【UQモバイルとmineo】auから乗り換えならどっち?比較と選び方

auからの乗り換えならどっち?UQモバイル VS mineo
ねこ
節約ねこ

auのスマホ代が高いので格安SIMに乗り換えようかと。

かいり
かいり

最近ではauから格安SIMへ乗り換えて、家計の通信費節約を考えている堅実な方も多いですね。
 
auからの乗り換え先の格安SIMで人気の2トップと言えば『UQモバイル』と『mineo』の2社ですね。

ねこ
節約ねこ

両方とも名前聞いたことあります!
auから乗り換えるならどっちがいいんですか?

かいり
かいり

両方ともユーザー満足度が非常に高いですが、ざっくり言うと「料金が安いのが『mineo』、2年縛りだけど通信速度が速いのが『UQモバイル』」でしょうか。
 
他にも今のスマホの動作状況や無料通話の有無でも変わってくるので、今回はauユーザーが乗り換えるならUQモバイルとmineoどっちがいいかを様々な側面から徹底比較してみましたよ♪

auユーザーの乗り換え先として人気なのが『UQモバイル』と『mineo(マイネオ)』の2社です。

UQモバイルのロゴmineoのロゴ

以下は2019年3月時点で利用者の多い格安SIMの統計結果ですが、以下のようにmineoは全格安SIMで2番目に、UQモバイルは3番目に利用者が多い最大手の格安SIMなんですね↓

2019年時点での格安SIM利用者上位10社の中でもmineoはシェア2位&UQモバイルはシェア3位と最大手なのが分かる
情報源:メイン利用のMVNOシェア2019 | MMD研究所

ちなみにシェアNo1の楽天モバイルも2019年6月よりau回線のサービスをスタートするため、今後はauユーザーの乗り換え先は三つ巴となりそうですね。

『運営元の情報』UQモバイルはauのサブブランド!mineoは関西の老舗電力会社!

UQモバイルとmineo、それぞれどんな会社が運営しているのかも契約して年単位で使っていくならば知っておきたい情報でしょう。

ご存じの方も多いと思いますが、UQモバイルはauのグループ会社でサブブランドという位置付けです。以前はauショップで解約しようとするとUQモバイルに案内されたりしていました。

UQモバイルはauのサブブランド、mineoはケイオプティコムが母体

対してmineo(マイネオ)の運営元の会社は「ケイ・オプティコム」という関西電力系の電力会社で、eo(イオ)光という光回線事業が有名です。関東圏の人にはあまり馴染みが無いですが、西日本エリアでeo光と言えばトップシェアの光回線事業です。

UQモバイルとmineoを7つの項目で比較

前置きが長くなりましたが、UQモバイルとmineo(Aプラン)を以下の7項目で比較すると以下のようになります↓

au乗り換え先比較 mineo_150_透過_ロゴ UQ_150_透過_ロゴ
料金 2,000円前後 3,000円前後
通信速度 普通 速い
最低契約期間 無し
(音声SIMは半年)
2年縛り(ぴったり・おしゃべりプラン時)
かけ放題 別途オプション加入で「10分までかけ放題」可 全プラン「5分までかけ放題」付
キャンペーン 期間限定キャンペーン
+エントリーコード
+紹介制度
キャッシュバックキャンペーン
端末割引
学割
動作確認済のau版iPhone au版iPhoneXS/XS MAX ◎(ロック解除不要)
(テザリング〇)
au版iPhoneXR ◎(ロック解除不要)
(テザリング〇)
au版iPhoneX ◎(ロック解除不要)
(テザリング〇)
au版iPhone8/8+ ◎(ロック解除不要)
(テザリング〇)
au版iPhoneSE ◎(要ロック解除)
(テザリング〇)
au版iPhone7/7+ ◎(要ロック解除)
(テザリング〇)
au版iPhone6s/6s+ ◎(要ロック解除)
(テザリング〇)
au版iPhone6/6+ ◎(ロック解除不要)
(テザリング×)
◎(ロック解除不要)
(テザリング〇)
au版iPhone5s/5c ◎(ロック解除不要)
(テザリング×)
◎(ロック解除不要)
(テザリング〇)
au版iPhone5 △(非公式で動作確認有) -(記載無し)
購入できるiPhone(新調時) ・iPhone8
・iPhone8 Plus
・iPhoneSE
・iPhone6s
・iPhone7
・iPhone6s

特にauからUQモバイルかmineoへ乗り換える場合、「料金」「通信速度}「最低契約期間」「無料通話」「キャンペーン」の他に「auで購入したスマホが使えるか」や、乗り換え時にスマホを機種変更する場合は「セット購入できるスマホの機種と価格」も重要な判断基準になるでしょう。

と言う事で、以下の5項目について詳しくUQモバイルとmineoで比較していきます↓

料金の比較
通信速度の比較
最低契約期間の比較
持込みで使えるスマホの比較
キャンペーンの比較

『UQモバイル VS mineo➀』料金はmineoが安い


まずは格安SIMに乗り換えを検討する最大の理由であろう”スマホ代はどれだけ安くなるか“について、UQモバイルとmineoのプラン料金を比較していきます。

auからMNP(電話番号を引き継いでの乗り換え)と言う事で、音声通話SIMでの契約時の両社の料金はプランによって以下のように差があります↓

料金プラン比較
(↓データ容量)
mineo_150_透過_ロゴ UQ_150_透過_ロゴ
0.5GB 1,310円/月 -(無し)
3GB 1,510円/月 2,980円/月
6GB 2,190円/月 -(無し)
9GB -(無し) 3,980円/月
10GB 3,130円/月 -(無し)
20GB 4,590円/月 -(無し)
21GB -(無し) 5,980円/月
30GB 6,510円/月 -(無し)

※mineoはAプラン(au回線)・デュアルタイプ(音声通話SIM)の料金で比較

選べる月データ容量がバラバラなので分かりずらいですが、同じデータ容量だとmineoの方が安いのが分かると思います。

特にスマホユーザーの月データ利用料の平均である3GB~5GBで考えると、mineoは2,000円以下で使えるのに対して、UQモバイルは3千円くらいかかっていますね。

ただし「かけ放題」オプションが必要な場合は料金差はそんなに無い

前記の通りmineoの方がプラン料金は大幅に安いです。

しかし090や080などの携帯電話番号での発信が多い方の場合、通話料を抑えるため「●分かけ放題」などのオプション加入が必要になり、その場合には話が若干変わってきます。(受信やLINE通話は無料)

というのも、UQモバイルの前記のプランには、標準で「5分までかけ放題(おしゃべりプラン時)or月合計60分/90分/120分まで無料(ぴったりプラン)」がついているのに対して、mineoの場合は『mineoでんわ10分かけ放題』という月額850円のオプションに加入する必要があるからです。

mineoでんわ10分かけ放題オプションの料金と説明

先程の料金プランの比較を、今度はmineoの「10分かけ放題オプション」込みで比較すると以下のようになります↓

料金プラン比較
(↓データ容量)
mineo_150_透過_ロゴ UQ_150_透過_ロゴ
0.5GB 2,160円/月 -(無し)
3GB 2,360円/月 2,980円/月
6GB 3,040円/月 -(無し)
9GB -(無し) 3,980円/月
10GB 3,980円/月 -(無し)
20GB 5,440円/月 -(無し)
21GB -(無し) 5,980円/月
30GB 7,360円/月 -(無し)

※mineoはAプラン(au回線)・デュアルタイプ(音声通話SIM)の料金で比較

という事で発信が多く「●分かけ放題」等の通話オプションに加入する必要がある方の場合、料金的にはmineoとUQモバイルでそこまで差はありません。

ちなみにmineoの場合には通話料金を半額にできる「mineoでんわ」が無料で使えるので、月合計30分程度の発信ならば通話オプションに加入せずのmineoの方が安くなります。

参考:mineoでんわサービス | mineo公式

逆にそれ以上携帯番号からの発信が多い場合は通話料金でスマホ代が上がってしまうので、「10分かけ放題」などの加入を検討した方が安く済みます。

料金比較の結論

料金プランはmineoの方が結構安い
ただし月平均30分以上携帯番号での発信するなら、オプション込で両社の料金差はあまりない

『UQモバイル VS mineo➁』通信速度は爆速UQが圧勝

続いてUQモバイルとmineoの通信速度をauと比較していきます。

UQモバイルの通信速度は全格安SIM中でも最速と言われており、auから乗り換える方は違和感なく使えると思います。

対するmineoも格安SIMの中でも通信速度は速い方ですが、UQモバイルには及びません。

以下は2019年5月時点でのmineo(Aプラン)とUQモバイルの通信速度を実測して比較した結果です↓

格安SIM 時間帯 朝の速度
(単位:Mbps)
昼の速度 夜の速度
mineo_150_透過_ロゴ
Aプラン(au回線)
平日 0.7 0.2 10.2
土日 19.1 6.0 19.8
UQモバイル_ロゴ
(au回線)
平日 14.3 14.3 14.7
土日 15.7 13.5 12.6

上記の表から分かる通り、通信速度に関してはmineoはUQモバイルよりも劣っているのが分かります。(というかキャリアグループ会社との速度比較なのでそもそも勝負にならない)

ただし平日の朝と昼以外ならmineoでも問題なく使える

しかし通信速度が数値上遅いからと言って、読み込みが遅くて使えないという訳ではありません。

日常生活でスマホを使うのに通信速度が1.0Mbpsもあれば充分なので、mineoでも平日の朝昼(赤文字部分)以外なら問題なく使えます。

逆にエリアにもよりますが平日の朝の通勤の時間帯と平日昼休みの12時台はmineoはやはり通信速度が遅くなるという口コミが多く、その時間帯にスマホをよく使うのであればUQモバイルの方が良いかもしれません。

mineoの通信速度を比較!auドコモSoftBank回線プランはどれがお勧め?

2019.05.25
通信速度比較の結論

通信速度はUQモバイルが圧勝
ただし平日の朝昼の時間帯以外ならmineoも問題なく使える

『UQモバイル VS mineo➂』最低契約期間の比較

auユーザーなら”2年縛り”という言葉を聞いたことがあると思いますが、UQモバイルやmineoにも最低利用期間というものがあります。

もしUQモバイルやmineoに乗り換えて問題があった場合でも、その期間中に他社乗り換えや解約すると違約金が発生してしまうので事前に把握しておく必要がありますよね。

mineoとUQモバイルの最低利用期間と違約金は以下のようになっています↓

縛りの比較 mineo_150_透過_ロゴ UQ_150_透過_ロゴ
最低利用期間 2年間 デュアルタイプ(音声SIM)は1年間
違約金 9,500円+消費税
自動更新

UQモバイルはauと同じく2年縛り(2年契約+自動更新)のシステムになっており、2年毎に2ヶ月だけある更新月以外で解約すると違約金(契約解除料)として9,500円+消費税が請求される点もauと同じです。

対するmineoは基本的には最低利用期間はありませんが、デュアルタイプ(音声通話SIM)の場合には契約開始から12か月以内に他社乗り換えや解約をすると違約金9,500円+消費税がかかります。

ただし契約期間は無いため自動更新などもなく、契約から12か月以降はなんの縛りもなくなり自由になります。

最低利用期間の比較の結論

UQモバイルはauと同じく2年縛りがある
mineoは契約から1年間は移動すると違約金があるが、以降は自由

『UQモバイル VS mineo➃』持込みで動作確認されているスマホの違い

auからUQモバイルやmineoへ乗り換えるときに、過半数の方が「auで使っていたスマホをそのまま持ち込んで使う」んですね。

そんなau版スマホを持ち込む際の判断基準としてかなり重要なのが、「mineoやUQモバイルではauで使っていたスマホが使えるのか」という点です。

au版iphone8がSIMロック解除無しで動作確認されている格安SIM5社

実はauで購入したスマホには最初からSIMロックという縛り設定がされており、格安SIMによって動作可否が異なります。

もしかしたら「auで買ったスマホにUQモバイル(mineo)を契約してSIMカードを差したんだけど動作しなかった」という最悪の事態も考えられるため、事前に動作するかを確認しておく必要があります。

au版iPhoneはUQモバイルやmineoで動作が確認されているかの一覧

格安SIM各社ではこんなトラブルにならないように、動作が確認できた機種を公式ページに記載して知らせてくれています。

以下はauユーザーが持ち込むスマホ機種で特に多いau版iPhoneモデルが、両社で動作しているかを一覧にしたものです↓

動作iPhone比較 UQモバイル mineo(Aプラン)
iPhoneXS/XS MAX ◎(SIMロック解除不要)
(テザリング〇)
iPhoneXR ◎(SIMロック解除不要)
(テザリング〇)
iPhoneX ◎(SIMロック解除不要)
(テザリング〇)
iPhone8 ◎(SIMロック解除不要)
(テザリング〇)
iPhone SE(au VoLTE対応SIM) ◎(要SIMロック解除)
(テザリング〇)
iPhone SE(nanoSIM) ◎(SIMロック解除不要)
(テザリング×)
iPhone 7(au VoLTE対応SIM) ◎(要SIMロック解除)
(テザリング〇)
iPhone 7(nanoSIM) ◎(SIMロック解除不要)
(テザリング×)
iPhone 6s(au VoLTE対応SIM) ◎(要SIMロック解除)
(テザリング〇)
iPhone 6s(nanoSIM) ◎(SIMロック解除不要)
(テザリング×)
iPhone6/6+ ◎(SIMロック解除不要)
(テザリング〇)
◎(SIMロック解除不要)
(テザリング×)
iPhone5s/5c ◎(SIMロック解除不要)
(テザリング〇)
◎(SIMロック解除不要)
(テザリング×)
iPhone5s -(記載無し) △(非公式で確認済)

au版iPhoneの場合には、

・iPhone8以上のモデル:SIMロックを解除しなくても両社で動作確認済 + テザリング機能も可
・iPhone6s,6s+,SE,7,7+:auでSIMロックを解除すれば動作確認済 + テザリングも可

ですが、それより前のiPhoneモデルに関しては

・iPhone6,6+,5s,5c:SIMロック解除不可だが両社使える + テザリングが出来るのはUQのみ
・iPhone5:mineoのスタッフブログで非公式だが動作確認されている

と微妙に違います。

もし自分の今auで使っているiPhoneをUQモバイルやmineoで使う場合には参考にしてみて下さい。

またiPhone以外の機種(Androidやタブレット)も両社の「動作確認端末一覧ページ」に記載されているので、各自確認してみて下さい↓

参考:動作確認済み端末検索 | mineo公式

参考:動作確認端末一覧 | UQモバイル公式

『UQモバイルとmineoを比較➄』キャンペーンは時期によって異なるので公式ページで確認を

最後に両社のキャンペーンですが、これは時期によって実施しているキャンペーンや割引が異なので、以下のページを参考にしてください↓

【2019年9月】mineoの全割引キャンペーン&割引の裏技解説

2018.03.29

参考:キャンペーン一覧 | mineo公式

参考:キャンペーン一覧 | UQモバイル公式

レーダーチャート作ってもいいかも

主にauからの乗り換えを前提として記事を書くこと!
⇒MNPなのでデュアルタイプのみの比較を!

【mineo VS UQモバイル】料金比較

まずは格安SIM最大のメリットとも言える料金面の比較です。
mineoとUQモバイルはそもそもプランが違うので比較しにくいですが、以下の平均的な条件で料金を比較してみます。

【料金比較条件】
auから電話番号を引き継いで(MNP)乗り換え想定で、スマホユーザーのデータ通信量の月平均3GBで考えます。

毎月の通話が15分以内であれば通話無料オプションを付けない方が安く済むため、通話時間によって場合分けして料金を比較します。

【mineo VS UQモバイル】料金比較【無料通話不要な場合】

毎月の通話がほとんどない(月合計15分以内)のであれば、「5分かけ放題」などの通話無料オプションの無いプランの方が安くなるため無料通話無しの条件でmineoとUQモバイルを比べます。

