ソフトバンク長期割「長期継続特典」格安スマホに乗換え留まるべき?

2015年に総務省のお達しによって「SIMロック解除の義務化」や「2年縛りの廃止」などが実施され
キャリアユーザーに選択の自由が増えて
格安SIM・格安スマホへの乗り換えが加速しています。

大手キャリアは格安SIMへの乗り換え防止策として長期割引を強化しました。

今回はソフトバンクの長期割引を見ていきましょう。
果たして格安SIMへの乗り換えを踏みとどまらせる程の得はあるのか?

ソフトバンクの長期割引「長期継続特典」の内容は?

ソフトバンクは2016年12月より「長期継続特典」を開始しました。

以下の条件を満たすソフトバンクユーザー全員に同じ特典が付与されます。

ソフトバンクの「長期継続特典」適応条件

・2016年8月11日(木)以降に、契約更新期間を迎えるお客さま
・2年契約で料金プランに加入していること
・データ定額サービスまたはフラット型のパケット定額サービスに加入していること

ソフトバンクの場合は他の2社(ドコモ,au)と違って利用年数によって特典や割引が変動しない特典です。

ソフトバンクの「長期継続特典」2つの特典内容

そして特典内容は以下の2つです↓
以下の2特典を

◆特典1.3000円分のTポイントを2年の更新月毎にプレゼント
※このTポイントは付与から180日間有効

◆特典2.2つから選択
「500円分のTポイントを2年間毎月プレゼント(トータル24回,合計12000ポイント分)」
※このTポイントは付与から30日間有効
 or
「月額利用料金から2年間毎月200円割引(トータル24ヵ月、合計4,800円分)」

注意点は付与されるTポイントの有効期限が設けられている点です。
特に特典2のTポイントの有効期限は30日と短いので注意です。

特典1は2年更新時に、特典2は更新から2年間付与されるので
更新し続ければ毎月特典を受けることができます。

他社(ドコモ、au)長期割引の内容は?

ドコモの場合は、
2年更新時に違約金の掛からないコースと2年縛り+長期割引のコースを選択する

auの場合は
月額スマホ代+300円で違約金無しコースに変更
+
長期特典でポイント&ギフト券プレゼント

と各社様々な長期施策を打っているものの
まだまだ格安SIMの半額以下の料金には見劣りしてしまいます。

つまりどっちがお得なの?ソフトバンクの長期割引の結論

ソフトバンクの長期特典はTポイントがメインです。

Tポイントをよく使う人なら実質毎月500円引きと等価なので、
10年未満継続の条件では3キャリアの中では一番還元率は高いです。
その分有効期限がシビアなので注意です。

3キャリアの長期割の特典を総合すると、
まだまだ格安SIMに乗り換えを検討しているユーザー引き留めには弱いかなと思いますし、
正直10年以上の長期割が適応されても格安SIMの方が大幅にお得だと言わざるを得ません。

参考:「更新月まで待つ必要無し!違約金払ってもキャリアから格安SIM乗換えが安い!

2017年満足度No1の格安SIM『マイネオ』


CMでも放送中の格安SIMの最大手"mineo(マイネオ)"は全600以上の格安SIMの中で
2017年総合満足度No1を獲得!

mineo

数少ないau回線とドコモ回線を併せ持ち、初心者向けのプランやサポートが充実していて
当サイトでも自信をもってオススメできる人気No1格安スマホです。

↓当サイト一押しおトクなmineoの申し込み先はこちら↓

mineo

またmineoの評判や他の格安SIMとの徹底比較もしています↓
mineoの評判