流用可能?iPhoneSE(2020モデル)のケース&フィルムのサイズ選びに困ったら

流用可能?iPhoneSE(2020モデル)のケース&フィルムのサイズ選びに困ったら

購入したiPhoneSE(2020モデル)がやっと届いた♪

と喜んでいたのも束の間。高級なiPhoneをいざ使おうと思ったときに必要になるのが「ケース」と「フィルム」ですよね。

量販店に陳列されているiPhone用のケースとフィルム

流石に剥き出しのiPhoneをそのまま使うのは傷が怖いですからね。

自分もiPhoneSE到着後に開封したものの、用意してなかったので店頭でiPhone11Pro用の「スマホケース」と「フィルム」を探していたのですが、たくさん種類があって困惑…

iPhoneSE2はどのサイズのケース&フィルムを購入すればいいだっけ?

iPhoneSEのケース、8のケースはSE2でも使えるんだっけ?

どうやら隣でも同じように迷っている人がいたので、記事にしてみましたよ。

iPhoneSE(2020)のケースは8と同じでOK♪ フィルムもほぼ大丈夫!

結論から書きますと、現状では店頭でiPhoneSE2専用のケースやフィルムはほとんどなく、本体サイズとディスプレイサイズが同じiPhone8のケース&フィルムを利用可能です↓

【iPhoneSE2のケース&フィルムの選び方まとめ】

iPhoneSE2のケース: iPhone8のケースが利用可能
iPhoneSE2のフィルム:iPhone8のフィルムを利用可能 ※微妙に淵が浮く可能性あり(後述)

店頭に並んでいるケースやフィルムを見ても、iPhoneSE(2020)専用のものはほとんど存在しないので、どれを選んでいいか分からなくなるかもしれません。

以下はiPhoneSE(2020)と、iPhone8,7,6sの本体&ディスプレイサイズの一覧ですが、まったくサイズの同じiPhone8のケースと保護フィルムがそのまま使えます↓

【iPhoneSE2 /8 /7 /6sの「本体サイズ」と「画面サイズ」一覧】

iPhoneモデル SE2 iPhone8 iPhone7 iPhone6s
本体サイズ
(高×幅×厚/mm)
138.4
67.3
7.3
138.4
67.3
7.3
138.3
67.1
7.1
138.3
67.1
7.1
画面サイズ
(対角/インチ)
4.7 4.7 4.7 4.7

ちなみに店頭では以下のようにiPhone8と7共用のケースやディスプレイが多く販売されていますが、基本的にはほぼ同サイズのiPhoneSE(2020)でも使えます。

iPhone8&7対応のケースでiPhoneSE2にぴったりフィットした

自分もiPhoneSE(2020)のケース&フィルムを探していましたが、上記のケース&フィルムでピッタリ使えました♪

【注意点】iPhone8の保護フィルムだとフチが若干浮く場合がある

上記のようにiPhoneSE(2020)はiPhone8と本体&画面サイズが同じなのですが、画面のフチのラウンド(カーブ)が微妙に異なります。

iPhoneSE(2020)の方が画面のフチがカーブしているので、硬い保護ガラスの場合にはiPhoneSE2に貼ったときに「フチが若干浮く」「隙間が空く」という場合もあるようです。(ケースは8のもので問題ないです。フィルムの話です)

この辺は保護フィルムによって差があり、「SE2でズレはまったくなし!大丈夫」という人もいれば「フチが浮いて若干気になる」「上下はいいですがサイドが空く」という人も見受けられました。

自分もiPhone8,7共用の保護ガラスをiPhoneSE(2020)に貼ってみましたが、こんな感じ↓

8用のフィルムをSE2に使うと若干フチが浮く場合も

画面を起動すれば明るさで気にならないレベルですし、保護できないわけでもサイズが合わないわけでもないのですが、「少しでも浮くのは嫌だ」という人はiPhoneSE(2020)専用の保護フィルムを買った方がいいでしょう。

今のところiPhone8,SE(2020)共用の保護フィルムがほとんどだと思いますが、一部iPhoneSE(2020)専用の保護フィルムというものも発見できました↓

参考:iPhone SE 第2世代 (2020) 用 強化ガラス液晶保護フィルム | Amazon

もしかしたらそのうちiPhoneSE(2020)専用のフィルムが多く登場する可能性もあるので、もし気になるのであれば今は暫定で100均の安いiPhone8,7の保護フィルムにしておくという手もあります。

ちなみに「保護フィルムを張る時に、いつもホコリで気泡が入ってうまくいかない…」という人は、ホコリが立たないよう湿気があるお風呂周りで行うのがお勧めです♪

iPhone8の保護フィルムはiPhone8にも合わない!?実は元から合わない可能性

前記の「フチが浮いちゃう」「隙間が空いちゃう」問題は、保護フィルムとiPhoneSE(2020)の画面サイズが原因のように思いますが、以下のような意見もありました↓

「iPhone8本体交換した時にガラスフィルムが合わない」
「8でも縁周りが浮きます」
「iPhone7用のガラスをiPhone7に貼ってもサイドは浮く」
「一枚目は端が完全に浮いてしまったけど、二枚目は綺麗に貼れました」

まさかのiPhone8でもサイドが空くという…

という事でiPhoneSE(2020)のサイズの問題というよりは、フィルムごとの個体差が原因となっているようですね。

気になる人は、ケースはiPhone8のもので問題ありませんが、フィルムは8,7共用のものではなく、iPhoneSE(2020)専用のフィルムを買うのがベストだと思います。

自分のようにそんなに気にならない人は、どちらでも◎

iPhoneSE(第一世代)のケース&フィルムは第二世代では使えない

ちなみに2016年3月に発売されたiPhoneSE(第一世代)とは、前記の表からもまったくサイズが異なることが分かります。

iPhoneSE

「同じiPhoneSEだからケースが使えないかな?」と考えるかもしれませんが、残念ながらiPhoneSE(第一世代)のケースも保護フィルムも、第二世代では使えません。

Sponsored Link




ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです