ソフトバンクiPhone下取りでいくら?格安SIMや最新iPhone機種変更の前に…

ワイモバイル下取りサービスバナー
ねこ
節約ねこ

最新のiPhoneへ機種変更する時や格安SIMへ乗り換える時に、現在使っているソフトバンクで購入したiPhoneを下取りに出すことで割引になったりするじゃないですか。

かいり
かいり

確かにソフトバンクで機種変更する時も、ワイモバイルで端末セット購入しながら乗り換える時も、下取りする事で安くできますね。

ねこ
節約ねこ

あの下取りって結構な割引になりますよね。

かいり
かいり

確かにiPhoneモデルが新しい程下取り額が大きいですね。
ただ”下取り”とは割高な端末を購入する条件での割引なので、あまりお得とは言えません。

かいり
かいり

特にiPhone6以上のモデルであれば日常生活でも充分に使えます。
新端末購入のために下取りに出すより、ソフトバンクiPhoneがそのまま使える格安SIMに持ち込んで安く運用するのが最も安くなります。

mineo

ソフトバンク版iPhoneの下取り価格一覧

現在使っているソフトバンク版iPhoneを下取りに出すのは主に以下の3パターンではないでしょうか。

  1. ソフトバンク⇒ワイモバイルへ乗り換えの際にソフトバンク版iPhoneを下取り
  2. ソフトバンクで最新のiPhoneへ機種変更の際に下取り
  3. Appleストアで最新のiPhoneを購入する際にソフトバンク版iPhoneを下取り

上記3パターンそれぞれのiPhoneモデルの下取り価格を一覧にしました↓

ワイモバイルのiPhoneモデル下取り価格一覧

ワイモバイル下取りサービスバナー

ワイモバイルは格安SIMの中で唯一下取りを行っています。(以前は楽天モバイルでも下取りキャンペーンを行っていました)
下取り価格分は現金ではなく、ポイントや月額料金の割引という形で還元されます。

また以下の表のように同じモデルで容量が16GBでも128GBでも下取り金額に差はなく、iPhone端末の画面以外の傷なども程度によるもののあまり影響はないようです。

iPhoneモデル 下取り価格
iPhone6s Plus 24,000円
1,000円×24ヵ月割引
iPhone6s 19,200円
800円×24ヵ月割引
iPhone6 Plus 14,400円
600円×24ヵ月割引
iPhone6 9,600円
400円×24ヵ月割引
iPhone5s 3,000円
3,000円×1ヵ月割引
iPhone5 1,000円
1,000円×1ヵ月割引

下取りプログラム(対象機種割引額一覧)

“下取り”なので買い取りとは違って旧モデルのiPhone5でも下取りしてもらえるのが特徴です。

ソフトバンクのiPhoneモデル下取り価格一覧

ロゴ_ソフトバンク_softbank

続いてソフトバンクで最新のiPhoneなどに機種変更する際の下取り価格一覧です。

ソフトバンクもワイモバイルとと同じく下取り価格を現金では無く、24回のスマホ代からの割引かソフトバンクカードへのプリペイドバリューチャージという方法で還元されます。

iPhoneモデル 下取り価格
iPhone6s Plus 31,200円割引
iPhone6s 28,800円割引
iPhone6 Plus 21,600円割引
iPhone6 21,600円割引
iPhoneSE 14,400円割引
iPhone5s 7,200円割引
iPhone5c 2,400円割引
iPhone5 2,400円割引
iPhone4s 2,400円割引

下取りプログラム(機種変更) | SoftBank

ソフトバンクはワイモバイル以上に下取り価格が高額になっていますが、分毎月の月額料金で回収されるのであまりオススメできません。

「最新のiPhoneモデルを割高でもいいから使いたい」

という人以外はキャリアを使うメリットは薄いです。

AppleストアのiPhoneモデル下取り価格一覧

Apple_ロゴ

AppleストアでもiPhoneを購入する際に現在使っているiPhoneを下取りする事が可能です。
Appleは携帯電話会社ではないので単純にiPhoneを購入するだけで、●年縛りなどのリスクがありません。

下取り価格も以下のようにかなり割高なので、Appleで最新のSIMフリーiPhoneを購入⇒格安SIMに持ち込んで利用する時には下取りを有効利用したいところです。

iPhoneモデル 下取り価格
iPhone7 Plus 最大40,000円割引
iPhone7 最大33,000円割引
iPhone6s Plus 最大22,000円割引
iPhone6s 最大17,000円割引
iPhone6 Plus 最大13,000円割引
iPhone6 最大10,000円割引
iPhoneSE 最大11,500円割引
iPhone5s 最大5,000円割引
iPhone5c 最大3,300円割引
iPhone5 最大3,000円割引

AppleのおおよそのiPhone下取り額 | Apple

iPhone6以上なら下取りに出すよりそのまま格安SIMで運用するという選択肢

そもそも”下取り”とは、”買い取り”とは異なり新端末を購入する事を前提として、今使っているスマホを買い取る事です。

上記の3パターンとも共通するのが、今使っているiPhoneを売って新しいスマホを購入するという事です。

しかしiPhone6以上であれば日常生活でも充分過ぎるスペックですし、iOSのアップデートにもまだまだ対応できる現役のiPhoneモデルです。

売って最新のiPhoneを買うのは正直もったいないと思います。iPhoneは6万円以上はする高級ブランド品なので、経済的に余裕のある人でもない限りはまだまだ使い続けたほうが良いでしょう。

分かりにくいですがiPhoneのコストって知らぬ間にかなり掛かっていますので。

ソフトバンク版iPhoneをそのまま使える格安SIMへ乗り換えれば月額3千円前後で運用可能

以前ならソフトバンクのiPhoneが持ち込み利用できる格安SIMが無いので、ソフトバンク版iPhoneを下取りに出すなどして新しいスマホを購入して格安SIMに乗り換えるのが定番でした。

しかし最近ではソフトバンクで購入したiPhoneは全てそのまま(SIMロック問題も関係なく)持ち込み利用できる”bモバイルS”という格安SIMが登場しました。(現在通話可能なのはこの1社しかありません)

bモバイルSはソフトバンク版iPhoneで通話ができる格安SIM

月額料金も上限5GBで使っただけの請求になるという良心的な料金設定で、例えば「5分かけ放題」付きで3GBで使った場合月額3,150円で利用可能です。

毎月のスマホ代も安いですが、iPhoneがそのまま使えるので一番コストのかかるスマホ代が浮くのは相当な節約になりますよね。

ソフトバンクで購入したiPhone6以上のモデルであれば、下取りに出さずにこのbモバイルSという格安SIMで使ってみてはどうでしょうか。

以下のページでbモバイルSについて解説しているので参考にしてみて下さい↓

ソフトバンクユーザー必見!bモバイルS「電話SIM」はどんな格安SIM?

2017.08.17

Sponsored Link

今使っているiPhoneが使える格安SIMを探す

【iPhone7が使える格安SIMを探す】
ドコモ版iPhone7 au版
iPhone7
ソフトバンク版
iPhone7
【iPhone6sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6s
au版
iPhone6s
ソフトバンク版
iPhone6s
【iPhone6が使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6
au版
iPhone6
ソフトバンク版
iPhone6
【iPhone5sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone5s
au版
iPhone5s
ソフトバンク版
iPhone5s
ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです