端末割引に注意!iPhoenXSとXS Maxの端末価格【ドコモauSoftBank】

iPhoneXs
ねこ
節約ねこ

2018年9月14日に発売されたiPhoneXSですが、ドコモauソフトバンクで機種変更などで購入すると月額どれくらいの支払いになるんですか?

かいり
かいり

iPhoneXSの定価は前モデルのiPhoneXと同じで、最小の64GBストレージ容量でもApple定価で112,800円と結構します

ねこ
節約ねこ

うー高い…
ドコモauソフトバンクだと端末割引で月額料金は抑えられたりは?

かいり
かいり

ありますよ。
でもauとソフトバンクは従量制プランに加入してしまうと端末割引が適用されなかったりと適用条件にかなり注意が必要です。

最低額11万円以上!iPhoneXS/iPhoneXS Maxの端末価格定価は高い!

iPhoneXs

iPhoneXの強化版として2018年9月に発売された『iPhoneXS』とplus版の『iPhoneXS Max』ですが、端末価格はiPhoneXと同じです。

iPhoneXSのストレージ別本体価格(定価)

購入元 64GB 256GB 512GB
Apple(定価) 112,800円 129,800円 152,800円
ドコモ 128,952円 147,096円 171,720円
au 128,640円 146,880円 171,840円
SoftBank 136,800円 155,040円 180,000円
ねこ
節約ねこ

高いですね…
でも大手3キャリアには『端末割引』がありますから

3キャリアともiPhoneXS発売元のAppleの定価よりも10%ほど高く定価販売しているのが分かりますね。

端末割引適用後のドコモauSoftBankのiPhoneXS端末価格

定価では3キャリアともiPhoneXSの端末価格はかなり高額ですが、ドコモauソフトバンクには端末割引という大幅割引があります。

3キャリアとも「機種変更」「新規契約」「他社からのMNP(電話番号を引き継いだ乗り換え)」によって『端末割引』の割引額が異なるので、3パターンそれぞれの端末割引後のiPhoneXSの価格を以下にまとめました↓

『機種変更時』iPhoneXSの本体価格(割引後)

一番オーソドックスなのが、今使っているキャリアでそのままiPhoneXSへ機種変更する場合でしょう。

機種変更時の端末割引適用後のiPhoneXSの実質の端末価格は各キャリアで以下のようになります↓

購入元 64GB 256GB 512GB
ドコモ(端末割引割引後) 128,952円
⇒69,984円
147,096円
⇒88,128円
171,720円
⇒112,752円
au(端末割適用後) 128,640円
⇒63,600円
146,880円
⇒81,840円
171,840円
⇒106,800円
SoftBank 136,800円
⇒63,600円
155,040円
⇒81,840円
180,000円
⇒106,800円

『新規契約時』iPhoneXSの本体価格(割引後)

続いて現在スマホを持っていないなど、大手3キャリアのどこかに新規契約する場合にiPhoneXSを購入した時の端末割引後のiPhoneXSの本体価格が以下です↓

購入元 64GB 256GB 512GB
ドコモ(端末割引割引後) 128,952円
⇒69,984円
147,096円
⇒88,128円
171,720円
⇒112,752円
au(端末割適用後) 128,640円
⇒54,000円
146,880円
⇒72,240円
171,840円
⇒97,200円
SoftBank 136,800円
⇒13,6800円
155,040円
⇒15,5040円
180,000円
⇒180,000円

『MNP乗り換え時』iPhoneXSの本体価格(割引後)

そしてキャリアを電話番号を引き継いで乗り換えるMNPを行った先でiPhoneXSを購入した場合の、端末割引後の端末価格です↓

購入元 64GB 256GB 512GB
ドコモ(端末割引割引後) 128,952円
⇒69,984円
147,096円
⇒88,128円
171,720円
⇒112,752円
au(端末割適用後) 128,640円
⇒54,000円
146,880円
⇒72,240円
171,840円
⇒97,200円
SoftBank 136,800円
⇒13,6800円
155,040円
⇒15,5040円
180,000円
⇒180,000円

ドコモは「機種変更」「新規契約」「MNP」のどれでも端末割引が適用され、割引率も均一なので分かりやすいですね。

対してauは「新規契約」と「MNP」の割引率が大きく「機種変更」での割引率が若干低いです。

そしてソフトバンクは「機種変更」時だけ端末割引を適用するようですね。

端末割引が適用外の場合も!大手3キャリアの端末割引に注意!

以前ではドコモauソフトバンクでスマホを購入すると『端末割引』が適用され、スマホ代が半額近くまで割引されるのが当たり前でした。

キャリア 端末割引
ドコモ 月々サポート
au 毎月割
SoftBank 月月割

大手3キャリアでは『端末割引』がある事によって、この高額な定価から大幅に本体代金を割り引く事が可能でした。

しかし2018年には3社とも基本プランを大幅に変更すると共に、端末割引の適用条件を変更しました。

それによって選ぶプランによって端末割引が適用されるケースと適用されないケースが出てくるので注意が必要です↓

auは従量制プラン『ピタットプラン』では毎月割が適用外に!

auでは2018年にスタートした人気の従量制プラン『ピタットプラン』を契約している場合、購入したスマホの本体代金を大幅に割り引く『毎月割』が適用されなくなりました。

ピタットプランは使ったデータ通信量分だけ料金が請求されるプランですが、このプランを契約している場合には毎月割の適用がされなくなります。

auのピタットプランは本当に月額料金1980円で使える?こんな人にオススメ

2017.08.12

ピタットプランはauの定番プランになっているので、多くのユーザーが知らずに毎月割が適用されない状態に…

ソフトバンクもモンスター系で月月割が適用外に!

SBはiPhoneXS発売の直前にスタートした新プラン『ウルトラギガモンスター+』や『ミニモンスター』では月月割の適用がされません。

またMNPでの乗り換えや新規契約でも月月割の適用がされなくなっているようで、高額なiPhoneXSを購入する際には相性が悪そうです。

ドコモの端末割引『月々サポート』は問題なく適用される

ドコモは問題なく月々サポートが適用されます。最も良心的な気がします。

ここまででドコモは端末割引が今まで通り適用されるのに対し、auとソフトバンクは新従量制プランで端末割引を適用外としているのが分かります。

auとソフトバンクの半額+4年縛り+レンタルに注意

auとソフトバンクはその分48回分割+の『アップグレードプログラムEX』『半額サポートfor iPhone』で1ヶ月当たりを安く見せていますが、これらはiPhoneをレンタルする4年縛りなので正直全くオススメできません。

auとSoftBankの"4年縛り"に騙されるな!3つのデメリットと注意点

2018.06.18

Sponsored Link




今月人気の格安SIM特集

ロゴ_LINEモバイル

  • 4.67/5.00

本田翼さんのCMでも有名な『LINEモバイル』は去年ソフトバンクグループとなり今最も勢いのある格安SIMです!

ソフトバンク回線が格安SIMの中でかなり高速なのと、300円キャンペーンが1月末に延長となっているのでお見逃しなく↓

爆速SoftBank回線とSNS使い放題300円キャンペーン中♪
LINEモバイル

今使っているiPhoneが使える格安SIMを探す

【iPhone7が使える格安SIMを探す】
ドコモ版iPhone7 au版
iPhone7
ソフトバンク版
iPhone7
【iPhone6sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6s
au版
iPhone6s
ソフトバンク版
iPhone6s
【iPhone6が使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone6
au版
iPhone6
ソフトバンク版
iPhone6
【iPhone5sが使える格安SIMを探す】
ドコモ版
iPhone5s
au版
iPhone5s
ソフトバンク版
iPhone5s
ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです