ソフトバンクからワイモバイルへ!乗り換えて2年で20万の節約に成功

ソフトバンク時代のスマホ代請求とワイモバイル乗り換え後のスマホ代請求
ねこ
節約ねこ

今ソフトバンクを使っているのですが、ワイモバイルに乗り換えると料金が安くなると聞いたのですか…

かいり
かいり

自分も2年くらい前にソフトバンクからワイモバイルに乗り換えたんですよ

ねこ
節約ねこ

どんな感じですか?

かいり
かいり

ソフトバンク時代は月額1万円くらい掛かっていてホントにスマホ代が気になっていましたが、ワイモバイルで2~3千円で使えていますよ

ねこ
節約ねこ

ホントに安いんですね…
その分何か品質とか不都合はないんですか?

かいり
かいり

同じソフトバンク回線ですし、5分かけ放題もついているので乗り換えた事を忘れるレベルに何も変わりませんよ 笑

ねこ
節約ねこ

そんなに?

かいり
かいり

じゃあ今回はワイモバイルからワイモバイルに乗り換えについて自分の感想も踏まえて比較解説していきましょう

ソフトバンクからワイモバイルへどのくらい安くなる?プラン比較

ワイモバイルと言えば格安SIMの中でも最も人気と知名度がありますが、ソフトバンクのグループ会社としても有名ですよね。(正確にはワイモバイルは格安SIMではありませんが)

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランド2

そういった理由でソフトバンク側でもワイモバイルを宣伝している事もあり、現在ソフトバンクを使っているユーザーの中にもワイモバイルへの乗り換えを検討している人は多いと思います。

2社の歴史は別ページで開設していますが、同じグループ会社というのもあってワイモバイルでもソフトバンク回線を使っています。

Yahooモバイルはどんな格安SIM?【Y!のスマホやY!mobileとの違い】

2018.07.23

ワイモバイルとソフトバンクの料金プランの違い

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えを考えている人の悩みの1つが「ホントに料金そんなに安くなるのか」という点でしょう。

しかし、そもそも料金体系というか基本となる料金が大幅に違うため、ほぼ99%の人の料金が安くなります。ソフトバンクとワイモバイルの料金プランを比較しました↓

2018年9月よりソフトバンクは料金プランをリニューアルしましたが、「データ容量」「通話プラン」「端末代」に分けて2社を比較すると以下のようになります↓

料金プラン比較 ソフトバンク ワイモバイル
データ容量 ➀50GB:5,980円/月
➁従量制
(~1GB):2,980円/月
(1~2GB):4,980円/月
(2~5GB):6,480円/月
(5~50GB):7,480円/月
➀3GB:2,980円/月
➁9GB:3,980円/月
➂21GB:5,980円/月
+通話プラン ➀通常(20円/30秒):+1200円/月
➁5分かけ放題:+2,000円/月
➂完全かけ放題:+3,000円/月
➀10分かけ放題:+0円(自動付与)
➁完全かけ放題:1,000円/月
+スマホ端末代 端末割引廃止 他社からの持込みもOK

そもそもソフトバンクとワイモバイルで1GB単価や、無料通話の料金が全然違いますよね。なのでソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えると料金が大幅に安くなるという訳です。

ほとんどの人がワイモバイルのプランMで充分

一般的なスマホユーザーの月データ使用量は3~5GB程度なので、ワイモバイルの最小プランか中間プランで充分です。

また通話オプションに関しても、LINE無料通話が有る現在090や080などの携帯電話番号での発信の機会も少ないので、ワイモバイルで無料で付いている「10分かけ放題」の通話オプションで充分です。

ソフトバンクはスマホで動画を常時見る人向けの超大容量推し

対してソフトバンクは、2018年9月以降超大容量の月50GBプランを推しています。

月50GBとはスマホユーザーの平均の10倍の容量なのでほとんど人にとって過剰すぎる容量ですが、一部HuluやNetflixのような動画配信サービスをスマホで出先で常時視聴しているような人には丁度いいかもしれません。

要はリテラシーの無いユーザーにプラン料金の高い超大容量プランを売っている訳です。

ねこ
節約ねこ

毎食ケーキバイキングを注文している感じですね

自分がソフトバンク⇒ワイモバイルへ乗り換えでここまで安くなった

このサイトのプロフィールにも記載していますが、自分は2年程前までソフトバンクを使っていましたが、料金が毎月1万円以上掛かるのが嫌で、ワイモバイルへ乗り換えた経緯があります。

当時のソフトバンクの月額料金明細と、ワイモバイルの月額料金明細を並べたのが以下です↓

ソフトバンク時代のスマホ代請求とワイモバイル乗り換え後のスマホ代請求

どうでしょうか?

元々ソフトバンク時代は謎のオプションに加入していたようで、月額料金は平均で1万円以上掛かっていました。しかし友人の勧めでワイモバイルへ乗り換えた所、毎月8千円近い節約ができました。

ワイモバイルへ乗り換えて現在で2年近くが経ちますが、この2年間で20万円近くの節約ができた事になります。

使用感もソフトバンクと変わらず、使っている回線も通信速度もソフトバンクと同じで乗り換えた事すら忘れるレベルにデメリットはありませんでしたし、携帯電話会社の変更手続き1回でここまでの固定費の節約が可能なものも他に少ないと思います。

ワイモバイル乗り換え前は不安もありましたが、正直乗り換え後にデメリットを感じた事はありません。

そもそも月8千円近い節約に比べたら、仮に多少通信速度は遅くなったとしても良くないですか?

唯一のデメリットは2年縛り

唯一ワイモバイルのデメリットを挙げるとすれば、ソフトバンクと同じく2年縛り(2年契約&自動更新)な点です。

なので「毎年いろんな格安SIMに乗り換えてみたい」という人には向いていない格安SIMです。自分みたいに何年も同じ携帯電話会社を使い続ける人には特にデメリットになりませんが。

ソフトバンクのスマホをワイモバイルに持ち込む際の注意

また、多くの現ソフトバンクユーザーは今使っているスマホをワイモバイルなどの格安SIMへ持ち込んで使う事を考えているのではないでしょうか。

「同じ回線なんだからソフトバンクで使えたスマホはワイモバイルでも使えるのでは?」

と考えがちですが、実は多くのソフトバンク版のスマホはSIMロックを解除しないとワイモバイルで利用できないので注意です。(特に多いソフトバンク版iPhoneをワイモバイルで使うケースは以下のページで徹底解説しているので参考にしてみて下さい)

ワイモバイルで手持ちiPhoneは使える? ソフトバンクauドコモ購入版

2017.03.28

またワイモバイル公式ページにも動作チェック確認済みのスマホの機種が記載されているので一度確認してみて下さい。

参考:ワイモバイルで動作済の他社の機種一覧

他の格安SIMとワイモバイルを比較して

ソフトバンクからの乗り換え先として定評のあるワイモバイルですが、最近では「LINEモバイル」や「mineo」など、同じソフトバンク回線の格安SIMも増えてきています。

2年近くワイモバイルを使っていて、ソフトバンクから数ある格安SIMの中でもワイモバイルを選ぶメリットを3つ挙げてみました↓

他の格安SIMではなくワイモバイルを選択するメリット➀:ショップ数

格安SIMはどこの会社も料金を極限まで安くする為に、人件費や街中の店舗数を極力減らしています。

なのでドコモauソフトバンクショップを街中で見ることはあっても、他の格安SIMのショップを街中で見る事は少ないと思います。

対してワイモバイルは、ソフトバンクグループというのもあり格安SIMの中でも断トツの店舗数があります。

特にここ最近は街中でワイモバイルショップを見る機会も多く、購入時やサポートでも実店舗にいけば問題を解決する事が可能なのが他の格安SIMよりも優れている点です。(なによりショップでのサポートは安心できます)

また家電量販店などにもワイモバイルの販売区画があります(量販店は販売メインです)

他の格安SIMではなくワイモバイルを選択するメリット➁:完全かけ放題が唯一可能

ソフトバンクでは「スマ放題」と呼ばれる完全に携帯電話番号での発信が無料になる通話オプションが存在しますが、実はこの「完全かけ放題」は格安SIMではワイモバイル以外にはありません。

以前は楽天モバイルが完全かけ放題オプションが使えたのですが、2018年前半に終了してしまったため、格安SIMでも完全かけ放題が使えるのは現時点ではワイモバイルのみです。

最近ではLINE無料通話によって、無料通話オプションの出番は激減しましたが、それでも090や080の携帯電話番号で月に何時間も発信する人にとっては唯一定額通話が可能な格安SIMなので嬉しいです。

他の格安SIMではなくワイモバイルを選択するメリット➂:iPhoneが激安でセット購入できる

人によってはココが最大のメリットになるかもしれません。

前記の通りワイモバイルはソフトバンクグループなので、数少ないAppleを扱える正規代理店であるソフトバンクから、型落ちiPhoneを調達可能です。

別のページでも詳しく解説していますが、ワイモバイルではiPhoneSEやiPhone6sのような少し前のiPhoneモデルを最安で9,800円という激安価格でセット購入する事ができます。

ワイモバイルでiPhoneSEを一括購入で月額料金が最安レベルに!

2018.02.05

最新のiPhoneは確かにハイスペックですが、正直日常生活でスマホで行うほとんどの事にはそんな過剰なスペックは必要ありません。

正直iPhone6sやSEくらいのスペックでも何の問題もないので、10万円以上する過剰スペックなiPhoneモデルよりも、日常生活に充分なスペックを持つiPhoneモデルを1万円程度で購入できる方が嬉しいという人の方が多いですからね。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えまとめ

長くなってしまいましたがここまでソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えをまとめると、

今日のまとめ

  • 1GB単価が全然違うのでワイモバ乗り換えで月額5千円くらいは安くなる
  • 使い心地はソフトバンクとほとんど同じ
  • 2年縛りはソフトバンクと同じ(全格安SIM中でも最高速)
  • ソフトバンク版スマホを持ち込んで使うにはSIMロックの解除を!
  • ワイモバイルは街中にショップがあるので困ったら聞ける
  • 格安SIMで唯一完全かけ放題が可能
  • 格安で旧モデルのiPhoneがセット購入可能

ソフトバンクから乗り換えて約2年間ワイモバイルを使った感想としては、乗り換えるには無難な格安SIMだと感じました。

現在ソフトバンクで格安SIMに乗り換えようか検討しているならば、ワイモバイルは最も無難な乗り換え先です。

常時出先でスマホで動画を見続けているような人以外であれば、特にデメリットも無く固定費の大幅節約が可能なのでかなりオススメな格安SIMです↓


当サイト限定!5,000円キャッシュバック中♪
詳細はワイモバイル公式⇒オンラインストアへ↓↓

Sponsored Link

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです