知ってた?格安SIMでLINEはSMS契約無し(データSIM)でも利用可能

LINE
ねこ
節約ねこ

格安SIMでLINEを使うのにSMS(ショートメッセージサービス)が必要なんですよね?

かいり
かいり

意外と勘違いが多いのですが、別にSMS無しのデータSIMでもLINEは使えるんですよ

ねこ
節約ねこ

え!?
そうなんですか?

格安SIMでLINEはSMS機能が使えなくても利用可能!

「ドコモauソフトバンクの半額以下で使える」なんて言われていますが、利用者の平均スマホ代にが平均で5千円は安くなる格安SIMもかなり知名度が上がってきました。

特にスマホで最も使われているのが「LINE」でしょう。

特に若者を中心に必須連絡ツールとなっており、LINEが使えない=ライフラインを絶たれている状態と言っても過言では無いほどに使用頻度が高いアプリです。

格安SIMの契約プランのうちLINEが使えるのは?

格安SIMには主に契約できるプランに3パターンあり、

格安SIMのプラン プランの特徴 LINEは使える?
データ専用SIM データ通信のみできるプラン ×? (認証が不可?)
データSIM(SMS機能付き) データ通信SIMに加えてSMS(ショートメッセージ)も使えるプラン(通話は不可) ◎ (SMS認証で利用可能)
音声通話SIM 090や080などの携帯電話番号 ◎ (SMSでも携帯電話番号でも認証可能)

となっています。(ここ最近では「データ専用プラン」自体が減ってきていますね)

基本的には携帯電話番号での通話を使用する人が多いので「音声通話SIM」の契約をする人が大半です。

しかしそもそも通話を使わないiPadや、携帯電話番号を使わない(LINE無料通話しかしない)学生などの場合には、「音声通話SIM」以外で契約するケースも多いです。

そもそもなぜ「LINE=SMSが必要」と思われているのか

LINEのアプリダウンロード自体はSMSの有無に関係なく可能なのですが、初回起動時の認証で以下の3つのうちのどれかの認証が必要になります↓

  1. 携帯電話番号での認証
  2. SMSでの認証
  3. facebookアカウントでの認証

➀携帯電話番号での認証は一番プラン料金がかかる

➀の携帯電話番号(050のIP電話は不可)なら手っ取り早くLINEが使えます。しかし音声通話SIMは一番料金が高いです。

特に通話のほとんどをLINE通話で済ます学生であれば、ほとんど携帯電話番号を必要としないため、わざわざ音声通話SIMを契約する必要がありません。

➂facebookアカウントを持っていればいいが…

続いて➂の「facebookアカウント」があれば問題なく認証可能です。

ただしfacebookアカウントは個人情報の塊です。学生のスマホの場合、ある程度子供のネットリテラシーが備わるまで使わせたくないと思う保護者も多いと思います。

少なくとも小中学生でfacebookアカウントを持たせるのは早いと思いますので➂も子供には向きません。

そんな理由から格安SIMのプランの中でも圧倒的に安い「データ専用SIM」が使いたいけど、「LINEを使うにはSMSをつけなくちゃいけない」と思われがちです。

また料金もSMSの有無で月額200~300円ほど高くなるため、SMS機能を使わない人にとってはLINEの為に月額数百円高くなるのも嫌ですよね。

他にもある!LINEのログイン認証方法

実は前記の3つ「携帯電話番号での認証」「SMSでの認証」「facebookアカウントでの認証」以外にもLINEを認証する方法が2つあります。

➀固定電話でLINE認証する

そもそも➀は「携帯電話番号の認証」と思われがちですがLINEの公式ページには以下のように「通話による認証」と記載されており、「携帯電話番号」とは一言も書かれていません↓

[通話による認証]とは、電話番号を認証する方法のひとつです。
LINEで電話番号を認証する際、認証番号のSMSが届かない場合に以下の手順を試してください。
※音声ガイダンスで流れる4桁の認証番号を入力することで、確認を行う仕組みです。

【操作手順】

  1. LINEを起動し[ログイン]または[新規登録]をタップ
  2. 国、電話番号を入力し、[次へ]をタップ
  3. [通話による認証]をタップ(※入力した電話番号に着信があります)
  4. 音声ガイダンスで流れた4桁の認証番号を入力し、[次へ]をタップ

どこにも「固定電話がNG」とは記載されていないので、問題なく固定電話の番号でLINE認証する事が可能です。

デメリット:固定電話番号とLINEアカウントが紐づく=認証の前に家族に確認を

ただし一度認証した電話番号はそのLINEアカウントと紐づけられるので、再度別のアカウントを家族の誰かが作成した際には前のアカウントが消えてしまいます。

また、その固定電話番号を電話帳に登録している人が「友達かも」に表示されたり「友達追加」される可能性もある点も注意しましょう。ただしこちらは友達追加の設定をオフにする事で回避可能です。

➁LINEモバイルという格安SIMを使う

一番簡単なのがLINEモバイルという格安SIMを使う事でしょう。

LINEモバイルのロゴ

LINEモバイルはLINEのグループ会社なので、どのプランを契約してもLINEの認証が不要なので面倒がありません。

特にLINEやSNSを「カウントフリー」で無制限で使えたり、格安SIM内で唯一「LINEのID検索が可能」だったりと、学生や若者にかなり人気のある格安SIMとしても有名です。

【詳細はLINEモバイル公式ページをチェック↓↓】
LINEモバイル

月額500円~の「LINEフリープラン」でLINEやLINE通話が可能なので、スマホ代に数千円もかける必要はありません。

またフィルタリングオプションも最高性能の「i-フィルター」が無料で利用できるので、学生や若者向けとしてかなり優秀な格安SIMと言えます。

Sponsored Link

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです