2択となり月額料金更に割高に…

という事で、大手キャリア3社とも最低プランで計算しましたが、iPhone10に限らずiPhoneモデルは月額1万円くらいの覚悟は必要です。特にauとソフトバンクは端末割引が無いので実質負担額は引くレベルです。

ねこ
節約ねこ

iPhone10自体がかなり高額なので月額1万円前後にはなるんですね…

【iPhone10の実質端末負担額の3社比較】

  • ドコモ:実質負担額:64GBで 50,544円
  • au:実質負担額:64GBで106,560円
  • ソフトバンク:実質負担額:64GBで109,440円

端末価格だけみると一見ドコモが圧倒的に安く見えますが、基本料金も併せた2年間のスマホ代の合計請求額で比較すると以下のように3社とも高額です↓

【3大キャリアのiPhone10(64GB)購入時の2年間の総支出】

  • ドコモ:213,312円
  • au:261,552円
  • ソフトバンク:290,352円

最終的には2年間で20万~30万は大手キャリアに支払うんですね。気を付けましょう…

ねこ
節約ねこ

iPhone10の端末代を気にするよりも、2年間で25万円だから”結局高い”んですね。

auとソフトバンクは安く見せる工夫をしているが…

ちなみに月額1万円前後は高額な印象があるので、auとソフトバンクはiPhone10発売と同時に以下のようなプランを打ち出しました↓

  • au:アップグレードプログラムEX
  • ソフトバンク:半額サポートforiPhone

どちらもプランの内容は同じで「48か月分割で購入し25か月目以降に機種変更すると、残りの分割支払い金が無料」というもの。

48回に分割されているので1ヶ月当たりの料金は安く見えますが、残りのiPhone10端末代金を無料にするためには「機種変更後の端末でも同じプログラムに加入が必須」という、機種変更が無限ループする縛りがガチガチなプランです。

なので「一生au(ソフトバンク)で使い続ける」という意思のある人向けのプログラムですね。(ちなみに前記の計算では24ヶ月分割で計算)

どうやったらiPhone10を安く購入できる?方法は主に2種類!

ここまで大手キャリアでiPhone10に機種変更する前提ですが、どうやっても高額なのが分かりましたね。

ここからはもっと安くiPhone10を使う方法を2種類見ていきましょう↓

  1. 乗り換え特典を利用してソフトバンクにMNP(電話番号引継ぎ乗り換え)する
  2. AppleストアでSIMフリーのiPhone10を購入して格安SIMへMNPする

という事で順番に説明していきます。

キャッシュバック有でMNPでソフトバンクに乗り換えて特典を狙う

ドコモauソフトバンクではユーザー争奪戦は非常に熾烈で、他社のユーザーを数万円キャッシュバックという特典を与えてでも自社に引き込もうとしています。

数年前はMNP(電話番号を引き継いでの乗り換え)では5万円以上のキャッシュバック特典がありましたが最近では総務省による規制によってかなり減りました。

しかし現在でも主にソフトバンクの代理店が行っており、ドコモやauユーザーであればソフトバンクにMNPすることで数万円規模のキャッシュバック特典が得られます。

ソフトバンクへ乗換えで最大キャッシュバックが貰える「おとくケータイ」↓
おとくケータイ
↑問合せから「特別キャンペーン希望」と聞けば、高額キャッシュバックの提案もらえます!(確認済)

その後の料金はソフトバンクなので前記の通り2年間で20万円以上は掛かりますが、普通に機種変更するよりもキャッシュバック特典の数万円分だけ得が出来ます。

ソフトバンク代理店を使用してMNPで大規模キャッシュバック特典をもらう方法の詳細は<iPhoneXキャッシュバック43200円だと!? 格安SIMより安いSoftBank運用術>でも解説しているので参考にどうぞ。

AppleストアでSIMフリー版iPhoneを買って格安SIMに持ち込んで使う

最も安くiPhone10を使いたいならやはりSIMフリーiPhone10と格安SIMの組み合わせが最安となります。

例えばAppleでiPhoneXを購入⇒格安SIMへ持ち込んでで2年間使う場合、先ほどの大手3キャリアと同じ条件
「5分かけ放題 + 月5GB容量 + iPhoneX(64GB)」で計算すると2年間での合計出費は、

  • AppleでSIMフリーiphone10購入:112,800円
  • ドコモMNP転出料:2160円(初月のみ)
  • mineo契約事務手数料:3240円(初月のみ)
  • Dプランデュアルタイプ(6GB):59,088円(月額2,462円×24ヶ月)
  • 5分かけ放題オプション:22,032円(月額918円×24ヶ月)
  • 2年間の合計出費:208,353円

AppleでiPhoneXを購入して格安SIM(mineo)で2年間使った場合のトータル出費は208,353円という結果になりました。

【iPhone10購入時の2年間のトータル料金を比較】

iPhone10 2年合計料金
格安SIM(mineo) 208,353円
ドコモ 249,480円
au 245,520円
ソフトバンク 231,600円

ドコモで2年間使い続けた場合より4万円程安くなりますね。

※ちなみに格安SIMは正直どこでも料金に大差はありませんが、今回は格安SIM初心者向きの格安SIM”mineo(マイネオ)”で計算しました。

時間が経つほどiPhne10を格安SIMで使う方が安くなる

iPhone10の端末代は3キャリアでもAppleでも大差ありませんが、ドコモauソフトバンクの基本料金と格安SIMの基本料金は倍以上の差があります。

2年間で計算すると上記のように4万円程度の差ですが、以降は基本料金の差だけ合計の支出に差が出てきます↓

合計支出を比較 ドコモでiPhoneXに機種変更 AppleでiPhoneX購入⇒mineo利用
初月 10,413円 18,932円
1年目合計 124,956円 167,788円
2年目合計 249,912円 208,353円
3年目合計 340,632円 248,918円
格安SIMとキャリアでiPhoneXを使う場合はどっちが安い?_両者の合計金額の推移
ねこ
節約ねこ

2年間で4万円の差、3年間で10万円の差と格安SIMでiPhone10を使っている方がトータルの出費では安く抑えられているのが分かりますね。

iPhone10を最安で購入する方法【まとめ】

大手キャリアでは端末割引などでiPhoneXを安く見せていますが、2年間以上の長い目で見れば「iPhone10をAppleで購入⇒格安SIMで運用」したほうが安くなるという結論になりました。

現在ではほとんどの格安SIMでAppleストアで販売されているSIMフリー版のiPhone10の動作の確認が取れているので、安心して格安SIMへ持ち込んでiPhone10を格安運用可能です。

満足度No1!初めてならマイネオが無難♪
mineo

Sponsored Link





今使っているiPhoneが使える格安SIMを探す

【iPhone7が使える格安SIMを探す】
ドコモ版iPhone7 au版
iPhone7
ソフトバンク版
iPhone7
【iPhone6sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6s
au版
iPhone6s
ソフトバンク版
iPhone6s
【iPhone6が使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6
au版
iPhone6
ソフトバンク版
iPhone6
【iPhone5sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone5s
au版
iPhone5s
ソフトバンク版
iPhone5s
ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです