中古購入したスマホのSIMロック解除の条件は? auだけ契約者以外も可能!

多くのユーザーがより安くスマホを使うために知恵を絞っていますが、
中でも重要なのがスマホ端末代でしょう。

格安スマホにiPhoneSEが登場!

特にiPhoneともなると、性能面ではAndroidと大差なくても端末代は跳ね上がります。
対して中古市場では白ロム端末などを比較的安く購入可能です。

今回は中古でスマホを購入する場合に
考慮すべき「SIMロック」と「SIMロック解除」を見ていきましょう。

中古スマホ(白ロム)はSIMロックを考えるとドコモ端末を

中古スマホを購入してまでスマホ代を節約したい人には切っても切れないのが「SIMロック」でしょう。

SIMロックとは大手キャリアで購入したスマホに、
他の回線で使用できないようにロック(鍵)を掛けてしまう事です。

これによって例えばドコモで購入したスマホなら
ドコモ回線では使えますが、ドコモ以外のau回線やソフトバンク回線ではSIMロックによって使えません。

格安SIM会社は殆どがドコモ回線を使っているので、
SIMロックを解除しなくてもドコモ回線が使えるドコモの中古スマホが手っ取り早くて人気です。

またメジャーではないですがau回線の格安SIM会社も一部あります。
有名どこだとmineoやUQモバイル(厳密にはサブブランド)です。

これらのau回線を使っている格安SIMの場合は
auの中古スマホならSIMロックを解除しないで使えます。

ソフトバンクの中古スマホは?

ソフトバンクは他の2社と比べて貸し出す回線の接続料が高いので
ソフトバンク回線の格安SIMがほとんどありません。

なのでソフトバンクの中古スマホはSIMロック解除が前提となるので手間です。
そういった理由からソフトバンクの中古スマホは他の2社の中古スマホと比べて人気が無いです。

今後はソフトバンクの接続料が下がって、
ソフトバンク回線御格安SIMが登場してくる可能性がありますので
そうなったら需要も上がってくるかもしれません。

auショップでauの中古スマホもSIMロック解除可能

中古スマホは元の契約者が売ったスマホ端末なので
基本的にはショップに持って行っても
契約者ではないのでSIMロック解除してもらえません。

SIMロック解除の条件は当然ながら「契約者本人であること」

しかし実はauだけは契約者本人じゃなくてもSIMロック解除が可能です。
なので中古のauスマホは以下の条件を満たしていればショップでのみSIMロック解除が可能なのです。

auショップでSIMロック解除が出来る条件

・2015年5月以降にauで発売になった「SIMロック解除機能対応」のスマホ機種であること
・端末の購入日から180日以上が経過していること
・ネットワーク利用制限中の端末でないこと

上記の条件を満たしていれば契約者本人でなくてもSIMロック解除が可能なのでSIMフリーにできます。

auショップで手数料が必要になる点には注意

注意点としては、マイページが無いのでウェブ上からSIMロック解除手続きをすることができません。

その為ショップで手数料3,000円を支払ってSIMロックを解除してもらう必要がある点です。

なのでドコモ端末だけでなく、
2015年5月以降にauで発売された新しめの端末であれば
3000円と引き換えにSIMロックを解除してSIMフリー化することが可能です。

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り