UQモバイルの料金プラン【無料通話不要な場合】

まずはUQモバイルの通話無料無しのプランです。
無料通話込みの「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」ではなくデータ通信容量3GBの「データ高速+音声通話プラン」が最安になります。(その分通話料は20円/30秒の通常通話料金になります)

■「データ高速+音声通話プラン」
月額料金:1,680円/月
月間データ容量:3GB
通話料:20円/30秒
最低利用期間:12ヶ月

■「データ無制限+音声通話プラン」
月額料金:2,680円/月
月間データ容量:無制限(その分回線速度が500kbpsで中速)
通話料:20円/30秒
最低利用期間:12ヶ月

UQモバイルには無料通話の無いプランは上記の2種類があり、「データ高速+音声通話プラン」は月のデータ容量が3GBで月額1,680円ですが、回線速度が中速で良いならば「データ無制限+音声通話プラン」でデータ通信容量無制限という選択肢もあります。

mineoの料金プラン【無料通話不要な場合】

mineoの場合には月のん通話が15分以内であれば、通話無料オプションを付けないデュアルタイプの契約が最安となります。

■デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)

500MB 1GB(初月だけ2GB) 3GB 5GB 10GB
デュアルタイプ 1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円

ユーザー平均の3GBで比較するならばmineoは月額1,510円で利用可能です。
対するUQモバイルの3GBの「データ高速+音声通話プラン」は1,680円なので、月の通話時間が15分以内であれば若干mineoが安いです。

UQモバイルの料金プラン【5分かけ放題有りの場合】

しかしスマホユーザーの通話時間の月平均が68分あるので、月1時間前後の通話があるならば無料通話オプションを付けた方が安くなります。

平均的に通話するユーザーが無料通話無しプランを利用した場合、通常通話料金が割高(20円/30秒)なので68分通話すると月の通話料だけで2,720円かかります。

なので無料通話オプション「5分かけ放題」付きで契約する場合の料金比較をします。
まずはUQモバイルから「5分かけ放題」有りの料金です↓

■「おしゃべりプランS」
月額料金:1,980円/月(14ヵ月目以降は2,980円/月)
月間データ容量:2GB(26ヵ月目以降は1GB)
通話料:5分かけ放題(5分超過分は20円/30秒)
最低利用期間:2年間(自動更新)

■「おしゃべりプランM」
月額料金:2,980円/月(14ヵ月目以降は3,980円/月)
月間データ容量:6GB(26ヵ月目以降は3GB)
通話料:5分かけ放題(5分超過分は20円/30秒)
最低利用期間:2年間(自動更新)

■「おしゃべりプランL」
月額料金:4,980円/月(14ヵ月目以降は5,980円/月)
月間データ容量:14GB(26ヵ月目以降は7GB)
通話料:5分かけ放題(5分超過分は20円/30秒)
最低利用期間:2年間(自動更新)

UQモバイルの場合には「おしゃべりプランS/M/L」はどれも「5分かけ放題」が付いたコミコミのプランです。
UQモバイルのコミコミプランは大手キャリアのように条件が複雑です。

・最低利用期間が大手キャリアと同じく2年契約&自動更新である点
・契約から14ヵ月目以降は月額料金が1,000円高くなる点
・契約から26ヵ月目以降は月間データ容量が半分になる点

の3点があり、徐々に条件が悪くなっていきます。

また5分を超過した通話料金は20円/30秒になるので注意です。

mineoの料金プラン【5分かけ放題有りの場合】

mineoでは先程のプランに月額+850円の「5分かけ放題オプション」を追加するだけです。
850円増しになった各プランの料金は以下です↓

■デュアルタイプ(データ通信 + 090音声通話 + 5分かけ放題オプション)

500MB 1GB(初月だけ2GB) 3GB 5GB 10GB
デュアルタイプ 2,160円 2,260円 2,360円 3,040円 3,980円

ユーザー平均の月3GBであれば月額2,360円になります。
またmineoの「5分かけ放題」は5分超過分は10円/30秒とUQモバイルの半額になる点は地味に大きな差です。

mineo vs UQモバイルの料金比較結論【5分かけ放題有りの場合】

ユーザー平均3GBですが、UQモバイルには3GBのコミコミプランが無いので6GB(26ヵ月目以降は3GB)で比較すると

■UQモバイル「おしゃべりプランM」
月額料金:2,980円/月(14ヵ月目以降は3,980円/月)
月間データ容量:6GB(26ヵ月目以降は3GB)
通話料:5分かけ放題(5分超過分は20円/30秒)
最低利用期間:2年間(自動更新)

■mineo「デュアルタイプ + 5分かけ放題オプション」
月額料金:2,360円
月額データ容量:3GB
通話料:5分かけ放題(5分超過分は10円/30秒)
最低利用期間:再MNPまでは13ヵ月

とデータ容量が違うので比較できませんが、UQモバイルは2年縛りがあり、mineoは5分かけ放題の超過分が半額になることを考慮してmineoの方がお勧めできます。

【mineo VS UQモバイル】回線速度比較

mineoもUQモバイルも同じau回線を利用しているものの、UQモバイルは全格安SIM中でも最速の回線速度と安定性を誇ります。
これはUQモバイルはauのサブブランド(子会社)なので、優先的にau回線を利用できるからだと思われます。

対してmineoも通常時は充分に回線速度が出るものの、平日昼の魔の12時台には若干回線速度が落ちます。

回線速度で両社を比較するとUQモバイルがリードしています。

【mineo VS UQモバイル】無料通話比較

学生やデータ通信しか使わない(LINE通話で充分)なユーザーならば別ですが、スマホユーザーの通話時間の月平均は68分なので通常は何らかの無料通話オプションを利用します。

また1回の通話時間を見てみると、以下の通り5分以内に収まるのがほとんどなので、「5分かけ放題」を付ける事で通話料の大半をカバーできます。

通話時間区分 割合
3分以内 47%
3分~5分 26%
5分~10分 15%
10分~20分 7%
20分~ 5%

5分かけ放題を考慮した時の料金は先ほど説明したので割愛しますが、5分超過分の通話料金はUQモバイルが20円/30秒なのに対してmineoはその半額の10円/30秒で利用可能です。

UQモバイルの場合は5分かけ放題を使用するためには2年縛りのある込み込みプランを利用する必要があるというデメリットもあるので通話無料オプションではmineoがやや優勢です。

【mineo VS UQモバイル】ユーザーサポート比較

ユーザーサポートと言えばmineoです。
mineoは2017年のユーザーの総合満足度で全600以上ある格安SIMの頂点に選ばれています。
巷でもmineo=かゆいところに手が届くサポートに定評があり、格安SIMが詳しくない初心者ならば俄然mineoをお勧めします。

契約後もマイネ王と呼ばれるmineoユーザーのコミュニティサイトで質問できたり、申し込みページのチャット問い合わせで気軽に質問したりできるので安心できます。

またauで購入したスマホをそのままmineoで利用したい場合には、mineoの公式ページに動作確認端末一覧が記載されているので確認可能です。
UQモバイルや他の格安SIMでも動作確認端末ページはあるのですが、mineoは動作を確認している端末数が非常に多く、乗り換え後も自分のスマホを利用できることが分かるので安心して乗り換えられます。

UQモバイルも街中にショップが合ったり販路も多いのですが、サポート力ではmineoが優勢です。

【mineo VS UQモバイル】最終結論

料金、回線速度、無料通話、サポートと4項目をmineoとUQモバイルで比較しましたが、僅差でmineoをお勧めします。
両者とも最大手だけあって隙がなく、どっちに乗り換えても後悔はしないと思います。

ただUQモバイルは大手キャリアのサブブランドだけあって2年縛りや料金変動(14ヵ月目以降+1,000円など)があるデメリットが大きいです。対してmineoは最低契約期間や違約金が無いなどユーザーに親切な印象があり初心者にはmineoをオススメしたいです。

★★★旧コンテンツの非表示ここまで–>

満足度No1!初めてならマイネオが無難♪
mineo
今月のmineoキャンペーン mineoへiPhoneを持ち込んで使う
mineo申し込みの流れ mineoの評判

Sponsored Link


ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです